鉄道模型一時

主に「鉄道模型」関連の記事を投稿いたします!

「鉄道模型一時」 ご訪問くださり、ありがとうございます!

★最新の鉄道模型レイアウト紹介動画です♪
【鉄道模型】レイアウト紹介8!飽きにくいレイアウトプランとは?固定式?お座敷?/トワイライトエクスプレス瑞風、ななつ星in九州、ブルートレインあさかぜ、蒸気機関車8620等【走行動画】
YouTubeさんで視聴

★販売中!KATO「ワフ29500」室内灯と荷物室側尾灯追加車両、2色LED付きレール等!
★販売ページは、以下のURLです!
https://marchel.goo.ne.jp/nanatsuiro



★ほのぼの恋愛小説「翠碧色の虹」の制作も行なっております♪
YouTubeさんで視聴

※「鉄道模型一時」に関するご注意・ご留意事項
本ブログ内で記しております「分解・加工・改造」は、全て自己責任で行なっており、実施した時点でメーカー様の保証を受けられなくなります。
従いまして、本ブログ内の記事をご参考にされ、同様の事を行なわれた場合、当方は、その責任を負えませんので、十分ご留意くださいませ。



◆鉄道模型、TOMIXさん「381系 スーパーやくも」に集電部品を装備!勾配登坂走行テスト

2020年11月20日 19時23分23秒 | 鉄道模型、室内灯組込
この状態で問題なく勾配上ってくれなければ、室内灯の装備は見送る事になります・・・。


写真はTOMIXさんの「381系 スーパーやくも(品番:92652)」で、旧集電台車の製品です。

以下の動画でお話ししておりますとおり、旧集電台車は集電能力が新集電台車よりも高く、安定している為、レイアウトの勾配を問題なく上れるなら、室内灯との相性は良いと言えそうです。

【鉄道模型】TOMIX 新旧集電台車比較! それぞれの長所と短所とは…/キハ58系 砂丘 よしの川【走行動画】
YouTubeさんで視聴


旧集電台車用の集電部品「JS21」と「JS06」


を入手いたしておりましたので、車両に装備いたしましたので、自作テープLED室内灯を制作する前に、勾配登坂走行テストを行なっております。

以下の動画でもお話しておりますが、私の固定式レイアウトの直線勾配は約4%、曲線勾配は約4.2%となかなか厳しい勾配です。

【鉄道模型】驚きのFW効果!TOMIXさん「ED62 14号機・浜松工場」を色々検証しました【レビュー走行動画】
YouTubeさんで視聴


この度、集電部品を追加した「381系 スーパーやくも」は、特に問題なく走行できているようですので、次の工程として、自作テープLED室内灯の制作を行おうと思います。

以下、関連記事

2020.11.13.の記事
◆鉄道模型、TOMIXさんの旧集電部品を「381系 スーパーやくも」に装備させようかな
2020.02.01.の記事
◆鉄道模型、スーパーやくものライトをLED化!

WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆鉄道模型、TOMIX「キハ58系(砂丘)」の自作室内灯にコンデンサー追加!

2020年11月05日 19時23分23秒 | 鉄道模型、室内灯組込
もうひとつ所有しているキハ58系も同じ流れで作業を行ないます。


昨日(2020.11.04.)の記事
◆鉄道模型、TOMIX「キハ58系(よしの川)」の自作室内灯にコンデンサー追加!

で、私的にはコンデンサー追加は、LEDの瞬き(チラツキ)解消対策というよりも、明るさを補う対策という印象を持つようになりました。

コンデンサーを追加する事で、感覚的に実車よりも明るい(明る過ぎ)状態になってしまうのですが、不思議と模型に関しては、実車よりも明るい方が良い印象を受けます。

コンデンサー追加作業自体は今までのコンデンサー追加作業と変わらないので、ささっと作業を済ませます。

コンデンサー自体は、ブリッジダイオードの足に乗せる形で搭載いたしましたが、この位置以外の場所、テープLEDの中央や、ブリッジダイオードから一番遠い端に装備させると違いはあるのでしょうか?

コンデンサー追加後は以前の「キハ58系 砂丘」の写真よりも室内灯が明るくなっている事が伝われば幸いです。

コンデンサーを追加する前の走行状態は、以下の動画でご覧頂けます。

【鉄道模型】レイアウト紹介7!色灯式信号機について/TOMIXさんの良い点/東武100系スペーシア、小田急ロマンスカー、キハ58系、等【走行動画】
YouTubeさんで視聴


最初は、コンデンサーは必要かな・・・もし、必要ないのだったら、搭載しない方が、手間やコストが掛からず有利だと思ってましたが、最近は、自作テープLED室内灯を追加する際、積極的にコンデンサーを載せています。

その理由は、今回の様に「二度手間になるから」という事です。

実車の様に、実感的な室内照明の方が良いという場合は、コンデンサーを載せない方が良いのかも知れませんが、その場合以下の動画のように「先頭車のみ室内灯が暗い現象」が発生する可能性もございます。

【鉄道模型】先頭車のみ室内灯が暗い「E231-500系 山手線」【走行動画】
YouTubeさんで視聴


【鉄道模型】先頭車と動力車の室内灯が暗い「E231-500系 山手線」【走行動画】
YouTubeさんで視聴


テープLEDによる、自作室内灯は、その低価格という最大の利点と引き換えに、様々な問題点も抱えている事を知っておいた方が良いでしょう。

以下、関連記事です。

2020.03.07.の記事
◆鉄道模型、「キハ58系 砂丘」に自作室内灯を追加!
2020.02.16.の記事
◆鉄道模型、メーカーさん、導電版を直接手で触れないで!キハ58系(砂丘)のライトをLED化しようと思ったら…

WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆鉄道模型、TOMIXさん、キハ58系「たかやま」に自作室内灯追加!

