室蘭登別 訪問リハビリテーション連絡会

室蘭・登別地区の訪問リハビリ情報交換の場

平成30年北海道胆振東部地震について

2018-09-26 17:24:36 | 報告

 当会の主要地区である室蘭市・登別市は西部ではありますが胆振(いぶり)管内に属しています。9月6日の地震では震度5弱を観測し、地震中にすぐに停電になりました。幸い、東部で起きた土砂崩れや札幌市清田区のような液状化現象はなく、死者・重傷者も報告されていません。

 当地区では2012年11月27日に大停電を経験しています。また、東日本大震災や熊本地震を経験した仲間から災害時の対応について学んでいます。昨年度の研修会では緊急時・災害時の対応について話し合いました。

 会員の所属する各職場では、地震当日は利用者方々の安否確認を行いました。主に当日訪問予定の利用者、独居の利用者、電動の機器が必要な利用者への連絡を重視しました。連絡不通者や不安を強く感じる方には直接訪問させてもらいました。信号機が点灯しない状況であったため、職員の安全も考慮して極力移動時は複数名体制を取りました。

 他サービス提供者と重複連絡や担当ケアマネジャーへの連絡・相談、利用者側から携帯電話の電池残量低下など、安否確認や連絡手段について課題も見えました。しかし、日頃から当会会員は生活弱者・災害弱者になり得る利用者方々の存在を知り得る立場にあります。訪問リハビリテーションを提供するだけでなく、利用者方々に安全・安心を感じてもらえるような信頼される間柄でいられるように、日々 精進したいと存じます。

 

室蘭・登別 訪問リハビリテーション連絡会 理事一同

コメント

基礎研修会Series2「バイタルサイン~異変に気付くには~」を開催・参加して

2018-09-14 08:51:43 | 報告

 今回の基礎研修会は、昨年度行われた「血圧」の続編として、講義と血圧測定の実演を行いました。

 講義内容は、前回基礎研修会のアンケート結果をもとにした内容で、心疾患や薬剤・食事によって影響する血圧の機序についての講義が行われました。

 また進行役として、後半の血圧測定の実演を行いましたが、資料の作成を行った際に、改めて、あたりまえに行っていた測定方法の振り返りを行う機会を持つことができ、主催者側としても、とても勉強になりました。

 

製鉄記念室蘭病院 訪問リハビリテーションセンター

理学療法士 工藤友美

コメント

平成30年度 第1回 基礎研修会のお知らせです!

2018-08-24 19:44:11 | ご案内

当連絡にて、平成30年度 第1回 基礎研修会Series2を開催致します!

前年度に開催しました基礎研修会「血圧」のアンケート回答をもとに、

基礎研修会のSeries2として「バイタルサイン」の基礎について改めて、

見直しが出来ればと思っております。

皆様と日々の業務で感じている「バイタルサイン」での疑問や不安を

共有できればと考えています!

是非、皆様の参加をお待ちしております!

 

コメント

第12回 日本訪問リハビリテーション協会 学術大会in北九州に参加して

2018-06-22 11:48:15 | 報告
 

2018年6月16日〜17日に北九州国際会議場にて行われた学会に聴講として参加してきました。

テーマは「そのひとらしく」を支えきること〜すべてのステージでいきる訪問リハとは〜

今回の学会のテーマとして挙げられているように、対象者やその家族のライフステージに沿った介入が必要とされ、今後は2025年に向け、より介護ニーズが必要となることが予想されています。


医療/介護/生活支援/介護予防/住まいで構成される地域包括ケアシステムは各市町村ごとにマネジメントしていくこととなり、多職種との協働が必要となることを伝えていました。

 

学会の内容は2日間を通して、口述、ポスターのほか、多くの講演、セミナーなども組まれており充実した内容となっていたと感じています。

まだまだ知らない世界なため、各病院、施設の先輩方の事例検討、研究の発表を聴き、勉強させてもらいました。

来年は新潟で行われる予定となっています。次回の学会は発表者として参加したいと思いました。

 

 

大川原脳神経外科病院

リハビリテーション部 

作業療法士 開米 亮太

コメント

学会報告

2018-06-21 14:21:21 | 報告

先日、第12回日本訪問リハビリテーション協会学術大会in北九州にて演題発表をしました。この度はポスター発表で事例報告をさせていただきました。
 私のポスターは会場の入り口近くで、通りがかった人の目につきやすいところに張り出させてもらえました。聴講者も60人以上は集まってくれたかと思っています。
 事前に座長にもお褒めいただきました。発表後にも質問が出来なかった方々が話にきてくれて、有意義な意見交換ができました。
 学会全体を通して、九州の訪問リハビリテーション業界に活気があると改めて感じました。当会会員は私を含め5名参加しましたが、もっと多くの会員にこの雰囲気を感じてもらえたらと思っています。
 次回の新潟にも足を運べたらと思います。

 


代表 三政


  

コメント