労働相談センター・スタッフ日記

NPO法人労働相談センターと東京東部労働組合の記録

72歳・70歳で労組立ち上げる

2007年03月14日 16時45分24秒 | 労働組合
高齢者の希望
72歳・70歳で労働組合立ち上げ、解雇撤回を実現!

区の会館の委託で5年間も働いていた伴好之さん(72歳)と津川和雄さん(70歳)が、突然所属する会社から、<期間満了>を理由に、3月31日付けをもって一方的に解雇された。

区議の紹介で全国一般東部労組を訪ね、3月6日、支部を結成した。二人で話し合い、伴さんが支部委員長、津川さんが支部副委員長と決まった。

3月14日(水)15時から東部労組本部会議室で第一回団体交渉が開催され、会社側は社長以下3名が出席した。



話し合いは順調に進み、二人の解雇は撤回され4月以降も今まで通り勤務できる運びとなり、その場で確認書がかわされた。
                

二人は、高齢者の希望となると意気盛んである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コナカ第2回団交の日程決まる | トップ | コナカのパート社員も次々と... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
人々の希望 (全国協の同じ労組員)
2007-03-14 22:21:12
すごい!

高齢者の希望だけでなく、「人々」の希望です。

お二人の笑顔が最大のアピールですね。

それにしても東部労組さんは何でもありですね。

障害者からドライバーから添乗員からコナカ、今度は72歳70歳の「希望」。

感心して、尊敬してます。

毎日このブログ読むのが楽しみです。
すごいすごいすごい (老人介護施設ヘルパー)
2007-03-14 23:20:33
すごい、すごい、すごいことです。
自分は老人介護施設のヘルパーです。価値観が180度変わる程ショックを受けております。今までは介護の対象者としてしか見ておりませんでした。
そうですよね。高齢者で元気で働ける方はたくさんいますよね。そしてこの方々も労組に加入して、それも委員長、副委員長となり自分の意見を戦わせる。突然の一方的解雇に反対してついには撤回させる力がおありになりますよね。
本気で色々考えてみます。
伴さん、津川さんありがとう。おふたりかっこいいです。
感動しております。
見習わなくては (中井)
2007-03-16 00:20:29
こんなことを言っては失礼かもしれませんが、私の祖父や祖母に当たる世代の方々が、解雇撤回のために立ち上がることには、とても驚きました。
労働組合の良いところは、このように年齢や性別、職種を超えて互いに連帯できることじゃないかと思います。お二人の前では、あまりに若輩者である私もなんとか力になれるよう、取り組んでいきたいと思います。

おめでとうございます (surusa)
2007-03-28 18:23:48
私たちの組合にも、嘱託で一年ごとの更新で働いていた副委員長がいました。その人も組合活動を通じて、自分の雇用を勝ち取りました(現在は自分の意志で他の仕事をやっていますが)。
ところが、伴さんたちと同様、他の組合員以上(若者以上)に戦闘的で、逆に煽り立てられ元気づけられるように感じました。
歳ではなく、意志が問題だと本当に思います。是非、これからも仲間といっしょにがんばってください。
二人に万歳! (毎日新聞の夕刊に)
2007-05-02 04:36:28
昨日(5月1日)の毎日新聞の夕刊に載ってますよ。
すごく励まされます。

お二人に万歳!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。