日本世論の会・大阪支部~支部活動~

「日本世論の会・大阪支部」の活動報告を中心にイベント開催等のご案内もお伝えして参ります。

韓国徴用工問題の真実

2019年10月07日 12時37分22秒 | 「日本世論の会」近畿支部

10月5日歴史認識研究会主催による―「韓国徴用工問題の真実」―をテーマに日韓シンポッジウムが開かれた。 

まず主催者の西岡 力会長から、韓国国内や世界に「徴用工像」や「慰安婦像」が設置され続けている。

これは韓国国内において主なマスコミや政界の恣意により、また一部日本のマスコミ、弁護士なども加担した 

虚偽宣伝の積み上げによって進められた結果である。

 例えば元徴用工であった韓国人の原告の1人は、当時本人が希望し約10倍もの競争の結果選ばれて、

日本に出稼ぎにきていたことを、戦後のある時期から証言を捏造している事実を、客観的資料を示しながら説明された。

このまま放置すると、国際社会における日本の立場を大きく損ねることになりかねないと危惧し、このシンポジュムを、

福岡、大阪、東京で行っていると挨拶。

 次に韓国の李衍(イ・ウヨン)博士から、今の韓国世論はマスコミや政界リーダーによってミスリードされている。

まだ一部の箇所ではあるが、今年ソウル市の光化門広場なで「慰安婦像・労務動員労働者像」の設置反対集会を開いている。

参加した人は少数であったが、韓国の良識や発信している。

 李 博士は学生時代にマルクス主義を深く学んで左翼活動に参加していたが、韓国経済史を学びながらそれを抜け出し、

歴史の真実を追求する学徒となり、事実を無視した「反日民族主義」に公然と反旗を翻す実践活動を始めるいきさつと心情を話され、

また帰国して勇気をもって訴え、活動を続ける決意を発表されると、会場から大きな拍手が沸き起こった。

 当日は主催者が想定した倍の約400人が来場し、会場外の廊下まで立ち見があるほど、日韓関係の異常を 心配するなど関心の高さを感じた。          

   (近畿支部 事務局)

コメント

日韓国際シンポジューム

2019年09月19日 23時24分39秒 | 「日本世論の会」近畿支部

韓国「徴用工」問題の真実 とテーマでシンポジュームが開かれます。

 

日韓国際シンポジウム―韓国「徴用工」問題の真実

 ・日時   :10月5日(土) 14時~17時

 ・会場   :高槻市現代劇場 (JR高槻駅から徒歩12分、阪急高槻市駅から徒歩5分)

 ・登壇者  :西岡 力、 李宇衍研究員(韓国落星台経済研究所)、

         金基洙弁護士(韓国反日民族主義に反対のリーダー)

  司会   :高橋史郎

 ・参加資料代:1000円 (事前予約不要です)

 ・主催   :歴史認識問題研究会

 ・問合せ  :090-8579-0056(吉田)

コメント

サンフランシスコ市 慰安婦像レポート

2019年08月10日 09時12分35秒 | 「日本世論の会」近畿支部

 今年(2019年7月)アメリカ西海岸に住む娘夫婦のところに行った。休日を利用してサンフランシスコ (S・F市)に行き、かねてより気になっていた「慰安婦像」を確認したのでレポートする。

S・F市は坂の町である。全米でもニューヨーク市と並ぶ規模のチャイナタウンの一角に像を見つけた。

観光スポットのひとつ「チャイナタウンゲート」を2ブロック進むと名物のケーブルカーが走る通りとの交差点に出る。そのすぐ横に「セントメリーズ スクエア」がある。

6AM~10PMの間は誰でも利用できる公共施設で、日曜日はベンチでくつろぐ人が多くいた。中に進むと子供用の遊具があり、さらに進むとテラス状のスペースがある。

傾斜地を利用した半地下駐車場の屋上部分が公園の一部として利用され、この中央に3人の少女とおばさんの像が置かれていた。

設置の経過を確認すると、

2015年9月、当時の中国系市議により像の設置が提案される。

2017年9月、像が設置される。

2017年11月 、民有地とセットで像がS・F市に寄贈され市の管理となる。

 

