レディース鍼灸さいとう

豊橋市浜道町 女性・小児専門鍼灸院

夫婦で始める妊活 ~男性不妊について~

2022年09月30日 | 日記

みなさん こんばんは

豊橋市にあるレディース鍼灸さいとうです

 

人工授精などの一般不妊治療

体外受精などの生殖補助医療が保険適用になり

不妊治療の認知度や関心が高くなってきました

 

不妊症の原因は女性だけではありません

男性のみなさんや旦那さんにも知ってほしいと思い

男性不妊に焦点をあてたお話です

 

不妊症のうち

男性に原因がある場合が約24%

男女ともに原因がある場合が約24%

約半数は男性側に原因があります

 

男性不妊の原因で1番多いのが

造成機能障害と言われる精子の異常です

精子の数が少ない

動きが悪い

奇形率が高い場合

受精する力が落ちてしまい

受精卵の育ちが悪い・着床しない

原因になるといわれています

 

そのため病院では

精液検査を行い

精子の量や濃度・運動率・奇形率などを調べます

 

WHOが定める

正常精液の基準(2021年)は

・精液量:1.4ml以上

・精子濃度:1ml中に1600万個/ml以上

・総精子数:1ml中に3900万個以上

・運動率:42%以上 

・正常形態率:4%以上

とされています

 

 

精子は精巣の中で細胞分裂をしていき

精子へと成長すると

精巣上体へ移動します

10~20日かけて成熟し

卵子に侵入する力をつけていきます

この過程で70~80日かかると言われているため

80日前から準備をしていかなければなりません

 

◇妊娠には男性のチカラが必要◇

男性にも検査に行ってほしいと

思っているパートナーの女性は多く

気分を害してしまうのではないかと

言えずにいる方もたくさんいます

 

女性がどのような検査や治療を行っているのか

パートナーの男性に一緒に病院についてきてもらうことで

理解が深まるきっかけになることもあります

 

また男性の場合

女性が多く通院する婦人科ではなく

泌尿器科へ相談することもできます

検査室もプライバシーの配慮がおこなわれていますし

病院によっては自宅で精液を採取して持っていくか送ることで

診断ができるキットを取り扱っているところもあります

 

男性が妊活に取り組みやすい方法を一緒に探し

不安を軽くしてあげるなど女性側のサポートも大切です

 

二人で手を取り合って

お子さんを授かる準備を始めてみましょう

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

生理痛・不妊症・逆子・更年期障害

夜泣き・仮性近視・起立性調節障害など

女性・小児専門鍼灸院

レディース鍼灸さいとう

豊橋市浜道町字浜道85-1

Tel:0532-29-9505

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

X線には映らない!40~50代の膝の痛みの原因

2022年09月08日 | 日記

みなさん こんばんは

豊橋市にあるレディース鍼灸さいとうです

 

当院の患者さんの訴えのなかでも

膝の痛みはとても多い整形疾患です

 

・膝の内側

・外側が痛い

・膝の上が痛い

・膝の真ん中、中の方は痛い

・膝蓋骨の下が痛い

 

痛みの場所は患者さんによってバラバラですが

歩行時や立ち上がるときに痛む

正座ができない

階段がすたすた上れない

という訴えが多く聞かれます

上記のような症状が治らず困った場合

みなさん病院(整形外科)に行かれたことも

多いのではないでしょうか

そして病院ではまずレントゲン画像検査が

おこなわれるでしょう

膝が痛いのは間違いないのに

レントゲン検査の結果

「膝には異常なし」 と

言われたことはありませんか?

じつはこういった診断を受ける方は

40~50代にかなり多いのです

 

レントゲンはそもそも

○骨に変形などの異常はないか

○軟骨がすり減っていないか

を主に見ています

それ以外に膝を構成する部分で

痛みの原因となるような

半月板や軟骨、関節包

靭帯や筋肉の細かい損傷は

レントゲンでは判別できません

60~70代以上になってくると

変形性膝関節症などで

徐々に骨や軟骨の異常が出やすくなりますが

40~50代はその変形の前段階!

つまりレントゲンでは見られない部分で

痛みが出ていることが多いです

 

鍼灸院での治療では

○筋肉 

○靭帯 

○半月板や関節包などの軟部組織

に対して治療をおこないます

長期間膝痛が続いている場合

半月板や軟骨になんらかの問題が発生しており

その痛みは損傷部分からの炎症が原因になります

「レントゲンなどの画像検査をしていないと

悪い場所がわからないのでは?」

とよく聞かれますが

痛みの場所や痛み方・触診・検査から

本当に悪い場所を割り出すことができます

鍼灸治療では靭帯や半月板など

膝の奥深くにある部分にも

的確に治療することができ

「消炎作用」という 内部の炎症を抑える効果があります

また、炎症や膝の動きを邪魔している筋肉

(太ももやふくらはぎ、膝裏)

の緊張を改善することで

膝の動きが良くなることもあります

 

40~50代の膝の痛みは

放置するとそのまま変形性膝関節症などの

取り返しのつかない状態にまっしぐら!

改善できる今が治療する時です

悩まされずに豊かな生活送るために

ぜひ一度ご相談ください

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

生理痛・不妊症・逆子・更年期障害

夜泣き・仮性近視・起立性調節障害など

女性・小児専門鍼灸院

レディース鍼灸さいとう

豊橋市浜道町字浜道85-1

Tel:0532-29-9505

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

交通事故後のむちうち症に対する鍼灸治療

2022年08月26日 | 日記

みなさん こんにちは

豊橋市にあるレディース鍼灸さいとうです

 

交通事故にあってしまったら

みなさんはどうしますか?

 

交通事故後におこる体の不調は

鍼灸治療が対応できます!

