ねこの湯

猫と暮らせばあったかほっこり

人の終活-ペットと暮らせなくなった時にそなえる-

2018-02-12 18:03:36 | 日々



前回の記事の続きです。
「ペットの終活×人の終活」というセミナーに
参加したのですが、人の終活について。

弁護士の檜山さんと司法書士の木村さんのお話
です。

ペットに財産を遺せるのか。

遺せません。ただ自分の死後、ペットの世話をし
てくれる人に遺すことはできます。

その為には遺言を正しく用意する必要がありま
す。1番お勧めなのは公正証書遺言というもの
で、公正役場に行って公証人の方に作成してもら
うものです。
遺言は色々な手続きや書き方があって自筆では有
効にならないことがあります。(自筆で書いて印
鑑押せばどんなものでも大丈夫なのかと思ってま
した

自分の死後にペットを世話をしてくれる人を見つ
け、そしてその人がちゃんと世話してくれている
のか監視してもらう遺言執行者も指定しておけば
安心です。

あと認知症などで自分の判断能力がなくなったら
財産を管理してくれる、任意後見人を決めてペッ
トの世話もしてくれるよう契約しておくと良い。


ということは、自分に何かあった時の為に、
① ペットの世話をしてくれる人を見つけて、
② 遺言を書いて、
③お世話をしてくれる人がちゃんと約束を
守ってくれているか見守ってくれる人も見つけて
おく、と。

遺言に関しては、今からでも書いておくべきなん
だろうなぁ、と思いつつ実行に移せていません。

お世話をしてくれる人、見つけるのは簡単では
ないですよね〜。
私より元気で長生きしてくれて、なんて、
先のことは分からないですもんね。。

見守る人のことはとりあえず置いておこう。

そして、まずお世話をお願いするからには猫たち
にかかる一生分のお金を用意しておかないと。

セミナーを主催されたペットライフネットさん
では、お世話をしてくれる人が見つからない人
のために「わんにゃお信託」という仕組みを作
られています。

こういう仕組みを利用するのも良いかもです
ね〜。

もしもあまなつやしんのすけの面倒が見れなく
なった時、さてどうするのか。
自分が元気な今のうちに考えておかないと。



ねえ、あまなつ…あ、お休み中ですか…


ねえ、しんのすけ…あ、こちらも…













ご旅行などで、
「猫の留守番どうしようかな」
とお悩みでしたら、

キャットシッター桃さん

をぜひご利用ください


ペットの終活

2018-02-09 23:30:08 | 日々



私自身も興味のあるテーマかつ、お役に立てる
情報があるんじゃないかと参加してきました、
NPO法人ペットライフネットさんの企画された
セミナー、「ペットの終活×人の終活」。
ペットの終活について獣医師さん、人の終活に
ついて弁護士さんと司法書士がお話されました。

ペットの終活、獣医師今井先生のお話です。
病気で先は長くないペットの前で、飼い主さん
は「いつ死んでもおかしくない、死んでしまった
らどうしよう」と戸惑い悲嘆するが、目の前にい
る動物は「今」を生きている、と。
情報を集め、自分の気持ちに目を向け、身近な
人の意見も聞きつつ、ペットの性格も考慮して、どうしてあげたいかを考えてください、という
ことでした。

私はあまなつとしんのすけと暮らす前に、
アメショの「ぼく」という名前の猫と暮らして
いました。

11歳の時に病気で亡くしてしまったのですが、
もう長くないと分かった時、死に向かうぼくを
なでながら毎日、毎日悲しくて泣いていました。
でもぼくは、私が泣いている前で生きていたんで
す。
あの時私にできることはもっと何かあったよう
に思います。
悲しみに暮れず、ぼくのして欲しそうなことに
目を向ければよかった、、、今はそう思います。

ペットの終末期。関わり方は様々あると思います。先生の言われていたように折に触れ、考え
続けていきたいと思います。

ということで、今また折に触れてしまったので
今から少し考えてみたいと思います。
人の終活についてはまた次回紹介させていただ
きます。

おりにふれて

おやつをください

その件につきましても考えさせていただきます。








ご旅行などで、
「猫の留守番どうしようかな」
とお悩みでしたら、

キャットシッター桃さん

をぜひご利用ください








スキルアップなるか

2018-02-06 23:05:46 | 日々


先月は「猫の糖尿病」、
今月に入って「ペットの終活×人の終活」という
セミナーに参加しました。

お留守番猫さんを安心して任せてもらえるよう、
少しでもお役に立てる情報が提供できるよう、
スキルアップしていきたいと思っています。

猫の糖尿病は、対象は獣医師さんや動物看護師
さんなのですが、「シッターをしていまして、
あと人の看護師でもあるのですが、参加しても良
いでしょうか」、とお聞きしたところ、大丈夫で
すよ、ということだったので、少し緊張しつつ
参加してきました。

猫の糖尿病と人の糖尿病の違い、インスリン療法
や症例の紹介を「ふむふむ、なるほどなるほど」
と聞いてきましたが、こりゃ現場にいないとすぐ
忘れるな、と。

現場…動物病院…動物看護師免許取得…転職… おお…

なんて目的を見失いそうになりましたが、
私の目的はキャットシッターとしての
スキルアップなのです!

何かカケラくらいは残るんじゃないかと思います
ので、このシリーズ、今後も参加していこうと思
います。

ペットの終活×人の終活については長くなって
きましたのでまた次回〜

ぼくは猫のスキルアップをはかりたいと思います

猫のスキルアップとは…



あまなつの目標は…と、

おっさん化防止、でお願いしようかな。。。









ご旅行などで、
「猫の留守番どうしようかな」
とお悩みでしたら、

キャットシッター桃さん

をぜひご利用ください

今年の恵方は南南東

2018-02-03 19:17:21 | 日々


スマホのコンパスアプリを使って南南東の方角を
向きます。

すると偶然にもしんのすけの向いている方向と
一致。

しんのすけ、やるじゃないか

節分には巻き寿司丸かぶりがすっかり定着して
しまいました。
昔は業界の思惑にのってなるものか、と
とんがっていたもんでしたが。。

美味しくいただきました。
縁起物、縁起物。




前回の記事の、ひとり旅に出てしまった
ちぃちぃですが、まだ戻ってはないようです。
でもご近所の目撃情報はあるようで。

ちぃちぃのペースで戻ってくるのを待たれるよう
です。
待つとはいっても毎日聞き込みや朝夕の捜索、
他にも好物を置いたりと、手を尽くされて
います。

脱走した猫さんは案外近くでじっと潜んでいる
ことも多いようですし、もしもちぃちぃのように
ひとり旅に出てしまったら、気長に待つ覚悟は
必要なのかもしれません。

ちぃちぃ、できれば早く戻ってきてね。
人気者のちぃちぃだから、沢山の人が戻ってきて
くれるのを待ってるよー。