レディース鍼灸さいとう

豊橋市浜道町 女性・小児専門鍼灸院

知ってほしい!10代に多い「起立性調節障害」

2021年04月21日 | 子供の病気
みなさん こんばんは

愛知県豊橋市にある

レディース鍼灸さいとうです

昨日のザ!世界仰天ニュースで

起立性調節障害(OD)が紹介されました

コロナ禍による長期休校や運動不足により

朝起きられず学校に行けない

というお子さんが増えているようです

みなさんは起立性調節障害をご存知ですか



起立性調節障害とは

自律神経系の異常で

循環器系の調節がうまくいかなくなる疾患です

立っている時にめまいや動悸 失神がみられ

午前中は調子が悪く

午後になると回復するという

特徴があります

主に思春期前後の子どもに多く

朝なかなか起きられないことから

不登校につながることもあります

不登校の子どもの約3分の2が

起立性調節障害に悩まされています


起立性調節障害は怠け癖ではなく

自分の意志とは無関係に起こる病気です

そのため治療が必要です

はりきゅう治療では

思春期で不安定な自律神経の働きを

安定させ症状を改善することができます



朝なかなか起きられない
立ちくらみやめまいがする
動悸や息切れがする
食欲がない
頭痛や腹痛がある
体がだるい
入浴時に気分が悪くなる


3つ以上当てはまると

起立性調節障害の疑いがあります

お気軽にご相談ください
















生理痛は予防できます!

2021年04月12日 | 女性の病気
みなさん こんにちは

愛知県豊橋市にある

レディース鍼灸さいとうです

今回は「生理痛」について

お話します

みなさんは生理痛が辛いとき

どうされますか?

薬を使って痛みを我慢して

しまっているという方が

多いのではないでしょうか


東洋医学で考えてみると

生理痛の出方には

様々なタイプがあります

自分がどのタイプなのか

知っているだけでも

痛みの対処法がわかり

痛みを軽減させることができます

今回は色々タイプがある中でも

肝気の流れが悪くなることから

生理痛が生じる

「肝鬱気滞(かんうつきたい)」タイプ

についてご紹介します


肝鬱気滞タイプの方は

生理痛とともに月経前症候群(PMS)

強く出ることが多いのが特徴です

肝は五臓の一つで

体の諸機能を調節し

情緒を安定させることが主な働きです

また「肝は血を蔵(やど)す」といい

血を貯蔵し循環させる臓腑でもあります

この肝の機能(肝気)が

スムーズに働いていない体質が肝鬱気滞です

ストレス 緊張 情緒変動などにより

肝気の流れが悪化し生理痛が生じます

生理前から生理前半にかけて

下腹部が脹るように痛み

出血に血の塊が混ざります

また

イライラ感や気分の落ち込みが多くなります

これらの症状が当てはまる方は

太衝(たいしょう)というツボが

オススメです!




足の親指と人差し指の間

指が止まるところにあります

生理痛の緩和だけでなく

生理前のイライラを軽減させます

日頃からツボを指圧したり

お灸をして温めてあげるのも

効果的です!

生理痛でお悩みの方は

お気軽にご相談ください

毎月の生理を快適に過ごせるように

一緒に予防していきましょう



東洋医学で診る線維筋痛症

2021年03月23日 | 日記
みなさん こんばんは

愛知県豊橋市にある

レディース鍼灸さいとうです

突然ですがみなさんは

「線維筋痛症」という

病気をご存じですか?

