光ベンチャビジネス

イーラムダネットは、エレクトロニクス フォトニクス ネットワーク
先端総合技術で豊かで快適な未来を創造します

4K・8K放送は、昨年の12月1日から始まっています。その感想は。

2019-02-15 | Weblog
 新4K8K放送は、始まってから約2か月たちました。当初から注目していましたので、4K放送と従来の2K放送を十分に比較してきました。現在までの結果は、多くの4K放送のドラマは、画像のデジタル処理で4K化したものがほとんでであり、画質、明暗、コントラスト等に問題があり、必ずしも満足のいく4Kドラマは有りませんでした。同じテレビ番組は、BS2Kの方がBS4Kよりも、明るくきれいな画面でした。現状は、2KをTVの変換機能で4K化したほうが、デジタル処理で4K化した放送よりも、明るくきれいになっているようです。とにかく4K放送をする以上、コンテンツには十分配慮すべきではないでしょうか。

 総務省の4K8Kの情報サイトは次の記事を参照してください。
新4K8Kテレビ放送の情報サイト
 フレッツテレビによる新4K8Kテレビ放送の技術的な説明は、次の記事を参照してください。
フレッツテレビによる新4K8Kテレビ放送のIMPRESSのニュース
フレッツテレビによる新4K8Kテレビ放送のNTT東日本からの説明
フレッツテレビによる新4K8Kテレビ放送のNTT西日本からの説明
コメント

アンテナなしで新4K8K衛星放送が視聴できます:NTTの「フレッツテレビ」によって

2019-01-25 | 会社ニュース
 スカパーJSATとNTT東日本、NTT西日本は、12月1日から始まった新4K8K衛星放送を、光回線のテレビサービス「フレッツ・テレビ」などで再送信するサービスが2018年12月1日から順次開始されています。これにより、アンテナ不要でNHKのBS 8Kを含む10チャンネル以上が視聴可能です。現在、例えば市販されているパナソニックの4Kチューナを4KテレビのBS端子に接続すれば、放送されているすべての4Kチャンネルを視聴できます。 
 NTT東西のフレッツ・テレビ以外にも、他社の「光コラボモデル」サービスでも提供。提供エリアは26都道府県で約221万世帯。フレッツ・テレビ提供可能エリアにおける世帯数規模は約3,000万世帯で、全世帯の60%に相当する。既存の221万世帯のフレッツ・テレビユーザーは、RF端子の入出力を持つ専用アダプターの追加で、宅内設備の改修なく新4K8K衛星放送を視聴できます。なお、8K放送の受信には、別途8Kチューナが必要です。
 また、2019年夏以降に提供する左旋4K8K放送向けサービスも同様にアンテナなしで視聴できます。この場合には「専用アダプター」をレンタルする必要があります。
  イーラムダネット株式会社で開発した「同軸配線をプラスチック光ファイバやマルチモード光ファイバに置換えてスマートな屋内配線にすること」が4K8Kテレビ放送でも可能となっています。この光ファイバ屋内配線用の光電気変換装置(OE/EO)は開発され技術移転可能となっています。
  詳細は、イーラムダネット株式会社にお問い合わせください。
お問い合わせサイト
  フレッツテレビによる新4K8Kテレビ放送の技術的な説明は、次の記事を参照してください。
フレッツテレビによる新4K8Kテレビ放送

     
コメント

謹賀新年2019

2019-01-12 | 会社ニュース
新年あけましておめでとうございます。
4K8Kテレビ放送も始まり、その関連の基盤技術の発展のささえとなる家庭内や構内のスマートな光ファイバ配線システムの提案、開発、技術移転ビジネスを勧めてまいります。
本ブログにてこの関連の展示会のご紹介を昨年末にさせて頂きました。
東京オリンピックまでには、この分野を事業化される企業と協力し、実用化したいと思っています。

また、エイトラムダフォーラムは、2019年度も開催する予定で準備中です。
エイトラムダフォーラム2019へのご入会、参加、協力の程宜しくお願い申し上げます。
http://www.e-lambdanet.com/8wdm/index.html
コメント

新ものづくり展示会へ4Kテレビ光ファイバ配線システムを展示

2018-12-25 | Weblog
平成30年12月11日~13日 ものづくり補助事業展示商談会
「中小企業新ものづくり・新サービス展」へ出展
当社のブース番号:東京ビッグサイト西1ホールJ02
https://www.shin-monodukuri-shin-service.jp/
主な展示:4K/8Kテレビ配線用RF-EO/OE、光ファイバ通話装置 OFT-2901
関連記事 http://www.e-lambdanet.com/topics.html
コメント

