てらぽんブログ

流行やニュース、イベント、食指が動いたグッズなどを書くブログ

日本史を学ぶおすすめ本

2018-11-05 12:04:17 | 
ちょっと気になっているのが

この日本国記という本。

著者は百田尚樹。


日本国紀





なぜおすすめかと言うと

これを書いた著者が



今こそ、韓国に謝ろう






現時点までの日本史を

どうとらえているかが

よく理解できそうなので。



上記韓国本はタイトルこそ

ああなっていますが

内容は日本は韓国に悪いことしたから謝ろう、

の論調ではないです。



そこが面白い。



まだ読んでいない方は

読んでみても損はないかと思います。



特に過去の歴史や

現代でのニュースに

モヤモヤしている人は。



かなりスッキリするかと。



日本国記のほうは

中身が気になりますね。

日本人なら曲がりなりにも

学校等で歴史は勉強してますし。







コメント

脳の仕組みを知って有意義な人生を送る

2018-08-28 10:43:23 | 
なんだか湿気と暑さで

この2日間、グッタリしてました。



何日かぶりに、

一切、パソコンの画面を見ない

2日間でした。



たまにはブルーライト浴びずに

本読んだり、外眺めたりなんてのも

目の休息になって良いですね。



そんな中、ある本を読んでいて

一段と興味を持ったのが脳科学。



以前より、脳科学とか心理学は

興味があったので

いずれ、どっぷりハマってみようかな、

と思っていたので、良い機会かと。



やる気とかモチベーションって

よく言われます。

やる気スイッチとか。



このやる気ってなんなの?

いつ出てくるの?



もし出なかったら

ずっとやる気ナッシングの状態?



色々気になってしまって。



一方で人間って

自分が生きるか死ぬかの

極限状態になったとしたら



悩みとかやる気とか

そう言った感情は

一切吹っ飛ぶと思っています。



多分。



言わば、やる気とか悩み云々は

余裕があるってことかもしれないと。



生きるか死ぬかだと

そんなこと考えているヒマがありません。



ならば、擬似的に

そういう状態を作り出せば

やる気とから関係なく

がむしゃらな体勢になるんじゃないか。



そんな状態を作り出そうと思ったら

脳の仕組み、動きをより知れば

何かできそうな気がするな〜と。



だって脳って

実際に体で感じていなくても

反応しちゃうから。



わかりやすい例が

梅干しとかレモン。



話ししただけで

口の中が酸っぱい感覚になって

ツバが出てきます。



こうして書いていても

ツバが出てきますからね。

相当なもんです。



脳科学をより知るには

基本的なことを抑えていないと

全然理解できずに

ページが進まないと思います。



なので、まずはマンガで脳科学をサラッと。



マンガ脳科学入門―心はどこにある? (ブルーバックス)

中古価格
¥1から
(2018/8/28 10:25時点)





↑を読んだ後にこれですね。



つながる脳科学 「心のしくみ」に迫る脳研究の最前線 (ブルーバックス)

中古価格
¥778から
(2018/8/28 10:42時点)




自分は本当はこれを最初に読みたかったんだけど、レビュー見てある程度の知識がないと、いちいち単語を調べないと…とあったので。

コメント

カラテカ矢部の漫画でホッとする

2018-08-24 20:32:39 | 
芸人だけど漫画描いてみたら

いきなりベストセラー。



こういう心というか、

気持ち、センスは

持っておいた方がいいような気がします。



大家さんと僕

新品価格
¥1,080から
(2018/8/24 20:28時点)





なんか、ホッとしますね。

カラテカって芸人の矢部さんの漫画。

絵もほのぼのするけど内容ですね。


コメント

イノベーションの起こし方

2018-08-03 23:00:24 | 
イノベーションを起こすなら、イノベーションを起こしてきた人たちの考え方、方法、教訓を生かさない手はありません。

上記について参考になりそうな、超有名なイノベーターとも言うべき人々の実例を集めた本があったので紹介です。


誰もが知る、スティーブ・ジョブズ、ウォルト・ディズニー、本田宗一郎などが取り上げられていますが、中にはミュージシャンも取り上げられています。

例えばクイーンのフレディ・マーキュリー。ボヘミアン・ラプソディの興味深い話が取り上げられています。

そして、デビッド・ボウイ。ボウイはさまざまな人とコラボする事でイノベーションの原動力としたそうです。

ちなみにボウイはクイーンともコラボしてるし、ブレディ・マーキュリーの追悼コンサートにも参加していました。


本は各イノベーターの話毎に完結しているので、どこから読んでも楽しめるのが良いですね。

色んなイノベーターがいるし、みんなそれぞれ考え方が異なることがあるので、自分にグッと来たのを参考にすると良いかと。


こちら。

いつもの仕事と日常が5分で輝く すごいイノベーター70人のアイデア (T's BUSINESS DESIGN)

新品価格
¥1,728から
(2018/8/3 09:22時点)





個人的には先のブレディ・マーキュリー、デビッド・ボウイの話がグッと来ますね。どちらも高校時代から今も聞いているミュージシャン達なので。

この二人は名作が多いですしね。

若い子がジギー・スターダストを聴いたらどう思うだろうか?

聴かせたいな〜。

ジギー・スターダスト<2012リマスター>

新品価格
¥1,555から
(2018/8/3 09:25時点)





ダウンロードでも良いから。

ホントはレコードで聴いてほしいところですけどね。
コメント

先のことを考えると不安と悩みが尽きないとき

2018-07-17 22:53:19 | 
未来への不安や悩みについて

こんな考え方があります。



「先のこと考えても未来はどうなるかわからないから、考えても仕方ない」

「だから、今この瞬間について集中する」



確かに、とは思うものの

本当に良いのかな?

と思ってしまいます。




上記の考え方には続きがあって

「では、どれだけ悩んだり考えたら安心できますか?」

ということ。




これはその通りかも。

「これだけ考えたから未来への不安はなくなった!」

なんて思えないですから。




だから、目の前のことに毎日集中したほうがいいよ。

その積み重ねが不安を吹き飛ばしてくれるよ。

という考え方です。




詳しくはこの本にありますが、

未来への不安と、

将来なりたいことのために

計画することは別だと思います。



その悩み、哲学者がすでに答えを出しています

新品価格
¥1,674から
(2018/7/17 09:03時点)





先のことはわからないから

無計画に生きよう、

という話ではないですね。



でも、計画立てたけど

不安に思って日々過ごすよりは、

無計画でも目の前にあることに

集中して動く方が良さげです。


コメント