Sakura De Prog!

プログレ(伊)などの日本未公開記事のインタビュー, オフィシャル情報をご紹介します。無断転載・複製を禁止します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Raccomandata Ricevuta Ritorno Concert Review (13 August 2017) Kakehashi Records

2017-09-09 | プログレッシブ・ロック

Raccomandata Ricevuta Ritorno Concert Review (13 August 2017)

Venue: Club Citta Kawasaki, Kanagawa, Japan

RACCOMANDATA RICEVUTA RITORNO

Link to the original article ---> https://kakereco.com/magazine/?p=24923

 Raccomandata Ricevuta Ritorno (RRR) excited the audience on the second evening. There were two original members out of the six musicians, however the audience was completely enchanted by the enormous presence of the vocalist and stage performer, Luciano Regoli.

RRR played the ‘72 release ‘Per…Un Mondo Di Cristallo’ in full. The performance started with the solemn organ solo which was completely Baroque, then followed by the acoustic guitar and flute which added a dry melancholy feeling. Then heavy ensemble like a thunderstorm followed, exactly as heard in the album. The rhythm full of anxiety and mysterious acoustic guitar led the introduction. Then Luciano’s vocal followed. His high tone vocal in the album was very impressive, and I was a bit curious whether he could still sing like that. However, when I heard his first voice, all my worries disappeared.

Luciano wore a white military jacket and had an eye patch on his right eye, plus a black face paint. He sang theatrically with a bit operatic dignified voice and Ian Gillan-like shouting voice. His singing caliber was even increased over the years and his absolute presence as the front person was just enormous! He was truly charismatic and kept gluing the eyes of the audience.

RRR also effectively controlled the ‘stillness’ and ‘dynamics’ in a dramatic way. Their constructive sound is close to Semiramis, however, since Luciano is more hard rock rooted, their overall impression was very different from the traditional cantatuore Italian vocal style.

In the lyrical and pastoral folk song, Luciano changed his vocal style to a smooth voice. He looked and sounded completely a different person from the frantic front person. His performance had a wide range and the audience fully enjoyed the theatrical vocal.

As I listened to their live performance, I notice substantial influence of jazz. The folky part of acoustic guitar and the lyrical flute and the electric guitar and the emotional flute part of hard rock are the two mainstays of the band. By the addition of the jazz drummer and the saxophone played by the jazz flute player added a big value to the richness of the band.

The projector on the screen showed artwork after another and made the stage artistic.

Mysterious and esthetic. RRR proudly reproduced the mysterious album in full. Rather, their performance was beyond the original album and much upgraded!

After finishing complete reproduction of the album, RRR played some songs from their second album (2010) ‘Il Pittore Volante’. Luciano appeared with a mask that covered the half of his face. Starting with ‘Il Cambiamento’, the songs were much hard rock oriented than their first album. Luciano sang with his glorious shouting vocal like Robert Plant. His stage performance with the microphone stand was very much hard rock singer, and was brilliant.

At last, RRR brought a big surprise with the Led Zeppelin’s ‘Baby I’m Gonna Leave You’! I think this song requires a highly skilled vocal, but Luciano cleared all. His shouting vocal hit the spot of the audience and all venue got excited.

Well, I didn’t expect Luciano Regoli was such a charismatic singer… If he had shown performance of this level back in the early days, the band would have been as big as Osanna. The RRR performance was that exceptional. I greatly look forward to their new album!

 

(Kakereco staff Sato)

(Translation YPK)


Semiramis Concert Review 12 August 2017 (Kakehashi Records)

2017-09-09 | プログレッシブ・ロック

Japanese Kakehashi Records Site ---> https://kakereco.com/magazine/?p=24923

A Review of ‘The Best of Italian Rock Vol. 5, 6’ by Kakehashi Records, Japan (Summary Translation)

12 and 13 August 2017, Club Citta Kawasaki, Kanagawa, Japan

SEMIRAMIS

 The performance was partly dedicated to the original keyboard player, Marizio Zarillo, who sadly passed away on 8 July 2017.

Full performance of their only album ‘Dedicato a Frazz’ was started after the picture of Maurizio and a farewell message was shown on the stage projector.

The songs were fully replayed with new narratives among the tracks. The content of the lyrics shown on the projector seemed to be very difficult, and this added more intensity to their dark and mystique taste sound. The atmosphere was excellent.

The synthesizer sounded restlessness like a siren; the dewy acoustic guitar. These two sounds were well contrasted and escalated the tension with the resonant vocal, exactly reproduced like the original album sound. Then came the sharp shredding electric guitar and led the dynamic ensemble. The organ gave a wild roaring. The evil of the Italian heavy progressive rock, the Semiramis sound went burst.

The drum best played by the original drummer, Paolo Faenza was beyond expectation! When Semiramis was founded, the members were 16-18 years old. So, Faenza is a bit younger than the other vintage Italian bands, but he must be well over 60. You can tell that he is still an active drummer from his heavy drumming from the beginning.

The musician that made me feel most ‘Semiramis’ was the non original member but who led the center position with vocal and acoustic guitar, Vito Ardito. His rich voice had the Italian rock emotion, and made the audience enjoy the ‘songs’ as an Italian rock band.

He is a veteran musician active as a cantautore, and I was convinced that he sang exceptionally.

The acoustic sound that Vito played was shining like a crystal, and I could see the Mediterranean scenery, so beautiful. As I became almost dreamy, suddenly a heavy destructive hard rock sound burst out. I knew the original music very well, but switching of this ‘stillness’ and ‘dynamics’ was outstandingly played as a band. I expected the sudden change with much excitement.

Antonio Trapani’s energetic, hard rock oriented technical guitar play was highlighted where the band played in a heavy mode.

Semiramis’ sound is characterized by the complicated and intertwined parts of acoustic melodious part and heavy, violent part. The hard rock part was powered up with modern heaviness which made the contrast more intense and enormous. I never dreamed that I could hear the replay of the masterpiece at this level of performance after 45 years of the original release.

The projector on the stage showed the character of the album by each song. This setting was nice as I could enjoy the album world visually as well.

As the performance drew near closing, the stage black out momentarily. Then suddenly, Frazz mannequin suddenly appeared in front of us with surprise. This staging seemed to imply the physical death of Frazz.  

The performance closed with a new song signifying the new start of Semiramis. This song sounded very hard rock and modern with heavy electric guitar but also had some taste of the mysterious Semiramis sound and well connected to their album.

Their gig was immediately after the loss of the important member Maurizio Zarillo, but Semiramis showed a fully spirited great performance.

I look forward to their new album after 50 years of their debut album!

 (Kakehashi Records staff, Sato)

(Translation by YPK)


Jenny Sorrenti PROG (I) and 2017 update ジェニー・ソレンティ近況

2017-02-21 | プログレッシブ・ロック

ジェニー・ソレンティ伊PROG誌記事と近況報告

Jenny Sorrenti, PROG (Italia) article and 2017 update talk

 2015年の来日公演でも変わらぬ歌声と美しい姿を披露したジェニー・ソレンティ。その歌声と華麗なステージ姿が印象に残っている方も多いと思います。

2016年10月にローマ滞在中に偶然ジェニーと連絡が取れ、現況と今後の期待について話しをする機会に恵まれました。滅多に表に出ないジェニーの印象についてお伝えします。

 

(c)Rockprogresso

現在ですが、時間はかかってはいるが、兄アランとPROG EXPLOSIONのCD化の制作はライブの合間を縫って進行しているとのことです。完成時期は現時点では未定ですが、日本の皆様にはぜひ完成をお楽しみ、とのことでした。

(c) Irene Fittipaldi

ジェニーの印象ですが、あれだけ美声を維持するにはさぞかし努力をしているのでは、と思いましたが、やはり来日時もプロポリスを常備するなど、自然のセラピーを重要視していました。喉が痛くなっても化学製剤は可能な限り使わず、自然の成分で治すことを心がけているようでした。まったく年齢を感じさせないスタイルも自分な好きな食べ物をおいしくいただくように心がけているということでした。芸術家に若い、若くないなどまるで不要な分類だと実感しました。

やはりジェニーの真の変わらぬ秘訣はその探求心と好奇心にあると気づきました。この記事でステイーブン・ウィルソンがお奨め盤として挙げていますが、ジェニーは実によく現在進行形のプログレを聞いているのにはびっくりしました。しかし新しい音を模倣するのでなく、時代の息吹を感じて、自分の音楽として息を吹き込むのです。この世代にありがちな現在のネオプログレはつまらない、過去の焼き直しだという批判など一切せず、時代の息吹を常に熱心に感じ取ろうとする姿勢でした。

(c)Rockprogresso

またジェニーの音楽修業はあまり知られていませんが、クラシック出身ではないジェニーはここ20年くらいから声楽のレッスンを開始していたのです。それまで自己流でもわりと声は出ていたが、やはり訓練の有無は違うと謙虚に語っていました。その成果は来日公演でも顕著に表現されていたのではと感じました。

今月はローマでライブに備え準備中とのことです。今後もサンジュストはじめ、ローマプログレ人脈のプロジェクトなど活発に活動するジェニー・ソレンティにご注目ください。

(c) Irene Fittipaldi

-------------------------------------------------------------------------------- 

 ジェニー・ソレンティが音楽的ルーツを語る伊PROG誌の記事をご紹介します。

MUSICAL BOX - Jenny Sorrenti

伊PROG誌No.10  掲載記事より (翻訳掲載許諾取得済)Permission for translation obtained. (all rights reserved)

 

72-73年頃、ウェールズ出身の母が兄アランと私のためにロンドンから満杯にして持って帰ってきたスーツケースを「夢のスーツケース」と呼んでいました。スーツケースの中にはあらゆるものが詰まっていました。キャンディ、置物、当時流行の中世風の花柄のエンパイア・ドレスや日用品などです。

ナポリのヴォーメロの丘に住むお年寄りの家は自分たちがロンドンに滞在する時に自宅を私たちに使わせてくれました。当時もう子どもと呼ばれる年齢の終わりだった私たち兄弟はそこで新しいイギリスの音楽を聞いていました。

フェアポート・コンヴェンション、スティーリー・スパン、ペンタングル、ジ・インクレディブル・ストリング・バンドなど当時のブリティッシュフォークロックを聞いて夢中になり、いつかシンガーになってロックバンドで歌いたいと思うようになりました。

(c) Roberto Vignolo

兄アランの友人のトニー・グリーンがギターのコードを教えてくれました。私は最初に演奏した曲はフェアポート・コンヴェンションのWho Knows Where the Time Goesでした。トニーはベースプレイヤーで、少しずつ私をロックの世界に導きました。レッド・ツェッペリン、ピンクフロイド、ジェネシス、ジェファーソン・エアプレーン、トラフィック、サードイヤーバンド、イーストオブエデンなども聴くようになりました。

 

父はフランク・シナトラ、ハリ―・ベラフォンテ、ディーン・マーティンやナポリ歌謡について教えてくれました。車庫や屋根裏部屋で歌を歌いまくりました。ドラムやエレキギターの大音量緩和のために壁には卵のパッキングを防音用に貼りつけました。冬の夜はずっとジャムセッションをしていました。殆ど寝ていなかったと思います。

一日中音楽の中で呼吸していたような感じでした。でも私の心はどこか虚ろでした。母は私が大学を卒業することを望んでいました。父は私の味方で応援してくれました。心は音楽に向かっていましたが、現実との選択に悩みました。結局マジカル・ヒッピーの道を選び、シンガーとなり、作曲家として、プログレッシブ・ロックグループのリーダーになる道を選びました。これがサンジュスト誕生のきっかけでした。

ミュージシャンを増員してイタリアに向かいました。フェスティバルや当時の演奏する場所の定番であった政治団体主催の集会で演奏しました。

サンジュストのアルバムTHE HOME OF THE LAKEはローマ、ブラッチャーノの湖で曲を書きました。もうそれ以来ずっと音楽を書き続けています。曲作りは大変な労力、あらゆる犠牲、睡眠不足を要しますが、全てが完成時には笑顔に変わるのです。自分の中の「詩作」を受け止め、内なる炎はまだまだ自分の中で燃え続けているのがわかります。この炎は消えることはないでしょう。

 

ここで、私にとって大切な曲についてお話しします。

 

BLUE - Joni Mitchell (1971)

人生の問題について自分に問いかけていたとき、そして自分がどうありたいか、について考えていた時に出会った曲です。

この曲は私にとって内省、そして瞑想の曲です。私はバンド内での独立した役割を考えた時にキーボードとピアノを習得しなければならないと気が付いた曲です。

本当に名曲だと思います。女性で作曲、演奏、歌を一人でこなした最初の女性アーティストでした。このアルバムの曲を全曲そらで歌えます。

 

ATOM HEART MOTHER - Pink Floyd (1970)

私にとって転機になったアルバムです。初めて聞いたとき、夏のいいお天気の日、屋根の上に座っていました。このアルバムはあらゆるニュアンスを含む旅や映画のように感じました。このアルバムを聞いていると欺瞞に満ちた社会と戦場で戦っているような気になりました。私の人生で最も大切なアルバムです。

 

ASHES ARE BURNING - Renaissance (1973)

クラシックとロックのミックスはずっと好きでした。よりプログレな音楽はあらゆるジャンルがミックスされているものです。このアルバムはデリケートだけれども強いクラシック性があります。アニーハズラムの登場まではロックを歌うことは叫ぶと同義でした。ジェーンレルフもアニーと似たような存在感でした。

 

ASTRAL WEEKS - Van Morrison (1968)

このアルバムを聞く人を真っ二つに引き裂きます。作り手の苦悩が聞き手を突き刺します。文字通り心臓に突き刺す剣です。当時ロンドンにいて、行く先々の通りからASTRAL WEEKSが聞こえてきたことを覚えています。もう全部覚えてしまうくらいよく聴きました。ヴァンモリソンは天才ですね。

 

Surrealistic Pillow - Jefferson Airplane (1967)

ジェファーソンのサイケロック。ウッドストックは視覚と幻想の音楽の発見。グレーススリックは女性リーダーで傑出した声の持ち主です。曲は美しく、歌詞は当時の世代の考えを反映しています。誓うことは全て現実になる。若い頃の夢は現実になると思いました。

MR FANTASY - Traffic (1967)

ジャズ、ロック、アラブ音楽の混濁。トラフィックではいちばん美しい曲だと思います。スティーブウィンウッドが若く、その天才性や創造性においても頂点の時期だと思います。

 

U - Incredible String Band (1970)

シアトリカルな音楽の融合。何と定義していいのか。マジックサーカス、彷徨えるミュージシャン?音楽にはジャンルの壁がないことがわかります。リコリスの素晴らしい声。シンプルでありながらも傑作が沢山あるアルバムです。

 

UNHALFBRICKING - Fairport Convention (1969)

この中のWho Knows Where the Time Goesは初期の頃よくギターで弾きました。英国フォークはエレキギターやドラムがあり、ロックっぽいので好きでした。イタリアではトラッドはアコースティックしかありませんでした。

 

MANHOLE - Grace Slick (1974)

熱さと優しさを兼ね備えたアルバムですが、私にとってはとても悲しい一枚です。この時期、サンジュストがもう先が長くないと悟り、じきに私がソロで活躍しなければいけないことが見えていたからです。ジェファーソンでのグレースもそうでしたね。Jayは純粋な詩で、グレースの作品では最も美しい歌だと思います。

 

HAND. CAN NOT. ERASE. - Steven Wilson (2015)

ポストプログレまたはネオプログレでしょうか。定義はともあれ、ウィルソンは70年代のプログレの味わいと特徴をうまく取り出し、自分なりの解釈で飽きさせることなく聞かせてくれます。エレクトロポッププログレ?でしょうか。とてもうまくデザインされたミックスで、Perfect Lifeなどは感動します。

 

★ジェニー・ソレンティについて★

イタリアンプログレにおける最高の女性シンガー。サンジュストよりアルバムを2枚発表(Saint Just [1974],  LA CASA DEL LAGO [1974])。ソロとしてSUSPIRO (1976)を発表。ゲストにルーチョファブリ、ピノダニエレ、ペーテルカウコネンが参加。2011年にサンジュストを再結成、PROG EXPLOSIONを発表。現在は新結成のサンジュストとライブ活動を行っている。新作アルバムを制作中。

(c) Roberto Vignoli

 

★ジェニー・ソレンティ最新情報★

www.facebook.com/jenny.sorrenti.3

 

他のイタリアンプログレ最新情報はhttps://www.facebook.com/RockprogressoItalianprog/?fref=ts をご覧ください。


Jウェットンとの思い出~クリスティアーノ・ロヴェルシ/ J. Wetton and I by C. Roversi

2016-12-22 | プログレッシブ・ロック

<<<Exclusive article>>>

イタリアン新世代プログレの大ベテランのチャップマンスティックの魔術師、そしてローゼンクロイツ等多くの音楽プロデューサー、作曲家ともして活動するクリスティアーノ・ロヴェルシが幻に終わったジョン・ウェットンとの共作、そして各国ツアーでの思い出を寄稿してくれました。

元ジェネシスのアンソニー・フィリプスとも親交の深いロヴェルシは’81年作の「1984」のリメイク話しを当時フィリプスと話し合っており、リメイク盤のヴォーカルにウェットンはどうかとの検討を重ねていました。数週間前に久しぶりにウェットンと連絡が取れた際に、ウェットンは「あの’1984’を完成させろよ。」伝言したそうです。その経緯をロヴェルシが特別寄稿してくれました。

 

ジョン・ウェットンと私(クリスティアーノ・ロヴェルシ)<Moongarden, Submarine Silence etc.>

 私は90年代の終わりから2000年にかけてプロジェクトを3件抱えていました。

1)チャップマンスティックのソロ奏者としての活動

2)プログレバンドTRYPTICのアメリカツアー

3)自分のソロアルバム(作品は完成していましたがミラノのマネージャーが金銭絡みの諸事情で塩漬けしていました。)

 私のバンド、ムーンガーデンやジェネシスのトリビュートバンドのザ・ウォッチの専属ジャーナリストでフォトグラファーでもあるアントリオ・デ・サルノはバンドの公式通訳翻訳者でもありました。ある日彼からジョン・ウェットンのイタリアツアーの企画をしていると聞きました。いい機会なので、私のソロから何曲かウェットンに試聴してもらい、できたらコラボレーションしてもらえたら、という運びになりました。もうウェットンに自分の曲を聞いてもらうだけでも凄いことなので、私は15分の組曲をアントニオに送りました。数日後アントニオから電話がありました。ウェットンは私の曲を聴き、気に入ったので歌メロと歌詞をつけて歌ってくれるとの返事があったそうです。夢が現実になりました。個人的にはウェットンの大ファンでベースは特に好きですが、シンガーとしても大好きでした。ウェットンの声はクリムゾン史上最高であり、ベースプレイはただ驚愕するばかりでした。しかし、私の夢はこれで終わりませんでした。急展開で事態は進行しました。アントニオの連絡では、すでにウェットンはミラノのスタジオで私の曲のテスト版をレコーディングしましたが、どうしても直接私と会ってみたいとのことでした。もう信じられませんでしたが、事実でした。その数日後にウェットンはミラノでライブを控えていました。

 運命の当日、私は車から降りて、ウェットンに会うには相当勇気を振り絞る必要がありました!緊張しまくる私にウェットンは微笑み、感じよく、ウィットに富んだ人でした。私はすぐに打ち解けました。なんとその夜一緒にプレイするように依頼されました。その時間までは少し話しができました。私はウェットンとデュオとしてステージに上がりました。私はチャップマンスティックを、ウェットンはアコースティックギターを演奏しました。演奏曲は’Battlelines’、’Heat of the Moment’と、確か’Nightwatch’だったと思います。ライブの後にウェットンは車の中で私の曲のテスト版を聞かせてくれました。この組曲にウェットンはこうタイトルをつけました。"EYE TO EYE Part one, EYE TO EYE Part two"。素敵なタイトルでした。

 当時のウェットンのイタリアライブはアコースティック・セットだったので、私はフルバンドでイタリアン・ツアーをできないものかと提案しました。なんとかしてウェットンにクリムゾンのラークス、レッド、スターレスと素晴らしいインプロヴィゼーションを演奏してほしかったのです。そこで自分のバンド、ムーンガーデンのメンバーと腕のいい知り合いのミュージシャンを集めました。結局クリムゾン、エイジアとアークエンジェル時代のウェットンのソロ曲を演奏することになりました。ウェットンはこの演奏を気に入り、その後はフィンランドのタヴァスティアという有名なクラブでも演奏しました。その時以来、私たちの友情と信頼関係が継続していたのは素晴らしいことでした。

マネージャーのアントニオは私にウェットンのミニUKツアーにチャップマンスティック奏者として同行しないかと打診しました。私はウェットンが住むボーンマスに向かい、2週間ウェットンと作業やリハーサルを行いました。いろいろなライブハウスで演奏しました。私はウェットン家の台所でイタリア料理を作ったり、リビングルームのピアノでウェットンが素晴らしい歌の即興メロディをつけるのを間近に体験し、大変貴重な経験をしました。

ある会場ではジョン・ミッチェル(Arena, It Bites etc.)が参加し、デュオがトリオになりました。ライブの数時間前に、ウェットンは私にエイジアの曲を何曲か弾けないかと尋ねてきました。その午後はずっと練習し、夜の本番に備えました。何しろ、左手はスティックでベースラインを、右手はキーボードと曲芸のようだったので、うまくできるか不安でした。

その後、ウェットンは有名なマネージャーのマーティン・ダーヴィル氏を紹介してあげよう、とソールズベリーのダーヴィル氏の自宅に連れていってくれました。まるで博物館のようなその家は70年代、80年代の著名なアーティストの楽器で溢れていました。

私はロンドンをきちんと見物していなかったので、ディブ・ワグスタッフ(ランドマーク、ウィッシュボーン・アッシュのドラマー)のロンドン宅に2日間滞在しました。ロンドンは素晴らしい街で、すぐに大好きになりました。のちにディヴとはトリオを組んで、彼がドラムズ、自分がチャップマンスティックで、リック・ウェイクマンの息子がキーボードというラインアップで企画が進みましたが、実現には至りませんでした。著名なレーベルがこのプロジェクトに興味を示さなかったためです。<訳中:アダム・ウェイクマン氏のこと。兄のオリバー氏の方がよりプログレ寄りであったがスケジュール的に弟のアダム氏になったそうです。>

その後私はイタリアに戻りました。ウェットンはその後フランスツアーにも帯同してほしいと頼んできましたが、私はイタリアに愛着があり、当時彼女もいたので、戻りました。実際、私がイギリス滞在中に別れ話まで持ち出してきたからです。

アンソニー・フィリップス氏とはかねより親交があり、彼の家にディナーに招待されたり、当時の彼のエレクロニクス音楽について自分の見解を述べたりしていました。そんな中で彼の発表した「1984」をリメイクしないかという話しが持ち上がりました。そのヴォーカルにはウェットンをぜひと思いました。

ウェットンには、イタリアに数日間滞在が可能であれば、歌ってほしいと依頼しました。すぐにOKが来ました。アントニオが歌詞を書き、私はウェットンとヴォーカル部分を作りました。さらにアントニオを交え、アレンジの打ち合わせを行い、全てはうまく運びました。

レコーディングも終わりに近づいた頃、ウェットンは私にイギリスのライブが何回か決まっているので、一緒に演奏しないかと誘われました。しかし実際にはウェットンがイギリス帰国後にエイジアがオリジナルラインアップで再結成することになり、この「1984」リメイクプロジェクトは突如消えました。(訳注 のちに「1984」はリマスター盤が再発された。)

その後この「1984リメイクプロジェクト」は私にとって氷河期のようでした。当時の音楽パートナーとはうまく行かず、もうその人物とはアルバムを制作する意義を感じなくなったのです。何度が関係を修復しようと試みましたが、その人物の行動は改善どころか悪化の一途で、私は1984リメイクプロジェクトに終止符を打ちました。記録として残しておきたいのですが、その人物がウェットンのヴォーカルをレコーディングする費用を負担するはずでした。実質的にはウェットンとのプロジェクトはその人物のプロジェクトでした。従って、数年前までは私はウェットンとはたまに電話したり、誕生日のお祝いをしたり、季節の挨拶等にとどまっていました。つい最近、リサ夫人の計らいでウェットンと再度コンタクトがとれるようなりました。ウェットンは私に1984リメイクを再開したら?と伝言で言ったそうです。これも彼一流のウィットですね。

 この素敵な思い出を発表する機会を与えてくれたRockprogressoに感謝します。

 Cristiano Roversi

クリスティアーノ・ロヴェルシ


新譜 パオロ・シアーニfeat.ヌオヴァ・イデア Paolo Siani feat.Nuova Idea

2016-05-12 | プログレッシブ・ロック

Paolo Siani feat. Nuova Idea - 'Faces with no traces'

2016年5月27日に新譜'Faces with no traces'を発表するパオロ・シアーニfeat.ヌオヴァ・イデア。今回も前作同様にパオロ・シアーニを中心にニュー・トロルズ関連の(現MITO New Trolls)のウザイ、ベッローニ、そしてワンダーワールド及びソロで活躍するロベルト・ティランティ、ガリバルディのゾッケンドゥなど豪華な「フレンズ」と大ベテランでヌオヴァ・イデアきっての知性派らしい重厚な作品となっています。流石に70年代プログレではなく、シアーニ自身が「これが現在の自分としての解釈したプログレ」の曲はケルト風味あり、民族楽器の導入あり、そしてカヴァーながらも、ロベルト・ティランティのヴォーカルがおそらくここ数年では最高と思われるQuartermassのカヴァーPost War Saturday Echoは必聴です。

<5月27日Black Widow Recordsから発売>

パオロ・シアーニ(Paolo Siani ft. Nuova Idea) ヌオーヴァ・イデアの発売予定の新譜Faces without tracesからプロモ’Eriu(エウル―)’。ケルトを強く意識したインスト曲。前半はオーケストラル、後半はアイリッシュダンスとヌオヴァ・イデアきっての知性派シアーニが旧友ら(ニュートロルズ関連メンバー)そして最旬のヴォーカル、ベースプレイヤーのロベルト・ティランティと制作。現在、過去、未来と自らの半生記的なThree Things。

ドラマーのみならず、プロデューサーとしても経験豊富なシアーニが最近の自己ミキシング指南書について、言及したエッセイとともに、新譜から初のプロモ'Eriu'(エウル―)を紹介します。この曲はマルコ・ゾッケドゥ(ガリバルディ、グリーメン)がアコーデイオンを担当。

PAOLO SIANI ft. NUOVA IDEA - Three Things

MAT2020(c)

パオロ・シアーニ 「ミキシング:テクニックかハートか?」

 最近ミキシングに関して多くのマニュアル類、ウェブ講座、ビデオ、高価な本を見かけます。

プラグ・インのうまい手法で音を劇的に良く響かせるとか、ミキシングをプロ級に格上げできるようなコツや秘伝が多く掲載されています。一歩も部屋から出ないで、自慢の機器で作業できるわけですから。こういった講座や講師に少し興味を抱いたのです。

初心者にとっては、オーヴァーロードなど明らかなミスを避けるヒントになるでしょう。しかし、私のことをよく知らない人でもミキシングが出来てしまうことにはぞっと鳥肌が立ちました。

これが、現在どの曲も同じように聞こえてしまうという結果となって現れているのではないでしょうか。私はこれまでの経験から機材の水準が高いスタジオでプロのエンジニアと意思疎通をしないとだめだと思っています。しかし、初対面のエンジニアとも仕事をしなければならないことももはや避けられない時代です。短時間で自分の音を追求しなければならないのです。機材に投資するほど、ミュージシャンが心で想像する音に近づくことは間違いないでしょう。

ミキシングというのは未知と永遠に存在するもののバランスです。これは個人的な経験による結論です。創造性は常にテクニックを凌駕しないとなりません。しかし現在ではこの2者が逆になっています。いい具合でこのバランスが崩壊するのはミキシングの過程で技術的に完璧を追求するよりはるかに重要です。ミュージシャンはそれまで自分が取り組んできた曲の「仕様」を放棄してはなりません。むしろエンジニアと共に自分の心に描いていた音を追求しないとだめなのです。ミュージシャンが最初に描いていたオリジナリティの追求にはもちろん最低限の技術が必要ですが、ベテランのミュージシャンが選択した音を左右するようではだめです。音のコンプレッションは基本的に技術面では好ましいことではないのです。

まとめると、テクニックというのは手段であって創造性を持ったミュージシャンの持ち味から離れた音にしてはいけないということです。

 05/05/2016 Paolo Siani (パオロ・シアーニ)

 


Gianluca Ferro Interview ジャンルカ・フェロ インタビュー<Accordo it.>

2016-05-03 | プログレッシブ・ロック

ジャンルカ・フェロ、日本ツアー出発前のインタビュー


http://www.accordo.it/article/viewPub/86564 (all rights reserved) 

 

我らがジャンルカ・フェロが日本でコンサート・ツアーを行います。私たちの指導者でもあるジャンルカ。いつもチャレンジングなテクニックに挑むジャンルカですが、新譜では更なる高みを目指します。そんな日本ツアー直前のジャンルカに話しを聞きました。

 

Q: 日本へは二回目のツアーですね。今回はどのような趣向ですか。

G: 今回は10日間のツアーで東京、大阪、名古屋と回る予定です。(訳注:予定は変更になりました。)素晴らしいミュージシャンと共演します。Isao Fujita (g), Kiyoshi (b)- マーティ・フリードマンのベースプレイヤー、矢吹卓、大変な才能と人気のあるキーボードプレイヤーです。ドラマーはニック・ピアースの予定でしたが、健康上の都合によりBabymetalの神バンドの前田遊野が担当します。今回は自分の曲とIsaoの曲、そしてニックとのプロジェクトの曲Breath Of Nibiruを演奏予定です。

 

Q: 全部複雑でとても難易度が高い曲ばかりですね。

G: 今回は全部を事前に準備するのが本当に難しい曲ばかりです。日本ではプログレバンドでメンバーの変更はよくあることと聞いています。日本のミュージシャンのレベルは平均的には高いと思います。細かい部分まで譜面で送ってくれるのです。距離はありますが、遠隔でお互い一か月練習します。演奏の密度を最高潮にするために、プログラミングした部分で演奏します。あとはどうか本番でうまくいきますように!と祈るのみです。

 Q: 最難関の箇所とかありますか。

G:もちろん、ヴィデオではいちばん大変だった難所を三か所弾いています。スコアもつけました。

このリフでの難所は絶え間なく変拍子がある部分です。最初の部分は4/4と3/4, 15/16, 9/8 ..を重ねています。しかも最速でオルタネイトピッキングで16連打しています。

 Q:新譜の状況はいかがですか。

G:全曲ほぼラフに完成しています。ドラムは8割レコーディングが終わっています。日本から戻ったら、6月末を目指して完成させるつもりです。

 

Q:もうレーベルは決まっていますか。

G:今回はレーベルなしで制作するので、クラウドファンディング・キャンペーンを立ち上げました。(Musicraiser)キャンペーンに参加した方にはご協力の度合に応じて特典があります。もしよろしければ、こちらからご参加いただけますと嬉しいです。

https://www.musicraiser.com/projects/5531

 

Q:これまでユニークなドラマーと共演していますね。

G:変わったドラマー、ユニークなドラマーだね!なぜドラマーにこだわるかっていうと、僕はリズムとスタイルのニュアンスを曲に応じてこだわりたいんです。アルバムのダイナミクスに応じて多様なスタイルを採用したいのです。

新譜ではより多様なリズム、変拍子にチャレンジしています。まずガイドラインを作って、あとは遊びの幅を与えてフュージョン、ロック、メタルを超えたおもしろいリズムを出したいと思いました。今のところいい感じに仕上がっています。

 

Q:今回参加したドラマーは誰ですか。

G: 今回はスタードラマーばかりです。エリック・トゥリッシオ、ニック・ピアースはテクニカル・プログレッシブ・メタルの部分を担当しました。同じく、マルコ・マッジョーレ、彼は南アフリカで非常に人気のあるフュージョン・ドラマーです。そして、ロブ・ヤクーリ、まだ若いのですが、テクニック、人柄、音楽すべてが素晴らしいです。来年彼と北米ツアーをする予定です。エウジェニオ・ヴェンティミーリァ、セバスティアン・ペルジーニも参加しています。

 

Q:日本での使用機材は何でしょうか。

G:Blackstar, HT Metal 100 plus two boxes of one X12 the HTV-112

ESP Custom HRF NT8 Silver Sparkle, pedals Chrono delay and Anadime of Providence and a mini-houses with A Noise Gate-Rocktron Hush and a Digitech GSP1101

 

では5月4日に初台The Doorsでのライブ、よろしければお越しください!

 

(要訳 Yoshiko PK)


Keith Emerson / Vittorio Nocenzi ~Vノチェンツィ、キースへの言葉

2016-03-15 | プログレッシブ・ロック

本記事の無断転載、再使用を禁止します。All rights reserved V. Nocenzi/Rockprogresso

ヴィットリオ・ノチェンツィ、キース・エマーソンへの言葉

悲しい知らせは昨日知りました。本当に信じられません。おそらくこの特別なアーティストを愛する他の多くの人もそうだと思います。

キースはとても親切な人でした。ロックスターであるにもかかわらず、いつも微笑みを浮かべていました。バンコのファーストアルバムをマンティコアからリリースする前にロンドンでレコーディングのために滞在した際にキースと交流することができて幸せでした。ELPがサウンドチェックに利用していた劇場で彼の白いヤマハのオルガンで連弾したことは忘れられない思い出です。

キースはまさに偉大なプレイヤーならではの気遣いで私を楽屋に案内して、くつろげるように気を使ってくれました。オルガンの前に2人並んでペダルを踏んだことは忘れられません。私たちの前には3台のヤマハのキーボードとミニ・キーパッドが設置してありました。オルガンを弾いていない方の手でソロが弾けるような配置でした。オルガンのペダルは別のシンセに接続してあるというクレイジーな楽器でした。私にとっては強烈で楽しいアイデアでした。キースの隣に座って演奏していた自分が信じられませんでした。ぐっと彼を身近な存在として感じることができました。それはこの上ない幸せでした。今でも当時の興奮はさめやらずです。70年代初めのことでしたから。私はロンドンに到着したばかりで、しかもファーストアルバムのレコーディングという日々の合間に、キース・エマーソンの隣で演奏できたという幸福ときたら、言葉では言い尽くすことができません。かなり長い時間一緒に演奏していました。それまでに共演したことも全くなかった2人でしたが、ミュージシャン同士の不思議な共感がありました。私の隣で演奏しているのはロックスターのキースです。数日後にはグレッグ・レイクと深夜にスタジオに現れたのです。私たちはそれまでの疲れも一瞬にして忘れてしまいました。キースはその時、ミキシングボードの上にローストビーフのお皿を置いて、こう言いました。「さあ!これからこれをミキシングするよ!」私たちをリラックスさせてくれたのです。その時、ELPを一層身近に感じたことはいうまでもありません。

私自身、人との距離の近さを実感するエピソードは特に人に語る必要はないと思っています。キースをアーティストとして語る多くのファンの方がいらっしゃると思います。私はキースとの昔の接点を踏まえて、このように彼を語りたいと思います。私はキースの演奏、その即興的なフレーズ、いつも斬新で楽器の枠を超える驚きの演奏をずっと尊敬してきました。巨匠としてのテクニックは彼の音楽には不可欠な要素であったと思います。音楽に造詣が深くないリスナーも、音楽を楽しめるような大胆さがありました。今では若いピアニストやキーボード奏者がキースの音楽を教材として勉強しています。しかしその深さと独創性を理解するには、何億光年もの距離があるのです。私がとりわけキースを身近に感じたのは、彼と同じクラシックの作曲家を敬愛していたからです。特にバルトークやコープランド作品への愛は特筆すべきものです。彼が去ってしまった今、余計悲しみを覚えます。

グレッグ・レイクとカール・パーマーとキースのご家族に心からのお悔やみを申し上げます。

私が愛する音楽の魔法、そして同じ音楽の魂を愛した血のつながった兄弟のようなアーティスト、キース、あなたを愛する人たちの前では永遠に演奏を続けてくれることでしょう。

ヴィットリオ・ノチェンツィ

2016年3月13日

 

和文要訳 Rockprogresso

https://www.facebook.com/vittorionocenzi/photos/a.10150367931445354.593515.356384295353/10156862092120354/?type=3&theater


ローマのプログレのドン グイド・ベッラキオーマ インタビュー Guido Bellachioma Intervista

2016-03-13 | プログレッシブ・ロック

ローマのプログレのドン グイド・ベッラキオーマ インタビュー Guido Bellachioma Intervista

Psycan Prog © インタビュー 聞き手:Antonio Silvestri (All rights reserved)

和文要約:Rockprogresso

グイド・ベッラキオーマはおそらくイタリアのプログレ・エキスパートの最強の人物でしょう。レポーター、プロデューサー、ラジオ・ディレクター、PROGイタリア版の責任者と多くの顔を持つ人物です。ローマのプログレイベントの主宰者でもあり、若手バンドの支援にも大変熱心です。ラ・ファブリッカ・デラッソルートは「最高の逸材!」とべた褒めです。

 Antonio Silvestri (AS): プログレは当初から予期もできない方向に進化するのでは?と言われてきました。今日では何が本当に「プログレッシブ」なのでしょうか。昔のクラシック・プログレを模倣することか、未来を見据えていくことなのでしょうか。

 Guido Bellachioma (GS): これは正直言って答えるのが難しい。だってまず「プログレ」の定義が人それぞれでしょう。世界レベルでも違うし。今でも何がプログレかってわかってない。今君が言った、未来を見据えて音を複製していくってのは、パンク、メタル、クラシック、ジャズ、シンガーソングライティング、エレクトロなど全部に当てはまる。ポップやインディーズも。今では真に目新しくて実験的な音楽を探し出すのは難しい。でも、危険を冒してでも、新しい領域に踏み込んで探していかないとね。

ニルヴァーナはいいけど、ジェネシスはだめ!って言う風にもとれるね!音楽だけじゃないけど、音楽の自発性を重要視しなきゃだめなんだ。

プログレっていうのは、音楽の混血みたいな感じで誕生した。ジャンル間の濃い交わりで、おそらく音楽の中でここまで濃密にジャンルが混淆したものはこれまでにはなかったと思うよ。 今では多くのジャンルが派生してる。あらゆる音楽ジャンルにおいてね。

 AS: イタリアではプログレが人気で、関連の本も多く出版されています。深い分析本もありますが、これまでの出版物で認識が誤っていたものとかありますか。

GS: 今は実に多くの音楽本が出ている。でも、その中でまったく音楽をきちんと聞いていないものがある。ネットは発達しているし、音の供給過剰ともいえる。

音楽をダウンロードし、そのまま。ハードディスクに落としても、カヴァーもなし。聴かないでそのまま。供給は多いのに、聴かないという変な現象が生じている。

プログレの定義については何が正しいか間違っているかはもう決めるのは不可能だ。

プログレの「純粋さ」は決してアーリア民族のものだけではない。たまに純粋なプログレの定義にぴったりくるような音楽と出会うとふふっとほくそ笑んでしまう。プログレというのは、ロマンティックなシンフォニック・ロックだけではないのだよ。

70年代のプログレ・バンドはどの本にも尊敬の対象として描かれている。でも、そのあと数十年のバンドはプログレではないとされることが多いのはなぜ?と思う。

AS: PROG誌イタリア版はプログレ専門ですね。出版にこぎついたのはなぜでしょうか。

 GB:音楽だけどね。シンフォニックからジャズ・ロック、エレクトロニック、フォーク、プログレメタル、カンタベリー、サイケデリックなどね。精神を開放し、プログレッシブなアプローチをする音楽なら何でも扱うよ。音楽はボーダーレスだからね。60年末に生まれたいわゆるプログレはいまだに元気だし。メディアはもうプログレを放棄してしまっただけの話しだよ。ジャーナリストらがプログレへの投資をやめたからだけじゃないんだ。PROG誌イタリア版が生まれた拝啓には僕のように、音楽を存在意義のトップに置いてる人たちの情熱から生まれたんだ。

PROG誌イタリア版は特に読者層を開拓しなくても、購読者が見えていることが重要なんだ。だから、妥協して聞きやすい音楽を特集する必要がない。

編集で気をつけているのは、ありきたりのレビューはしないこと。いつもトピックを深堀すること。近日中にサイトでアルバム・レビューやライブ・レビューを載せることにしてる。しがらみなしでね。紙媒体の雑誌はおもしろい話しを載せなければという義務感はある。

PROG誌イタリア版の成功は自分でもびっくりなんだ。知的かつ率直に雑誌に協力してくれる人たちが実に多かったこと。記事の長さも注意して、登場するバンドも新旧取り合わせるように割合を考えてくれているんだ。PROG誌イタリア版は隔月刊だ。裏表紙も表表紙よりもぐっとアーティスティックに仕上げているんだ。

立ち上げ時は4人しかいなかったけれど、大変信頼を置ける人たちなんだ。イタリアの出版会はいつも砂上の楼閣みたいなものだけどね。うちの雑誌はネットを恐れない雑誌かな。逆にネットで広めてもらっている感じかな。

FacebookのページでPROG誌イタリア版を持った沢山の人の写真を見てほしいよ。これは全部自発的なんだ。

私たちはプログレだけを愛しているのではなく、全ての真剣な音楽を愛している。私たちの血肉や感情の素になるような音楽のことだよ。

イタリアンプログレは求心力をもって人々を呼び寄せてくれた。そして、2016年にこのような雑誌が発行できることになったわけ。流行の音楽でもないのに、何が大好きかがわかる人たち。創刊当時はNo.4まで続くとは思わなかった。皆さんのおかげです。トレンド雑誌でもないでし、読者の皆様なしでは単なる紙の浪費だよ。

売店などで見つけて買ってくれる方が大勢いらっしゃいます。本当にありがたいです。

AS: No. 3ではTerreractというややメタル寄りのバンドを取り上げていますね。プログレのいわゆる分派か、プログレメタルはもう確立した地位を築いたのでしょうか。

GB: 僕は前からメタルも大好きだと公言してるよ。みんなが気づく前からメタルというものはプログレ的なアプローチがあるんだ。アーティスティックな価値があるし。このバンドはいいし、自分も一緒に成長してきたつもりだよ。

AS: プログレとサイケデリックは同じでバンドであることが多いですね。まるでプログレの変化形がサイケデリックみたいに。(逆もありますが)サイケデリックとプログレ双方の素養を持つバンドは何かありますか。

GB: プログレとサイケの完成双方を持つグループは多い。だから、この2つのバリアはそう大きくないと思うよ。ジャンルについて論じる出版物は多いから、うちではもうそこはあえて語らないよ。雑誌では個別のバンドや個人に焦点を当てることにしている。あるいはレーベル研究とか。

 AS: プログレはロックから派生していますね。近年ではエレクトロの勢力が伸びています。ごく一部のファンの間だけかもしれませんが。オズリック・テンタクルズのように未来のエレクトロ・プログレとの架け橋のようなバンドもいくつか誕生しています。将来エレクトロ・プログレはもっと成長するのでしょうか。

 GB: オズリックはもう終わりかな。頑張ってたんだけどね。もうエド・ワインと家族バンドになってしまっているから。エレクトロニクスはいろいろな新しい発見をしているね。でもどんどん進化しているので陳腐化してくるんだ。表現だけしたいんなら、アコースティックギターあればいいんだし。

 AS: プログレはLPが人気ですね。LPだとアルバムジャケットの美的センスを保つことができますからね。ただ現在音楽は液状化していますね。ストリーミングやデジタルフォーマットなど。いつでもそこにあり、アクセスが容易になりました。また無料であることもあります。このような現象と未来の音楽シーンの進展はどのようにお考えですか。

 GB: 液状化した音楽に大した意味はないよ。MP3は加工途上で温室劣化することがある。どんな形状で聞いてもいいけど、音質は高音質でないとね。音楽は背景に流れる効果音ではなく、別物だよ。聴くときは時間をかけないと。さもないと、感情的にお腹いっぱいになるだけで、新たに気づくことが少ないよ。

 僕は過去への拘りはないけれど、LPやジャケットアートなど芸術的な意味では尊敬の念がある。僕は音楽は芸術の一部だと信じてるよ。無料であることは、その音楽の消費期限にも関連すると思う。ま、これに関しては今劇的なソリューションはないかな。

今やなんでも無料の時代に紙媒体の雑誌の意義というのは、自分たちの居場所を作りあげないといけないってことだ。今やインターネットが全てだからね。うちの雑誌もそう。でも、皆さんはわざわざ街のスタンドに買いにきてくださるんだ。嬉しいことだよ。

AS: 今日はお時間をいただき、ありがとうございます。最後の質問です。これまで聞いてきた中で、プログレではなく、「クラシック・ロック」では何がお好きですか。これまで過小評価されていると思うアルバムは何ですか。

 GB: うーん、僕は君とはちょっと分け方が違うかもね。

僕は多くの人たちがいいと思うものを否定する趣味はあまりないので、みんながいいというものは素直にいいと思ってるよ。ジェントル・ジャイアント、ELP、ジェネシス、キング・クリムゾン、イエス、ジェスロ・タル、VDGG、ピンク・フロイドとか。但しクリムゾン、ジェントル・ジャイアント、ハットフィールド、VDGGはある時期はちょっと苦手なものもあるね。ジェネシスもアルバムによって意見が異なるかな。

 

http://www.psycanprog.com/interviste/intervista-a-guido-bellachioma-ideatore-della-fantastica-rivista-prog-italia/

 

#guidobellachioma #progitalia #fabbricadellassoluto #italianprog #psycanprog 


【CUMA2016 D.C. についてリノ・アイイェーロからのコメント】

2016-02-19 | プログレッシブ・ロック

【CUMA2016 D.C. についてリノ・アイイェーロからのコメント】

 現在、イル・バレット・ディ・ブロンゾは異なるジャンルの音楽で、2バンド存在します。私が関与する方はイル・バレット・ディ・ブロンゾ コン リノ・アイイェーロ エ マルコ・チェチオーニ(Il Balletto di Bronzo con Lino Ajello e Marco Cecioni)と申します。これはバレット・ディ・ブロンゾの歴史的生い立ちに発したもので、「Sirio 2222」そして「Ys」という全く異なる音楽で独自の歩みをしてまいりました。

 今、同じグループ名でこれほど異なる音楽性を追求するバンドはこのバレット・ディ・ブロンゾ以外はありません。バレット・ディ・ブロンゾのメンバー、私、マルコ、ジャンニなど歴代メンバーは長年にわたり、各自異なる音楽を追求してきましたが、お互いの友情はずっと継続しています。今後も私たちの友情は永遠に続くことでしょう。

 この場をお借りし、私たちの音楽を長年あらゆるジャンルや形態で応援してくれた皆様にお礼を申し上げたいと思います。

 ジャンニ・レオーネのバレット・ディ・ブロンゾは4月にメキシコ公演を行います。私たちのイル・バレット・ディ・ブロンゾ コン リノ・アイイェーロ エ マルコ・チェチオーニも近日中にライブの計画があります。どちらもお楽しみになさってください。

 どうぞよろしくお願いいたします。

Lino Ajello (リノ・アイイェーロ)

2016年2月19日


Solare Early Tapes/Ciro Perrino-'79作Solareをオリジナル再現

2016-02-07 | プログレッシブ・ロック

本記事の無断転載及び再利用を禁止します。Ciro Perrino (c) All rights reserved

Ciro Perrino(チロ・ペリーノ)~

'79Solareをオリジナル再現

SOLARE EARLY TAPESの歴史

 チェレステ(Celeste)の創設メンバーのチロ・ペリーノ(Ciro Perrino)が1978年に制作したソロ SOLARE をオリジナルの音で再現したSOLARE EARLY TAPESを制作しました。

 まず、チェレステ及びチロ・ペリーノについてご紹介します。

チェレステはムゼオ・ローゼンバックと並んで1972年にサンレモで結成。イ・システマ解散後のメンバーが中心となり活動開始。メインはチロ・ペリーノ(Lead Vo, Key, Flute, Mellotron)。チェレステ解散後、1980年にソロでSOLARE をリリース。今回ご紹介する作品は当時レーベルの意向により修正を余儀なくされた音源をオリジナルに復元したものです。

Photo (c) HamelinProg 

SOLARE EARLY TAPES復元までの経緯

 やっと長年ののち、このSOLAREの音源に着手することができました。1978年当時制作したものの、レーベルのディレクターに「スペース感があり過ぎる」と却下された作品です。

 自分にとってこの作品は環境や遥か何億光年向こうの世界に思いを馳せた作品です。当時の自分の感性にぴったり合致していた音でした。レーベルの要請により大幅な変更を余儀なくされましたが、肝心のメロディー部分は手をつけませんでした。ハーモニーはシンセサイザーの多重サウンドで夢のような世界を構築できたと思います。二台のEMS AKSとMini Moogをメインに使いました。

 レーベルの指摘後、まず「スペース感」を削除することから始めました。当時自分がした作業については後悔していません。そのおかげで今日こうして皆さんと新しい音を38年ぶりに再発見できているからです。今では最新の機材で経年の音を消去することができます。

Photo (c) HamelinProg

昔の「犠牲」になった音を復活させることで、40分もの純粋なまま保たれていた音楽を再生できました。

 まずURANUS (天王星)を1978年の冬の始めに書きました。書き始めてから一年半後に、ようやくソロ・アーティストとして最初の契約にサインすることになりました。

 地球がないのにお気づきのことと思います。これは愛する地球のために別のオペラを書いているからです。

Photo (c) HamelinProg

水星、金星、木星、火星、土星の環、土星、天王星、海王星、冥王星

 この惑星の音を全て再現できました。私はこの惑星をプレアデス星団にあてはめようと考えました。当時、レーベルがジャケットの写真にプレアデス星団の写真を使おうと調査したところ、NASAが著作権を所有しており、当然ジャケットへの使用許可は下りませんでした。仕方なく、別の画像を使うことになりました。友人の天体写真家が偶然プレアデス星団の写真を持っており使用許可が出ました。奇跡的でした。今回のサンプル映像に使用した写真がこの写真です。

 

オリジナルの音とオリジナルのジャケットが揃い、1979年の作品が完璧に再現できました。ちょうど自分が現在別のプロジェクトBACK HOMEを進めている時期で、また偶然に驚いています。全てがうまく呼応して動いている気がします。Homecoming, 自分の心に戻ること。私は今この作品を皆さんと分かち合いたいと思います。私の旅に終わりはありません。ゴールが重要なのでなく、そこに至る旅路が重要なのです。

 1978年の音源を復活させたSOLARE EARLY TAPESをお求めになりたい方は、英語で下のアドレスまでご連絡ください。

 e-mail : ciroperrino@alice.it

Bandcampでも音源を公開予定です。https://ciroperrino.bandcamp.com/

公開時期は次のFacebookページにてお知らせします。

https://www.facebook.com/RockprogressoItalianprog/

 


ジョー・ヴェスコヴィとリッチー・ブラックモアを結ぶ点

2015-08-01 | プログレッシブ・ロック

ジョー・ヴェスコヴィとリッチー・ブラックモアについて

 昨年逝去したトリップのジョー・ヴェスコヴィ。トリップにパープル前のリッチーが在籍していたことはあまりにも有名です。その後もジョーとリッチーは間接的にも細く繋がっていました。生前のジョーから直接聞いた話及びリッチー、ジョーそれぞれのインタビューからその縁をご紹介します。

1.リッチー・ブラックモア、故ジョー・ヴェスコヴィについて

 (レインボーのキーボードプレイヤーに関し)

ディヴィッド・ストーン?すごくいいよ、疑いの余地なし。でも残念なのは当時すごいキーボードプレイヤーがいたんだ。キース・エマーソンもぎゃふんて言わせられるくらいの奴だよ。でも、レインボーに参加してほしいという僕のオファーを断ったんだ。ジョー・ヴェスコヴィって奴だ。最近亡くなった。大変残念だよ。本当に特別な才能の奴だったんだ。

2.リッチーのインタビューから見た、ジョー・ヴェスコヴィ

当時レインボーに在籍していたジミー・べインとトニー・キャレーの命運はすでに決まってきた。キャレーはすでにレインボーをくびになって、2回再雇用されている。一回目の解雇は米ツアー時。レインボーはヴァニラ・ファッジのマーク・スタインをゲットしようとしたが、未遂に終わっていた。またイタリア人の名プレイヤー、ジョー・ヴェスコヴィも逃していた。

トニー・キャレー「レインボーのマネジメントはロニーとコリン・ハート(ツアー・マネージャー)を僕のところによこして、僕をリハーサルに連れ戻そうとした。リッチーにはその度胸はなかったようだ。僕がリハの場所に着いたら、メンバーはイタリア人キーボード奏者のテープを聞いてたよ。くずみたいな演奏だった。僕はキーボードの後ろに回ったら、ロニーが僕を見てにやった笑った。次にリッチーもにやっと笑った。誰も何も言わなかった。」

これが一回目もキャレーの解雇。二回目は英ツアーの最終日、1977年9月14日、ニューカッスルで。5曲目を演奏終了後、リッチーは突然キャレーにところに行き、辞めろと告げた。彼はその命令に従い、レインボーは4人でショウを終了した。これについてキャレーはこう話した。

「僕がバンドに居残ったから、(リッチーの)気が変わったんだと思った。ちっきしょうめ。僕はうまかったし、僕以上のプレイヤーは奴らに探せないと思ったよ。」

コージー・パウエルはキャレーについてこう語っている。

「彼はいいキーボード奏者だった。でも、ちょっとうぬぼれて、生意気なところがあった。リッチーと一緒にいるとき、ああいった態度を取れば、もう焼き殺されるよ。」

 <出典>

https://www.teamrock.com/features/2014-04-14/ritchie-blackmore-on-rainbow-s-classic-album-rising

https://books.google.co.jp/books?id=1f53kihTyRMC&pg=PA204&lpg=PA204&dq=ritchie+blackmore+rainbow+keyboard+joe+vescovi&source=bl&ots=1ogUFclhLc&sig=E1leMT7AGLTtZSBlSpGB-7XqUZo&hl=ja&sa=X&ved=0CDYQ6AEwA2oVChMIg5jYmLmFxwIVZyGmCh3uxgaq#v=onepage&q=ritchie%20blackmore%20rainbow%20keyboard%20joe%20vescovi&f=false

3.リッチーとトリップの「馴れ初め」

イタリアの人気シンガー、エンリコ(リキ)・マロッキがロンドンで自分のバンド・メンバーを探しにロンドンに滞在中にスカウザーのドラマー、イアン・ブロードから才能あるギタリストとしてリッチー・ブラックモアを紹介された。当時リッチーはニール・クリスチャンとクルセイダーズに参加しており、そこでベースを弾いていたのがアーヴィド・ウェグ・アンダーセンだった。ウェグの話では、イアンはリッチーに「イタリアには山ほど仕事がある」と声をかけたそうだ。さらにリズム・ギタリストとしてのちのトリップのビリー・グレイを追加した。66年9月にクルセイダーズはミラノで正式に結成となった。しかし数週間後にエンリコはソロになるためにバンドは解散、バンドはドラマーのイアンとシンガーだけが残った。同年12月にリッチーはロンドンに戻りスクリーミング・ロード・スッチに再参加した。残った3人はサヴォナ出身のキーボードプレイヤーのジョー・ヴェスコヴィを採用した。イアンも首になり、トリップはトリノ出身のピノ・シノーネを採用した。ここからトリップはプログレバンドとして活動した。

4.72年のレインボーの採用エピソード

ウェグ「リッチーは72年にジョーに僕を通して顔見知りだったので、電話がかかってきた。オルガン奏者が必要だと。ジョーのトリップでの演奏を聞いて、写真も見て、どうかと聞いてきた。僕はもうとんでもないすごいキーボード奏者だと答えた。すぐにジョーにデモテープを作らせ、リッチーに渡した。このテープはハードロックとネオクラシックの作品集で、リッチーは大変感激してすぐにジョーをコージー・パウエルに合わせようとした。コージーはたまたまその時イタリアにいたから。数日後にマネージメントがジョーにロスでレインボーのリハーサルに参加しないかと打診した。コージーはモンテカルロで車と遊んでいたが、ジョーをサヴォナまで迎えにいき、ミラノのリナーテ空港まで送りとどけた。当時のレインボーについて、ジョーはこう語った。

「リッチーは誰よりも先にリハ会場に到着し、リフのインプロを弾いていた。そのあとバンドが彼をフォローし、ジャム・セッションになった。当時ロニーはあまり来ていなかったが、来ればメロディーを即興でつけるという感じだった。全部は小さいソニーの録音機で録音した。最後は全員で録音した音を聞きなおす。」

当時は暑い8月であったにもかかわらず、スタジオの窓は閉め切っていたという。

 

5. フィリッポ・カサッチャ(コントラプンティ、ローリングストーンズ・イタリア)によるジョー・ヴェスコヴィのインタビュー(2006年)

Q: ジョー、あなたはリッチー・ブラックモアと入れ違いにトリップに入りました。このことは知ってましたか?

JV: もちろん。実際僕はレインボーに入らなければいけない状況だったんだ。リッチーとは彼がまだパープルにいた72年にローマにアルバム制作のために来た時にあった。でもなんだか制作がうまくいかずに喧嘩ばかりしてたみたいだった。当時僕はRCAのためにレコーディングしててウェグ・アンダーソンからパープルが家を一か月借りてスタジオに来たって聞いたんだ。当時のローリング・ストーンズのスタジオも借りたそうだ。僕がリッチーに会った最初の時だよ。

 Q: 一緒にプレイしましたか?

JV: いや、しなかった。というのも、誰も自分たちのスタジオにいれなかったんだ。沢山の記者が来てたけれど、ローディに全員叩きだされていた。ウェグは明らかにリッチーとは友人同志だった。何回かハンブルグでプレイしてたからね。で、トリップはパープルと数日間一緒にいたわけだ。でも当時レインボーは意見の相違があったのでそのスタジオでは殆ど何もしてなかったよ。その後、悪名高い日本公演に向かった。77年にリッチーはすでにレインボーの3作目を準備してた。Long live rock 'n' rollだね。そこで新しいキーボード奏者を探してたんだ。当時僕はパルマにいて、ウェグはロンドンにいた。僕にレインボーの話に興味がないか打診してきた。なのでテープを彼に送り、ロスに一か月行った。何をするでもなく、ただ行ったんだ。実際にLong live..のメンバーはシンガーとドラマーしか残ってなかった。84年にパープル再結成時に再会した時と87年にミラノで再会したときはリッチーは機嫌は良かった。リッチーは僕のプレイを気に入って、ちょっと彼の音楽にはハードさには欠けていても、気に入ってくれた。で、僕のプレイは確かにどんどんハードになっていったんだ。その結果、当時いたI Dik Dikには合わなくなってしまったんだ。

 Q: トリップのファーストThe Tripは美しいですね。ビート、サイケ、多少のハードロックの要素を感じます。

 JV: 本当にそうかも。確かにいい作品だ。

 Q: あなたが目指す方向は何でしょうか。

JV: 小さい頃から音楽を始めて、音楽を勉強した。でもプログレの前にビートルズ、ストーンズなどを聴きこんだ。当時イタリアではビートと呼ばれてた音楽だ。

 Q: トリップのターニングポイントでしたか。

JV: トリップには転機が2回あった。バンドは8年継続した。僕は66年12月に参加。

トリップはセカンドの『Atlantide』からよりプログレ色が強くなった。僕の敬愛する音楽家はキース・エマーソンだけど、大好きなバンドはイエスなんだよ。

  Q: トリップの歌は殆どが英語ですね。

JV: そうだね。英語で歌詞が出来てるから。中にはイタリア語に翻訳して歌詞にしたものもあるよ。

写真上:ピノ・ヴェスコヴィ名でトリップ前のジョー。担当はギター。 

Q: トリップのメンバー同志の関係はいかがでしたか。グレイはなぜ辞めたのですか。

 JV: 良かったよ。彼はブルース志向だったから、僕たちとは違う方向に進んだんだ。

 Q: 当時流行だったドラッグや政治への不満などはいかがでしたか。

JV: ドラッグは殆ど関係なかったし政治もあんまりね。当時はレ・ヌードのコンサートなどでは左派がコンサートを牛耳っていたんだ。

 Q: ビートルズ、ヴァニラ・ファッジ、パープルのカヴァーをしていたのいうのは本当ですか。

JV: 最初はしてたよ。聞きにきた人たちが自分たちの知らない曲が多いと、部屋の中のモノを破壊して帰ってくんだよ。自分たちのレコードが売れてからは少し状況は変わったけど。

 ニュートロルスとは、同郷でもあるので、一度は参加したかったんだ。ツアーもよく一緒に行ったし、同じマネージャーだった。

トリップ解散の最大の原因は74年11月にウェグが交通事故にあってからだ。最悪の状態だった。彼の友人は運転中に突然死し、ウェグは脊髄損傷と左手の負傷で何か月も入院した。人気があった時代なので、沢山の人が彼の後釜を狙ってきた。僕のところには1日30件もの問い合わせ電話がかかってきたよ。でも、彼以外の人をいれる気にはならなかった。

 Q: 再結成についてはいかがですか。

JV: これは急いでやらないとね。アルティのベッペがいつも背中を押してくれるんだ。

98年にトリノでフリオ・キリコとウェグでこの話をしたけれど、その半年後にウェグは遺跡で転落事故でまた重傷を負ってしまったんだ。

 トリップ解散後はI Dik Dikで活動した。他にもアクア・フラジーレ、ウンベルト・トッツィなど。サウンドトラックのアッティラのためにPFMのフランツ デ チョッチョの呼びかけでタロットでも演奏した。映画『アッティラ』のサウンドトラックだね。

Franz Di Cioccio & Franco Mussida - 08 - La Battaglia

 Q:当時を象徴するようなエピソードはありますか。

JV: トリップに限ってだと当時プログレはハードロックと呼ばれてた。リッチーの影響などがあったと思う。その後、プログレはシーンから消えた。でも僕はずっとへヴィ&ハードに興味があった。ナイト・ファッジはその影響で誕生したんだ。

Dik Dik - Mamamadama (1980)*

 Q: 今取り組んでいることはありますか。

JV: 今は休止時期かな。I Dik Dikはもう辞めたので何が起こるかはこれからだね。

Umberto Tozzi & Dik Dik - Hard Stuff - live Festival de Viña 1980

 Q: ジョー・ヴェスコヴィ・バンドというものは考えていないのですか。

JV: 何人か僕の背中を押す人がいるので、考えてはいる。まだあきらめてないからね。

 もし、アルバムを作っているから曲を書いてほしいと言われれば、喜んでやるよ。

4. ジョー・ヴェスコヴィから聞いたリッチー像 (2011)

「リッチーとはレコーディングなどはしていないよ。なぜリッチーと一緒にやらなかったのかって?うーん、彼はとても難しい人なんだよ!」

 

60年代後半の写真

 

2013年のインタビュー映像4

Pino Tuccimei e Joe Vescovi | Intervista @ FIM 2013 | www.fimfiera.it

Follow on Facebook: https://www.facebook.com/RockprogressoItalianprog


Irvin Vairetti Interview アーヴィン・ヴァイレッティ インタビュー

2015-07-20 | プログレッシブ・ロック

アーヴィン(イルヴィン)は有名なオザンナのリノ・ヴァイレッティの息子さんです。彼に最初に会った2009年からオザンナは更に進化しました。人生におけるおおきな満足は父子で目標を達成することかと思います。特に音楽ではその成果は具現化して現れます。アーヴィンに話を聞きました。(聞き手:アトス・エンリーレ@MAT2020

INTERVIEW

Q:いつもお父様にはお話しを伺っているので、今回は息子さんに伺います。あなたの音楽への愛はプログレかと思いますが、いかがでしょうか。

Irvin Vairetti (IV): 驚くかもしれないけれど、僕は大のプログレ愛好家ではないのです。もう生まれてからずっとこのジャンルは身近にありました。環境の一部でしたね。でも、成長して自分の本当の趣向を問われたとき、僕はレッド・ツェッペリンが大好きだと思ったんです。あとビートルズ、ピンク・フロイドやポリスのインスピレーションが大好きです。

イタリアのプログレではオザンナ、PFM、バンドなどが好きです。ニュー・トロルズは完全にプログレとは言えないと思いますが、僕はヴィットーリオ・デ・スカルツィ氏の大ファンなんです!もう卓越したアーティストです!外国ではキング・クリムゾンやフランク・ザッパを少し。その他は最近聞きはじめましたが、ジェネシスなど。

現在プログレというのはジャンルではなく、概念だと思います。ロックに知的な要素、研究や実験を導入するのです。僕はラジオヘッドが大好きですが、広義ではこのバンドもプログレだと思っています。

Q:ご自身は歌手か、キーボードプレイヤーの他にはどのような役割を担っていると思いますか。

IV:間違いなくシンガーですね!どんなに優れた機材を駆使したところで、自分はインストルメンタルプレイヤーではないと思います。楽器はあくまでも作曲とアレンジのための道具ですね。

Q: お父様から得た音楽のいちばん重要な教えは何ですか。

IV: 共同で曲を作ることはミュージシャンたちの魂を表現することです。常に創造するというアプローチを一貫して取ることです。創造は天賦のものではなく、訓練や学習によっても得ることができる能力だと思います。

Q: オザンナはライブの度に大称賛を受けています。実際演奏していて、どのようなミュージシャン間の「化学反応」が生じるのでしょうか。

IV: すでにステージに上がる前の状態からライブは始まっています。全員深い友情で結束していて、いつも楽しく過ごしています。ステージに上がれば、もう自分たちしかいません。顔にペイントを施し、適量のアドレナリンを分泌させるだけです!

Q:メンバーの年齢層も幅広いですね。これがオザンナの品質を保持する秘訣でしょうか。

IV: もちろんです!僕たち若い世代はいつも父の世代が築いた歴史と進化を尊敬しています。それに加えて、90年代に培った繊細な音楽性でもって「汚染」しようとしているのです。つまり、90年代、プログレに元気がなかった時代の音を身に着けている若い世代が、僕たちです。

Q:いったいオザンナというお鍋には何が煮えているのでしょうね。

IV:まもなく新譜「パレポリターナ」を完成します。二部構成で、一部は歴史的な名盤「パレポリ」のリメイク;二部では深いコンセプトを従えた新曲です。

Q:オザンナの他のサイドプロジェクトなどについて教えてください。

IV:2011年はご存じのとおり、アンシリアのファーストアルバムを発表しました。このバンドは僕とオザンナのギタリスト、パスクァーレがもう数年組んでいるものです。大成功を狙おうという目的ではなく、のちの音楽史のページに写真が数枚載ればいいな、と思っています。

今このプロジェクトは一時停止で、僕は今ソロプロジェクトを準備しています。曲作り、プロデュースなど、自分の魂から出たものを音に表現しています。あとは、あと数か月したらもう少し具体的にお知らせできるプロジェクトがあります。

Q:お父様にお孫さんが出来てから、音楽家としどのような変化がありましたか。

IV:おもしろい話があります。前回日本公演をした201111月、Fiumeを歌っていた父が涙を浮かべて歌っているのを聞いていて、すごく感動したんです。ちょうど歌詞が「お前はお腹から生まれた川で、今旅路を始めたばかりだ」という内容の部分でした。孫が出来た父はDVDのTempoを孫息子に捧げています。

Q:もしオザンナ全曲から一曲どうしても選べと言われたら、どの曲を選びますか。

IV:う~ん、やはり昔の作品でL’Uomoですね。この曲の歌詞の詩的なパワーがものすごく強くて、時を超えて、いろいろ示唆してくれます。アレンジはシンプルですが、飽きることがありません、むしろ曲が円熟してきて、大きなメッセージを伝えてくれます。

もう一曲心に残る曲があります。Suddance’O Napulitanoです。ここでも歌詞と音楽の素晴らしい融合は今のナポリの状況やイタリアの他の都市の状況を写しだしています。

Q:次の予定は何でしょうか。

5月からイタリアでツアーし、74日では日本でライブです!

http://www.unprogged.com/interviste/intervista-ad-irvin-vairetti-osanna/ 

 

Follow Rockprogresso on Facebook: https://www.facebook.com/RockprogressoItalianprog


祝来日!ディヴィッド・ジャクソンから日本の皆様へのメッセージ

2015-05-09 | プログレッシブ・ロック

 

オザンナとVdGGのファンの皆様、

 

この7月4日にオザンナと川崎にて演奏できることを大変嬉しく思っています。

オザンナの新譜『Palepolitana』のフルートとサックスパートのレコーディングにはとても力をいれました。1973年のオザンナのオリジナルの『パレポリ』を聞いて、そのトリッキーな演奏、とりわけマエストロのエリオ・ダンナには特別な敬意を表するほどでした。素晴らしい曲と演奏があの時代に行われていたのです。でも、自分が参加した2015年版のパレポリも大変楽しみにしています。

 

この偉大なイタリアのプログレッシヴ・ロックの公演で皆様とお会いできることを楽しみにしています。どうぞ私を見かけたら、声をかけて、自撮り棒で写真を撮りましょう!

皆様にお会いできる日を楽しみにしています。

 

David Jackson

May 2015

 

Photo by E. Albano


【祝来日!David Jackson Interview~Dジャクソン ミニインタビュー

2015-04-20 | プログレッシブ・ロック

David Jackson and Van der Graaf Generator

ディヴィッド・ジャクソンとヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーター

インタビュー:アトス・エンリーレ

ディヴィッド・ジャクソン-ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーター(VDGG)というプログレッシヴ・ロックの歴史を築き上げたグループで、ピーター・ハミルと並んで核を成した天才ミュージシャン。ジャクソン氏はVDGGが大成功を収める前にすでにイタリアに出没していました。アラン・ソレンティと実験音楽的な演奏をしています。1972年5月30日にジェノヴァのテアトロ・アルチョーネで演奏していました。編成はピーター・ハミル(Vo, G, P)、ディヴィッド・ジャクソン(木管)、ガイ・エヴァンス(Dr)、ヒュー・バントン(key, B, G)。

VDGGの演奏は会場の聞き手に強烈な印象を残しました。まだ大成功をを治める前にもかかわらず、です。ダークでシュールな歌詞、暗黒の雰囲気、ゴシック的な世界は音のみならず、哲学者ピーター・ハミルの歌詞は重みを持って、人間の運命の痛みを歌いあげていました。

以来、年月を経てディヴィッド・ジャクソンは演奏を続けています。イタリアにはいろいろなバンドのメンバーとして頻繁にライブを行っています。ジャクソン氏はライフワークとして障がいのある子供たちのワークを行っており、これについても今回聞いてみました。(訳注:参考記事 http://blog.goo.ne.jp/sakuradeprog/e/8f1b2977e2f023da676dbfa8b279d164  )

Q:イギリスで行っている音楽プロジェクトについて教えてください。これは障がいを持つ子供たちとのワークのことですか?

ディヴィッド・ジャクソン(DJ):77年にVDGGを辞めたあと、我が家には幼い子供が沢山いたんだ。なので、生活のために大型トラックの運転手をした。そのあと、教師になるために勉強し、学校で教えて始めてから障がいのある子供のワークに興味を持ったんだよ。

90年に教職をちょっと離れたとき、サウンドビームに出会って、閃いたんだ。60年にサックスに出会ったときと同じ衝撃だったよ!今年で障がいのある子供のワークは17年目を迎えたよ。脳性マヒの子供たちで、とてもチャレンジングだけど、やればやるほど、やりがいを感じるんだよ。

毎年参加者がほぼこどもだけのフェスで演奏するんだ。他にも障害のあるこどもと大人のプロジェクトもしているよ。このワーキング・プランはちょっと自分で誇らしいと思ってるよ。

ここ22年間は僕の仕事の中で音楽と障がいのある方のワークがメインだった。まだまだイタリアでイタリアの音楽を演奏したいとも思ってるよ、イタリアは大好きだからね。あとは「初期」の音楽、VDGGのために書いた曲もちょっと演奏したいと思ってるんだ。まだまだファンの方の心に強く残っている音楽だからね。これができるのはすごく光栄なことだし、自分もすごく楽しいよ!

Posted in  Rock Area On  April 15, 2015 

Japanese summary: Rockprogresso


Røsenkreütz ローゼンクロイツ~ メジャー・クオリティのデビュー作

2014-08-16 | プログレッシブ・ロック

= MAT2020 (Athos Enrile) All rights reserved. 本記事の無断転載を禁じます。=

 Røsenkreützローゼンクロイツ~ メジャー・クオリティのデビュー作 ファビオ・セーラ インタビュー

言われなければ、英米のバンドかと思うほどのクオリティサウンドで本年度間違いなくベストに選ばれるローゼンクロイツ。その中心人物ファビオ・セーラに作品について聞きました。

ファビオはずっと柔道を習っており、指導者が武道精神を重視する方であったため、日本文化への理解が深い人です。まずは日本のリスナーへのメッセージからどうぞ。

日本の皆様に、ご挨拶できることを嬉しく思います。偶然と言いましょうか、僕は前から日本と日本文化に縁があるのです。11歳の時からですね。ですからローゼンクロイツのアルバムを日本の皆様に聞いていただく機会を持てたことは大変光栄だと思っています。お気に召していただけると大変嬉しく思います。いつか、日本で皆様の前で演奏する日が来ることを願っています。ありがとうございます。

ファビオ・セーラ

Røsenkreütz (RK)

 ファビオ・セーラはこのように語りました。

「これは長年の難産を経て、ようやく生まれてきた僕のプログレのこどもなんだ。RKは最初はソロとして、そしてリアルなバンド形態となった。多くの作業を経て、やっと完成した。音はイタリアン・プログレのど真ん中を意図的にはずした。歌詞も英語で歌うことにした。ずっと英語の歌を聞いて育ったので、もうアタマが英語の歌詞になっているんだ。長年かけて、時間を捻出してRKを完成させた。出来には満足してるよ。」

Røsenkreu?tz - Back to the Stars : official teaser

 イタリアの音楽情報MAT2020の主宰者のアトス・エンリレはこう語ります。

「7曲、55分に及ぶ珠玉の作品は過去の王道プログレのエッセンスも当然吸収しているが、個性が古さを払しょくしています。エネルギー保存の法則とでも言うのか、音楽は何も吸収しないし、何も排出しないということがこのアルバムを聞くとわかります。ただし、変化はします。70年代のビッグ・ネームがこのアルバムで聞かせてくれたように、各個人の魂の変化が聞いてとれます。アルバム’Back To The Stars’ ではそのプログレ度合、煌めく過去の偉業の断片、テクニック、メロディ、リズムが輝いています。そこにはジェネシス、ジェントル・ジャイアントをひとふり、イエスを一絞り、カンサスをひとかけら。本作はコンセプトアルバムではないですが、タイトルトラック曲Back to the starsは17分超の大作で、RKの宇宙の不思議を全て包含しています。アルバムの全曲はファビオ・セッラが書きました。一曲だけ、ビートルズの" I'm the walrus "のカヴァーがあります。レノンの天才的な表現と、ヴェローナのRKとの融合が大変興味深いです。常に新鮮で革新的な音を求める方には、RKの魅力を満喫していただけることと思います。」

 Røsenkreütz - Signals in the water

 THE INTERVIEW

Q:アトス・エンリーレ

回答 Fabio Serra: ファビオ・セッラ

Q: RKとはどのようなプロジェクトですか。

FS: まず、僕が自分の音楽ルーツに戻る必要があったんだ。ずっと子供時代から大好きで、聞いて、演奏してたけれど、長い間封じ込めていた音楽だ。また、長い間自分が音楽を仕事としてスタジオや他人のプロデュースで培った多くのものを投入したかったんだ。

 Q: 着想から、実際の制作まですごい時間がかかっていますね。なぜですか。

FS: 自分の空き時間や、家族サービスを犠牲にしたり、睡眠時間を削ったりして時間を捻出したせいかな。初期の頃は自分のうちの「別室」で作業をしてたんだけど、ドラムとベースの録りを終えてからまたしばらく時間を置くことになったんだ。しばらくしてから、仲間といろいろ話合っていたら、納得いかないテイクもあって、結局全部やり直しだ。その後、自分が最大に集中できる環境と時期に恵まれて、完成できたんだ。自分であとからわかったことだけど、曲を書いているとき、ただ音を埋めるという作業でなくて、何かを訴えたいという欲求がすごかった。ちょっと気取って聞こえるかもしれないけど、自分が好きで創造する音楽は、誰の強制も指導も受けたくはなかったんだ。

Q:アルバムの音を説明するとどんな感じですか。コンセプト・アルバムですか。

FS: いや、コンセプトではないね。ジャケットアートの写真家はこう言ったんだよ。どの曲にも主人公の存在を感じるとね。全部にストーリーがあり、ちょっと気取っていうと、ショートフィルムのような感じだと。意味が込められているんだ。

Signals in the water: 水の記憶の曲。天国の端っこに座り、いかに今幸せであることに気がつかないか、ということ。いかにテクノロジーが発展しようともね。

Nothing in you:息が詰まるような、そして逃避の繰り返しの恋愛関係について。いかに大人の世界が実際はすごく幼稚で未成熟だってこと。

Back to the stars:より複雑な構成の曲。これは人生が輪廻する比喩だ。歌詞については、アレックス・ブルノーリの助けを借りた。ストーリーの中心はすでに仕上がっていた。書いた時期はまったく違う時期だが、当時の個人的状況ではうまく表現することができなかった。いいフレーズは出てたのだけど、まだその行間を読んだほうがよかった感じだった。そのもやっとしたものをうまく引き出してくれたのがアレックスでした。しかも、より深く意味を掘り下げてくれたんだ。

 Q: 今どのようなチームで音楽を作っているのですか。

FS:基本的には長年の友人たちかな。いろいろなバックグラウンドだね。まず、僕とマックとリヴァイアサンのリード・シンガーのアレックス・ブルノーリでコア部分を完成させた。まだネット時代の前だったから、お互いの物理的距離は大変だったよ。最初のデモを手にいれたとき、自分で全部演奏するソロにしようと決めたんだ。でもその後、音響工学は目覚ましく発展したおかげで、すごく助かったよ。それからは自分が作成しものをお互いに磨き上げることに集中したよ。

チームの構成はジャンニ・ブルネッリ(Dr); 多彩な経験を持つジャズ・ファンクのミュージシャンだ。優秀な教師でもある。あと、僕の親友だ。

彼のドラミングは「科学的」というか、無駄がないんだね。いつも的確なツールと、クリアなプレイで、アルバム全体に流れを与えてくれて、リラックスの要素も与えてくれている。

ジャンニ・サッビオーニは低音の魔術師だ。ヴェローナの音楽院でコントラバスの学位を取っている。海外でもバロック音楽、ロック、ソウルで活躍している。イタリアのブルーズ・ミュージシャンのルディ・ロッタと長年演奏している。今はブルーズ・ロックの活躍が多いかな。大変謙虚なミュージシャンだけど、とても素晴らしいアウトプットを出してくれる。

最後に参加したマキシムン・ピウベッリはオーディションではいってもらった。マックス(マキシムン)とは2008年にMethodica, Searching for reflectionsのアルバムを僕がプロデュースがきっかけで知り合ったんだ。すぐに気に入ったので、お互いに意気投合したよ。

僕のデモは彼が参加するまで、何かが欠けていると思っていた。マックスは完璧なミュージシャンでもあり、またスタジオワークを円滑に進めてくれる。

ゲストはまずピアノのチャールズ・ソリマンを紹介するよ。僕がグランドピアノで弾こうとしたけれど、自分の技量が伴わないので、チャールズに頼んだ。過去も現在も未来においても、偉大なプレイヤーだ。

シンガーのメルリン・アンジェラMethodicaにゲストで歌ってくれて以来。彼女の年齢の割には成熟した深い声に魅了されました。驚くべき声で、近いうちにまた彼女の作品に関わりたいと思っています。

ヴァイオリンのガブリエレ・アマデイは長年の友人です。ヴェローナでオーケストラの活動をしていました。
ナルドン・ルークは素晴らしいパーカッショニストです。かなり前に別のプロジェクトで一緒に活動したことがあります。

偶然僕が別のプロジェクトをやっているとき、聞きつけて、ぜひと意気投合した。

そして、クリスチアーノ・ロベルジです。長年の友人で、過去に彼のプロジェクトで共演しています。Conditioningという曲ではベースに特別なタッチをつけたかったので、彼にスティックでちょっと「ガブリエル風のトニー・レヴィン」的な雰囲気を出してもらいました。

 Q:Back To The Starsでクリスチアーノを聞くとすぐにわかります。クリスチアーノにあなたの音楽哲学を言葉でどのように説明したのですか。

 FS: 曲を書くときには、特にこのジャンルにしようとかを考えないんだ。ただ好きなものを音にする。

もう普段の仕事ではプレッシャーがあるので、自分のプロジェクトではプレッシャーを感じたくなかったんだ。その一方で育った過程で好きだった音楽を自分の音楽にインプットすることはできるんだ。長年の経験というフィルターを通してだけど。

僕はプログレを哲学的なアプローチでつくるヒトには最大の敬意を払っている。でももうプログレのピークからは40年も経っている。良きつけ、悪しきにつけ、僕が作ろうとする音楽とは違うんだ。

最後に、僕が絶対にはずしたくないものは、メロディーが曲のベースということ。インスト部分はストーリーの中で機能するもので、テクニックのひけらかしではないということ。まあ、僕はそういったテクニックは特に持っていないけどね。例えば、ジミー・ペイジはこう言ってるね。「テクニックより音楽がもたらす感情のほうに関心がある。たぶん、僕は自分が伝えたいことはおおむねリスナーに伝えられたと思うよ。

 Q: ライブの予定はありますか。

FS: この秋にLogosのメンバーともう日程が決まっているよ。まあBack to the Starsのライブは真面目に言って難しい。濃いし、ライブでは何かを犠牲にしなければいけない。もしくは、特別なテクノロジーを導入しないと、ステージに15人は立てないからね。とにかくライブは5人編成が、移動やいろいろな事情で適してると思う。

 Q: 将来の予定はどのようなものですか。

FS: ライブの準備かな。でもあまいせわしない日程には興味がないんだ。僕たちの音楽は、スケジュールの日程だけをあくせくこなすようなタイプでないと思っているんだ。残念なことだけど、この時代は誰もがトリビュートバンドをする時代だ。どっかのビールフェスタでお客がまたポップスターを待っているようなところで演奏するはめになるんだ。で、今ライブの予定の話をしてるとこで、もう次作の曲も何曲かもうアイデアは出来ているんだ。もう脳内にはあるので、うまくそれをまとめて英語の歌詞をつけるだけ。今度はもう10年もかからないと約束するよ!

 Q: バンド名のローゼンクロイツは込み入った名前ですが、由来はなんですか。

FS: フリーメーソンと薔薇十字団についての本を読んでいて、その開祖のクリスチャン・ローゼンクロイツに驚愕したんだ。今でも、実在したかわからない。そのローゼンクロイツという名前の響きがよく、バンド名にぴったりだと思ったんだ。少しスペルを直したんだ。ネットで調べたら、マイナーだけど、同じ名前があった。で、ビジュアル的にも好きだったウムラートなどの記号を加えたんだ。

 

Band official Facebook page: https://www.facebook.com/Røsenkreützband?fref=ts

Band official site: http://Røsenkreütz.net/

Follow Rockprogresso on Facebook: https://www.facebook.com/RockprogressoItalianprog

Available on Prostreaming (for a limited time):期間限定でフル・アルバムを試聴可能です。

http://www.progstreaming.com/_wb/pages/play-album.php?activeAlbum=00772+-+Røsenkreütz+-+Back+To+The+Stars 

Røsenkreu?tz - Back to the Stars : official teaser