山口県FIDバスケットボール連盟

山口県FIDバスケットボール連盟公式ブログ

〔News〕三枝氏からご寄付をいただきました

2020年11月23日 | NEWS


2019年度ミズノ スポーツメントール賞を受賞された山口県FIDバスケットボール連盟顧問の三枝啓已氏から、本連盟に対してご寄付をいただきました。
10月4日、練習会場の防府高校佐波分校に三枝氏が寄付金をお持ちになりました。11月22日、防府ライオンズクラブ杯の折りに、小坂会長から感謝状をお渡ししました。

三枝先生、貴重なご寄付をありがとうございました。FIDバスケット競技の振興に役立たせていただきます。

※(一社)山口県バスケットボール協会公式ブログから
 〔News〕三枝啓已氏 ミズノ スポーツメントール賞を受賞 2020/4/22



この記事をはてなブックマークに追加

門脇選手 パラアスリート認定

2020年08月31日 | NEWS

8月31日(月)、山口県庁で「令和2年度やまぐちパラアスリート認定式」が行われ、門脇治喜選手(下関ブルーハリケーン)が、「令和2年度やまぐちパラアスリート」に認定されました。

「やまぐちパラアスリート育成ファンド事業」は、山口県在住等の障害者アスリートに対し、県・企業・県民が一体となって支援し、一人でも多く東京2020パラリンピックやその他世界レベルの国際競技大会に出場できる選手を輩出し、同時に、山口県の障害者スポーツの更なる活性化を図るために創設されました。

認定式では、車いすバスケットの安達颯真選手(山口オーシャンズ)も認定されました。安達選手は昨年度に引き続いての認定、門脇選手は初の認定です。互いに今後の検討を誓いました。

また、山口県ゆかりのパラアスリート、道下美里選手(マラソン)、広瀬順子選手(柔道)、財満いずみ選手(車いすバスケ)からも激励のビデオメッセージがありました。

■関連サイト 公益社団法人山口県障害者スポーツ協会 公式サイト

知事から認定証を受け取る門脇選手




安達選手とともに


安達選手、小坂会長とともに


この記事をはてなブックマークに追加

〔News〕三枝啓已氏 ミズノ スポーツメントール賞を受賞

2020年04月22日 | NEWS
(一社)山口県バスケットボール協会顧問で、山口県FIDバスケットボール連盟の顧問でもある三枝啓已氏が、素晴らしい賞を受賞されました。
三枝先生、おめでとうございます!

詳しくは、県協会ブログをご覧ください。
〔News〕三枝啓已氏 ミズノ スポーツメントール賞を受賞

この記事をはてなブックマークに追加