『寝具のゆたかや』 店主のきまぐれ日記

お届けするのは快適な眠りです。

豊川市西本町25番地
TEL 0533-86-2894



柴犬がダメなんです

2020年10月25日 | 日常の出来事
恒例の早朝散歩。
公園で一休みしてる時『とわ』の動きが突然止まり、一点を見つめ完全にロックオン。



『とわ』の視線の先には柴犬を連れたご婦人が・・・
挨拶しようにも『とわ』はすでに戦闘態勢? やる気満々? いい加減に柴犬にも馴れてよ~



何故か先代の『もじゃもじゃ1号・2号』もそうだったんだけど、柴犬と相性が悪いんですよね。



いくら公園とは言え日曜日の早朝、近所迷惑になるのでけたたましく吠えまくる前にその場を離れ散歩を続行してきました。
コメント

お友達のご紹介で2軒

2020年10月24日 | 打ち直し
昨夜の家飲みは先日ブログに載せた三重県元坂酒蔵『酒屋八兵衛』



ちなみにこの日本酒にはラベルが逆さまの『うっかり八兵衛』てのもあるんですよ。

          

いつかご酒印(飲)帳に加えなくては・・・

さて、本日は偶然にもお友達の紹介というお客様が2軒ありました。
以前にもお話したことがありますが、こうしたお友達のご紹介というのが一番信頼性があって私共にしたら何よりもうれしくありがたいことなんです。
当店を紹介してくれたお客様には本当に感謝です。

さて、1軒目のお客様は、セミダブルの敷ふとんをシングルにサイズダウンして欲しいというご依頼です。



そして、2軒目のお客様のお宅は某マンション。



一昔前ならエレベータが無い団地もあり、何度も階段を往復した記憶がありますが、今はエレベーターがある為、何階のお部屋でもで楽々です。



こちらもお友達のご紹介で、使ってない敷ふとんをベット用に薄く2枚に仕立てて欲しいとのこと。
よく、キルティングのベットパットだけでお休みになっている方がいますが、日本の風土では冬場に薄いペラペラのパットだけでは冷えしてしまい熟睡はできません。
薄手の敷ふとんを敷くだけで保温効果は全然違いますよ。
さらにお客様からは綿を足してくれていいから、同じ柄で足枕も作って欲しいとのご依頼を頂きました。
どちらのお客様もこれをご縁にこれからもよろしくお願いしますね。
本日はご依頼ありがとうございました。

コメント

TV・CM

2020年10月23日 | 日常の出来事
予報通り朝から雨と言う事で日課の早朝散歩は無し。



と言っても、ウ〇チ処理斑隊長は散歩の他にも神棚や仏壇の水替えにお参り、金曜日の本日はゴミ出しとかやることはいろいろあるんです。
そして一通り用事を済ませた後は、朝食を取りながら情報番組中京TVのZIPをのんびりと。

     

そうそう、テレビと言えば今、妻のお気に入りが『スバル インプレッサ』のCM。
車なんて雨が漏れずに動けばいい的な妻がお気に入りな理由は、CM中に出てくるシュナウザー。
ちなみにそのCMがこちら。

       

CMに出てるのはタレント犬の『宗太郎くん』

       

さすがにタレント犬とあって芸達者ですね。
とりあえず我家の『とわ』も一応は『お座り』 『待て』 『お手』くらいはできるんだけどそれ以上は・・・・



まぁ、唯一張り合うことができるとすれば、まつ毛の長さくらいかな?
コメント

昨夜の家飲み

2020年10月22日 | 日常の出来事
昨夜の家飲みで冷蔵庫から取り出したのは今さら感はありますが、アマビエのラベルが目を引く山形県出羽桜酒造の『アマビエさま』と三重県元坂酒造の『八兵衛』。



どちらを開けようか迷った挙句、先ずは疫病退散にご利益がある妖怪「アマビエ」をラベルにあしらった出羽桜『アマビエさま』。



雑誌『Discover Japan2020年6月号』の表紙を飾った酒田出身の画家・佐藤真生さんの作品だそうで、お酒は織田信長公を祀っている建(たけ)勲(いさお)神社
でご祈祷済みなんだそうです。
一日も早くコロナウイルスが収束しますようにといいですね。



ちなみ『とわ』はテーブルの上の食べ物には全く興味を示さないんですが・・・・



飼い主と一緒?で『ぐい呑み』には、何故か異常なほど興味を示すんですよね。(笑)

さて、本日は羽毛ふとんの丸洗いのご依頼を頂きました。



お客様からは使ってない客用だから急がなくてもいいよとのことでしたが、これから寒さが本格的になるとムートンやカーペットなど、
物によってはお時間を頂く物もありますので、寒くなって慌てない様に今のうちにご準備くださいね。
本日はご依頼ありがとうございました。
コメント

打ち直し

2020年10月21日 | 打ち直し
打ち直しの敷布団4枚が仕上がりました。
お客様には軽くて暖かな羽毛ふとんをお使い頂いてるんですが、敷ふとんは昔ながらの綿の布団が好きとの事。
皆さんの中にも、天気の良い日に干したふわふわの綿の布団の感触?太陽のニオイ?が大好きという方は多いかと思います。



良質なめん綿は打ち直すことで、まるで新品のように再生が可能です。
現在は軽くて暖かな羽毛ふとんがお値打ち価格で手に入るようになった為、綿の掛ふとんの需要はかなり少なくはなっては来てますが、
敷ふとんに関しては、めん綿が良いと言われる方がたくさんいらっしゃいます。
天然素材のめん綿のお布団は湿度の多い日本の気候にはピッタリの寝具で、小さなお子さんや敏感肌の方でも安心してお使いになって頂けます。
現在いろいろな素材の敷きふとんが出回ってますが、昔ながらの綿のお布団を見直してみるのもいいですよ。
そして、帰りがけにはダブルの羽毛ふとんをシングルサイズへとリフォームのご依頼です。



今回はダブルからシングルへサイズダウンですので、足し羽毛の心配は全くありません。
朝晩急に冷え込み始めましたので大至急仕上げますが、約1週間程お時間を下さいね。
本日はお買上げ、そして追加のご依頼ありがとうございました。




コメント