カードキングダムブログ
全国チェーンのカードゲームショップ、カードキングダムです。
 




うっす。待たせましたな。前回の続き!

ブシロードの木谷社長に、突撃インタビューをかましてきたぞ!

果たしてカオスTCGは、ヴァイスシュヴァルツとどう違うのか?どう住み分けるのか?
この企画を立ち上げた狙いとは?!

いぢわるな聞き方をしても、木谷社長は快く答えてくれたぞ!(眉毛がピクピク動いていたような気がするけど気にしない)

どーでもいいけど、フツーにインタビューを受けてくれるTCGメーカーの社長って、木谷社長ぐらいなのかなぁ・・・(俺も一応、社長だが。)

他のメーカーさんも、TCG開発担当の人がインタビュー受けてくれないものだろうか。広報さんだと通り一辺倒な答えだしなぁ・・・・

こんどいっぺん、ダメモトでどこかに突撃してみようかな。

■カオスTCGとヴァイスシュヴァルツって、どう違うんですか?!

池っち店長
「先日発表されたカオスTCGですが、一部のユーザーから、
『ヴァイスシュヴァルツとの住み分けが良くわからない。』
という意見が出ています。
中には、
『これからカオスに力を入れて、ヴァイスシュヴァルツはちょっとないがしろにされるんじやないか?』
と不安に思うユーザーもいるようなんですが・・・
どうなんでしょう?そこのところ。」

木谷社長
「おかげさまでヴァイスシュヴァルツは、当初の予想を超えて・・・いや、あえて言いますと、予想を遥かに超えて売り上げを伸ばしています。

これだけ人気のあるタイトルを、ないがしろにするなんて考えられません。さらに多くの新規ユーザーに始めていただくため、2009年の参入タイトルは、可能な限り吟味したつもりです。」

池っち店長
「確かに、“らき☆すた”や“リトルバスターズ!エクスタシー”は鉄板ですし、“アイドルマスター”は2008年の“なのは”のように、かなりの数の新規層を取り込んでくれそうですね。」

木谷社長
「ええ。未発表の8タイトル目も、ご期待に応えられるビッグタイトルだと考えていますし、ヴァイスシュヴァルツは昨年以上の成長が見込めるでしょう。
しかしそうであるが故に、少し問題も出てきたんですね。」

池っち店長
「どういうことです?」

木谷社長
「ヴァイスシュヴァルツが、大きく支持して頂ける商材になったという事は、つまり、不確定要素の大きいタイトルを参入させにくくなったということなんですよ。
簡単に言うと『冒険』しにくくなった。」

池っち店長
「なるほど!『安心して大量に売れる商品』だと小売店が認識しているもので、変化球は投げ辛いって事ですか。」

木谷社長
「それに、契約の問題もありまして、大きなタイトルの中には、参入して頂く交渉に1年から2年もかかるようなものもあるんです。
ヴァイスシュヴァルツは、長いスパンで商品を企画しているので、そういったビッグタイトルが参入していただけるのですが・・・中には、突然注目されるようになるタイトル、というものがあるじゃないですか。」

池っち店長
「むむ・・・カオスTCGを作った理由が見えてきましたよ!」

木谷社長
「アニメ、ゲームコンテンツの世界は、日々めぐるましくブームの移り変わる、動きの速い世界です。
ファンの人達の嗜好も、どんどん変わっていきますし、メーカーがコントロールできるものでもない。
では、そうした最先端の動きにこちらが合わせていくことができる、ごく一部の『早い』人達が『欲しい』と思い始めた途端に、素早く、何でも取り込む事が出来るような、まさに“カオス”なカードゲームがあっていいんじゃないか?
そう考えて作ったのがカオスTCGなんですよ。」

池っち店長
「なるほど。ちょっと何かが流行ったら、すぐに同人TCGが作られる昨今、メーカーにもそういう軽いフットワークが欲しいとは思っていましたが・・・
しかし、するってえとカオスTCGは、意地悪な言い方をすると実験台なんですか?」

木谷社長
「実験というと『カオスで人気が出たらヴァイスシュヴァルツへ』と思われるかもしれませんが、それはありません。カオスで出したタイトルを、ヴァイスシュヴァルツで出すことは考えていませんから。

それにそもそも、実験というより『冒険』だととらえていますね。
普通なら、TCGのタイトルとして、市場がまだ熟成されていないタイトルを、商品化するのは無謀だと考えます。

しかしカオスTCGでは、そうしたタイトルが参入する事がありえる。
その『速さ』や『フットワークの軽さ』が、大ヒットタイトルの先取りになるかも知れないのです。
タイトルによっては、ヴァイスシュヴァルツを超える人気になる事もあるでしょう。

また、ヴァイスシュヴァルツは、よりライトな層のユーザーにも始めて頂くために、運の要素を大きくしたゲームにしましたが、カオスTCGは参入タイトルの方向性や、その性質上、若干『ゲーマー寄り』に制作しています。

この点も大きく違うところですね。」

池っち店長
「という事は、ヴァイスシュヴァルツは基本的にメジャーなタイトルが入り、カオスTCGは、一部熱狂的なファン層の存在するタイトルが入る・・・って感じですか?」