 S・F市と永く姉妹都市であった大阪市の吉村市長(当時)はこのことに抗議して、S・F市長に姉妹都市解消を通告しているが先方は首長の判断事項ではないとして、中に浮いた状態である。

 4体の像の脇には5カ国語で説明文がある。

                         

 私たちにとってもっとも恐ろしいことは、第二次世界大戦中の私たちの痛ましい歴史が忘れられてしまうことです。」 —  元「慰安婦」

この記念碑は、一九三一年から一九四五年まで日本軍によって性奴隷にされ、「慰安婦」と呼ばれたアジア太平洋地域十三ヵ国にわたった何十万人の女性と少女の苦しみを表しています。

その女性たちの大多数は、戦時中囚われの身のまま命を落としました。この暗い歴史の大部分は、生存者が勇敢に沈黙を破った一九九〇年代まで、何十年も隠されていました。

生存者たちの証言が世界を動かした結果、戦争手段としての性暴力が人道に対する罪であり、加害国の政府が責任を負わなければならないと国際社会が宣言することとなりました。

この記念碑は、これらの女性たちの記憶のために捧げられており、世界中での性暴力や性的人身売買を根絶するために建てられたものです。

 

わたしはこの碑文を何度も読み返したが、この像の目的が女性の人権、尊厳を訴えるのあれば、ことさら旧日本軍を加害者に決めつけ、

世界各国の同様の罪を全て日本に転嫁するような標記は納得できなかった。周辺の状況から、我々旅行者が利用するような施設ではないが、

米国社会における中韓の対日プロパガンダの 象徴のひとつになったことは間違いない。私達の父祖の名誉を護るためにも、現在世界各地で生活する同胞の安全のためにも、

自分自身の学びを深め、史実の発信をつづけていかなければならないと思う。

コメント

参議院選挙について

2019年06月30日 11時05分18秒 | 「日本世論の会」近畿支部

7月21日の参議院選挙は憲法改正の為により多くの改憲勢力を国政に送らなければならない選挙である。地元大阪地方区は定員4名。

前回2016年は①自民(76万票)②維新(72万)③公明(67万票)、④維新(66万票)、次点共産(45万票) であった。

4月の統一地方選、や6月の堺市長選等の流れから判断し今回も維新の支持が多いと思われる。

前回同様の結果となるよう、本会は一部マスコミの情報操作に惑わされぬよう身近な方に「改憲推進派」の支持を訴えていきたい。

コメント

憲法講演会に参加しました

2019年05月08日 12時40分45秒 | 「日本世論の会」近畿支部

5月3日、美しい日本の憲法をつくる大阪の会主催「憲法フィーラムIN大阪市」に参加した。

最初に 防衛問題研究家 桜林美佐指氏より、現在の世界のほとんどの国は集団的安全保障

で自国の平和を目指している。ところが、日本の憲法9条の内容は「一国平和主義」としか

解釈できず時代に合わない憲法である。しかし残念なことに多くの国民は理解できていない。

 一方昨今の国内の大災害には自衛隊が派遣され、感謝と理解がすすんでいる。

自らの安心・安全と大いにかかわりのあるこの活動が円滑に行えるよう私たちは身近な人に

自衛隊の憲法上の地位向上の必要を訴えて改憲議論のムードを盛り上げましょう!とのお話。

 次に地元選出の参院の太田房江議員より、改憲は自民党の党是である。①自衛隊の明記

②緊急事態対応③参院の合区解消④教育関係条文の充実等に本気で取組んでいるとのお話があった。

本会も世論の約7割が望む憲法審査会の開催と活発な議論を要望署名活動など行っていきたい。

                          (近畿支部事務局)

 