2020年11月03日 19時23分23秒 | 鉄道模型、室内灯組込
集電部品を入手できたので実施!LEDがひとつ瞬く車両も一緒に撮影!


先日(2020.11.01.)の記事、
◆鉄道模型、油断した!LEDがひとつ瞬くLEDユニットを再利用!

で、先行して室内灯だけ搭載していた「キハ58系 たかやま」ですが、集電部品を入手しましたので、早速の中間車の「キロ28-6000」に取り付けて、室内灯が灯るようになりました。LEDはひとつだけ不安定で瞬く現象が発生しております。

このLEDひとつだけが瞬く現象は、以下の「フラノエクスプレス(品番:92910)」の動画で、記録として残しております。

【鉄道模型】稀な現象発生!TOMIX フラノエクスプレス 自作テープLED室内灯装備、非装備状態と比較、夜間走行あり【走行動画】
YouTubeさんで視聴


しかし、他の「キハ58系 たかやま」の車両は、室内灯が装備されておりませんでしたので、この度追加の運びとなりました。

この車両は、汎用的なテープLEDモジュール制作で済みそうです。

TOMIXさんの汎用的な自作のテープLED制作手順は「103系(関西線)」の記事にて、画像付きで掲載いたしております。

さくっと制作して、さくっと撮影いたしました。

走行させてみて、問題の瞬くLEDは「フラノエクスプレス(品番:92910)」の時よりも症状が緩和されているように思えました。

これは、問題の白色テープLEDユニットと、組み合わせた電球色テープLEDユニット、及びブリッジダイオードの影響もあるのかも知れません。さらに、動力車のモーターとの相性もあるかも知れません。

元々が謎の多い現象の為、はっきりとした原因は不明です。

これで、グリーン車が2両ある豪華な編成になりました。
いずれ、走行動画を撮ってみようと思います!

以下、関連記事です

2020.10.24.
◆鉄道模型、LEDがひとつ瞬くLEDユニットを再利用してみよう思って…
2020.02.14.
◆鉄道模型、運転台有りでもライト無し!?キハ58系(たかやま)のライトをLED化!

WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆鉄道模型、油断した!LEDがひとつ瞬くLEDユニットを再利用!

2020年11月01日 19時25分25秒 | 鉄道模型、室内灯組込
集電部品を入手できたので実施!しかし、少し切ない・・・。


先日(2020.10.24.)の記事、
◆鉄道模型、LEDがひとつ瞬くLEDユニットを再利用してみよう思って…

で記しました、自作テープLED室内灯のLEDひとつだけが瞬く現象が発生しているLEDユニットを、TOMIXさんの「キハ58系 たかやま」の中間車「キロ28-6000」に装備させておりましたが、この車両は集電シューと集電スプリングが無い為、そのままで作業が止まっておりました。

このLEDひとつだけが瞬く現象は、以下の「フラノエクスプレス(品番:92910)」の動画で、記録として残しております。

【鉄道模型】稀な現象発生!TOMIX フラノエクスプレス 自作テープLED室内灯装備、非装備状態と比較、夜間走行あり【走行動画】
YouTubeさんで視聴


この度、集電シューと集電スプリングを入手しました。


早速、車両に装備させました。

LEDユニットは車体に搭載済みですので、台車に終電部品を装備するだけの簡単な作業です。いつものように集電部品に接点復活材「ソフト99 チョット塗りエイド」を用います。


片方の台車に接点復活材を塗布し、もう片方の台車も塗布が必要なので、キャップをせずに、そのまま受け皿に立てておきました。

もう片方の台車を外して、車輪を外し、集電部品を取り付けていると、「パタン」と何かが倒れる音がしました。音のする方向に視線を送ると・・・ぬうおわっ!マジかっ!!(写真左下)

いつかはこうなるかも知れないと思って、その都度キャップは閉めていたのですが、今日は残りの台車ひとつで、すぐに済むからと横着した矢先にこれです・・・OTL

あー、なんてもったいないっ!
恐らく、50両分くらいの接点復活材を失ってしまいました・・・○凹

この細長く、不安定な入れ物は考え物です。すぐに転倒防止対策を実施いたします。

その辺に転がっていたクリップで挟んでおきます。先にこれを行なっておくべきでしょう。

細身の入れ物は転倒事故が起こる率が高いですので、皆様も横着はなされない事を強くお勧めいたします。

さて、気を取り直して「自作テープLED」を装備させた「キロ28-6000」に通電、室内灯の点灯確認を行います(写真右下)。

問題の瞬くLEDは、この度も暗く瞬いてくれています。

キハ58系 たかやま(品番:92202)」の他の車両は、室内灯を搭載しておりませんので、引き続き、テープLEDユニットから制作を行おうと思っております。

WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆鉄道模型、LEDがひとつ瞬くLEDユニットを再利用してみよう思って…

2020年10月24日 19時23分23秒 | 鉄道模型、室内灯組込
今度は、症状が再発しろ!…と、願っている自分が居た…


昨日(2020.10.23.)、TOMIXさんの「フラノエクスプレス(品番:92910)」の走行動画で、自作テープLEDのLEDひとつだけが瞬く現象の動画を投稿しました。

【鉄道模型】稀な現象発生!TOMIX フラノエクスプレス 自作テープLED室内灯装備、非装備状態と比較、夜間走行あり【走行動画】
YouTubeさんで視聴


この瞬くLEDユニットは交換の為に取り外し、パワーユニット「N-1000-CL」と直接接続すると、他のLEDと同様、問題無く点灯する事を確認いたしました。

・・・という事は、LEDユニット単体としての光り方を見ただけでは、この潜在的な瞬きを見破る事が難しいかも知れません。

今、冷静に考えますと、問題の発生していた自作テープLED室内灯そのもの(白色LEDユニット+電球色LEDユニット+ブリッジダイオード+コンデンサー)を、保管しておくべきだったと思います。

もう一度、同じ部品構成で自作テープLEDユニットを制作しても、部品の相性が原因だった場合、瞬く症状が再発しなくなる可能性もあるからです。

とりあえず、この問題のLEDユニットは、稀なサンプルとして保存する事にいたしましたので、問題が発生した時と同じ部品構成(部品そのものは異なります)で再度、制作いたしました。

自作テープLEDモジュールを制作し、点灯確認・・・・・

この時、私は問題のLEDに対して、今度は「症状が再発しろ! 再発してくれ!」と願いながらパワーユニットの出力を上げてまいりました。

私の願いは大抵、蹴飛ばされ、却下されるのですが、この度は症状が再発しました!

