LOTUS BLUE DIARY

インテリアとリビングと手作りのお話

自然素材を身に纏う 秋・冬 2017

2017-10-17 14:50:19 | ショップ・ロータスブルー
つい、イベント主体となり更新に間が空いてしまいました。

毎年恒例となっている「自然素材を身に纏う 秋・冬」編をお届けします。



今回で5回目となる当イベント、自然素材を扱う作家たちによる展示販売です。

いつものリネン素材に今年はウール素材の洋服が加わりました。
自然素材のトータルコーディネートが叶うよう、アクセサリー、ソックス、ストール、小物を取り揃えて
皆様のお越しをお待ちしています。

どうぞよろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自然素材を身に纏う 秋・冬
2017.10.21(土)~10.31(火)

10:00~18:00

at.LOTUS BLUE
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昭和レトロ・総ざらえ市

2017-09-12 15:31:01 | ショップ・ロータスブルー
おかげさまで、ロータス・ブルーはこの冬で6周年を迎えます。

12月10日の6周年に先駆け、日頃の感謝を込めて、この度アウトレットセールを開催します。



東京時代から数えると10年余りの歳月をかけて、昭和中期のレトロな器をせっせと集めて参りました。

もともと2011年のショップ立上げの際には、改めて仕入が必要ないくらい膨大な数の在庫を抱えていましたが、
あれからさらに在庫は増え続け、10数㎡の店舗に納まりきらない量となりました。

これらの在庫は、隣町の陶器店のデッドストックを譲っていただいたり、クローズするお店の在庫を買い占めたり、
また、終い家から出るものをまとめて譲り受けたり、家庭で必要なくなったからといってお譲り頂いたり、
捨てようとされているものを拾い上げたり、がむしゃらになって集めたものです。

今やレアになってしまった昭和の食器。特徴的なプリントが私にとっては、懐かしくも愛おしいものです。
SOGA,SASAKI,石塚(ADERIA)のプレスガラス。昭和の時代、お決まりと言っていいほど各家庭で使われていました。
プラスチックのキッチン用品、琺瑯製のバットなど、今は新素材にとって代わり、とんと無くなりました。
ロータス・ブルーは、昭和の時代を彷彿とさせるべく、当時一般家庭で使われていたものを網羅いたします。

今回お出しする在庫数は、500点を超えるものです。

また、器、雑貨以外に、家具の販売も致します。

飛騨の家具メーカーの昭和中期の名作椅子他、コンディションの良いもの、リペアー済みのものをお出しします。

愛と情熱をもって集めたとっておきの昭和レトロの数々を、今回リーズナブルな価格にて一挙大放出します。

お気に入りを見つけに、どうぞお気軽にご来場ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「昭和レトロ・総ざらえ市」

2017年.9.23(土)~10.1(日)

10:00~18:00

at.LOTUS BULUE


どうぞよろしくお願い申し上げます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LOTUS BLUEのこけしまつり 作家編

2017-06-17 23:24:05 | ショップ・ロータスブルー
LOTUS BLUEのこけしまつり レトロ編に続き、作家編をお送りします。

会場となっている八畳の和室右手いっぱいに200体のこけしがひしめいているのに相対して
部屋の左手と中心の島には、5人の作家さんの作る可愛いこけしとこけし雑貨が並んでいます。



作家さんのこけしを次々にご紹介したいと思います。

ウエダマリコさんの羊毛こけし。



津軽こけし、弥治郎、鳴子、山形蔵王こけし。
正統派の伝統こけしがウエダマリコさんの手にかかると、なんてかわいらしいこけしになるんでしょう。
羊毛だからでしょうか、親しみやすく触って愛おしみたい気持ちになります。

pichio candleさんのこけしキャンドル。



かわいくて、どこかコミカルで、目が合うとクスッと笑いたくなる独特の愛嬌を持ったこけしキャンドルです。
頭にネコが乗っているこけしネコがいるかと思えば、えじここけしもあり、ウクレレを持ったこけし、親子さん(ラーメン)、5人組もいます。
見ているだけで楽しくなりますが、明かりを灯すとまた楽しい気分が高まります。

ウチヤマキヌコさんのこけし刺繍コースター。



こけしとミケ、スズメ、シバなどチクチクと刺した刺繍がかわいくも愛おしいです。
カップやグラスを置くとチラリと横にこけしがいるなんて幸せだと思いませんか。

ケシゴムハンコヨシダヤさんのこけしハンコ。



今回は、紙袋やハンカチ、シールに加え、薄い木の皮にハンコを押した行灯も作ってくださいました。



会場では、いつでもハンコワークショップを楽しんでいただけます。
ハンコを押した傘もできます。



西田みなこさんはポチ袋や一筆箋を作ってくださいました。





そして、ぜひにということで手書きのこけしうちわも描いて下さいました。



ロータスブルーは小さなストラップを作りました。



玉とアジアンノットで中国人のお顔をしたこけしストラップ。

ウッドビーズとバンブーで作った2,5cm丈の小さなこけしストラップ。



復刻ミニチュアこけしも作りました。(オリジナルも混ざっています。)



レトロなパールこけしの顔をまねてかいがらこけしを2対作りました。



みるものがすべてこけしに見えるという現象が起こり、ペッパーミルにペイントしてしまいました。



孫の手にもペイント。



そして、風鈴にも顔を描いてしまいました。



個数に限定はありますが、こけしづくし、こけし満載、こけし万歳といった感じの8日間にしたいと思います。

皆様のお越しをお待ち申し上げておりますので、どうぞよろしくお願いします。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LOTUS BLUEのこけしまつり レトロ編

2017-06-17 00:03:21 | ショップ・ロータスブルー
日付が変わって、本日6月17日よりロータスブルーのこけしまつりが始まります。

おそくまでかかって、ディスプレーが整いました。



同展は、昭和の時代に国内の各観光地で売られていた、お土産こけしを中心とするレトロなこけし200体ほどと、
作家さんの作るオリジナルこけしを同時に展示するといった2本立ての内容となっています。

ご紹介したい内容が盛りだくさんなので、ロータスブルーのこけしまつり「レトロ編」と「作家編」2本に分けてアップいたします。

フライヤーに登場するくろんぼこけしの棚。



人種差別問題によって製造禁止となったくろんぼこけしは、レアで貴重です。
くろんぼさん以外に、オランダ娘2人組、シナの姉妹、顔が人形っぽいモダンなこけしもいます。

ここで、人形とこけしの違いについてご説明させてください。

人形とこけしの決定的な違いは「人形は足が2本ある。」のに対し「こけしの足は一本である。」ということです。
人形とこけしの狭間に位置するモダンな顔つきの少年少女のペアこけしの足は一本ですから、歴然と人形ではなくこけしであるといえます。



もうお気づきかもしれませんが、お土産こけしはペアで展開していることが多いです。

伝統こけしは、単体で作られているのに対し、お土産こけしは「姉妹」「少年少女」などのペアとなっています。

下の瓢箪こけしは、東京土産=東京タワーを挟んだペア、熱海=寛一お宮のカップル(金色夜叉)などご当地を積極的にアピールしています。



こちらの棚は、伝統こけしも入り混じりながら、こけしをカテゴライズしながらグルーピングしてディスプレーしてみました。

「かっぱのペア」「瓢箪」(なのでこまを添えました)「寄木細工とコケシ」「極小こけし」「うちでの木槌」
「またたびもの」(弥次喜多など)、「たぬきこけし」「野菜こけし」「ねえやと赤子」などです。



こちらは、「吊り下がりシリーズ」と「連なりシリーズ」です。



連なった「白浜五兄弟」「大名行列」「七福神」がお判りでしょうか。

こちらは伝統こけしと「入れ物シリーズ」です。
お椀、ざる、升に入ったこけしたちです。



こちらは、グッと和っぽいこけしと人形です。



竹人形、張り子の辰、お鷹ぽっぽの通称で呼ばれている木彫りも入り混じっています。

下の段は比較的新しい創作こけしです。

学校机に、こけし関連の本などとこけしの貯金箱、こけしと同時代のおもちゃなどを飾りました。



壁にかかった布は子どもの布団をほどいたものです。
子供が大好きなキャラクターのお人形、子犬、兵隊さん、木馬といっしょに目のクリッとしたこけしがならんでいます。

会場入り口には、番外編の特別展示をいたしました。



キョロちゃん、招き猫、お稲荷さん、スコッチテリアなどの犬、顔がメリヤスの人形、その他木彫りの人形やら水車小屋のオルゴールなど。
それらに混じって、カプセルに入ったポップなこけし2個を展示しましたのでお探しください。

いかがでしょうか、昭和中期の少女時代を再現し、昭和の空間にタイムスリップしたかのような楽しさを味わっていただきたいと思ったのですが。

一通り「レトロ編」を駆足でご説明しました。

次回は「作家編」をお届けします。

商品が売れてしまう前に、それぞれの作家作品をご紹介しますので楽しみにお待ち下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LOTUS BLUEのこけしまつり

