音楽評論館

音楽評論やコラムなどを執筆してます。

2018.8.3(fri) フェスタサマーミューザ KAWASAKI 2018

2018-08-04 07:25:10 | コンサートレポート
2018.8.3(fri) フェスタサマーミューザ KAWASAKI 2018
神奈川フィルハーモニー管弦楽団
指揮:川瀬賢太郎
ヴァイオリン:神尾真由子
オルガン:大木麻理
コンサートマスター:石田泰尚





今日のプログラムは、多くの作曲家が自作自演で自分の曲を発表していた時代から、作曲と演奏の分業が主流になり始めた時代の作曲家。ロマン派、印象主義以降のフランス音楽に大きく貢献した、サン=サーンスの曲目から演奏。
サン=サーンスを好きになったきっかけは、プログレ界のヴァイオリニスト、ダリル・ウェイがサン=サーンスの交響詩を録音したものを聴いたことが始まりであった。



曲目:
サン=サーンス:歌劇「サムソンとデリラ」から バッカナール
サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番 ロ短調 作品61
サン=サーンス:交響曲第3番 ハ長調 作品78「オルガン付き」

オーケストラ全体の演奏は、乱れたり、偏ったりすることなく、会場全体に広がる様に、よくまとまって聴こえてきた。
全ての曲目が素晴らしかったのだが、特に、素晴らしかったのは、神尾真由子さんがソリストとして演奏に参加していた、ヴァイオリン協奏曲第3番 ロ短調 作品61でした。
何でも、この曲は、サン=サーンスが45歳の1880年に、超絶技巧ヴァイオリニスト、パブロ・ザ・サラサーテ(1844〜1908)のために作曲され、彼によって初演されたそうだ。
作曲家自身が発表する曲ではなく、献呈された曲の場合は、客観的、複眼的な作曲になってくると思いますので、演奏を託した演奏家の名誉を考えたり、決して演奏できないことがないような配慮をしつつも、いい曲を書くことにも念頭に置き、作曲家としての知名度を上げることまで考えていたことだろう。

今日は、果たして、神尾真由子さんは、パブロ・ザ・サラサーテに成り切って、演奏していたのだろうか。ソリスト自身は、完璧主義、神経質そうな感じはするのだが、いざ演奏が始まると、激しく薙ぎ倒すような弓さばき。聴衆はツボを刺激されたような感覚。意識して情感を乗せて弾く感じではなく、緊張感たっぷりの演奏に、後から情熱が炸裂。ヒステリックに弓を返す瞬間を、何度も目撃することが出来たことからも、やはり超絶技巧ヴァイオリニストの魂が宿っていたかのようであった。しかしながら、オーケストラのまとまった演奏に調和して、洗練された演奏のようにも聴こえてきたから、不思議だ。

ラストの曲目、交響曲第3番 ハ長調 作品78「オルガン付き」では、衣装にもこだわった、オルガニストの大木麻理による、全身全霊を注いだ演奏(オルガンの音色)に、耳だけではなく、身体で迫力を感じ取れた聴衆も多かったのではなかろうか。
コメント

2018.6.30(sat)リキ・フィルハーモニッシェス・オーケストラ@杉並公会堂

2018-07-02 11:11:31 | コンサートレポート
2018.6.30(sat)リキ・フィルハーモニッシェス・オーケストラ@杉並公会堂



A.ブルックナーの 交響曲 第5番[原典版]を一度も聴いたことないのに、[シャルク版]を聴いてきました(笑)
まず、入場時に貰ったパンフレットを、聴く前に目を通した。指揮者・長野力哉氏のご挨拶には、
『楽譜には録音を聴いて感じ取れるよりも遥かに多く原典版との違いがあります。』と書かれていた。
私は[原典版]を聴いたことがないので、その違いについて、偉そうに、述べることは出来ないのですが、一般的なお客様は、短縮された演奏時間とか、楽器編成の違いとか、大きな変更箇所に気がつくのが限界だったかもしれない。
一般名詞の『楽譜』で簡単に括ってしまったとき、時代によって、どのような作曲をしたのかは大きく異なり、広範囲に及ぶものがある。
『楽譜』という言葉に反応してしまうと、色々と思うことがあるのです。
先に演奏していた曲を、あとから、壁画などに、今の時代でいう音符や奏法を書き残した時代もあったらしいですし。
マルチチャンネルレコーダーを使っていた訳でもなさそうな時代の作曲家は、作曲家自身が、全パート同時に演奏することなど、到底出来ないのは明らかなので、ペンなどを用いて、楽譜に書き残す形で、作曲をしてから、初演を迎えることが多かったのではないでしょうか。
ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲とかは、即興演奏で、作曲をしながら、同時に演奏をしていた可能性は高そうです。作曲時に、ペンではなく、弓を用いていたのかと思われます。音符の音が鳴る前に、弓で鳴らしていたことでしょう。
今回のコンサートの場合、指揮者が言いたい、情報量は、録音〈 楽譜〈 演奏 だと思いますので、再現演奏という言い方は、よくないのかもしれません。
楽譜が出来上がるまでの過程に、いくつかの道が存在したという、事前知識からの推測ですよ。
別働隊の金管楽器奏者(11人)がステージ上から演奏に加わった後半辺りから、弦楽器奏者らも、いくつかの大きなウネリのある、音と音の塊が衝突するような、他のオケではあり得ないような、迫力ある演奏を聴かせてくれました(´ω`)

