シーサイド発

海外ドラマのあらすじをネタバレでレビュー!ゲーム・オブ・スローンズ、ウォーキングデッド、アメコミなど

THE FLASH/フラッシュ シーズン5 #7「O Come, All Ye Thankful」

2019年05月16日 22時20分04秒 | THE FLASH
O Come, All Ye Thankful
クリエーター情報なし
メーカー情報なし


The Flash Season 5 #7 O Come, All Ye Thankful

 *「スパルタカス」のリアム・マッキンタイア/ウェザー・ウィザード再登場!

 未来でバリーが失踪してしまう。それに対してどうすることもできないノラは、ぶつけようのない怒りを抱え、葛藤する。そんな中、マーキュリーラボの上空に雷が発生し炉心を遠ざけなければならない。雷に打たれたバリーが心停止し、ノラが手をこすって稲妻を起こして命を救う。父親を失いかけたノラは作戦が悪いとアイリスを責めてしまう。一方、家族がいないシャーロークのためにシスコとケイトリンは感謝祭のディナーに招待するが、3人とも祝うような良い出来事はなかったと否定されてしまう。
▼以下、ネタバレあらすじです

 バリーたちは異常気象の原因を突き止めるため、収監中のウェザー・ウィザードことマーク・マードンに面会する。そんな中、彼の娘ジョスが現れて連れ去ろうとする。バリーは瞬時にパイプラインにウェザー・ウィザードを移動させる。彼が高校の頃にジョスが生まれ、彼女は母親と暮らしていたが家出したという。ジョスは独学で気象の研究をしていたが、“ウェザー・ウィッチ”として危険行為で科学助成金を取り消されていた。彼女は衛星の破片が刺さった風向計で稲妻を自由に操るメタだった。

 ウェザー・ウィッチは父親であるウェザー・ウィザードを引き渡せと迫り、家族を捨てた父親に復讐しようとしていた。バリーたちは彼女がウェザー・ウィザードを殺すのを止め、街を破壊するのを阻止しなければならない。そんな中、バリーを失うのを恐れたノラは、消えるのを防ぐにはフラッシュを辞めるしかないと告げる。そしてウェザー・ウィッチが空港を攻撃。バリーはウェザー・ウィザードの杖で彼女に対抗する。稲妻で竜巻を作り出したためバリーは周りを走って稲妻を杖に吸収させ、稲妻をぶつけ合う。バリーは無事にウェザー・ウィッチを捕らえ、マードン親子はアイアン・ハイツに収監される。

 メタの襲撃で両親を失った姪のグレイスを引き取ることになったオーリン・ドワイヤー。グレイスが悪態をついて学校から呼び出されたオーリンは大嫌いだと彼女から言われてしまう。オーリンは住環境を整えグレイスにドールハウスを与えた。彼はグレイスのために自分を変えようと努力し、子供に与えられるべき全てのものを与えようとした。それから1年が経ち家族の絆で結ばれたグレイスとオーリンは悲劇に見舞われる。衛星の落下でオーリンに破片が刺さり、グレイスは重度の脳内出血で二度と目覚めないかも知れなかった。オーリンはフラッシュが衛星を破壊したとニュースで知りシカーダとなり復讐を誓ったのだった。

 感謝祭に対し悪いイメージを植え付けられたシスコとケイトリンはやさぐれてシャーロークと飲んでいた。キラーフロストが現れて意識がなかった分、感謝祭を楽しむと言って二人を連れ出す。空港で街を救うのを自分のためにためらうバリーを見たノラは、最悪な気持ちになった。時には身を挺して他人を救わなければからないと理解する。バリーは家族のために戦っている、フラッシュでいるために家族を捨てたりしないと告げる。未来で自分を犠牲にしたのはアイリスとノラを救うためだと言う。一方、シャーロークはグレイスの見舞客からオーリン・ドワイヤーがシカーダだと突き止める。

久しぶりのウェザー・ウィザードの登場嬉しいなぁ!若い時に作った娘がいたとは。しかも家族を捨てたからって恨まれちゃってたw天気を操るあたりが親子だなぁ〜。てっきりウェザー・ウィザードと娘を対峙させるのかと思ったらそうはならなかった。
バリーを心配するノラが過剰にも見えたけど、止められるならどうにかしたい気持ちも理解できる。今回の経験でノラも教訓を得たようなので過剰反応はしなくなるかな。
オーリンの身に何が起きてシカーダになったかが判明。せっかく自分を変えたのに復讐に走ってしまうなんて皮肉。バリーたちもシカーダの正体を知ったので戦いやすくなるかな?恨まれる理由を知ればまたバリーが悲しむんだろうなぁ。
全てが家族にまつわる内容で感謝祭らしいエピだった。

↓応援ポチッ!とお願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへにほんブログ村

*エピソードリストはこちら
*アローバースガイドはこちら

O Come, All Ye Thankful
クリエーター情報なし
メーカー情報なし


視聴環境:Amazonビデオ



©︎2009 シーサイド発

コメント   この記事についてブログを書く
« ARROW シーズン7 #7「The Sl... | トップ | GOTHAM/ゴッサム シーズン4 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。