2017-05-24 10:55:58 | ショップ・ロータスブルー
 ご挨拶

昭和の良き時代、日本の各観光地で、お土産として作られていたこけし。
懐かしくて、どこかコミカルなこけしたちをひしめかせて
タイムスリップしたかのような空間を作りました。
合わせて、作家さんたちの作るオリジナルなこけしと、こけし雑貨を取り揃えて
この度、LOTUS BLUEのこけしまつりを開催します。
どうぞ可愛いこけしたちに出会いに来てください。



「LOTUS BLUE の こけしまつり」

会期 : 2017.6.17(土)~6.25(日)

時間 : 10:00~18:00 火曜定休

所  : LOTUS BLUE

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昭和中期のレトロなこけし200体ほどを展示販売します。
(一部非売のこけしもあるのでご了承下さい。)

作家さんたちの作る、オリジナルなかわいいこけしとこけし雑貨を販売いたします。

参加作家さんのご紹介

ウエダ・マリコ(羊毛こけし)、Pichio candle(こけしキャンドル)、ケシゴムハンコ ヨシダヤ(けしゴムハンコ)
うちやま きぬこ(こけし刺繍、)Nishida Minako(イラストこけし雑貨)、LOTUS BLUE(復刻ミニチュアこけし)

詳しくは、追ってアップいたします。

どうぞよろしくお願いします。






コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

和室とイベントとディスプレー

2017-05-15 13:04:19 | ショップ・ロータスブルー
昭和40年築の家に住んでいます。

築年数52年となる典型的昭和中期の店舗付き住宅です。

1階の8畳の土間を店舗に、その真上の2階の8畳の和室をギャラリーとして、年に数回イベントを催しています。

もともと仏間だったこの和室、京壁といい型板ガラスといい、常識で考えたらギャラリーにするのには不似合いな部屋です。

壁に棚板を設置することができないので、ワイヤー四本でブランコのような状態に分厚い板をぶら下げています。

それと、りんご箱に板を乗っけただけ。



角材を切ったものに板を渡してさらに棚の段を作ります。



古い箪笥の抽斗のみがいくつかありました。



スリットを入れた板を組んで升を作ります。



塗装して抽斗にはめ込めば、マグカップの飾り棚の完成。



家具ではなく、箱と板を縦横無尽に積んで、なんと1000個以上の器をこの和室に陳列することができました。



過去の展示のうちでも最高のボリュームです。



解体中の蔵から、古い角材をいただきました。



カットして、帽子を展示するのに使います。

蔵からは、炬燵の網と倉掛(踏み台)も頂きました。



倉掛は即作業に、網はディスプレーに即日役立ちます。



洋服の展示の時は鉄筋の棒とジュートの紐を使います。



同じ壁は、次の展示ではこうなります。



チラ見いたします。

次の展示「LOTUS BLUE の こけしまつり」のディスプレーが進行中です。



この部屋に最もふさわしい、昭和中期の空間を再現したようなディスプレー。

準備は着々と進んでいます。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「自然素材を身に纏う 春・夏」 2017

2017-04-08 10:05:32 | ショップ・ロータスブルー
イベントのお知らせをいたします。

第四回目になる「自然素材を身に纏う 春・夏」 2017。

今年は「春・夏」と「秋・冬」の2回開催します。



回を重ねるたびに、新しいデザインと色が増えます。

手持ちのものに今年は何を足そうかコーディネートを考えるのが楽しく、
自分自身がまず着てみて、そしてお客様にもお見立てして差し上げたいと思っています。

はっきり言って「自然素材を身に纏う」の一番のカスタマーであり熱烈なファン代表が、この私自身なのであります。



今年の新色、ハッとするピンクと赤。

ぜひ挑戦していただきたいです。

私も挑戦します。



グレーも新色。

オフホワイトと合わせると大人っぽいです。



ストライプは、体のラインをスッキリ、ホッソリ見せてくれるでしょう。



DECOLAさんから送られてきたコーディネート画像。

好きです、この感じ。



そして一昨日前に送られてきた画像に思わず大興奮です。

春・夏に欠かせないアイテム「帽子」が加わります。

流行、トレンドでなく、飽きのこないデザインをチョイスして、自分らしいおしゃれを自然素材でトータルに楽しんでいただきたいと切に思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「自然素材を身に纏う 春・夏」2017

 2017.4.22(土)~4.30(日)
       10:00~18:00

at. LOTUS BLUE

  岐阜県高山市八軒町2-70
     tel:0577-62-9611







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「飛騨照見窯 ・ 総ざらえ市」開催します。

2017-03-03 20:55:00 | ショップ・ロータスブルー
年始の記事から投稿に間が空いてしまいました。

昨年末から計画し、趣旨を練った今年初のイベントのお知らせをいたします。



「飛騨照見窯・総ざらえ市」

飛騨照見窯工房移転に伴い、
この度総ざらえ市を開催します。
試作品や見本品、お蔵入りした器などなど、
ちょっぴり訳ありな器およそ200点。
アウトレット価格にて大放出します。
飛騨照見窯の源流ともいえる過去の作品の数々。
宝探しをする感覚でお気軽に足をお運び下さい。

会期:2017.3.25(土)~4.2(日)
   10:00~18:00(火曜定休)

   at.LOTUS BLUE

〒506-0012
岐阜県高山市八軒町2-70
  tel:0577-62-9611

どうぞよろしくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます。

2017-01-08 21:58:33 | ショップ・ロータスブルー
ロータスブルーより、遅まきですがあけましておめでとうございます。



毎年恒例の松飾りと、看板犬大吉が、お出迎えするようにお客様のお越しを待ちかまえています。

昨年より販売開始した、SOLEIADO。

今年の春には、new releaseが加わる予定です。

朝市で最も小さな注連縄を買って、入り口に取りつけました。

これ勝手口用だといいますが、いっこうに気にしません。



テーブルに陳列しているのは、昨年いろんなシーンで大活躍してくれた、アデリアの”銀キャップ保存瓶”などです。

公私ともに大量使用している、ロータスブルーの定番をズラリと並べました。



おなじみとなっています”西田みなこ recipe illustration CARD ”に、第二弾ニューレシピ 12が加わりました。



12のレシピは、カレンダーになっています。



カレンダーが終わったら、カットしてレシピカードとしてお使いいただけます。

1月は、”ボストンクラムチャウダー”。

美味しいです。

あったまりますよ。

年始に入荷した、払い下げの学校椅子2脚。



こちらの磨きが初仕事でした。

そして、毎年せっせと作っている、日めくりのリサイクル袋。



ふと見たら、今年の日めくりのサイズか小さくなっているのに気が付きました。

年が明けてもう1週間。

緩やかにスタートしたロータスブルーです。

相変わらず気まぐれアップですが、今年もまたLOTS BLUE DIARY よろしくお付き合いください!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もと押入れだったところに、二つのキッチン

2016-11-11 22:36:25 | インテリア
本日より、”てしごと舎"において「楽しいキッチン」展が始まりました。

キッチンで働くこと、料理することが、より楽しくなるよう、クリエーター16人のキッチン、フードにまつわるとっておきを展示しています。

参加クリエーターは、Natural Heart,House'f,**cocoru**,チッチ、クチュールMOTTAINAI,絢工房、Apple Bee,PECAN,ケシゴムハンコヨシダヤ、
田中里林、ruru made,Glass Odori,西田みなこ、LOTUS BLUE,nonaca bakery,KISSE KISSEといったもの。

毎年、クリスマスシーズンのこの時期、コンセプト企画をお届けして今年ではや4回目。

今回の展示では、二つのキッチンを作って、楽しいシーンをお見せしています。

キッチンを作ったスペースは、もと押入れだった場所です。

本日は、キッチン=押入れのビフォーアフターをお見せします。

こちらは、フライヤーのために撮ったキッチン(もと押入れ)の画像です。



ビフォーの様子がこちら。



段と、天袋を女手でぶち抜いたのは、2012年11月、4年前のことです。

壁と梁を塗ったところ。



床にはレンガを敷きました。





もう一つの押し入れは、階段下の一軒半の押し入れ。



かべを大工さんに張ってもらい、床は古いおうちから出てきた板を張りました。

階段下の押し入れは、普段は足踏みミシンをディスプレーしています。

ミシンを移動し、今回の展示では、ここにミニキッチンを作りました。



もう少し近寄ってご覧ください。



ヴィンテージやレトロな小物を満載し、懐かしい感じのキッチンを作りました。

少女のころからの私の夢は「外国映画に出てくるような、可愛いキッチンでお料理を作りたい。」というものでした。

大人の女性はもちろん、小さな女性にも、キッチンの楽しさを味わっていただきたいという強い思いで、このような二つの空間を作りました。

「楽しいキッチン」、展示は本日より13日(日)までです。

どうか、キッチンを見に来ていただきたい、ワクワク、ドキドキを味わっていただきたい、キッチンを、お料理を、楽しんでいただきたいと思っています。

皆様の多数のご来場、お待ち申し上げております。

どうぞよろしくお願いします。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加