・・・大丈夫! 生きてる!(LEDとしては瀕死ですが)

問題のLEDは、ブリッジダイオードを経由すると、点灯するまでに他のLEDよりも高い電圧を要するようです。
いずれにしても、パワーユニットの半分程度の出力では他のLEDとほぼ同じ明るさで光っておりますので、LEDそのものの個体差であり、製品仕様は満たしていると言えます。

さて、この自作LEDモジュールを、どの車両に搭載するかですが、画像では「キハ58系 たかやま(品番:92202)」の中間車「キロ28-6000」に乗せようと思いました。

この「キロ28-6000」は、当方所有の「キハ58系 たかやま(品番:92202)」の製品セットの車両とは別に、単品で入手した車両です。なぜこの車両を単体で入手したのかは不明です(ぉぃ)。

キハ58系 たかやま(品番:92202)」は旧集電台車製品の為、集電部品を入手しなければならず、現時点で室内灯は装備いたしておりません。

この製品に全て白色室内灯を装備させ、単品で入手していた中間車「キロ28-6000」を、交換すれば「問題の無い編成」と「蛍光灯がひとつ切れた編成」が楽しめるかなと思った次第です。

入手意図が不明な単品車両を救済、活用ができそうですので、LEDがひとつ瞬く現象を確認した時は、かなり凹みましたが、それを受け入れ、活用するのも、鉄道模型の楽しみ方のひとつと言えるのではないでしょうか。

まずは、集電部品を入手しなければなりません。


しかし現在、これを定価までの価格で入手するのはなかなか難しく、今すぐに実施できないのが悔やまれます。

WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆鉄道模型、お詫びと訂正:フラノエクスプレスに自作室内灯ユニット交換…

2020年10月15日 19時23分34秒 | 鉄道模型、室内灯組込
昨日(2020.10.14.)の記事で、LEDの不良ではなく、PWM制御方式のパワーユニットとの相性問題だと判断いたしました。ここに、お詫びと訂正をさせて頂きます。


写真はTOMIXさんの「フラノエクスプレス(品番:92910)」です。

2020.10.14.の記事
◆鉄道模型、フラノエクスプレスに自作室内灯を追加!…だがしかしっ!

で、フラノエクスプレスに自作LED室内灯を装備させ、そのうち、LEDがひとつ点灯不良と記しました。

問題の白色LEDユニットを、別の白色LEDユニットと交換しいたしました。

問題の白色LEDユニットには赤い「×印」を付けましたが、もう一度パワーユニット「TOMIX N-1000-CL」と直で接続し点灯確認したところ、パワーユニットの出力半分程度で問題なく点灯しています。車両搭載時に見られた不安定な点滅は無く、他の2個のLEDと同じ点灯状態です。パワーユニットの出力を変更しても、問題のLEDだけが不安定な点滅を起こす事はありませんでした。

私は昨日(2020.10.14.)の記事で「点灯状態が不良(調子が良くない)」という意味で記しましたが、このLED製品自体が不良品だという捉え方も出来てしまう内容でした。LEDの製品としては12ボルトの電圧で問題なく点灯する仕様を満たしており、不良品ではございません。ここに訂正し、お詫び申しあげます。

しかし、このLEDのひとつだけが、今までのLEDと違う反応(点滅)を見せたのは謎で、これはもう相性問題と言うしか無さそうです。

白色LEDユニットを交換後は、全く問題なく点灯してくれるようになりました。

固定式レイアウトで走行テストです。


昨日(2020.10.14.)の記事と同じような写真ですが、同じなのは左下の写真のみです。

電球色と白色のLEDを装備させた車両の光り方に、差がある事が伝われば幸いです。
この車両、実車は全て白色の室内照明だったのかも知れません。Webの画像検索で出てくる画像では白色の照明が多いようです。

KATOさんの「フラノエクスプレス」は、電球色の室内灯が標準装備のようですが、これは電球色というよりも、本物のムギ球(豆電球)が使われている為のようです。

以下に「フラノエクスプレス」関連記事を置いておきます。

2020.10.13.の記事
◆鉄道模型、フラノエクスプレスに集電部品を追加!(予定)
2020.02.03.の記事
◆鉄道模型、フラノエクスプレスのライトをLED化!
2019.11.15.の記事
◆鉄道模型、TOMIXさんのフラノエクスプレスは謎の多い製品です
2019.11.16.の記事
◆鉄道模型、TOMIXさん、フラノエクスプレス動力車の謎
2019.11.23.の記事
◆鉄道模型、フラノエクスプレスの走行動画です!(走行動画あり)

室内灯を装備させる前の走行動画も置いておきます。

【鉄道模型】フラノエクスプレス(CG走行アニメあり)【走行動画】
YouTubeさんで視聴


これでようやく、改めて走行動画を撮れる状態まで辿り着けたと思います。

2020.10.24.追記
自作テープLED室内灯を装備させたフラノエクスプレスの走行動画です!

