光産業技術動向ブログ OITT

OITTとは、Optoelectronic Industry and Technology Trendの略称です。

Google、4Kタッチスクリーンの巨大ホワイトボードを5000ドルで発売

2017年05月24日 20時08分44秒 | 新製品

 GoogleのJamboardはレシピを集めるためのキッチンアプリではない ―― 55インチのデジタルホワイトボードで、ペンおよびタッチ入力、専用iOS/Androidアプリ、Nvidia Jetson TX1プロセッサーと4K解像度を備える。この怪物は企業をターゲットにしたコラボレーションツールで、3色の楽しいカラーバリエーションがあり、ハーマンミラーのカタログから出てきたようなスタンドがついている。そしてアメリカに住んでいる人なら今すぐ4999ドルで注文できる。


 Googleにしては珍しい分野に進出したと思うかもしれないが、G Suite製品群の幅広い浸透を考えれば、Googleはエンタープライズソフトウェアの第一人者と言える。Jamboardは、Googleの顧客であるDow Jones、Whirlpool、およびPinterestでテストされていることから、何か面白いことをする奇抜なサイドプロジェクトの類ではないことは明白だ。


Google、4Kタッチスクリーンの巨大ホワイトボードを5000ドルで発売 | TechCrunch Japan光技術や光産業での情報交流フォーラムエイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラトック、4K/HDR信号を最大20m伝送できるHDMIリピーター。信号調整対応

2017年05月23日 20時08分44秒 | 新製品

 ラトックシステムは、4K/60HzやHDR信号に対応したHDMIリピーター「RP-HDRP3」を23日から発売した。価格はオープンプライスで、直販価格は3,980円(税込)。


 4K/4,096×2,160ドットの60Hz/4:2:0/36bit信号を最長20mまで伝送できるHDMIリピーター。入出力ともに1系統で、HDMIケーブル同士をつなぐだけでケーブル延長できる。HDCP2.2、HDRにも対応し、Ultra HD Blu-rayの映像も楽しめる。フルHD映像は最長40mまで伝送可能。


 HDMI信号を調整するイコライザを内蔵。ケーブル伝送時の信号減衰を調整し、波形を整えて出力する。HDMIからの供給電源で動作するが、電源が不安定な際に外部電源を供給できるmicroUSB端子も備えている。外形寸法は約52×29×9mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約16g。


ラトック、4K/HDR信号を最大20m伝送できるHDMIリピーター。信号調整対応 - AV Watch
光技術や光産業での情報交流フォーラム
エイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京スカイツリータウンで5G通信が体験可能!ドコモと東武の「5Gトライアルサイト」

2017年05月22日 16時17分29秒 | 新現象・新技術

 株式会社NTTドコモと東武鉄道株式会社は22日、東京スカイツリータウンにおいて、5Gを使ったサービスが体感できる「5Gトライアルサイト」を開始すると発表した。


 「5Gトライアルサイト」では、5Gの試験電波を使った8Kライブ映像配信や天望デッキからの4Kカメラを利用した180度ライブ映像配信などを行い、5Gの特性である「高速・大容量」通信が体験できる。


東京スカイツリータウンで5G通信が体験可能!ドコモと東武の「5Gトライアルサイト」 - MdN Design Interactive - デザインとグラフィックの総合情報サイト
光技術や光産業での情報交流フォーラム
エイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

auが移動中のバスで実効3.5Gbps前後の5Gを体験できる実証実験を実施

2017年05月19日 20時25分58秒 | 新現象・新技術

 auは東京・西新宿で次世代通信の「au 5G」体験デモンストレーションを実施した。今回の5G通信デモではバスに乗車し、移動しながらの8K映像生成ストリーミングやバスの挙動に追従する映像合成VR体験、動画の瞬間ダウンロードなどが体験できた。


 デモ前の説明会には、KDDIモバイル技術本部シニアディレクターの松永 彰氏が登壇。「デモを通じて、5Gの未来ではこんなことができるということを伝えたい」とコメント。auは2017年2月に国内初となる、都市部での28GHz帯ハンドオーバーに成功している。