木谷社長
「全部がそう、とは限りませんが、こちらとしては明確に分けているつもりです。

まとめると、これからヴァイスシュヴァルツは、『安定、王道』を目指し、小売店やユーザーの皆様に、安心していただけるゲームにしていく。

そしてカオスTCGは、フットワークを軽くして、『冒険、驚き』をご提供できるようにしていく。そう考えています。」


・・・さて、以上、木谷社長のコメントだった。

まとめておこう。

○カオスTCGは、ヴァイスシュヴァルツより『ゲーマー向け』として作られるらしい。

○カオスTCGと、ヴァイスシュヴァルツで、同じタイトルが出ることは今のところ考えられていない。

○ヴァイスシュヴァルツは王道・安定、カオスTCGは冒険、驚き。

○カオスTCGには、マニアックなタイトルの参入が期待できる。

・・・・こうしてみると、かなり面白そうな商材に見えるなぁ。

ようするに、ちょっとマニアックなタイトルでも、

「それでもカオスなら・・・カオスならTCG化してくれる!」

という「希望」が持てるようになった、って事だからね。

妄想が膨らむぜ。アレとか、コレとか、「あっちの方」とか「こっちの方」とか。


さて、ここからは、木谷社長のコメントのみで報告を続けよう。

だって、

「池田さんの記事は、いつも長いよ」

って言われたんだもん!!(読んで・・いや、お読みになられてるんですか)


■ヴァイスシュヴァルツ、さらなる国内市場開拓、そして海外展開に向けて。

「3月のアニメフェアに、ブシロードのブースを出展します。
会場全ての中で最大の、40コマの敷地を使い、巨大迷路を作る予定です。
ファンが『ニヤリ』とするような、面白い“仕掛け”も盛りだくさんですので、皆さん、ぜひ遊びに来て下さいね。」
(筆者注・何となく予想できるんだが、ブシロードの社員は学園祭のノリで楽しんでブースを作るであろう。
しかも、S友さん辺りが悪ノリして、ドマニアックなネタで笑いを取ってくれるに違いない。)

「これは業界向けの話なんですが、夏の“おもちゃショー”に初めて出展します。
ブシロードの商品を一般玩具店様にも扱って頂き、全国どこでも手に入るTCGにしていきたい、という狙いですね。」

「つい先日、ドイツのトイフェアに行ってきました。
ドイツでは日本のTCGが人気で、テレビゲームのキャラクターの認知度も高いので、“ディスガイア”や“ペルソナ”のあるヴァイスシュヴァルツは、十分市場に受け入れられると思いましたね。」

「今年中に、フランス、香港、ドバイ、アメリカでのアニメ、ホビー関係のイベントも視察してこようと考えています。
1年間、じっくりと市場調査して、一気に世界に打って出るつもりですよ。」


まとめよう。

○アニメフェアに遊びに来て下さい。(ユーザーへ感謝をこめてエンターテイメント)

○おもちゃショーで玩具店にアピール(国内市場の拡大、堅実化)

海外市場偵察、パイプの開発(未来へ)

むぅ。色々手をうつなぁ!


■2月26日(木)ブシロードカードゲーム戦略発表会2009開催!!

そして無視できないイベントがこれだ!!

ブシロードカードゲーム戦略発表会2009
日程:
2009年2月26日(木曜日)
開場 : 14:45
開演 : 15:00
終了 : 17:00
※上記スケジュールは全て予定
会場:秋葉原UDXシアター 4F

まず!当日は大変な数の報道関係者が来るであろう事が予想される。

何しろ!

WBC世界フライ級チャンピオン・内藤大助選手が、サンデーVSマガジンのスペシャルサポーターとして、ゲスト出演するからだ!

この時点でえらい騒ぎだ。一般的なカードゲームの発表会とは思えない程の人が集まり、マスコミに露出する事になるだろう。

木谷社長いわく、

「『なんで内藤選手なんだ?』と思っている人もいるかも知れませんが、まさにそれ、『そう言う人も、内藤選手の事を知っている』のが答えです。
そしてサンデーとマガジンには、ボクシング漫画も多いですしね。(笑)」

ということだ。なるほど。

今回のイベントでは、広く一般のブロガーから“ユーザー記者”を募集している。
内藤選手の撮影会を間近で行えるなんて、普通は考えられない大チャンスだ!

ブログのヒット数を稼ぐにも良いかもしれない。ぜひユーザー記者に登録してみよう!

ユーザー記者の申し込みはこちら→http://bushiroad.com/registration/2_26.html


さて、発表会の内容を簡単に列挙してみよう。

○カオスTCG(ChaosTCG)の詳しい発表、カードゲーム以外の横の広がり(?!)の発表、関係ゲスト登場。

○†ALICE†のルール発表、今後のプロモーションについての発表。

○ヴァイスシュヴァルツ今後の展開について。
・TVアニメ『宇宙をかける少女』獅子堂秋葉役を演じるMAKOさんゲスト出演。
・エクストラパック 「宇宙をかける少女/舞-HiME&舞-乙HiME」の詳細。
・東京国際アニメフェア2009の先行販売物発表展示企画発表。

○サンデーVSマガジンTCG
WBC世界フライ級チャンピオン・内藤大助選手がゲスト出演!!

出演ゲスト:(敬称略)
内藤大助(WBC世界フライ級チャンピオン)
はりけ~んず前田
中村聡(遊宝洞)
MAKO(声優)
堀江一眞(声優)
鈴木裕斗(声優)
是空とおる(漫画原作者・脚本家)
斉藤龍太(ウェッジHD)
Suara(歌手)
ジョイまっくす

詳しくは公式ページのトップから、発表会のバナーをクリック!
http://bushiroad.com/


以上!ブシロード社長、木谷高明氏への直撃インタビューでした!!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ヴァイスシュ... 地縛神アスラ... »