【鉄道模型】稀な現象発生!TOMIX フラノエクスプレス 自作テープLED室内灯装備、非装備状態と比較、夜間走行あり【走行動画】
YouTubeさんで視聴


WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆鉄道模型、フラノエクスプレスに自作室内灯を追加!…だがしかしっ!

2020年10月14日 19時35分57秒 | 鉄道模型、室内灯組込
結構難易度が高く、工夫も必要。苦労するも最後に点灯不良に気付く…OTL


写真はTOMIXさんの「フラノエクスプレス(品番:92910)」です。

2020.10.13.の記事
◆鉄道模型、フラノエクスプレスに集電部品を追加!(予定)

に続き・・・そうそう、今日は「鉄道の日」だそうですね。

フラノエクスプレスに自作LED室内灯を装備いたします。

これは、

TOMIXさんの汎用的な自作テープLED制作手順では通用しない所もありますので、専用設計といたします。

車体を分解すると、旧式の車両の為なのか、ハイデッカー車の為なのか、純正の室内照明ユニットを固定するフックのような形状が見当たりません。

という事は、車体のボティの上に両面テープで固定する必要がありそうです・・・なるべく両面テープでの固定は避けたいのですが、仕方が無いところでしょうか。
後々、テープLEDの着脱が行ないにくくなる事が予想されますので、予め「1μF」のコンデンサーも追加しておきます。

先頭車は、ハイデッカーの所で段差がありますので、テープLEDユニットも段差を設けて対応いたします(写真右上)。
これで、先頭車の展望室にも光が届き、純正品の「フラノエクスプレス用室内照明ユニット(品番:0791)」よりも見栄えが良くなると思います。

使用するテープLEDは白色を選びました。

中間車のトレーラー車は、座席部品を見ると、半分はロビーのような椅子配置になっていましたので、この箇所のみ電球色LEDを使用しました(写真左下)。

中間の動力車は、汎用的な自作テープLED制作手順と同じですが、やはりボディの上側に両面テープで固定する必要がありました。

4両分全て作業を実施し、走行テストを行ったところ、中間車の白色LEDの1個が不安定で暗く、停車していても点滅する事があります・・・OTL


勿論、作業前に全てのLEDが点灯する事は確認しているにも関わらず、このような事が起こると裏切られた気分になります。

しかも、一番苦労した白色と電球色の組み合わせLEDユニットでの点灯不良とは・・・もう呪われているような気がしました。

苦労してこのような結果では納得が出来ませんので、この点灯不良があるLEDユニットは、他のユニットと交換実施いたします。

・・・もう、本来行なわなくても良い事を、もう一度行なわなければならないとは・・・○凹

以下に「フラノエクスプレス」関連記事を置いておきます。

2019.11.15.の記事(ご参考)
◆鉄道模型、TOMIXさんのフラノエクスプレスは謎の多い製品です
2019.11.16.の記事(ご参考)
◆鉄道模型、TOMIXさん、フラノエクスプレス動力車の謎
2019.11.23.の記事(ご参考)
◆鉄道模型、フラノエクスプレスの走行動画です!(走行動画あり)

走行動画も撮っておりましたので置いておきます。

【鉄道模型】フラノエクスプレス(CG走行アニメあり)【走行動画】
YouTubeさんで視聴


上の動画は、室内灯を装備させる前の状態です。

この度、自作LED室内灯を装備させましたので、改めて走行動画を撮ってみたいところですが、先ほど記したLEDが1個不安定な状態を解消できてからにいたします。

2020.10.24.追記
自作テープLED室内灯を装備させたフラノエクスプレスの走行動画です!

【鉄道模型】稀な現象発生!TOMIX フラノエクスプレス 自作テープLED室内灯装備、非装備状態と比較、夜間走行あり【走行動画】
YouTubeさんで視聴


WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆鉄道模型、フラノエクスプレスに集電部品を追加!(予定)

2020年10月13日 19時23分23秒 | 鉄道模型、室内灯組込
集電部品が1両だけで済むという安易な理由から、この車両に室内灯を装備させようと思いましたが、大丈夫でしょうか…。


写真はTOMIXさんの「フラノエクスプレス(品番:92910)」です。

何が決定なのかは、自作テープLED室内灯を装備させる車両という事。

先日、TOMIXさんの「373系(品番:92071/92072)」に自作テープLED室内灯を装備させましたが、この度の集電スプリングは「JS06(L=7.5mm)」ですので、引き伸ばさなくてもそのまま使えそうです。

この「フラノエクスプレス(品番:92910)」には、専用の室内灯ユニットのセットがオプションとして設定されていたようです。

「フラノエクスプレス用室内照明ユニット(品番:0791)」

わざわざ、専用の室内灯が設定されていると言う事は、車体の構造が少し特殊だという事が伺えます。

過去にこの車両は何度か分解いたしておりましたが、その当時は室内灯を装備させる事を考えておりませんでしたので、あまりその為の構造を見ておりませんでした。

以下に関連記事を置いておきます。

2019.11.15.の記事(ご参考)
◆鉄道模型、TOMIXさんのフラノエクスプレスは謎の多い製品です
2019.11.16.の記事(ご参考)
◆鉄道模型、TOMIXさん、フラノエクスプレス動力車の謎
2019.11.23.の記事(ご参考)
◆鉄道模型、フラノエクスプレスの走行動画です!(走行動画あり)

走行動画も撮っておりましたので置いておきます。

【鉄道模型】フラノエクスプレス(CG走行アニメあり)【走行動画】
YouTubeさんで視聴


フラノエクスプレスは、先頭車は半分ハイデッカー車で、中間車は全てハイデッカー車となっています。

そして、純正の「フラノエクスプレス用室内照明ユニット(品番:0791)」は、先頭車のハイデッカー部には照明の光が届かないような短さのようです。

自作LED室内灯を装備させるなら、TOMIXさんの「小田急ロマンスカー50000形VSE(品番:92754)」の時の様に展望側まで光が届くように工夫したい所です。

集電部品が1両だけで済むという安易な理由で、フラノエクスプレスを室内灯追加のターゲットに見据えておりましたが、この記事を打っていて、なかなか実施難易度は高そうな気がしてまいりました(苦笑)。

でもまあ、ここまで話題に取り上げたのですから、実施するしかないでしょう!