エイトラムダフォーラム2018のご案内

2018-04-03 | Weblog
皆様

2018年度もエイトラムダフォーラム2018を開催しますので是非ともが参加ください。
その詳細なご案内は、
http://www.e-lambdanet.com/8wdm/
第1回会合は、4月20日、東大正門近くのルヴェソンヴェール本郷で開催します。
そのプログラムは、
http://www.e-lambdanet.com/8wdm/2018.html
2018年度も、ご愛顧、ご協力の程、
宜しくお願い申し上げます。

エイトラムダフォーラム世話役
イーラムダネット株式会社 菅田孝之

昨年いただいた盆栽の桜も満開になりました。
コメント

謹賀新年:イーラムダネット株式会社

2018-01-10 | Weblog
明けましておめでとうございます。
2005年に創業して13年目を迎えました。
東大の電気電子の研究室で、超高速の化合物半導体の研究を始めて、
NTT電気通信研究所で、超高速超高周波光電子デバイスの研究開発実用化を進め、
そのグループ企業のNTT-ATで、最先端技術の技術移転や製品化を進めて、
基盤技術を蓄積してきました。
その後、当社を起業し、光ICT研究開発・製品化・試作製造販売を進めてきました。
その間、事業運営と並行して文科省、総務省、経産省、地方自治体からの委託研究開発や
補助金事業による新製品開発に挑戦してきました。
2016年度に実施した平成28年度補正ものづくり技術開発「4K8Kテレビ用ホーム配線システムの開発」
の事業成果事例に採用された記事をご笑覧ください。
http://www.e-lambdanet.com/image/2018014k.pdf


これまでも何回か開発し当面の目標達成はしてきましたが、その技術の実用化、製品化販売の
段階へ至る過程の突破が困難に直面しなかなか事業が成功するまでには至っていません。

2018年度も、エイトラムダフォーラム2018を4月から開催しますので、
ご支援ご協力宜しくお願い申し上げます。
コメント

すげたエッセイ2005

2017-01-19 | Weblog
自作のホームページを利用して、ときどき雑誌に掲載された1ページのエッセイを紹介していましたが、
そのOCNホームページサービスがなくなったことを知り、本ブログを利用してそのPDFを紹介したく思います。
どのようにPDFをアップロードするのか方法が判りません。
画像以外にアップロードできないのでしょうか?
当面、PDFをコピーしてJPEG画像としてアップロードして貼り付けることにしました。
このエッセイは、イーラムダネット株式会社を設立した年のものです。
LaserFocusWorldJapan日本語版が発行された年だと記憶しております。
コメント

エイトラムダフォーラム2017のご案内

2017-01-19 | Weblog
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

2017年度もエイトラムダフォーラム2017を開催しますので
ご支援ご協力ご参加よろしくお願いします。
皆様のおかげで、1997年の開催以来20年目になります。
本フォーラムは、光波長多重によるビジネス拡大、
次世代光ネットワークへの対応、最先端光技術応用拡大を目指す
企業、研究機関、大学の方々の技術交流の場として、
年4回の講演会と技術交流懇親会を開催しております。
本フォーラムの詳細は、
http://www.e-lambdanet.com/8wdm/
をご高覧頂ければ幸いです。
2017年度の第1回目は4月21日開催予定で準備中です。
2017年度もよろしくお願い申し上げます。

2017年1月吉日
エイトラムダフォーラム 代表幹事 世話役
イーラムダネット株式会社 菅田 孝之
コメント

エイトラムダフォーラム2016開催中

2016-07-20 | Weblog
本ブログの掲載をしばらくご無沙汰しておりました。
久しぶりに再会します。
最先端光技術は、年々進化しており、その活用による
ビジネス拡大がますます期待されています。
関連の皆様の協力を得て
エイトラムダフォーラムを継続企画運営しております。
エイトラムダフォーラムのホームページをご覧いただければ幸いです。
http://www.e-lambdanet.com/8wdm/
ご一緒に光先端技術によるビジネス拡大へ挑戦しましょう。

この7月29日には、本年2回目のエイトラムダフォーラムを開催します。
そのプログラムは、
http://www.e-lambdanet.com/8wdm/2016.html
をご高覧下さい。
1.電子航法研究所の米本様から、光ファイバ無線を活用したミリ波レーダ・
  通信システムの研究開発
2.アンリツの小野様から、光増幅器励起デバイスの最新動向と
  最新の光測定機器の展示
3.フジクラの五井様から、デジタルコヒーレント通信用光変調器と題して
  100Gbps帯のシリコンフォトニクスの最新技術の報告
4.成蹊大学教授小口先生から、OECC/PS2016国際会議報告があります。
ご興味のある方は、ホームページを通じてご連絡ください。
ご参考に出席いただくことも可能ですので、是非ともご連絡ください。
本フォーラムへのご支援およびコメントなどお待ちしております。
コメント

エイトラムダフォーラム2013第4回会合

2013-11-15 | Weblog
2013年12月5日、第4回目の会合を開催します。
http://www.e-lambdanet.com/8wdm/2013.html
ご興味のある方は、ご連絡いただければ、臨時参加できます。
sugeta@e-lambdanet.com
へお問い合わせください。
コメント

エイトラムダフォーラム2013第1回会合

2013-05-14 | Weblog
皆様のご支援、ご協力により4月よりエイトラムダフォーラム2013を継続開催しています。
第1回目の会合は、下記の通り開催しました。
(1) 日時: 平成25年4月26日        14:00~19:00
(2) 会場: ルべソンベール本郷(フォレスト本郷1F)
       添付会場案内参照:本郷東大正門前徒歩3分
(3) 式次第
【講演内容】
 1.光と医療     14:05-14:45
  吉國 裕三(委員長、北里大学)
 2.Si-Platform技術を用いたRGBレーザー光源開発と
   そのピコプロジェクションシステムへの応用 14:45-15:25
   井出昌史、深谷新平、依田薫、野崎孝明
   (シチズンホールディングス(株))
(15分間休憩) 展示デモ等
 3.OFC/NFOEC2013の国際会議報告        15:40-16:20
  渡辺 俊夫(NTTフォトニクス研究所)
 4.光無線融合アクセスネットワークへの挑戦 16:20-17:00
   吉本 直人(NTTアクセスネットワークサービスシステム研究所)
【技術交流会・懇親会】同上

会合には、特別顧問の東大教授中野先生、NTTフォトニクス研究所鈴木所長にご参加いただきました。
講演内容および新しい会場には皆さんから好評をいただきました。

会合の様子の一部は、ビデオにより公開していますので是非ご高覧下さい。
http://www.e-lambdanet.com/8wdm/2013.html


次回の予定、
・第2回  2013年7月26日(金)  14:00~  同一場所
コメント

エイトラムダフォーラム2013年開催案内

2012-12-31 | Weblog
2013年、あけましておめでとうございます。
昨年中は、皆様のご支援ご協力によりエイトラムダフォーラム2012を好評にて終了しました。
2013年度の開催に向けて、新規にエイトラムダフォーラム2013の会員募集を開始しました。

このフォーラムの内容については、エイトラムダフォーラムのホームページにて案内しております.
本年もご愛顧のほど宜しくお願いします。
エイトラムダフォーラムのホームページをご覧いただければ幸いです。
http://www.e-lambdanet.com/8wdm/
ご一緒に光先端技術によるビジネス拡大へ挑戦しましょう。
皆様からのご賛同、ご支援およびコメントなどお待ちしております。


コメント

リアルタイムハイビジョン光LANの          デモンストレーション

2009-02-11 | Weblog
イーラムダネット株式会社では、青山学院大学と協力して、リアルタイムハイビジョン光伝送装置および光ローカルネットワークシステムを開発しました。
只今、JR横浜線淵野辺駅から徒歩20分のところの会社内でそのデモンストレーションを実施しています。ご興味のある方は eln@e-lambdanet.com までご連絡いただければ、見学できるようご案内申し上げます。
コメント

オープンイノベーションのすすめ

2009-02-11 | Weblog
2009年2月号LaserFocusWorldJapanの最終ページのInMyViewに「オープンイノベーションのすすめ」を掲載しました。
予想以上の経済恐慌は、ますます悪化しているような状況です。このような状況では、経費削減が最優先課題となり、次の世代への対策がおざなりになりがちな傾向にあります。この経済恐慌を突破して景気回復を早めにつかむためにも多くの皆様が協力して技術情報交流を今まで以上に大事にし、良い技術は他社のものでも有効活用し、多様化したイノベーションの有機的な結合により、スピーディな対応が極めて重要な時期だと認識しています。上記記事をご一読いただき、エイトラムダフォーラムの活動にご参加ご協力いただければ幸いです。 イーラムダネット 菅田

コメント

松陰神社祭り2008.10.25-26,2009.10.24-25

2008-10-01 | Weblog
世田谷区松陰神社祭に
毎年山口県萩市商店街有志一同出店
岩崎酒造店に、
2009.10.25正午、集合。
コメント