さんぜ通信

合掌の郷・倫勝寺のブログです。行事の案内やお寺の折々の風光をつづっていきます。 

ビルマ、四川 緊急援助托鉢(第2回目)のお知らせ

2008-05-26 15:06:38 | ボランティア

先日の大船駅周辺での托鉢に続き、下記によりビルマのサイクロン被害、四川の大地震被災者への緊急援助托鉢を行います。
托鉢の列を見かけましたら、ぜひご協力下さい。



                                       先日の大船での托鉢

日  程:6月2日(月・友引) 

托鉢場所:桜木町、関内、みなとみらい地区 

托鉢時間:午後2時半から午後5時頃まで

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

住職が参加しているSVAからニュースレターが届きましたので、転載させていただきます。

記事を読んで感じるのは、被災者に支援金、物資を確実に渡すために、各団体がかなり苦労しているのではないか、ということです。

現状では、支援金をミャンマー政府に渡したら、軍政を太らせるだけのことにしかなりません。

国際的な事情も絡んで、われわれの知らないところで難しい問題があるのかもしれませんが、罹災して苦しんでいるのは、ひとりひとり、みな同じ人間です。

軍政の中枢にある人たちが今の自国民の声に耳を傾け、何をしなければならないかを再考するよう、日本政府が働きかけることを、強く求めます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(社)シャンティ国際ボランティア会です。
平素は当会の活動にご理解、ご協力を賜り心より御礼申し上げます。
この度、 ミャンマー(ビルマ)南部で発生しました 巨大サイクロン「ナルギス」の被害に対して、弊会では、タイ・ミャンマー(ビルマ)国境の町メーソットにあるメータオ・クリニック(代表:シンシア・マウン医師)などで構成されるビルマ緊急支援チームと共に支援活動を行いますので下記にご報告申し上げます。

◆◆ミャンマー(ビルマ)・サイクロン被害 緊急救援事業Vol.3◆◆       ~確実に被災者に物資が届く支援を行います~       2008年5月20日発行 
     社団法人 シャンティ国際ボランティア会(SVA)
 
▽本リリースの印刷用PDFファイル http://sva.or.jp/eru/myanmar/images/myan20080520.pdf
▽ミャンマー(ビルマ)・サイクロン被害 緊急救援事業ホームページ http://sva.or.jp/eru/myanmar/

(社)シャンティ国際ボランティア会は、タイ・ミャンマー(ビルマ)国境の町メーソットにあるメータオ・クリニック(代表:シンシア・マウン医師)などで構成されるビルマ緊急支援チームと共に支援活動を行います。
 
(社)シャンティ国際ボランティア会は、八木沢克昌アジア地域ディレクターをタイのバンコクおよび国境のメーソットに派遣し、 確実に被災者に届く支援の方法についての情報収集を行ってきました。

タイ・ミャンマー(ビルマ)国境の町メーソットにあるメータオ・クリニック(代表:シンシア・マウン医師)などで構成される「ビルマ緊急支援チーム」(Emergency Assistance Team-Burma)と共に支援活動を行うこととなりました。

ビルマ緊急支援チームのコーディネーター、シンシア・マウン医師は、軍事政権の弾圧から逃れてタイのメーソット周辺に暮らす14万人以上のミャンマー(ビルマ)難民や貧困生活にあえぐ移民労働者のために、1989年にクリニックを開設、困窮者の医療活動に尽くしてきました。

2002年にアジアのノーベル賞と言われるマグサイサイ賞を受賞しました。 ビルマ緊急支援チームは、タイ・ミャンマー(ビルマ)国境で長年活動してきた8つの住民組織で構成され、5月6日から緊急支援活動を開始しています。

ビルマ緊急支援チームは、エヤワディ管区、ヤンゴン管区において、食糧、水、生活必需品、衣類、衛生用品を5月末までに42,000名の住民に対して配布する予定です。

2名から5名で構成される34のチームが、援助物資を現地で調達し、避難所となっている寺院や教会、学校に直接届けています。

当会では、タイ・ミャンマー(ビルマ)国境の難民キャンプでの活動を続けてきた強みを生かして、今後も被災者に確実に届く方法で支援を続けていきます。

 ▽写真:近所の学校に避難する子どもたち、衛生環境の悪化から伝染病の蔓延が心配されている。(エヤワディ管区) http://sva.or.jp/eru/images/myanmar/myanmar20080520.jpg

 ▽写真:被災地の写真をスライドショーで掲載しました。 http://sva.or.jp/eru/myanmar/myanmar20080519621.html

 ◆募金を呼びかけています◆
今回の未曾有の災害に際して、1人でも多くの被災者の支えとなるべく努めていきたいと活動を続けております。皆様にご支援をお願い申し上げます。

■募金受付の郵便振替口座■ 加入者名:社団法人シャンティ国際ボランティア会     口座番号:00150-9-61724 ※通信欄に「ミャンマー(ビルマ)・サイクロン」とご記入ください ※郵便局からの振り込み手数料は免除されます ※特定公益増進法人への寄付として、所得税及び法人税の優遇措置があります

■お問い合わせ■ (社)シャンティ国際ボランティア会(SVA)東京事務所緊急救援担当:白鳥〒160-0015 東京都新宿区大京町31慈母会館2・3F TEL:03-5360-1233 FAX:03-5360-1220 URL:http://www.sva.or.jp/ E-mail:eru@sva.or.jp

                                M仙寺様からの階段を下り、托鉢へ。

 

今日はここまで。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ビルマサイクロン、四川大地... | トップ | 6月の倫勝寺行持予定 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ボランティア」カテゴリの最新記事