2020.10.24.追記
自作テープLED室内灯を装備させたフラノエクスプレスの走行動画です!

【鉄道模型】稀な現象発生!TOMIX フラノエクスプレス 自作テープLED室内灯装備、非装備状態と比較、夜間走行あり【走行動画】
YouTubeさんで視聴


WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆鉄道模型、TOMIX、373系に自作LED室内灯追加!しかし、色々な既出問題が…

2020年10月10日 20時07分23秒 | 鉄道模型、室内灯組込
どれも予想できた問題ですが、お約束どおり「負の予想」は裏切らない・・・時々でいいから「負の予想」は裏切ってほしい・・・OTL


2020.10.09.の記事
◆鉄道模型、今やTOMIXさんの旧集電シューは入手困難部品!?

で、TOMIXさんの「373系(品番:92071/92072)」に集電シューと集電スプリングを取り付け、自作LED室内灯を制作、組み込みました。今回は、いつも初回時は装備させてないコンデンサー(1μF)を予め装備いたしました。

TOMIXさんの汎用的な自作のテープLED制作手順は「103系(関西線)」の記事にて、画像付きで掲載いたしております。

室内灯を装備させた所、直線勾配も車輪が空転気味で、かなり厳しそうです(写真右上)。

以下の動画でもお話しておりますが、私の固定式レイアウトの直線勾配は約4%、曲線勾配は約4.2%となかなか厳しい勾配です。

【鉄道模型】驚きのFW効果!TOMIXさん「ED62 14号機・浜松工場」を色々検証しました【レビュー走行動画】
YouTubeさんで視聴


そう言えば、写真の「373系(品番:92071/92072)」は1M(動力車1両)なのですが、現行製品は6両編成で2M(動力車2両)となっております。

2020.02.10.の記事
◆鉄道模型、373系は少し不思議な製品。2動力車より1動力車の方が良いと思う派です。373系のライトをLED化!

では「2動力車」よりも「1動力車」で済むなら、それに越したことはないと記しましたが、この現状を考えると「2動力車」の方が良いかも知れません。現行製品が「2動力車」なのはそういう事なのでしょうか?

もうひとつ、私の固定式レイアウトのヤードに進入すると、先頭車の室内灯が暗くなる現象が確認できます(写真左下)。

これは、以下の動画の「E231系 山手線」と同じ現象です。

【鉄道模型】先頭車と動力車の室内灯が暗い「E231-500系 山手線」【走行動画】
YouTubeさんで視聴


この原因は電圧降下ですが、本線の通過線では、電圧降下が抑えられているため、先頭車の室内灯はさほど暗くなりません(写真右下)。

久々の自作LED室内灯の組み込みですが、過去の出来事を考えると、全て予想できる事です。その為、この度は、予めテープLEDにコンデンサー(1μF)を装備させました。

しかし、直線勾配も満足に上れないのは予想外で、旧集電台車の転がり抵抗の悪さを実感しております。

このままでは、固定式レイアウトで勾配の無い「独立最外周本線」のみの走行になってしまいますので、何か対策ができないか考えてみたいと思います。

WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/


TOMIXさんの汎用的な自作のテープLED制作手順は「103系(関西線)」の記事にて、画像付きで掲載いたしております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆鉄道模型、転売せどり回避「マヤ34-2009」に自作LED室内灯追加!

2020年10月02日 19時27分23秒 | 鉄道模型、室内灯組込


転売せどりは私利私欲の塊であり、社会貢献は行なえていない。

「品薄になりそうだから、買い占めて高く売ってやろう」

こういう事をされると、消費者にとって、何一つメリットがない。

新品として販売されている商品が、転売せどりの対象になると買い占められ、流通在庫が減り、価格が高騰・・・消費者は元の販売価格よりも高い値段で買わされる事になります。それだけではなく、新品でも一度個人の手に渡るため厳密には中古扱いとなり、販売店様やメーカー様の無料保証も受けられなくなる可能性もあります。

あ、オークション(競売)は、転売せどりとは異なり、購入者が「入札した価格で購入したい」と思っているから、全く問題とは思いません。

しかし、転売せどりは、買い占められて流通在庫が無く、それでも必要だから「仕方なく高い価格で買わざるを得ない」という状況を作ります。

個人的に「モノレート」のようなサービスは無くなってもいいと思ってます。こんなのがあるから、多くの消費者が適正価格で物を買えなくなってしまうのです・・・。

あ、「モノレール」は大歓迎です!

・・・なぜこのような事を話しているのか・・・それは、この度扱っている鉄道模型の車両が検査車両の「マヤ検」だからです!

転売せどりも徹底的に検査し、あまりにもヒドイのは排除されるべきでしょう!

さて、マイクロエースさんの「マヤ34-2009(品番:A0302)」に自作LED室内灯を装備させます。

以前に、マイクロエースさんの「マヤ34-2002」に自作室内灯を追加いたしましたので、その時の流れと同じように作業は行なえると思っておりました。

だがしかし!

この度の車両はヘッドライトが点くので、多少構造は異なるかなと思っておりましたが、内部部品の構造は「マヤ34-2002」と同じではないようです。

メーカー様がしっかりと拘って作られているという事で、以前と同じ手順は通用しませんが、これはとても喜ばしいです!

