TerraWeb

軽井沢にオープンした貸ギャラリー「ぎゃらりー御水端」のブログです。

クリストファー・J・ラフルアー氏 「景観の手触り」

2017-04-25 18:38:47 | ギャラリー御水端
今回は被写体の質感をクロスアップした景観を対象に作品を展示、自然保護を訴える。



以下はラフルアー氏のコメント。
「写真は様々な理由で観衆に喜びを与える。
写真には明かりが必要で、光の質である光度、色、陰影の濃淡が写真の完成度に、もっとも影響を与えると、多くの者が論じている。
アウトドア派の写真家は、ひときわ美しい明り、薄雲りの夕闇の柔らかい光に暗示を受けて、撮る対象を追い求めるとよく記している。
ただ、見る人を納得させる力強い写真には、被写体の質も大切だ。くっきりとした山の稜線や、花の近影が見せる美しいディテールが見る人の目を捉えるのだ。」
展示期間は2016年8月12日から8月25日まで。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 続・ぽおとれえとあるばむ  | トップ | ぎゃらりー御水端 企画展 (1) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ギャラリー御水端」カテゴリの最新記事