25no12 blog-美容医療の話題とネイチャーフォト

美容医療や医学一般の話題、野良猫や野鳥の写真など、とりとめもなく綴ります

トレチノイン - 副作用情報

2009年02月15日 | 美容医療


トレチノインは肌の若返りやニキビ(尋常性ざ瘡)の治療薬として広く用いられています。
私自身、美容医療科でトレチノイン0.05%のクリームをシミ(ハイドロキノンと併用で)やニキビ・ニキビ痕の治療や肌の若返り目的でよく処方しています。

トレチノインは胎児に対して催奇形性があるので、妊娠・授乳中の使用は局所塗布のみでも禁忌とされていますが、妊娠・授乳中を除けば全身への副作用は殆ど心配ないと考えられています。

全身への作用の面では、一部の白血病の治療に用いられるし、いくつかの癌に対する抗癌作用が実験で示されていて、むしろ「良い副作用」の方が期待できそうなくらいに思えます。
抗癌作用の点で、皮膚癌の予防にもなると期待されているくらいです。

ところが、トレチノイン0.1%クリームの局所療法で、高齢男性で死亡リスクが1.5倍くらいに上昇することが報告されました。
Topical tretinoin therapy and all-cause mortality.
Arch. Deramatol. 2009 Jan. 145:18-24.


具体的には、平均年齢71歳(95%が男性)の米国人を対象に、トレチノイン0.1%クリームを1日1~2回顔と耳に塗布、これを2~6年間継続するという内容の治験です。

皮膚癌の発生リスクがトレチノインで抑えられるかどうかを見るのが目的だったのですが、全く予想外に、トレチノイン塗布群で死亡率の増加(コントロール群で566人中76人が死亡、トレチノイン塗布群で565人中108人が死亡)が見られたために予定の半年前に治験が打ち切られました(死亡者が多いように感じるかもしれませんが、もともと『高齢』であることに留意して下さい)。

トレチノインの使用量(1日1回か2回か、通算で使用したチューブの本数など)と死亡率に相関関係は見られず、本当にトレチノインが『危険』なのか、今回の治験だけでは断定はできません(統計の『マジック』というのは結構あります)。
しかしながら、コトが生命に関することですし、注意を喚起すべきデータと言えるでしょう。

なお、トレチノインは何十年間も世界中で広く用いられていますが、これまで今回のように「死亡率が増加する」報告はありませんでした。
一つはっきり言えることは、世界中での高齢者へのトレチノインの処方は、殆どの場合は女性に対してされているのに対して、今回の治験では逆に大多数の治験参加者が男性だったこと。
少なくとも、トレチノイン0.1%クリームの高齢男性の長期使用は死亡リスクが増加する可能性があることを、医師と患者の双方がよく認識し(しっかりとインフォームド・コンセントして)、その上で患者がトレチノインを使いたいかどうか自身で判断すべきだといえるでしょう。



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければ応援の1クリックをお願いします

『美容』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野良猫・・・・・・うらめしや~ | トップ | カイツブリ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
トレチノインに関して (海老名メディカルサポートセンター美容医療科スタッフブログ)
美容医療科では、トレチノイン(レチン)をシミ・シワなどを改善する目的で多くの方に処方しています。 このトレチノインに関して、高齢男性の長期間使用で死亡リスクが上昇することが報告されました。 Topical tretinoin therapy and all-cause mortality. Arch. Deram...