八木亜希子さんやレディー・ガガさんが

病気を公表されたため

聞いたことがある方が

多いのではないでしょうか


線維筋痛症は

全身に広がる慢性疼痛に加えて

疲労倦怠感 

手指などのこわばりや腫脹

四肢のしびれ ふるえ 微熱 

睡眠障害 うつ状態

などの症状を伴う病気です



男性より女性に多い特徴があります

血液検査やCT、MRIなど

一般的な検査をしても異常は

見つかりません

以前は

非関節性リウマチ
心因性リウマチ

などと呼ばれていました



西洋医学では

プレガバリン(商品名リリカ他)などの

神経障害性疼痛治療薬 

抗てんかん薬や抗うつ薬

などが使われます

痛みで眠れない場合は

睡眠導入薬が使われることもあります


鍼灸など東洋医学では

痛みは気・血(けつ)・津液(しんえき)など

人体の構成成分の「流れ」や「量」と

深い関係にあると捉え

治療をおこないます

「気」は生命エネルギーに近い概念
「血」は全身を滋養する血液や栄養
「津液」は体内の水液を指します


これら3つが流れることで

健康が保たれると考えます

中医学に「不通則痛(ふつうそくつう)」

という言葉があります

「通じざれば、すなわち痛む」と読みます

体内での気・血・津液の流れがスムーズでないと

痛みが生じるという意味です

どれか一つでも流れが滞ってしまうと

上手く機能せず痛みを

引き起こしてしまいます


たとえば

長袖シャツが肌に触れても痛む
刺されるような痛みが生じる
慢性的な肩こりがある
舌は紫色を帯び瘀斑も見られる

このような症例の場合
 
血の流れがスムーズでない「血瘀(けつお)」証

と考えます

血瘀は血の流れが滞りやすい体質です

血管の微小循環障害や精神的ストレス

寒冷などの生活環境

不適切な食生活、運動不足などにより

この証になります

疾患や体調不良が慢性化、長期化して

この証になることもあります

鍼灸では

筋肉の緊張や冷えを改善し

滞っている血液の流れを

促していきます



血液が上手く流れることで

「気」や「津液」の流れも

スムーズになるため

痛みの軽減に繋がります

痛みが少しでも楽になり

日常生活を送りやすくなるために

治療を続けていきます

お困りの方はご相談ください

ダイエットは春に始めるといい!?

2021年02月23日 | 日記


みなさん こんばんは

愛知県豊橋市にある

レディース鍼灸さいとうです

立春も過ぎ少しずつ

暖かさを感じる日がでてきましたね

春は環境の変化とともに

何かを始める気力や行動力が

高まる時期です

今までの習慣を見直したり

新しいものを始めるのも

いいかもしれませんね


さて

これから薄着になる機会も増えるため

今のうちに二の腕やウエストを

引き締めたい

コロナ太りを解消したいという方

多いのではないでしょうか?

気温が高くなり過ごしやすくなる春は

寒さで縮こまっている筋肉を動かすのに

最適でダイエットに向いています

普段運動をする習慣のない人は

まずは近所をウォーキングするなど

脚の筋肉を使ってみてください

ふくらはぎは「第二の心臓」

と呼ばれています

ふくらはぎの筋肉を動かすことで

重力により下半身にたまった

血液を心臓に戻す働きがあります

そのため全身の血行が良くなり

代謝を高める効果があります

全身の筋肉の約70%は

下半身についており

脚を動かすことは効果的に

ダイエットを行うのに有効です!

また運動と合わせて行いたいのが

『耳鍼(耳ツボ)』です!


耳鍼はただ食欲を抑えるだけでなく

水分代謝を高めむくみを軽減させたり

胃の働きを整えることで

新陳代謝が高まり

痩せやすい体へ近づけます

極度な減量とは違い

無理なく健康的に痩せられるのが

特徴です

またしっかり続けていくことで

リバウンド防止

肥満予防にも繋がります

健康的なダイエットを

始めてみませんか?


がんと共に生きる

2020年11月11日 | ホスピス・緩和ケア

みなさん こんばんは

愛知県豊橋市にある

レディース鍼灸さいとうです

日に日に寒さが増してきましたが

体調はいかがでしょうか



10月4日(日)~10月10日(土)は

世界ホスピス緩和ケアデーを

最終日とし

「ホスピス緩和ケア週間」

となっていました

世界各国のホスピスに関わる

医療施設や団体が

ポスターの掲示及び

セミナー実施などを通して

緩和ケアの普及啓発活動に

取り組んでいます

みなさんはホスピス緩和ケアと聞くと

どのようなイメージをお持ちですか


WHO(世界保健機構)は

「緩和ケアとは
生命を脅かす疾患による問題に
直面している患者とその家族に対して
疾患の早期より
痛み 身体的問題 心理社会的問題 スピリチュアル
な問題に関してきちんとした評価をおこない
それが障害とならないように
予防したり対処したりすることで
クオリティー・オブ・ライフを
改善するためのアプローチである」

と定義しています

緩和ケアは

よりその人らしく

毎日を過ごせるためにも

最後ではなく

最初に相談にいくところだと

思います



2020.10.31中日新聞でも掲載された

国立がん研究センターが実施した遺族調査では

亡くなるまでの1ヶ月間に患者が痛みを感じた

という方が全体の約4割を占めています

その中でも

痛みが少なかったのは

適切な痛みに対応ができている

可能性のある

緩和ケア病棟での治療でした

モルヒネを投与すると

・中毒になる
・寿命が縮まる

という誤った認識があります

しかし

モルヒネは正しく投与される限り

・危険はなく痛みなく快適に過ごせる
・痛みを訴える患者さんに投与する限り中毒にならない

というのが真実です



これを機に

緩和ケアがどういったものなのか

再認識していただきたいですし

今後どのような医療を受けたいのか

考える際にホスピス緩和ケアを

思い出していただきたいです



私たち鍼灸師も

患者さんの苦痛や不安に

向き合い 寄り添いながら

治療をおこなっています

これからも

一人一人に寄り添い

支えられる治療を目指して

いきたいと思います


最後に動画をご覧ください