この度は、白色テープLEDを使用いたしました。

テープLEDにブリッジダイオードをハンダ付けします。

この度も、汎用的な定位置にブリッジダイオードを付ける方法ですと、テープLEDの配置が偏り、LEDのひとつが車体内に収まらなくなりますので、専用設計を行ないました。

専用設計は、ブリッジダイオードの配置位置まで銅線のバイパスを行なわなければならないので、その点が面倒です。

LED室内灯を装備させた「マヤ34-2009」を撮影いたしました。この度の牽引/推進機関車はTOMIXさんの「DD51 ユーロライナー色」です。

このまま、のんびり走行を楽しみます♪

この「DD51 ユーロライナー色」もいずれ走行動画や、レイアウト紹介動画で登場させてあげたいと思っております!

【鉄道模型】レイアウト紹介1!TOMIXさんを選んで良かった事/トワイライトエクスプレス 瑞風、ななつ星in九州【走行動画】
YouTubeさんで視聴


WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆鉄道模型、KATO「ワフ29500」室内灯と荷物室側尾灯追加車両を出品しました!

2020年09月07日 19時37分37秒 | 鉄道模型、室内灯組込
走行動画を撮っていると、手放すのが惜しくなってきました(ぉぃ)。
電球色の商品写真です。


先日、記事にいたしました、KATOさんの車掌車/緩急車「ワフ29500(品番:8030)」の室内灯と荷物室側のテールライトを追加した車両を、「マルシェル」サービスにて出品いたしました。

★販売ページは、以下のURLです!
https://marchel.goo.ne.jp/nanatsuiro

鉄道模型、KATO「ワフ29500」室内灯と荷物室側尾灯追加車両(電球色LED)

鉄道模型、KATO「ワフ29500」室内灯と荷物室側尾灯追加車両(白色LED)


室内灯、及び荷物室側に使用したLEDの種類により、電球色と白色との2種類がございます。

出品商品に関して

・使用した車両は、2020年8月発売の新品製品となります
・製品の付属品(ユーザー取り付けパーツ)は未使用です
・車両のケースは、入手時より擦り傷が入っておりましたので、その点はご留意願います
・室内灯は進行方向に関係なく点灯、尾灯は進行方向に対し反対側のみ点灯します
・室内灯、デッキ側尾灯は、組込作業後、点灯確認を行っておりますが、お手元に届いた時点で不点灯の場合は、送料当方負担にて修理対応させて頂きます
・商品がお手元に届き、3日以上経過した場合、当方に不備が無い場合の修理、及び送料は有償とさせて頂きます
・LED追加の際、少々の衝撃ではLEDが不点灯にならないような設計を行ないましたが、車体のボディが損傷するほどの強い衝撃(落下等)では不点灯となる可能性もございます
・車両は2軸集電の為、線路の状態やポイントレール上の走行ではLEDが瞬きます。制作直後はLEDが殆ど瞬かない状態を確認済みで、下記の動画(9分30秒~)で走行、室内灯点灯状態をご確認いただけます
・私はタバコを嗜みませんので、非喫煙環境での制作作業となります

実車では、荷物室側が編成の最後尾となるような連結をされる事も多かったらしい「ワフ29500」を、鉄道模型でもお楽しみ頂く事が可能となります!
お手元のコレクションとして、ぜひ如何でしょうか?

写真では少し光が強調されておりますが、これは12Vで点灯させている為で、実際のスケールスピードを考慮した走行速度では、光が抑えられて実感的な明るさになると思います。下記、走行動画(9分30秒~)で、実際の点灯、走行状態をご確認いただけます。

【鉄道模型】KATO「8620 東北仕様」を色々検証しました/車掌車「ワフ29500」の8連走行も収録!【レビュー走行動画】
YouTubeさんで視聴


室内灯と尾灯装備済み「ワフ29500」をご購入のご検討をくださる場合は、上記動画で走行状態をご覧くださると、商品の状態がより伝わるのではないかと思います。

ご検討、どうぞよろしくお願い申しあげます!

商品に関して、何かご不明な点やご質問等ございましたら、お気軽にコメントくださいませ。

白色の商品写真です。


以下、関連記事です。

2020.09.03.
◆鉄道模型、KATO「ワフ29500」に電球色室内灯、尾灯を追加!
2020.09.04.
◆鉄道模型、KATO「ワフ29500」に白色室内灯、尾灯を追加!

↓主な作業工程(以前の製品ロットであり、この度の出品製品ロットではございません)
2020.03.04.の記事
◆鉄道模型、緩急車「ワフ29500」に室内灯、尾灯を追加!

WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆鉄道模型、KATO「ワフ29500」に白色室内灯、尾灯を追加!(出品済)

2020年09月04日 19時23分23秒 | 鉄道模型、室内灯組込
今度は白色LED!昨日と同じような写真です(苦笑)。


昨日(2020.09.03.)の記事、
◆鉄道模型、KATO「ワフ29500」に電球色室内灯、尾灯を追加!(出品予定)

で記した、KATOさんの車掌車/緩急車「ワフ29500(品番:8030)」に、今度は白色室内灯と尾灯を追加いたします。

主な作業工程は、

2020.03.04.の記事
◆鉄道模型、緩急車「ワフ29500」に室内灯、尾灯を追加!

で記した事と同じですが、この度も使用するLEDは、より広範囲に光る1608サイズの極小チップLEDで、ハンダ付けは、激ムズ鬼ムズです!

