父さんの会社が倒産した!

~40代、貯金ゼロ一家のサバイバル起業奮戦記~

書店さん情報 その3

2013-06-28 14:12:15 | 日記


※このブログは、こちらに引っ越しました。
 新しいブログもどうぞよろしくお願いいたします。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2010年10月14日から1年半続いていた日記です。初めての方は、最初の記事からお読みください。―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
← 1日1回、ポチっとしていただけたら嬉しいです♪
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『父さんの会社が倒産した』のお求めは、お近くの書店かAmazon で!

―――――――――――――――――――

なかなかハードだった書店さん回りも、昨日で最後。

6月13日からまずは予約のお願いに回り始め、本が発売されてからは、状況を確認しがてらPOPを渡すために延べ300件くらいの本屋さんを回ったでしょうか。

その過程で、つくづく「本を売ることって果てしないなぁ」と思いました。
 
毎日200冊近く新しい本が出版されるという現状。

いわば、その中で本屋さんの棚を奪い合うわけです。

POPを置けば、後ろの本が隠れて見えなくなってしまいます。

でも、そんなことまで気にしていたら、自分の本も埋もれてしまうだけです。

そして、本屋さんに並んだところで、動かなければあっという間に撤去され、その場所は他の本と取って代わられ返本されてしまいます。

本屋さんにお願いし、友人知人にお願いし・・・

こうして地道に、少しでも可能性を広げていくしかないのですよね。

果てしない・・・

ベストセラー本って、すごいなぁ・・・(と、身をもって実感する)


今の、なんとか本を並べた状況は、ようやく種火をつけたようなもの。

ここからじわじわ火が熾って、ぼうぼう燃えるたき火になるためには、燃料と酸素と風が必要です。

これからそれらをどうやって送り込むかを考えます。

一生懸命調べて考えて行動したことは、さる山さる子はもちろん、これからの私たち個人にとっても、知識とノウハウと自信という財産になります。

『人事を尽くして天命を待つ』

果てしないけど、人事を尽くさないことには、天の応援なぞ得られるわけがありません。

何事も経験、がんばるぞっ!


では、昨日と一昨日で確認した、扱っていただいている本屋さん情報、いきます。


■くまざわ書店 辻堂湘南モール店

文芸書のコーナーに平積みしてありました。




■有隣堂 伊勢佐木町本店

有隣堂の本店が伊勢佐木町にあるということを、初めて知りました。
コミックエッセイのコーナーです。


くまもんがいるよ!


■紀伊國屋書店 横浜そごう

ノンフィクションのコーナーです。


りらっくまがいる!

お店の方によると、ライトエッセイとノンフィクションでどちらか悩んで、ノンフィクションの棚に決まったそうです。

ちゃんと中をチェックして考えてくださったのですね。ありがたいです。


■紀伊國屋 ららぽーと横浜店

女性作家の棚にありました。


女性作家・・・さるだけど



■丸善 ラゾーナ川崎

店員さんに「文芸の棚の担当者さんをお願いできますか?」と言うと、名前をたずねられました。

「進藤といいます。著者名はさる山さる子です」と言うと、その店員さん

「ごめんなさい、(人前でそんな)ペンネームを口にさせてしまって・・・」

さる山さる子って、なんだかヴォルデモートのような扱いだなと、心の中で思ったのでしたw





■SHIBUYA TSUTAYA

非常に賑わっているので、人がいなくなるのを待って写真を撮りました。

こちらもノンフィクションの棚。




■あおい書店 渋谷南口店

ビジネス書の棚です。




■あおい書店 六本木店

エッセイの棚にありました。





その他・・・

■有隣堂 横浜駅西口店(ダイヤモンド地下街)  動物エッセイ!?

■紀伊國屋書店 横浜店  ノンフィクション

■リブロ 東戸塚店  文芸

■ブックファースト 渋谷文化村通り店  自己啓発

■ブックファースト 銀座コア店  ライトエッセイ

■MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店  社会/財務管理!?

■リブロ 池袋本店  文芸・文学

で確認しています。

どうぞ、書店さんで手に取ってみてくださいね!

 


「動物エッセイ?」なんでだーっ! 内容は全く違いますが・・・。 ま、いっか!(よくない) 本日もポチッと宜しくです♪

 

コメント (2)

近くの書店さんの状況 その2

2013-06-26 17:59:19 | 日記

※このブログは、こちらに引っ越しました。
 新しいブログもどうぞよろしくお願いいたします。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
← 1日1回、ポチっとしていただけたら嬉しいです♪
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『父さんの会社が倒産した』は、お近くの書店かAmazon
でお求めになれます。
「ねこ背は治る」の小池先生が、Amazon にレビューを書いてくださいました。

先生、ありがとうございます!



――――――――――――――――――――

昨日も行ってきました。確認とPOP配り。

お店の方はさるちゃんとハルちゃんがしっかり守ってくれているので、安心して出かけられますよー^^

昨日回ったところは、相模原と近隣の、前回まだ置かれてなかったところ。

では、いきます!

■啓文堂書店 小田急相模原店 ラクアル・オダサガ3F

ここは駅ビルですし、お店から一番近い書店さんで、お客さまがたくさん買いに来てくださると思うので、たくさん扱っていただきました。

入口付近の目立つ場所に、どーんと山積みしてありました。

店長さんに、「写真を撮らせていただきたいんですけど・・・」と言うと、「POP自由につけてってよ!」ということで、遠慮なく作業させていただきました。


遠慮ない。

このようになっております!


オダサガの方は、オダサガの作者の本を、ぜひオダサガの書店で!


■小田急ブックメイツ 東林間店



お隣の、東林間駅にある書店さん。

数日前にお邪魔してPOPを預けておいたのですが、並んではいたものの、まだPOPがついていなかったので、つけさせていただきました。

どーこだ?

ここでーす! 壇密とご近所

■文教堂 中央林間とうきゅう店

中央林間も、実はお店から案外近い駅なんです。

東林間と中央林間とオダサガは三角形になっていて、乗り換えないと行けないものの、車で細い道を通っていくと、15分くらいで到着します。

恒例の、どーこだ?

ここでーす!

中央林間とうきゅうは、中央林間駅(東急田園都市線側)の、道を一本渡ったところにあります。

■文教堂 星ヶ丘店

ここはOKストアの近く、近所に住むハルちゃんが確認に行ってくれたのですが、目立つ場所にコーナーができていたそうです。



神奈川押し、ありがたいです!


■文教堂 相模台店(若草中そば)

この書店さんは、以前近くに住んでいたとき、ちょくちょく行っていました。
さるちゃんの自宅からも近いので、お友達が行ってくれるかなぁ。


ビッグダディと大泉洋に挟まれてます。

■未来屋書店 相模原店 イオン相模原店2F(古淵駅)

本の中にちょこちょこ『ジャ○コ』というのが出てくるのですが、それはこのイオンのことです。

その中にある書店さんなので、ぜひ扱って欲しかった!

ここもPOPを自由につけていいということで、いろいろ道具を貸してくださいました。

新刊のコーナーです。

本を立てさせていただきました。


昨日の時点ではこうなっていましたが、もしかしたら場所を移動するかもと言っていました。

■中村書店 古淵店 イトーヨーカドー古淵店3F



イオンのお隣、ヨーカドーの中にある中村書店さん。

ここは外壁に相模原のコーナーを作ってあって、そこに面陳してくれていました。


なんだか、目立つよ~^^

さて、この頃から、ようやく鈍い私もあることに気付きます。

POPを持っていくと喜ばれるのに、前もってお預けしておいたPOPは忘れられていたりして、つけられている確率が低い。

ということは、POPをつけるのは書店さんにとって、けっこうめんどくさい作業なんじゃないかな?ということです。

もしかして、つけてもらうより、自分でつけて回った方が、忙しい書店さんにとってはありがたいんじゃないか?

ということで、作戦を変更することにしました。

■啓文堂書店 相模原店(JR)

JR相模原駅に併設されている、it’sの4階にある書店さん。

本の位置を確認し、店長さんを見つけ、ここで早速、変更した作戦を実行すべく、声を掛けます。

そら 「この度は、本をお取り扱いいただきまして、ありがとうございました。POPを持って来たんですが、写真を撮ってブログで紹介させていただきたいので、つけさせていただいていいですか?」(←図々しい)

店長さん 「どうぞ、ありがとうございます」

そら 「(お礼言われたぞ。ありがたいんだ!)お手数ですが、POPをつけるための道具を貸していただけますか?」(←さらに図々しい)

快く道具を出してくださる店長さん。

それをお借りして、勝手に取り付けます。



こういう角の場所って、一番いいみたい。ありがとうございます!


そして、店長さんのところに戻り、撮った写真を見せて確認してもらいます。

そら 「このように取り付けさせていただきました。ありがとうございました。」

店長さん 「ありがとうございます。」

そら 「どうぞよろしくお願いします!」

店長さん、笑顔だったよ。

この一連のやり方、お店の方が忙しそうなときには、お互いにとっていいみたいじゃん!

と、ノウハウをひとつ蓄積した、そらまめなのでした。



■福家書店 橋本店

イオン橋本の5Fにあります。

店長さんにお声かけすると、すぐにつけてくださったので、前回のノウハウを使う必要なし。




コミックエッセイの棚に面陳してあります。

■有隣堂 ミウィ橋本店4F

探してもなかなか見つからないので、検索機のお世話になって発見してみると、なんと社会問題のコーナーに・・・

店員さんに声を掛け、写真を撮りたいので早速POPを取り付けたい旨をお伝えしたところ、テープを持って来て、自ら取り付けてくださいました。


う~ん、周りは固い本ばかり・・・


コーナーが違うんじゃないか?と思ったので、その店員さんに本の中身を見せて話してみました。

そら 「倒産について扱っている本なのですが、深刻な内容というより、けっこう楽しい感じなんです。ライトエッセイの棚などの方が合うと思うのですが・・・」

店員さん 「そうですねぇ。今日はこちらの棚の担当者が休みなので、また話しておきます。」

そら 「よろしくお願いします。」

とはいえ、その場でなんとかできないと、後ではなんともならない可能性が高いことを、よーく知っているそらまめなのでした。

まぁ、できるだけのことはやった!

■中村書店 橋本店

橋本東急ストア3Fにある書店さんです。

以前営業に伺ったとき、店長さんはすでにファックスを見てこの本に興味を持って下さっていたようで、とても好意的に扱ってくださっていました。

店長さん 「あっちの棚より、この棚の方が、お客さんの目に触れやすいと思ったんです。」

そら 「はい、私もそう思います。いろいろ考えてくださって、ありがとうございます。」


ライトエッセイのコーナーです。店長さんのお気持ちが嬉しい。

■文教堂 城山店

店長さんが外出中だったので、店員さんにPOPを取り付けて写真を撮らせて欲しいとお願いし、快くOKをいただきました。


例によって勝手に作業中。(すっかり慣れた)

コミックエッセイのコーナーです。

■山本書店 津久井店

店長さん不在のため、作業もできず、写真も撮れなかったのですが、『文芸』と『新刊』の棚の2カ所に平積みされていました。けっこういい扱いをしてくださっています。



■中村書店 本店

「POPをつけさせてください」とお願いしたところ、快く応じてくださっただけでなく、場所もすぐに良い位置に移動してくださいました。

こちらの店長さんは、何か質問するとすぐにパソコンで調べて教えてくださいます。

この人に何か聞くと、きちんと正確な情報を伝えてもらえそうだなと思います。



■紀伊國屋書店 相模原伊勢丹店

相模大野の伊勢丹A館の6階にある書店さん。

私が以前行ったときは、うまくお話することができなかったのですが、その後版元の営業さんがお話ししに行ってくださったようです。


ビジネスの棚に平積みしてあります。

■リブロ 南町田店

グランベリーモールのC棟1Fにあります。

店長さんがおられなかったので、例の作戦で。

エッセイの棚



■三省堂書店 海老名店

ビナウォーク1番館の4Fにあります。

担当者さんに声を掛けると、すぐに取り付けてくださいました。




ありがとうございます。

9時が近づき、いよいよ、タイムリミット~。

最後は厚木で終了です。

■福屋書店 イオン厚木店6F



ここの店長さんはすごく優しい人で、以前お目にかかったとき、相模原を『地元』と言ってくださったのが印象的でした。


ビジネス書の棚と書いてあるけど、周りにある本はどう見ても違うような・・・。



その他にも、

■有隣堂 ルミネ町田店7F ビジネス書の棚

■啓文堂 橋本駅構内 エッセイのコーナー

で、確認しています。また、

■有隣堂 たまプラーザテラス店

■紀伊國屋書店 ららぽーと店

■丸善 ラゾーナ川崎店

で確認しました!と、お客さまやお友達からのレポートでした。

みなさま、本当にありがとうございます!

そしてさるちゃん、こまめなフォローをありがとう。いろいろ助かるよ!


←そらちゃん、こちらこそ毎日ありがとうございます!皆さんの応援あってこそです。本日もポチッと宜しくです♪

コメント

書店さん情報 その1

2013-06-24 10:19:19 | 日記

※このブログは、こちらに引っ越しました。
 新しいブログもどうぞよろしくお願いいたします。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
← 1日1回、ポチっとしていただけたら嬉しいです♪
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『父さんの会社が倒産した』 は、Amazonで好評販売中!! です。

もちろん、お近くの書店でもお求めになれます。
どうぞ、宜しくお願い致します。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「父さんの会社が倒産した」を扱ってくださっているのが確認できた、書店さん情報のです。
家から行ける範囲なので、神奈川・東京ばかりです。
(写真は全て、店員さんの許可を得て撮影、掲載しています。)


■ブックファースト ボーノ相模大野店(ボーノ4F)

エッセーの棚と、なんと、『話題の本』の棚の一番上の段全部にどーんと置いてくださっていました!


あった!

この後、店長さんにお会いすることができ、パネルやPOPをお渡ししました。

「写真を撮ってブログで紹介しても良いですか?」と聞くと、すぐに両面テープでPOP類を貼り付けてくださいました。



わー、壮観!


■くまざわ書店 相模大野店(駅ビル6F)

新刊や話題の本を置いてある棚に平積みされていました。
店長さんにお会いできなかったので、写真は撮れず。


■アカデミア アリオ橋本店

超大型商業施設の中にある、これまた大きな書店さん。
新刊・話題書の棚に、このように置かれていました。




埋もれとるよ。


さらに探すと、ビジネス書の棚にも・・・


ビジネス書なのか、これ?(写真に映っているのはそら)


■久美堂 町田小田急百貨店8F


これまたビジネス書の棚に平積みされていました。

う~む・・・ビジネス書・・・なのか?


■ジュンク堂書店 池袋本店

2階の42『暮らしの知恵』のコーナーに。


なんか、おばあちゃんの知恵袋っぽいコーナーなのかなと思ったら、


なんだか周りにはお金に関する本がたくさん・・・
ほほう、そうきたか。


棚の真ん中あたりに、写真のように面差ししてありました。


■紀伊國屋書店 新宿本店

2階のライトエッセイのコーナー。


ライトエッセイ担当の石原さんが、一緒に写真に写ってくださいました。



なにやら色とりどりで楽しげな本がたくさんの、ライトエッセイコーナー。

石原さん、『父さんの会社が倒産した』を、どうぞよろしくお願いします!


■三省堂書店 神保町本店

1階 B08 サブカルチャーのコーナーに平積み。


サブカルチャーと言えば、みうらじゅんよね。



左はなめこ。
右はホームレスで後ろは節約という、サバイバルなラインナップ。なるほど!



■丸善 丸の内本店(オアゾ内)

2階 Eの棚の『家族』のコーナーに平積み。

ほぇ~ここは家族かぁ。

撮影の許可をいただけなかったので、写真はなし。


■八重洲ブックセンター(本店)

2階の『経営・資格試験』の新刊・話題書のコーナーに・・・


どこだか分かりますか?


ここでしたー。


他にも、

■オリオン書房 立川ノルテ店(パークアベニュー内) /文芸書のコーナー

■ブックファースト 新宿店 /エッセイ・ノンフィクションのコーナー

■ブックファースト ルミネ新宿店 /ライトエッセイのコーナー

■紀伊國屋書店 新宿南店(タカシマヤタイムズスクエア内) /転職のコーナー

■丸善 日本橋店 /エッセイのコーナー

などで確認しています。


いやー、それにしても、ジャンルがいろいろで、もしかして書店さんの頭を悩ませているのかも・・・。と、思ったのでした^^;

もしよろしければ、お近くの本屋さんで見かけた際は、コメント欄で教えて下さいね。


← ぜひ、読んでくださいね~

コメント

『父さんの会社が倒産した』がAmazonで予約可能になりました。

2013-06-20 17:18:02 | 日記

※このブログは、こちらに引っ越しました。
 新しいブログもどうぞよろしくお願いいたします。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  2010年10月14日から続いている日記です。初めての方は、ぜひ最初の記事からお読みください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
← 1日1回、ポチっとしていただけたら嬉しいです♪
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

22日に出版予定の『父さんの会社が倒産した』が、Amazonで予約可能になりました。
本屋さんには22日頃に並びます。(23日になるところもあるかもです)

お近くの本屋さんでお取り寄せなさりたい場合は、『ルックナゥの父さんの会社が父さんした』とお伝えください。

そして、本屋さん用に、このようなPOPを用意しました。


情報がしっかり入ったバージョン


こっちは手書きバージョン


← ぜひ、読んでね~♪

コメント

本の見本ができてきました

2013-06-17 07:30:46 | 日記
※このブログは、こちらに引っ越しました。
 新しいブログもどうぞよろしくお願いいたします。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  2010年10月14日から続いている日記です。初めての方は、ぜひ最初の記事からお読みください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
← 1日1回、ポチっとしていただけたら嬉しいです♪
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

先日、22日に出版される、『父さんの会社が倒産した』の見本ができあがったと、編集さんが届けてくださいました!

本当にもうすぐ、いよいよ出版されるんですねー。

本屋さんにもamazonにも、6月22日頃並びます。


では、本を少し紹介しますね。











もしも、本屋さんでご注文いただける場合は、
ルックナゥ』という出版社から出版される、『父さんの会社が倒産した』
とお伝えすれば、調べていただけると思います。

22日以降に、Amazonかお近くの本屋さんでお求めください。


どうぞどうぞよろしくお願いします。

← ぜひ、読んでね~♪
コメント