香ばしい町並みブログ ~昭和レトロな町並み~

当ブログでは日本各地にある「どこか懐かしく、ノスタルジーを感じさせる」昭和レトロな町並みや建物をご紹介していきます

【東京・江東区】旧葛西橋周辺と奉仕ストア

2019年03月03日 19時54分16秒 | 東京・その他
(2017年4月撮影)  都営地下鉄新宿線の東大島駅と、メトロ東西線南砂町駅のほぼ中間に、 「奉仕ストア」というマーケット型商店街があると聞き及び出かけてまいりました。  こういった市場型商店街は横浜市内に多いのですが、都内でもだいぶ減ってきましたが いくつか現存しています。  ただ、こういった市場型商店街が都内でどこにどれだけあるかは全くもって不明で、きっと探せばまだまだ あるのでしょう。 . . . 本文を読む
コメント

【東京・大田区】かまたえん

2019年02月03日 13時38分40秒 | 東京・大田区
(2017年7月撮影) 東急蒲田駅にあります東急プラザ蒲田の屋上に、屋上遊園地があると聞き及び出向いてまいりました。 1968年(昭和43年)の開業。  ここはビル全体が2014年にリニューアルされたのですが、いまや貴重な遊園地も無事復活を遂げておりました。  背景のタイルとマッチした「かまたえん」のロゴも誇らしげ。10時から18時の営業(12月-2月末の冬季は17時まで)  いい感じの観 . . . 本文を読む
コメント

【東京都・杉並区】阿佐ヶ谷住宅2010

2018年12月26日 22時30分57秒 | 東京・杉並区
(2010年10月撮影) かつて、JR阿佐ヶ谷駅のすこし南、地下鉄南阿佐ヶ谷駅の南側に公団の「阿佐ヶ谷住宅」という 平屋型&低層階の住宅がございました。  現在はすべてクリアランスされ、跡地は高層住宅(プラウドシティ阿佐ヶ谷)になっております。  2010年当時、既に再開発がささやかれていてもうすぐなくなると聞き及びましたので 出かけてまいりました。  そこは昭和40年代そのままの古き良き住宅 . . . 本文を読む
コメント (2)

【茨城県・高萩市】たかはぎ2007

2018年11月29日 22時58分48秒 | 千葉県・茨城県
(2007年10月撮影) 高萩市と聞いても茨城県民でもあまり馴染みの無い地名かもしれませんが、 日立市の北、いわき方面へ電車で15分ほどの街です。 2002年までは日本加工製紙という中堅の製紙工場も稼働していたそうで、企業城下町でもあったようです。  ということで常磐線で高萩へ。当時、普通電車は415系電車というコクテツ型が走っておりました。  駅舎は大正15年に改築されたもので、90年以上 . . . 本文を読む
コメント

【神奈川県横浜市・鶴見区】ほんちょう通り その2

2018年10月23日 08時04分16秒 | 神奈川県横浜市
(2015年10月撮影) ほんちょう通りを進み、本町通4丁目交差点近くにて。いい感じのお菓子屋さん。  交差点を左折し、仲通1丁目の交差点をまっすぐ進むと潮田(うしおだ)マーケットが。 店内は南米系のお店が営業しているようです。  潮田マーケットの少し先の角にはいい感じのたばこ店も。  再び本町通4丁目交差点へ。交差点かどにあるおもちゃの「たまや」 少子化で駄菓子屋やおもちゃ屋 . . . 本文を読む
コメント

【神奈川県横浜市・鶴見区】ほんちょう通り その1

2018年09月01日 22時11分29秒 | 神奈川県横浜市
(2015年10月撮影) 京急鶴見駅から鶴見川の方へに3-4分ほど歩き、潮見橋ますと、鶴見本町通り(つるみほんちょうどおり、と読みます)という 昔ながらの商店街に到達します。  ここはバス通りで偶然発見したのですが、駅から少し離れているにもかかわらず、歩道部分が屋根付きのセミアーケート゛ となって、昭和テイストあふれる商店も随所にあっていい感じになっておりました。  潮見橋を渡りますとアーケード . . . 本文を読む
コメント

【福岡県・大牟田市】時空のひずみに残るアーケード・・・大牟田その2

2018年07月08日 20時12分03秒 | 九州・沖縄
(2017年1月撮影)  大牟田の新銀座の散策、まだ続きます。  屋根がなくなってしまった通りも。アーケードは鳶作業で費用も高額ですから、修繕はかなり大変ではと思います。  平日の日中ですが全く人通りもなく。。。  そんな中、かなり昭和な美容院を発見!  窓枠や窓ガラスのデザインから、昭和20年代のものと思われます。。 かつてはおもちゃ屋さんも  はがれかけてしまった看板 . . . 本文を読む
コメント

【福岡県・大牟田市】時空のひずみに残るアーケード・・・大牟田その1

2018年05月27日 19時20分24秒 | 九州・沖縄
(2017年1月撮影) 久留米とありましたが大牟田の誤りでした。訂正いたします。 JR久留米から西鉄電車でひと駅、新栄町駅へ。 駅前には現代的なアーケードがありましたが、平日のお昼間という事もあってか閑散と。。  まずはお目当てのガード下食堂へ。残念ながらやっていませんでした。 最近廃業したようですが、我々が訪れたときはプロパンガスボンベもあり、一足違いであったようです。  ガー . . . 本文を読む
コメント

【佐賀県・嬉野市】嬉野温泉の街並み

2018年04月06日 22時38分12秒 | 九州・沖縄
(2017年1月撮影)  豊後高田を後に、久留米を経て嬉野温泉へ。 武雄温泉駅からバスで嬉野温泉へと参りました。  バスターミナルは観光案内所などもあり、建物は昭和テイストムンムン。 これで売店とか蕎麦屋とかあれば最高なんですが(笑)  宿へ向かうまで街並みを散策。 温泉街の周辺は郊外の住宅地、なのですが温泉街のある地帯は昔ながらの町並みがポッカリと旧市街地のごとく残っておりました。  家 . . . 本文を読む
コメント (3)

【大分県・豊後高田市】豊後高田昭和のまち その2

2018年03月13日 21時07分01秒 | 九州・沖縄
(2017年1月撮影)  豊後高田の旅、もう少々お付き合いください。 宇佐から豊後高田へやってまいりました。昭和を全面的に押し出した街です。  そこかしこが昭和テイストムンムン。レプリカや復元ではなく、モノホンです。  平日の日中ということもあり、ゆるい空気が。  ラジオ商という商売もまた昭和ですね。  スタンドも実際に営業はしていませんが、うまく再現されています。よくまあ昔のポ . . . 本文を読む
コメント

【大分県】宇佐~豊後高田昭和のまち

2018年02月18日 22時51分15秒 | 九州・沖縄
(2017年1月撮影)  九州を巡る旅、まだまだ続きます。 小倉から南下しまして宇佐へ。USAの国旗に見えると評判の駅名表もチェック。 駅構内はUSA一色でした。  跨線橋の案内もどこかレトロ  宇佐駅からまずは宇佐神宮を目指します。 宇佐は2007年に訪問して以来でほぼ10年ぶりでしたが、良い意味で変わらずホッとした気分 駅では案山子展をやっていました。  バスを待つ間、駅 . . . 本文を読む
コメント (2)

【福岡県・北九州市】北九州最古の現存市場・・・筑豊商店街

2018年01月27日 20時09分57秒 | 九州・沖縄
(2017年1月撮影) 大変お待たせいたしました。 2018年も清々しく明けました。本年もよろしくお願いいたします。 さて、旦過市場→黄金市場と回り、バスで筑豊商店街へ移動。 ここは昭和7年(1932)開設という北九州では現存最古の市場です。  ここもかつてはかなり大規模な市場であったようですが、空き地がちらほらと。。。  案内図を見ますと、やはり大規模な市場のようです。  それ . . . 本文を読む
コメント

【福岡県・北九州市】朝のタンガ市場 ~旦過の由来に触れる~

2017年12月27日 21時36分54秒 | 九州・沖縄
(2017年1月撮影) 翌朝、再び旦過市場へ。 いい感じの青空です。  平日の朝9時過ぎですが、夜とは打って変わってにぎやか。  お肉屋さんや惣菜屋さん、八百屋さんがずらり。  脇には新旦過街も枝分かれしてました。  昔懐かしい市場の雰囲気。とにかく何でもあります。 素晴らしいゴチャゴチャ感  カマボコ専門店でしょうか。大きな市場なので特化したお店も数多くあり楽しい。 . . . 本文を読む
コメント (4)

【福岡県・北九州市】夜のタンガ市場 第二夜 ~ぬけられます、のある街~

2017年12月10日 23時29分44秒 | 九州・沖縄
(2017年1月撮影) 小倉駅前に宿を取りまして、夜の旦過市場の散策はまだ続きます。 時刻は夜8時を少し回ったところ。   夜の新旦過街へ。ここは旦過市場に隣接した飲み屋街で、「昭和館」という現役の映画館もあります。 「ようこそ 新旦過街え」の「え」の表記がいい。  新旦過街にて「ぬけられます」 少し前になくなってしまいましたが、東京・下高井戸下北沢駅前にあった駅前食品市場と似た雰囲気 . . . 本文を読む
コメント (2)

【福岡県・北九州市】夜のタンガ市場

2017年11月25日 22時50分58秒 | 九州・沖縄
(2017年1月撮影)  北九州の台所、夜の旦過市場を散策してまいりましたのでレポートいたします。 小倉駅からも歩ける距離で、駅からはアーケード商店街でつながっており楽しい。  さて、夜の旦過市場はいかなる風景なのか。。。 入口付近はやっているお店も。  内部はさすがにやっているお店はゼロでした。人通りも殆どありません。  昼間の喧騒とは打って変わって。 のぼりや台もあり、紛れもなく . . . 本文を読む
コメント