 

事故後起こる体の不調の中でも

一番多いとされる

「むちうち症」について

ご紹介します

 

 

むちうち症とは

外傷性頸部症候群ともいわれ

衝突の衝撃で

頭が後ろに大きく振られた反動により

前に頭が大きく振られることで

強い力が首に加わり

首周辺の筋肉や靱帯などの

軟部組織が損傷してしまうことをいいます

骨折や脱臼といった症状はなく

レントゲンやMRIなどの検査では

異常を発見しづらい事も特徴です

 

首の痛みや肩の痛み

頭痛 めまい 手のしびれ

不眠 うつ状態など

痛み以外にも様々な症状が起こります

 

事故直後は

気持ちが動転してしまったり

体が興奮状態となり

むちうち症状に気づかないことがあります

時間がたつにつれて症状を

自覚することが少なくありません

そのうちに治るからと

そのままにしておくと

症状が残ってしまうこともあります

雨など天候によっても

症状の悪化が現れます

そうならないように

早く回復するためには

鍼灸治療を

取り入れてみてください

 

鍼灸治療には

・鎮痛作用

・消炎作用

・誘導作用

があります

 

痛めてしまった

筋肉や靱帯の炎症を抑えたり

痛みに対して効果を発揮します

 

体の強い痛みや

交通事故による体の緊張は

体の調整をしている

自律神経の交感神経系を過剰に緊張させ

末梢の血管を強く収縮させてしまいます

そのため

血流が悪くなり

痛みを生む物質が溜まり

痛みを増してしまいます

鍼灸治療は

筋肉の緊張を緩め

血行を増加させる作用があるため

痛みを増幅させる痛みの悪循環を

断ち切ることができます

 

患者さんの状況・症状によって

鍼灸も自賠責保険を使って

治療をすることが可能です

病院でリハビリへ行っているから

一緒に治療できないと思っていませんか?

病院の治療と併用して

治療することができますので

ご安心ください

 

辛い状態を一日でも早く回復するため

まずはご相談ください

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

生理痛・不妊症・逆子・更年期障害

夜泣き・仮性近視・起立性調節障害など

女性・小児専門鍼灸院

レディース鍼灸さいとう

豊橋市浜道町字浜道85-1

Tel:0532-29-9505

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

起立性調節障害の鍼灸治療に午後から行こうかな

2022年08月09日 | 子供の病気

みなさん こんにちは

豊橋市にあるレディース鍼灸さいとうです

 

  • たちくらみ、めまい
  • 朝なかなか起きられない
  • 食欲がない
  • 頭痛
  • だるい、疲れやすい

 など

小・中学生のお子さんにあてはまる症状はありますか?

 

これら症状はODの方によくみられる症状です

ODとは起立性調節障害(Orthostatic Dysregulation)

のことです

 

からだの機能を調節する自律神経が

うまく働かないために

からだにさまざまな症状があらわれます

 

自律神経とは

からだが活発に動けるように働く交感神経

からだを休めるように働く副交感神経の2つ

この2つの自律神経の働きは自分の意思で

コントロールできるものではありません

 

 

自律神経といえば

春にもバランスを崩しやすくなりますが

夏もODの症状がおこりやすい季節です

 

体温が高くなりすぎないように末梢血管が拡張

   

発汗により体内の水分が減少

   ↓

循環する血液量が減る

   ↓

低血圧の傾向高まる

 

⇒朝起きられない

 

今 お子さんの状態はいかがですか?

 

特に朝

午前中動けないことが多いため

家にいることが多くなると思います

ODの状態・症状によっては

比較的午後に体調が上向きます

無理せず

ペースを考えて体が動けるとよいですね

出かけることやからだを動かすことが

少なくなると筋力が低下します

体力がなくなると

ますますからだを動かしにくくなります

 

 

そんなときは

はりきゅう治療を生活リズムの活動のひとつ

に加えてみませんか?

 

はりきゅう治療といっても

こどものはり=小児はりを使います

0歳からできる鍼なので

ODになりやすい小・中学生もできます

自律神経を整えるように治療していくこと

でODの症状を軽減させていきます

はりきゅう治療を続けていくうちに

少しずつ体が楽になっていきます

もう少し外に出られそうだったら

家の中とは違う景色を見にお出かけしては

どうでしょうか

 

参考文
起立性調節障害(OD) 田中大介著

 

 

7月27日に起立性調節障害について

院内勉強会をおこないました

気になる方はお気軽にご相談ください

LINEでのご相談も受けつけております

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

生理痛・不妊症・逆子・更年期障害

夜泣き・仮性近視・起立性調節障害など

女性・小児専門鍼灸院

レディース鍼灸さいとう

豊橋市浜道町字浜道85-1

Tel:0532-29-9505

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お盆休みのお知らせ

2022年08月02日 | 休診のお知らせ

みなさん こんばんは

豊橋市にあるレディース鍼灸さいとうです

 

一年で一番暑い時期になり

厳しい暑さが続いていますね

夜になっても気温が下がらないことも

多いですので夜でも熱中症には

お気を付けください

 

熱中症予防には日頃の体調管理も大切です

冷房により体が冷えてだるい

疲れがとれにくいなど

不調を感じたら

お早めにご相談くださいね

 

 

★お盆休みのお知らせ★

8月13日(土)~16日(火)まで

休診させていただきます

17日(水)から通常診療いたします

 

※8月11日(木)は通常診療いたします

よろしくお願いいたします

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

生理痛・不妊症・逆子・更年期障害

夜泣き・仮性近視・起立性調節障害など

女性・小児専門鍼灸院

レディース鍼灸さいとう

豊橋市浜道町字浜道85-1

Tel:0532-29-9505

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする