あおぞら文化村便り  =フォト俳句 エッセイ 野菜作りと今日の一品 縄文のこと=   

何でもありの文化村から発信します。野菜作りのこと、迷シェフの今日の一品、ネイチャから路地裏まで写真三昧、そしてフォト俳句

No.31 筑波山 薬王院ルートで山頂へ 2021.04.16

2021-04-19 20:19:48 | 

筑波山薬王院ルート2021.04.16

                                       

筑波山 薬王院ルート 2021-04-16 / ミトノミミズクさんのハイキングの活動日記 | YAMAP / ヤマップ                              

筑波山は、私にとって子供の頃から身近にある存在であり、小学校や中学校の校歌には当然のこととして登場します。水戸市からは50キロメートルほど離れていても、その秀麗な姿は関東平野にすくっと聳えています。

 一時期茨城県を離れましたが、30歳にして偶然にも仕事で筑波研究学園都市の住人になりました。昭和52年(1977年)のことです。まだまだ未開の地に降り立ったという気持ちだったこと、自分たちのことを開拓民と言っていたことを思い出します。職場では三種の神器というのがあり、何かというと「こん棒」「懐中電灯」「長靴」です。街灯のない夜は職場の敷地内でも、暗いし野犬がウロチョロ、雨でも降ればぬかるみと水溜りです。

 女体山の山頂から当時の職場が見えます。石の上に腰を降ろして、その方向を眺めていると次から次に思い出が浮かんできます。

 それにしても、今回の薬王院ルートは久々に本格登山をした感触でした。標高差はまさに筑波山の標高そのもの! 約800メートルです。水戸線岩瀬駅からコミュニティバス「やまざくらGO」に乗り換え(一律200円超お得!)、約40分、旧酒寄駅跡で下車です。この辺りはミカンの北限と言われていて、秋になるとミカン園が賑わいます。小ぶりでおいしいです。

 バス停からゆるゆると登り集落の中を抜けていきます。そして古刹薬王院、鬱蒼とした椎の樹木は圧巻です。さあ、ここから先は、どうぞ直接、行ってみてください。南側とは全く違った静かな登山道が男体山直下まで続きます。ニリンソウやカタクリの群落、樹木ではリョウブ、オオモミジ、アオハダモミジ、椎、山頂近くはブナ、など植生も豊かです。

 下りには、今回、ケーブルカーを利用しました。そして筑波山口というバスターミナルのすぐ近くにある、筑波では知る人ぞ知る「松屋製麺所」ここのラーメンはシンプルかつ絶品!(とは、私他認める人多数)

 そんなこんなで、初夏のひとときを楽しんできました。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

No,30 晩秋の尾瀬 2020.10.13-10.15

2020-10-19 19:57:06 | 

No,30尾瀬晩秋

  2020年・令和2年という年は、早々のコロナ騒動から始まり、今もって、その脅威納まらず、収束の見通しすら見えてきません。山では、いや、山に限らず人家の多い農村部や町中でも “クマ” の出没が騒がれ、襲われたニュースが毎日のように報道されています。

 1013日から15日、秋の尾瀬を歩いてきました。不安定な天候の中、雲が低く立ち込めるも比較的明るく、時に太陽が顔を覗かせるまずまずの3日間でした。ここもいたるところに「クマ出没 注意」の表示が掲げられていました。聞くと、至仏山荘など小屋の直ぐそばまで、ためらいもなく寄ってくるそうです。

 鈴と、以前スイス・ルツエルンの農機具屋で買った本物のカウベルと、ストラップに付けたホイッスルの三点セット、これが私のクマ対策! 行き交うハイカーがほとんどいない今年の尾瀬、登りで喘いでいるときには意識から離れているクマの幻影も、緩やかな歩きになると幻影があちこちに見え始め、周囲を見渡し、耳をそば立てつつ進むことに! クマか それとも この美しい自然か 結局は、自然に包まれた中に入る自分を選ぶことになるのです。クマとの共存です。  

 あと何回、この美しい自然に会いに来ることができるのか、

三平峠から大清水に下るなか、

これまで感じたこともなかったことが頭をよぎりました。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

No.29 リンリンロード潮来駅から土浦へ 2020.09.30

2020-10-05 15:02:03 | 

No.29 リンリンロード潮来駅から土浦へ 2020.09.30

   リンリンロードツーリングも いよいよ 今回のコースをクリアすれば180㎞全コース走破です。もっとも4回に分けての分割走破ですが!