ブリッジダイオードの足を少し狭め、足場を作り、そこに極小チップLEDをハンダ直付けするのですが、何度か極小チップLEDを落としてしまい床を這い蹲る事に・・・OTL

荷物室側は、φ3mmの砲弾型、白色LEDを使用しました。室内灯用のLEDの色と、荷物室側尾灯のLEDの色を揃えておかないと、荷物室側尾灯LEDの光が窓枠に映り込み、不自然な光となったからです。


白色室内灯を組み込んだ「ワフ29500(品番:8030)」は、電球色のLEDよりも近代的な灯りになりました。

実車が電球なのか、蛍光灯なのか不明ですが、白色の室内灯は、これはこれで良いかと思います♪

写真では少し光が強調されておりますが、これは12Vで点灯させている為で、実際のスケールスピードを考慮した走行速度では、光が抑えられて実感的な明るさになると思います♪

デッキ側の尾灯は元々備わっていた赤色LEDをそのまま使用し、変更はいたしておりません。

後ほど、この白色室内灯と尾灯を追加した「ワフ29500」を、出品/販売予定です!

実車では、荷物室側が編成の最後尾となるような連結をされる事も多かったらしい「ワフ29500」を、鉄道模型でもお楽しみ頂く事が可能となります!

お手元のコレクションとして、ぜひ如何でしょうか!?

出品いたしましたら、改めて告知させて頂きたく思います!

2020.09.07.追記
室内灯と尾灯装備済み「ワフ29500」を出品いたしました!

★販売ページは、以下のURLです!
https://marchel.goo.ne.jp/nanatsuiro

鉄道模型、KATO「ワフ29500」室内灯と荷物室側尾灯追加車両(電球色LED)

鉄道模型、KATO「ワフ29500」室内灯と荷物室側尾灯追加車両(白色LED)


2020.09.05.追記
出品中の、室内灯と尾灯装備済み「ワフ29500」の走行場面を、以下の動画にて紹介いたしております。

【鉄道模型】KATO「8620 東北仕様」を色々検証しました/車掌車「ワフ29500」の8連走行も収録!【レビュー走行動画】
YouTubeさんで視聴


室内灯と尾灯装備済み「ワフ29500」をご購入のご検討をくださる場合は、上記動画で走行状態をご覧くださると、商品の状態がより伝わるのではないかと思います。

ご検討、どうぞよろしくお願い申しあげます!

お約束事ですが、分解や改造加工は自己責任です。本ブログ内の記事をご参考にされ、同様の事を行なわれた場合、当方はその責任を負えませんので十分ご留意くださいませ。

WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆鉄道模型、KATO「ワフ29500」に電球色室内灯、尾灯を追加!(出品済)

2020年09月03日 20時07分23秒 | 鉄道模型、室内灯組込
以前の加工より、もっと完成度を高めるべく…


昨日(2020.09.02.)の記事、
◆鉄道模型、こんな事ある!?KATO「ワフ29500」誤組みで出荷!

でも記した、KATOさんの車掌車/緩急車「ワフ29500(品番:8030)」に、室内灯と尾灯を追加いたします。

主な作業工程は、

2020.03.04.の記事
◆鉄道模型、緩急車「ワフ29500」に室内灯、尾灯を追加!

で記した事と同じですが、使用するLEDは、より広範囲に光る極小チップLEDを使用する事にいたしました。

以前の室内灯用のチップLEDは、3020サイズだったのですが、この度は1608サイズと、ほぼ半分!手作業でブリッジダイオードに直付けする難易度は、鬼ムズ激ムズです!

ブリッジダイオードの足を少し狭め、足場を作り、そこに極小チップLEDをハンダ直付けいたしました。

荷物室側は、φ3mmの砲弾型LEDを使用しました。これは以前とほぼ同じですが、このままでは荷物室側のテールライトが電球色になる為、中のレンズ部品を赤く着色し、赤い光となるようにいたしました。

この荷物室側尾灯用LEDは、真鍮製の丸いウエイトと干渉しないような足の曲げ方を行なっておりますが、売り物としても安全策を徹底する為、足部に保護チューブを使用いたしました。

また、荷物室側のカプラーの根元から光が見えていた為、ボール紙を使用した遮光部品を制作し、光漏れを目立たなくいたしました。

室内灯と、荷物室側の尾灯を追加したライト基板と、それを搭載して光らせた写真です。


デッキ側も荷物室側も良い印象で、以前より室内灯の光の広がりが増しました。

写真では少し光が強調されておりますが、これは12Vで点灯させている為で、実際のスケールスピードを考慮した走行速度では、光が抑えられて実感的な明るさになると思います♪

デッキ側の尾灯は元々備わっていた赤色LEDをそのまま使用し、変更はいたしておりません。この標準装備の尾灯赤色LEDは、以前のロットより樹脂の色が赤く変更されておりましたが、灯りの色は然程変わりません。

後ほど、この室内灯と尾灯を追加した「ワフ29500」を、出品/販売予定です!

実車では、荷物室側が編成の最後尾となるような連結をされる事も多かったらしい「ワフ29500」を、鉄道模型でもお楽しみ頂く事が可能となります!

お手元のコレクションとして、ぜひ如何でしょうか!?

出品いたしましたら、改めて告知させて頂きたく思います!

2020.09.07.追記
室内灯と尾灯装備済み「ワフ29500」を出品いたしました!

★販売ページは、以下のURLです!
https://marchel.goo.ne.jp/nanatsuiro

鉄道模型、KATO「ワフ29500」室内灯と荷物室側尾灯追加車両(電球色LED)

鉄道模型、KATO「ワフ29500」室内灯と荷物室側尾灯追加車両(白色LED)


2020.09.05.追記
出品中の、室内灯と尾灯装備済み「ワフ29500」の走行場面を、以下の動画にて紹介いたしております。

【鉄道模型】KATO「8620 東北仕様」を色々検証しました/車掌車「ワフ29500」の8連走行も収録!【レビュー走行動画】
YouTubeさんで視聴


室内灯と尾灯装備済み「ワフ29500」をご購入のご検討をくださる場合は、上記動画で走行状態をご覧くださると、商品の状態がより伝わるのではないかと思います。

ご検討、どうぞよろしくお願い申しあげます!