コメント

「同期の桜を歌う会」の報告

2019年04月10日 13時38分45秒 | 「日本世論の会」近畿支部

4月6日、桜花爛漫の下、大阪護国神社境内で本会や同好有志の皆様と

協力し開催しました。

当日は晴天にも恵まれ参拝の方々も一緒になって軍歌を奉納致しました。

 西村真悟さんも駆けつけていただき大いに盛り上がった事、また当日深夜にはご子息の

西村日加瑠氏が大阪府議会議員に当選の報がありました。おめでとうございます!今後の

ご活躍を期待したいと思います。      

コメント

同期の桜を歌う会

2019年03月18日 18時43分23秒 | 「日本世論の会」近畿支部

今日、日本がこれまで復興、発展を遂げたのも、かつてこの歌と共に戦場に赴き、祖国の為に青春の命を捧げた、多くの戦友たちがあったおかげです。その思いを込めて私たちが桜花の下に相集い、英霊と再会して、そのみたまに心から感謝し、お慰めし、そしてこれからの日本を考えるために、高らかに『同期の桜』をうたいます。

懐かしの軍歌を歌いながら、英霊への思いを馳せ、追悼の思いを捧げます。

 

○日時  平成31年 4月 6日(土)  13 時~ 16 時 (小雨決行)

○会場  大阪護国神社境内 地下鉄住之江公園下車スグ 

○参加費  無料 

○主催 「同期の桜を歌う会有志」    問合せ先 090-1224-4861 三浦

コメント

講演会のご案内

2019年02月18日 16時19分22秒 | 「日本世論の会」近畿支部

 足立康史氏講演会のご案内

 足立議員をお招きして「国政報告」「憲法改正の見通し」について講演していただきますので、

 多くのご参加をいただくようご案内申し上げます。

 

・日時  3月16日(土) 14時半~16時

・会場  モラッキー 2F   大阪市北区末広町2-5 (地下鉄南森町⑥出口から5分)

・講演テーマ  「国政報告」 「憲法改正」

・参加費  無料

(本講演会は 友好団体「日本をよくする大阪府民の会」の定時総会後に行います)

・問合せ  事務局 090-6679-7796

コメント

対馬に関する情報

2019年01月07日 23時01分34秒 | 「日本世論の会」近畿支部

会員から情報をいただきましたので、紹介します。

 

先日6チャンネルの「正義のミカタ」で対馬のことが放送されていました。

既に視聴されておられるかも知れませんが、私は以下感じました。

 【所感】

*自衛隊の基地周辺に韓国資本の建造物があるとは聞いていました。

 しかし、実際の映像を見て、あんなに近いとは思いませんでした。

 日本の安全保障に対する感覚は何と鈍いものか!ユルユルです。

 

*展望台の地図が韓国人旅行者に落書きされていました。

 即ち、地図に JAPAN SEA  と記載してあるのが JAPAN に横棒線を

 引き、消して、代わりに EAST と書き加えられているのです。

 

 韓国が「東海」と言うのは勝手ですが、日本にある展望台の地図が

 「日本海」ではなく「東海」になっています。

 日本人の行かない展望台だそうですが、管理は日本(対馬市役所?)が

 行っているはずです。  落書きには厳正に対処して欲しいものです。

 

 今、韓国海軍による海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射問題で

 日韓がもめていますが、韓国のお粗末な説明に対しては、決着を曖昧にせず

 徹底的に日本の正義を貫いて欲しいものです。

コメント

新年ご挨拶

2019年01月03日 21時16分17秒 | 「日本世論の会」近畿支部

明けましておめでとうございます。 御代替わりの年、ほとんどのカレンダーは西暦表示で  「元号」表示は見当たりません。 

ご皇室カレンダ―には「平成31年・元年」とありました。

 近年公文書でも元号表記から西暦表記への事が話題になっていますが、

今年のような「特別の年」を迎えることにより原稿についての関心が高まりその意味を

深く考える機会になるのではないか?と思っています。

 さて本年は春の統一地方選挙、7月には参院選、また憲法改正国民投票も考えられます。

近畿支部の皆様の草の根運動で力を結集してよい結果が出るよう、力を尽くしたいと思います。

                         近畿支部長 茶橋和夫

コメント