称讃寺の和尚さんの独り言。お坊さんって こんなんでいいのかなぁ~と思いながらの毎日です。ナマクラ坊主のブログです。

浄土真宗本願寺派(西本願寺派)称讃寺の住職の瑞田信弘です。毎日忙しくしておりますが、ふと気づいた事を書いてみます。

本日のFM815『たまだ和尚のここらでホッと一息ときましょう』

2018年08月16日 14時03分10秒 | お坊さんの独り言

                      

称讃寺のしょぼいお坊さんの瑞田信弘です。
本日のFM815。
『たまだ和尚のここらでホッと一息つきましよう』。
レギュラーは岩佐仏喜堂の岩佐一史君、金倉寺の村上鉄斎君。
ゲストはステップファミリーサポート協会カモミール代表の牧口亜樹さんです。
ステップファミリーとは子連れの再婚の家庭を言うのだそうです。
生活習慣の違いからのストレスが大きくなってくることがあるようです。牧口さんご自身もお互いに2人づつの子連れの再婚で突然6人家族になったそうです。
もう一度の幸せを目指しての再婚が 色々なストレスでマイナス思考になってしまう事は大変残念な事です。
牧口さんはご自身の経験も踏まえて ステップファミリーを支援なさっています。
「カモミール」で検索して下さい。1人で思い悩まずに相談してみましよう。
牧口さんの活動を応援したいと思いました。

 

 

コメント

本日の称讃寺・お盆 万灯会法要

2018年08月14日 23時46分44秒 | お坊さんの独り言

    

8月14日午後6時半
恒例の称讃寺 『お盆 万灯会法要』
お寺が用意した小さい灯籠に 法名やメッセージを書き、点灯します。
本堂で 皆で正信偈を大きな声で読み、納骨堂で焼香をします。
ほんの1時間足らずの行事です。
夕暮れの大変蒸し暑い中 本堂は満堂です。
お参りさんは二百人を超えたでしようか。
二世代・三世代の家族連れでのお参りはお寺にとっても大変ありがたいです。

コメント

本日のFM815『たまだ和尚のここらでホッと一息ときましょう』

2018年07月18日 23時39分18秒 | お坊さんの独り言

      


本日のFM815
『たまだ和尚のここらでホッと一息つきましょう』
レギュラーの岩佐仏喜堂の岩佐一史君と金倉寺の村上鉄斎君。
本日のゲストは 香川大学医学部精神科教授の中村祐先生。
中村先生は3回目のご出演です。
テーマは「認知症」です。
認知症の初期症状や治療法、家族の方の接し方などをお伺いしました。
高血圧や糖尿病などの生活習慣病の方は「認知症」リスクが高くなるとの事ですので、血圧や血糖値をきちんとコントロールする事が必要です。
判断力が低下するのは「認知症」だけでなく 生活習慣病や熱中症なども原因となるそうですので、この暑い時期は 緊急警戒する必要がありそうです。
早期の診断と早期に治療を開始する事が肝要だそうですので、おかしいなぁ~と思ったら まず専門医に診てもらう事が大切です。
最近 私もよく物忘れしますので 少し心配です。


コメント

鐘楼の修復工事がほぼ完了しました。

2018年06月14日 11時05分09秒 | お坊さんの独り言

            

昨年の台風で小窓の建具が落下したことから 始まりました。
『建具を特注で作って 設置するのは 南北両方で数十万円です。』「宜しくお願いします。」
『調べたら 建具取付の相手側が相当いたんでいるので その修理もすると、300万円位です。』「宜しくお願いします。」
『きちんと調べてみると、銅板屋根のあちこちから雨漏りがしていて 天井裏の大引き・桁などが相当いたんでいます。屋根替えをして修復した方がいいですね。1700万円位です。』
「宜しくお願いします。」
そんな こんなで 数か月かかりましたが ほぼ出来上がりました。
世間・巷では 陰口で 「坊主丸儲け」と言われているのを うすうす知っていますが、このブログをご覧の皆さんは認識を新たにして頂いて、
『坊主丸儲け』でないお坊さんもいる事を ご認識下さいませ。
この鐘楼修復工事については 門信徒の方々のご寄付は頂いておりません。
しょぼいお坊さんが ヨレヨレになりながら頑張っています。

コメント

称讃寺の会館で市民葬・家族葬No2

2018年05月22日 22時25分06秒 | お坊さんの独り言

          

今日 称讃寺の会館で市民葬・家族葬
1ヶ月程前 称讃寺に奥様と次男さんのお嫁さんが相談に来ました。
称讃寺の会館で家族葬を行いたい旨をお聴きしました。
称讃寺の会館で葬式をする場合の メリット・デメリットを説明しました。
家族葬、市民葬のメリット・デメリットも説明しました。
それでも お寺で市民葬・家族葬をやりたいとの事で 葬儀社の担当者とご家族様とを

お寺で引合して、事前相談と大体の見積もりをして頂きました。
近頃は 事前相談も それほど抵抗がなくなったようです。

市民葬14万円と税、お寺の会館使用料3万円。通夜後の食事は自分で用意。
初七日後の会食は無し。
親戚などが生花を注文してくれて お花も沢山ありました。
遺影写真のカラー化などの多少の追加料金と 食事代や雑費とお坊さんへのお布施を
含めても50万円は掛らなかったようです。
ご葬家は大満足でした。

近頃は家族葬ブームです。少人数のお葬式ですと 会館使用料の高い葬儀社会館を利用しなくて
自宅や菩提寺の会館や本堂で葬儀を行うのも一案です。
市民葬は霊柩車の費用・火葬費用の補助があります。
葬儀費用が安い、のは 最大のメリットでしょう。
自宅やお寺での葬式は アットホーム感があります。
今後は 葬儀も多様化が予想されます。

 

コメント