 松永氏は5G通信の特徴として3つの利点を挙げる。ひとつは4G通信の10~20倍高速な大容量20Gbpsの高速通信。さらに無線区間で1msという低遅延。また、平方メーターあたり1デバイス/平方キロあたり100万デバイスに対応する多接続性がある。


ASCII.jp:auが移動中のバスで実効3.5Gbps前後の5Gを体験できる実証実験を実施
光技術や光産業での情報交流フォーラム
エイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

FUNAIテレビが復活。4K/全録3TB HDD搭載機など11機種をヤマダ電機独占販売

2017年05月18日 20時24分29秒 | 新製品

 船井電機とヤマダ電機は、FUNAIブランドのテレビとBlu-rayレコーダを6月2日より発売する。テレビは、HDDを内蔵するなど録画対応が特徴で、4Kテレビを8機種、2Kを3機種の合計11モデルを投入し、2017年度にシェア5%、販売台数30万台、2020年度にシェア20%を目指す。価格はオープンプライス。実売価格については、「性能とコストパフォーマンスのバランス。なるほどという価格を提案させていただきたい。6月2日の全店一斉販売時に紹介する。それまでのお楽しみとさせていただく」とした。


 船井電機は、米国市場で、ウォールマート向けのサンヨーブランドと、フィリップス、マグナボックスの3つのブランドを使い、年間300~400万台規模のテレビビジネスを行なってきたが、日本においては、先日まで子会社であったDXアンテナが、小規模に展開するにとどまっていた。今回、ヤマダ電機と船井電機が国内独占販売契約を結び、FUNAIブランドで、テレビとBDレコーダを本格展開する。


FUNAIテレビが復活。4K/全録3TB HDD搭載機など11機種をヤマダ電機独占販売 - AV Watch
光技術や光産業での情報交流フォーラム
エイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Fire TVを内蔵した4Kテレビ「Amazon Fire TV Edition」、米国で6月発売

2017年05月17日 14時00分12秒 | 新製品

 米Amazonは16日(現地時間)、Fire TVの機能を内蔵した4Kテレビ「Amazon Fire TV Edition」の予約受付を、米国のAmazon.comで開始した。Element Electronicsの製品。17日に編集部で確認した、Amazonでの価格は43型が449.99ドル、50型が549.99ドル、55型が649.99ドル、65型が899.99ドル。6月14日の発売が予定されている。日本のAmazon.co.jpでは取り扱っていない。


 AmazonのFire TVは、HDMI端子に接続する端末だが、その機能を4Kテレビに内蔵したのが「Amazon Fire TV Edition」。直感的なユーザーインターフェイスを使い、テレビ放送やストリーミング配信が楽しめるテレビとして訴求。Fire TV機能を使う際も、複数のデバイスやリモコンがいらない事を利点としている。


Fire TVを内蔵した4Kテレビ「Amazon Fire TV Edition」、米国で6月発売 - AV Watch
光技術や光産業での情報交流フォーラム
エイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8K解像度対応の200度魚眼レンズ6個搭載360度カメラ

2017年05月16日 14時04分38秒 | 新製品

 株式会社アスクは、Shenzhen Arashi Visionの8K解像度対応プロ向け360度カメラ「Insta360 Pro」の取り扱い開始を発表した。発売時期は5月末を予定しており、税別想定価格は414,000円前後の見込み。


 6つの200度魚眼レンズと4つのマイクを搭載し、最大8K解像度での全天球写真/動画の撮影が行なえる。4K撮影時のリアルタイムスティッチングや、タイムラプスモード、100fps高速撮影に対応。有線/無線LAN接続による360度ライブストリーミングも行なえる。


 SDカードを搭載でき、オプションでUSB 3.0外付けストレージを接続可能。インターフェイスはHDMI 2.0 Type-D、Ethernet、USB Type-C、Wi-Fiを搭載。


