るーるーびー

漫画家、橋本正枝の、のほのほ落書きと猫を可愛がる落書き帳です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ロイヤルオペラハウス

2010-09-23 09:22:21 | 日記
椿姫を観る。
前情報を入れなかったので、主役のアンジェラ・ゲオルギューが降板していて
代役の代役がつぎつぎ降板していたのを会場で知った。
昨日は同時開催していた「マノン」の主役を歌っていたプリマが
急遽、ヴィオレッタ役も歌った。

アンナ・ネトレプコ
マノンをやってから中1日だけの休みでの主役。
柔らかい声でヴィオレッタの感情が伝わってきて泣ける。
いつもは激しく泣いてしまうのですが、今回は3階席ということもあってか
新しい事に気がついた。

まずいままでの
わたしの泣きポイントは
娼婦で快楽に生きているヴィオレッタが田舎の純朴青年アルフレードに会って
愛を信じてもいいのかしら?いいえ、いいえ、これからも享楽的に生きるわ
と自分を言い聞かそうとするヴィオレッタ
愛は宇宙の鼓動ーと現実を見ないボンボンが歌う

ここの愛が怖くてあきらめようとするヴィオレッタに泣ける
感情が動くところの一歩前
ジェットコースターの激流を下る前のじんわりと登っていくところ
がいいんだわ

他にも二人を分かれさせようとアルフレードの親父が来てさんざ嫌味を言った挙句ヴィオレッタはアルフレードをだますことにする。
アルフレードが父さんが来るけれどきっと二人を許してくれるよ
君にあったらきっと気に入ってくれるよ
そうね、きっとそうよね、わたし少し向こうに行っているわ
すこし顔色が悪いね
ううん笑っているでしょう?ほら花の中からあなたを見ているわ

笑えてあなたにお別れをいえるでしょう?

アルフレードをだますために元のパトロンとパーティーに来たヴィオレッタを
大勢の前で侮辱するボンボン
みんながボンボンを責めるなかショックで床に崩れ落ちたヴィオレッタが
切々とボンボンへの愛を歌うシーン

なぜこんなにもボンボンを信じられるのか。
奴はあなたのこと何も見てはいないよ。
本当にあなたを見ていたらそんな行動はしないでしょうと
歌の美しさとあいまって涙なみだなのでした。

そして今回新たに感動したシーン
一人ぼっちで病気も重くお金もなく死の直前のヴィオレッタの元に
ボンボンとボンボン父が駆けつけてくる
やっと幸せをつかめる今もっと生きたい。
どうして死ななきゃいけないの
嘆くボンボンたちの前で急に楽になるヴィオレッタ
白い光が彼女を照らして光の中に歩き出そうとして倒れる

今まで愛にばかり気を取られていたので、死ぬ間際にボンボンが抱きしめていないのは酷い
と憤っていました。
が、やっといろいろなしがらみから開放されてやっと彼女が自分で歩き出せた
ハッピーエンドなんだ
と今更気がつきました。
なんという暗愚。
無知の知ともいうし、魂の浄化に気づいてすっきり

ネトレプコ良かった

オペラおもしろいよー


コメント (2)

こんにちは

2010-09-22 11:54:39 | ねこ
熊を食べてからものすごく描いていませんでした。
こんにちは。

心ある人からどうしたの?と心配されてただサボっていただけなのに
ありがたいやらありがたいやらです。
元気です。

今、2010.9.22に興味あること

自転車
山登り
仕事
米原万里さんの本を読むこと
オペラ
友達に連絡しなくてはーです

自転車はサイクルコンピューター?をつけて以来、総走行距離6000キロになった!!
と友人に話したら
「まだまだモンブランの高さにも及ばんな」といわれてしまった。
へい。
そのとおりで。

ちょっと前には東京ゲームショーにいった。
モンハン!!ですなあ。
以前飲み会でモンハンのいい所ってなんですか?と聞かれ
ひたすらモンスターを倒すところ?
みんなでわいわい遊ぶところ?
自然の中感?
武器の重さ感か?
やらいろいろ言ってたけど面白いからだなあ。
もって帰ってきたかった。
早く遊びたいなあ。

ちょびちょびと描いていきます。
よろしくです
コメント (2)