cry me a sea

cry me a sea

詮房は

2014-02-18 15:44:26 | 日記
甲府藩主徳川綱豊(のちの第6代将軍家宣)の家臣西田清貞の子として生まれる。間部宮内、のち間部越前守は、猿楽師喜多七太夫の弟子であったが、貞享元年(1684年)に甲府藩主徳川綱豊(後の6代将軍徳川家宣)の用人になり、甲府徳川家の分限帳には新井白石とともに詮房の名が見られる 微笑技术脸

藤原氏山蔭流間鍋氏であるが、徳川綱豊の命によって間部氏となる。 宝永元年(1704年)綱豊の江戸城西の丸城入に伴ない甲府徳川家家臣団は幕臣に編入され、詮房は従五位下越前守に叙任し、側衆になり、1500石加増。その後も累次加増され、宝永3年(1706年)には、相模国内で1万石の大名となった。のちに加増を重ね高崎藩5万石を得たwuyuna

日本の歴史上において、猿楽師であった者が大名になった例は他にない(なお、猿楽師自身ではないが、猿楽師の子が徳川幕府内において強大な権勢を振るった例として大久保長安があげられる)wuyuwei\'s blog

詮房は、側衆としての格が上がり、若年寄に次ぐ地位になり、ついで序列上、老中の次席を命じられた撑起蓝天的梦


詮房は、将軍家宣儒学者新井白石とのトロイカ体制で、門閥の譜代大名や将軍に対して強い影響力を有する大奥などの勢力をさばき、[正徳の治]を断行したwei 你是love
コメント

阿部 和重

2014-02-07 11:57:52 | 日記
阿部 和重(あべ かずしげ、1968年9月23日 - )は、山形県東根市神町出身の小説家、編集者、映画評論家。

日本映画学校(現日本映画大学)卒業。演出助手などを経て、1994年に『アメリカの夜』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。1997年の『インディヴィジュアル?プロジェクション』で注目を集める。テロリズム、インターネット、ロリコンといった現代的なトピックを散りばめつつ、物語の形式性を強く意識した作品を多数発表している。

2004年に『シンセミア』で伊藤整文学賞および毎日出版文化賞を、2005年に『グランド フィナーレ』で芥川龍之介賞(芥川賞)をそれぞれ受賞。『シンセミア』をはじめ、いくつかの作品には「神町」を中心とする設定上の繋がりがあり、インタビューなどでは「神町サーガ」の構想を語っている皮膚保養眼霜 眼圈交友 香港香港約會技巧
コメント