 思えばどのコースも ほぼ 真っ平らな快適ロード、関東平野の広さをたっぷり満喫、そして、いつも前方に、脇に、後方に見守っていてくれるのが、紫峰「筑波山」

 水戸駅5:49発の鹿島臨海鉄道の始発に間に合わすべく、自宅を余裕をもって5時出発。もうこの時期になると早朝、危険防止の意味でもライトをつけてひんやりした空気感のなか駅に向かいました。

 鹿島神宮駅でJR鹿島線に乗り換え二駅目、潮来駅には7:49に降り立ちました。愛車モンベルをセッティングして、一呼吸して、8:30 さあ、出発だ! 

 天気予報通りのばっちし快晴、風は、斜め右前方、北東方面からの向かい風、あまり気にはならない程度。そして、何時もの通りの、ひたすら湖畔走行が続く。今回のコースには、大規模な湿地帯あり、縄文中期の「陸平遺跡(おかだいらいせき)」あり、かつての予科練ありのバラエティに富んだ場所を通ります。北に向かって走るので、距離を延ばすほどに筑波山が近づいてきます。

 今回は、ヘリノックスの超軽量テェアを持参、「休憩時にゆったりくつろぐ」ことにしました。これは正解でした。穏やかな湖を眺めながらカロリーメイトと栄養補給ジェルのOS1だったかな、空にはトンビがくるりと輪を描いて!

 人家や国道から比較的近いところを通過するので、飲み物や捕食など、ほとんど心配ありませんでした。

 とにかく、ゆっくりゆったりのペースで、13:30ゴールの土浦駅に到着!

 一息ついて、14:37の電車に間に合わすべく輪行準備して、水戸駅に戻ってきたのは15:30 

        満足感が心に満ち満ちしちゃいました!!

              夜のビールとワインの旨いこと 旨いこと 旨いこと……….

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

No.28 Jomon(縄文)のDogu(土偶)ちゃん 青森を行く

2020-08-12 14:51:58 | 縄文・アイヌ文化

コロナ騒動の真っただ中、関東は水戸市内の掘立小屋(ほったてごや)を出て、

一路、青森に向かいました。

早朝発の飛行機だったので、前の晩に羽田空港近く天王洲アイルのホテルに宿泊。

縄文海進(約5000年前)の頃は海の底だったあたりです。

 

長梅雨で雨は覚悟の旅、でも、青森空港では薄日が差していました。

お迎えの車が待機していました。

(なんのことはない、あらかじめ予約しておいたレンタカーです)。

さあ、二泊三日の縄文遺跡旅の出発だ。

と、気負い過ぎて、しょっぱなから道順を間違えて、ぐるっと回って空港に戻ってしまいました。

「なんだ、このナビは!」 と、ナビのせいにして!!

 

さて、これから 小牧野遺跡、大湯環状列石遺跡、是川博物館、そして三内丸山遺跡と、

それこそ東北の超メジャー遺跡巡りに入るのですが、一気に紹介すること不可能。

次回のブログから「東北縄文シリーズ」と題して、

第1回目小牧野を取り上げようと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

No.27 リンリンロード 高浜から潮来へ2020.05.29

2020-08-05 21:58:52 | 

No.27 リンリンロード 高浜から潮来へ2020.05.29

 リンリンロードツーリング今回のコースは、常磐線高浜駅からJR鹿島線潮来駅までの約50㎞、潮来はこの時期 通常であれば「あやめ祭り」で大賑わいのはずなのですが。

 水戸駅早朝5:51発の電車 最後尾に乗り込み、まずは輪行袋を手すりに固定。車内は自分を含め乗客3人、それぞれディスタンスとって座っています。

 高浜駅までは30分程度、改札口を出て、さあ、セットアップだ。先走る気持ちを抑えつつ、ホイールを取り付け、ブレーキやペダル、念のため空気の入り具合などを点検。ゆっくりと行うことで呼吸を整えることができるのです。

 早朝の凛とした空気感が何とも心地いいです。

 走り出し15分を私はウオーミングアップとして、ここでも急く気持ちを抑え、もどかしいと感じる程度の回転数でペダルを漕いでいきます。これが後々の膝の不具合や筋肉痛を避ける意味で大事なのです。

 さて、このような調子で、ゴールの潮来まで綴っていくと、おそらく原稿用紙10枚くらいになってしまいます。なので、ルートの景観は写真を少し多めにUPしましたのでご覧あれ!

 リンリンロード総距離数180キロ、今回の走行をクリアして、あと残りは、潮来から土浦駅間の55キロを残すのみとなりました。コロナ禍でなかなか出かけにくいのですが、なるべく早いうちにクリアしたいと思っています。

 がんばっちゃうぞー      少しだけ!!!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする