尺八楽譜ポップス(ハ調ベース)

だれもが尺八に親しめる普通の楽器のように5線譜ハ調ベースの楽譜を作成し独奏・合奏など楽しむ方法を皆さんに公開します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

尺八楽譜ポップス(ハ調ベース)

2015-04-26 17:06:15 | 尺八

尺八をポップスなどので身近な音楽で楽しみましょう。
[目的]
尺八は誰でも容易に親しめる取り組み易いものでありたい思います。
これからは若い人にも関心を持ってもらいたいと思います。そこで音楽の世界では一般的なハ調をベースとした「運指表、楽曲集(ポップス)、楽譜作成方法」を3点セットで公開、活用していただきたいと思います。
尺八を特殊な楽器ではなく、普通の楽器として認識していただくことが重要です。ハ調ベースの考え方が尺八の普及に貢献できればと思います。
[特徴] 
①手元にある楽譜をそのまま5線譜に転記し、下記ハ調ベース運指表をもとに5線譜の歌詞の位置に尺八の運指を記入します。
②これでお手持ちの楽譜を尺八譜としてすぐに利用出来ます。
③ハ調ベースですから洋楽器と"バッチリ"コラボできます。ですから、市販の楽譜や歌の本をハ調ベース運指表で作譜すれば同様にコラボできます。(この場合は1尺6寸に限ります。)
④洋楽器とのコラボや演歌などの伴奏曲に合わせない場合又は、尺八の寸法に関係無く何寸で吹こうが関係ありません。
[洋楽を楽しむためには] 
①音程が正確でないと楽しめません。尺八は寸管(寸法管)と洋音で調律した律管があります。寸管は洋楽の音程と違っていますので気をつけましょう。1尺8寸より短い管は寸管もほぼ音程は合っていますが確認が必要です。また、自分で調律出来るようにしたいものです。
②更に、自分の好きな曲の尺八譜面を自分でつくれるようにしたいものです。 そこで
調律方法や楽譜の作成方法等について、下記ホームページにその方法を示します。
実際の応用例を楽曲集として下記の2冊を出版しました。
[楽曲集出版]
1.「尺八ポップス楽曲集」ハ調ベース85選版。平成24年10月20日。好評で600冊以上お求めいただき完売しました。
2.「尺八ポップス楽曲集」ハ調ベース65選出版。平成27年6月1日。500冊を予約限定出版し完売しました

①この楽曲集は、歌謡曲などをバックミュージックに1尺6寸または、1尺8寸で演奏できるよう作譜しています。前奏・間奏も合わせています。
②この楽曲集を用いて1尺6寸で演奏すれば洋楽器とそのままコラボできます。
③収録内容は下記ホームページで確認ください。
[楽譜ご希望の方]
 完売しましたが今後は、楽曲集の楽譜を単品でのご要望等に応じます。また、それぞれの楽曲集で15曲以上をお求めの場合は楽曲集単位のA3(複写)版をお求めやすい価格で提供いたします。

ご希望の方は、収録曲をホームページで確認の上、下記電話で連絡をお願いします。

[ホームページ]
調律方法・楽譜の作成方法・収録曲等下記のホームページで詳しく説明しています。 
http://arahata.sakura.ne.jp
[メールアドレス/電話]
メール表示は迷惑メールの原因となるのので下記電話に連絡願います。
04-2925-5315
[教室]
埼玉所沢3ケ所。
[運指表(ハ調ベース)]
ポップスにですから五線譜の特徴を最大限活用しましょう。そして、誰でも尺八譜を作成出来ることです。そのため運指表に求められる要素は
①巷の楽譜を利用して誰でも尺八の譜面が作成来る。そのため一般の楽譜と同じよう「ハ調ベース」であること。
②ピアノの音階・音律「ドレミファソラシ」の白い鍵盤の7音に対して音を作らなくて良く且つ、「メリ」が無い。結果、演奏が容易。
③ピアノなど洋楽器とコラボが容易。 
④音程は五線譜ですから一目瞭然です。結果運指表が簡明で解りやすくなります。また、伝統を尊重することも大切です。
この条件を満たすのは、「ドレミファ」の7音に対して音を作らなくて良く且つ、メリ(半音)が無くてすむ1尺6寸、7孔の音階・音律が最適
であることが下記運指表から判ります
**5孔の場合、各流派の場合でも、夫々の流儀で音律を合わせていただければ問題ありません** 

[運指符牒比較]
各流派の符牒は1尺8寸の変ロ調ベースと1尺6寸ハ調ベースとの符牒の違いを示します。ハ調ベースは洋楽的に簡明に整理されていることが判ると思います。
下の表に示すように1尺6寸7孔では基本のドレミファソラシの7音でメリが全く無く正確な音程で演奏が容易です。
従って、ピアノと同じ音程・音律ですから譜面そのままで洋楽器とコラボが可能となることが理解出来ると思います。

[演奏例]
「荒城の月」譜面は下に表示 私の尺八と三味線との合奏。歌・詩吟も本人。三味線 藤本秀女彩 
http://www.youtube.com/watch?v=V3EA-vl1x7c

「魅惑の宵(南太平洋)」譜面は下に表示 平成24年9月所沢市邦楽芸能大会(ミューズ)諸流派琴古流、都山流の5孔の方も違和感無く演奏を楽しんでおります。
http://www.youtube.com/watch?v=4EF7SsMdI7s
[譜面の例]
1. 上記「荒城の月 」の譜面(出許諾第1212716-201)


2. 上記「魅惑の宵(南太平洋)の譜面1/2(出許諾第1212716-201) 

[8寸管で洋楽を作譜した場合の問題点] 春の海(許諾第1212716-201号)
春の海を例に上記運指表をにより上段に1尺6寸と1尺8寸の符牒を示します。尺八符のロは洋音階では6寸管はミ、8寸管はレです。下段に
1尺8寸の音階を変ロ調ベースに移調した場合を示します。結果、尺八譜はハ調音階と同じになり即ち、変ロ調に移調せず最初からハ調ベースで作譜すれば良いことが理解出来ると思います


[尺八・三味線変換表]
三味線の音階について少し触れます。三味線は音合わせは自由ですが、同じ弦楽器のギターの違いを見ますと三味線の第1と第3の弦は開放が「ミ」、第1フレットが「ファ」、第2弦は開放が「シ」第1フレットが「ド」となります。これは三味線では8本の二上がりとなります。これは尺八では1尺6寸即ち上記「ハ調ベース」の音階となります。
①そこで三味線の譜面をハ調ベースで譜面を作成し、8本で調弦すれば洋楽器とコラボが出来るようになります。
②もうおわかりでしょうがギターの弾ける方はつまびく程度ならば三味線をすぐに弾くことが出来ます。

 

コメント