************************************************

J.シベリウスの交響曲 第3番に関しては、事前に、同じ交響曲を、別の指揮者、編成による録音盤を聴いてから、コンサートホールで聴いて来ました。
一番落ち着けるのは、どこのコンサートホールでもなく、自宅の書斎なので、その点では、録音盤を超える演奏を、落ち着いて聴ける場所はないのですが、書斎で聴いていたときには感じなかった、フィンランドの自然、情景が目に浮かんで来そうな雰囲気に、会場全体が包まれていたような感はありました。
生演奏には、会場全体を動かす、大きな力がありますね。とてもいい時間を過ごすことが出来ました(´ω`)
コメント

【予習】リキフィル 第6回定期演奏会

2018-06-30 11:49:11 | クラシック
バイオリンを習い始めて、今年で4年目(それ以前は違う先生でした。)
通算しても、ちょうど五年目くらいかな。
今日(6/30)のリキフィルの定期演奏会には、先生の姉が出演するとのことで、以前にも(まだ今年ですが)聴きに行ったことがあり、今回で聴きに行くのは2回目です。


今回のプログラムは、A.ブルックナー 交響曲第5番 変ロ長調[シャルク版]と、J.シベリウス 交響曲第3番 ハ長調 交響詩[フィンランディア]で、プログラムのチラシ裏に書かれた解説によると、ブルックナーのシャルク版は、改悪版として、悪評が高く、びっくり仰天な箇所も多々あるとか。ふーん、聴いたことないので、ある意味、どんな演奏になるのか、楽しみですね。
それより気になったのは、J.シベリウスのほうで、別の演奏会で始めて、J.シベリウス(の別の曲)を聴いたときに、いい作曲家だなと思いました。その後、J.シベリウスの音源(BOX)を購入。交響曲第3番も収録されているようなので、予習で聴いてから、会場に向かうことにします。

コメント

「酒器の美に酔う」展@静嘉堂文庫美術館

2018-06-16 18:40:15 | 美術館展
音楽ではないのですが、静嘉堂文庫美術館で、今日(6/16)まで開催されていた「酒器の美に酔う」展を見に行ってきました。ぴあポイントと交換したので、入場料は無料でしたが、渋谷から二子玉川へ、そこからバスで美術館まで15分位、敷地内に入るとちょっとした山道になっていて、美術館に辿り着くまで、いい散歩になりました。
今回の展覧会の中心となる展示物は、日本の幕末・明治時代の貴族や大名家や豪商らから高く評価された、茶器、酒器、花入、釜、水指、瓢箪、茶碗、鍋、徳利、瓶、組盃など。いずれも造りが精巧で、細かな装飾や模様が施されていたり、多彩な色彩と表現力で、様々な文様などが描かれていて、小さい美術品ではあるが、確かな存在感を感じられた。中でも、今回の美術館展では、南栄時代(12〜13世紀)に造られた「曜変天目」という建窯が、国宝に指定されていて、神秘的な魅力を放っていた。
他にも、重要文化財に指定された作品もいくつかあり、なかなかの見応えを感じた。フロアはミニマルな感じでしたが。普段は、西洋の美術を見ることが多いのですが、たまには、和の雰囲気を感じる時間があってもいいと思いましたね。美術館内は、写真撮影は禁止。途中で充電が切れたので、美術館の外観すら撮ることが出来なかったのは残念だった。


帰りに、限定販売の冊子を2冊購入。詳しく解説してあるので、また後で読み返したら、今日観に行ったことを、思い出すことが出来るかも。
コメント

叙勲・褒章・受章・受賞の和菓子

2018-06-12 09:45:04 | 日常

我が家系と、関係あるお方が、天皇陛下から勲章を授与されまして、どら焼きのような和菓子を頂きました。
知人・友人・身内など、必要な人数分だけ、頂けるそうです。とても名誉なことだと思いますので、有り難く、頂こうと思います。
※ 功績などは非公開。
コメント