お約束事ですが、分解や改造加工は自己責任です。本ブログ内の記事をご参考にされ、同様の事を行なわれた場合、当方はその責任を負えませんので十分ご留意くださいませ。

WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆鉄道模型、惰性走行的作業「長野電鉄1000系 ゆけむり」自作室内灯にコンデンサーを追加!

2020年08月29日 19時23分23秒 | 鉄道模型、室内灯組込
昨日と同じような画像ですが、車両が異なります。


昨日、「小田急ロマンスカー10000形 HiSE」の室内灯にコンデンサーを追加し、編成全体の室内灯は明るくなりました。

2020.08.28.の記事
◆鉄道模型、結局どっちがいいの?「小田急ロマンスカー10000形 HiSE」自作室内灯にコンデンサーを追加!

長野電鉄1000系 ゆけむり」も、同じ形式の車両なので、こちらも自作室内灯にコンデンサーを追加いたします。

この車両も先頭車のみ室内灯が暗い傾向があります。自作室内灯を装備させた時はあまり気にならなかったのですが、先頭車のみ暗いという擦り込みが入ると、やはり暗いのは問題と思えるようになってまいりました。

自作LEDへのコンデンサー追加は、必要な車両と、必要でない車両がある。

・・・というのが、現時点での私の見解です。

小田急ロマンスカー10000形 HiSE」は11両編成なのでコンデンサー追加も、それなりに手間が掛かりましたが、今回の「長野電鉄1000系 ゆけむり」は4両編成ですので、作業は比較的短時間で終わりました。

長編成好きだと、メンテナンスや加工、そして費用と時間・・・色々と嵩みます。
だからこそ、長編成が魅力的に思えるのかも知れません。

この「長野電鉄1000系 ゆけむり」もコンデンサーの追加で室内灯は十分な明るさになったの思いますので、走行動画を撮れる状態になったかなと思います。

まだ、追加で実施できる事として「ウエイトに銅テープを追加」がありますが、しばらく様子を見て、必要そうなら実施しようと思います。今の所、実施は不要だと判断いたしております。

今までの固定式レイアウト紹介動画や走行動画で登場させなかったので、何らかの形で走行場面は残しておきたく思っております。

【鉄道模型】レイアウト紹介1!TOMIXさんを選んで良かった事/トワイライトエクスプレス 瑞風、ななつ星in九州【走行動画】
YouTubeさんで視聴


コンデンサー関連記事

2020.01.10.の記事
◆鉄道模型、自作室内灯にコンデンサーは必要か?「E231系 山手線」で検証
2020.07.25.の記事
◆鉄道模型、作業は続くよどこまでも…「207系(東西線)」に自作室内灯にコンデンサー追加!

WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆鉄道模型、結局どっちがいいの?「小田急ロマンスカー10000形 HiSE」自作室内灯にコンデンサーを追加!

2020年08月28日 19時23分23秒 | 鉄道模型、室内灯組込
鉄道模型に自作室内灯を装備させる時、コンデンサーは必要なのか・・・という疑問に対して、色々自分なりに試した結果、ひとつの答えが見えてきました。


Webで情報を探してみると、コンデンサーを付けている方と、そうでない方がおられます。

概ねのWeb情報として、自作LEDへのコンデンサー追加は、

「必ずしも必要ではない」
「コンデンサー追加よりも、メンテナンスを徹底した方が効果がある」

というような印象で、目に見える(人間が感覚できる)室内灯の瞬き防止には、それほど効果があるとは思えません。

私は、コンデンサーを付けている車両と、付けていない車両があります。

2020.01.10.の記事
◆鉄道模型、自作室内灯にコンデンサーは必要か?「E231系 山手線」で検証

でも、記しておりますが、この度追加したコンデンサーは、

チップ積層セラミックコンデンサー
10μF
25V
3216サイズ

で、10μF程度では、走行時「車輪から受け取る電気が不定期的に断たれる事」に対する瞬きは、防止できません。この場合は、もっと大きな容量のコンデンサーが必要です。

では、10μFのコンデンサーは、「PWM方式によって電気が規則的に断たれる事」による、目視では分からない瞬きを抑える働きがあり、結果として明るく感覚されます。

この度の記事の写真下「小田急ロマンスカー10000形 HiSE」の左側の車両の自作室内灯のみ、コンデンサーを追加した状態です。
左から2両目はトレーラー、その左となりは、モーター車です。

この車両も先頭車のみ室内灯が暗い部類に入ります。

コンデンサーを追加した事により、確実に明るくなりました。写真、一番右の先頭車と比較しても、はっきりと違いが現れております。

この車両の特徴である連接台車は、動力車以外、車両1両に対してひとつの台車からの集電という仕様の為、室内灯の瞬き防止対策は、しっかりと行なわなければなりません。

以下の固定式レイアウト紹介動画で、「小田急ロマンスカー10000形 HiSE」を走行させておりますが、先頭車のみ顕著に暗いようでしたので、この度、コンデンサーを追加する事になりました。

【鉄道模型】レイアウト紹介6!ダブルスリップポイント相性について/TOMIXさんの良い点/小田急ロマンスカー、ブルートレインあさかぜ、スーパーあずさ、等【走行動画】
YouTubeさんで視聴


今回の記事写真のように4両編成だと「長野電鉄1000系 ゆけむり」のように見えます。

自作LED室内灯にコンデンサーは必要なのか?
結局どっちがいいの?

私なりの現時点での結論は、他の車両と比べて室内灯が暗いと思ったら必要、そうでなければ不要だという事になります。

また、コンデンサーを搭載すると、光が明るくなり過ぎる印象もありますので、実感的な明るさを求められる場合はコンデンサーを搭載しない方が良いでしょう。

鉄道模型的には、多少室内灯の光が明るい方が、撮影映えすると思います♪

WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加