8K解像度対応の200度魚眼レンズ6個搭載360度カメラ - PC Watch
光技術や光産業での情報交流フォーラム
エイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デル、8K液晶や27型液タブに触れられる発売前先行体験イベントを5月24日/25日に品川駅にて開催

2017年05月15日 19時00分51秒 | 展示会・講演会

 デル株式会社は、31.5型8K液晶ディスプレイ「UP3218K」およびクリエイター向けデバイス「Canvas」と、ワークステーションを体験できるイベント「世界初! デル8Kモニタ&Canvas先行展示・体験会」を、5月24日と25日にJR品川駅構内にて開催する。


 イベントでは、品川駅構内の特設展示ブースにて、ビジネスマンやクリエイターをはじめとした来場者向けに、両製品について説明が行われ、発売前にいち早く試すことができるとしている。


 「UP3218K」は、4K(3,840×2,160ドット)の4倍以上の解像度、フルHD(1,920×1,080ドット)の16倍のコンテンツ量を処理できる、7,680×4,320ドットの液晶ディスプレイ。1月の「CES 2017」にて披露された製品で、国内では初披露となる。画素密度は280ppiに達し、表示色数10億色以上、100% Adobe RGB/sRGBの色域を備える。


デル、8K液晶や27型液タブに触れられる発売前先行体験イベントを5月24日/25日に品川駅にて開催 - PC Watch
光技術や光産業での情報交流フォーラム
エイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映像/音声信号のコンバーターやルーティングスイッチャーの開発品を展示

2017年05月12日 19時39分52秒 | 新現象・新技術

 Digital Forecastブースレポート各種小型コンバーターを製造販売しているDigital Forecastは、新製品のモニター搭載アナライザ&コンバーター「Bridge X_TS」や、セレクター付きシンクロナイザー「Bridge X_SDI」、開発品として各種インターフェースを自由に選択できるルーティングスイッチャー「MEDUSA」、HDMI-MDMIスケーラーなどを出展した。


 セレクター付きシンクロナイザー「Bridge X SDI」。HD-SDI×3とHDMI×1の4系統の入力の切り替えが可能。SDI/HDMIのクロスコンバーターを搭載しており、出力はHD-SDIおよびHDMIに対応12G-SDI対応の「Bridge UHD_GEAR」シリーズ。いずれも光ファイバー対応で、HDMI 4Kから光ファイバー&12G-SDI変換のモデル、光ファイバーからHDMI 4K&SDI変換のモデル、12G-SDI×4を光ファイバー伝送するモデルなどがある遅延なしにSDIからHDMI変換する「Bridge X_SH」と、その逆の変換ができる「Bridge X_HS」


[NAB2017:Digital Forecast]映像/音声信号のコンバーターやルーティングスイッチャーの開発品を展示 - エキサイトニュース(1/2)
光技術や光産業での情報交流フォーラム
エイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピクセラ、4K試験放送チューナを12日から予約開始。技術評価用で20万円

2017年05月11日 19時39分52秒 | 新現象・新技術

 ピクセラは、BS/110度CSの4K試験放送に正式対応した受信機を製品化。4K放送関連業者の技術評価用として9月より発売する。発売に先立ち、5月12日~5月31日の期間限定で法人向けに先行予約受付を開始する。価格は20万円。また、4K放送で採用される新たなデータ送出方式「MMT/TLV」に対応したストリームデータをLAN端子から入出力するためのオプションも、20万円で販売する。


 NHKと放送サービス高度化推進協会(A-PAB)が行なっている4K試験放送の受信に対応したチューナ。現在、試験放送はNHKや全国のNHK支局など限られた場所のみで視聴できるが、ピクセラは、より安価な受信機を製品化することで、他の放送局や設備メーカーなど、4K放送に関連する事業者の技術評価に活用されることを見込んでいる。


ピクセラ、4K試験放送チューナを12日から予約開始。技術評価用で20万円 - AV Watch
光技術や光産業での情報交流フォーラム
エイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加