★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★

TB専用ブログです。本宅にてアニメ・ドラマレビュー中心に、声優話・舞台鑑賞レポ等をUPしております。管理人@なぎさ美緒

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ドラマ「南極大陸」第1話 感想「戦後日本復活への愛と命の感動物語」

2011-10-17 00:24:04 | TVドラマ感想

敗戦国、日本----------。


そんな戦後の日本で、夢を持つ男がいた------------倉持岳志。



って、OPはJINだったなぁ(^^)

あの音楽が思い出されたわ。



記念作品と呼ぶにふさわしい1話だったんじゃないでしょうか。

映画感覚で見れたし、映像も綺麗だった。
キャストも豪華だし。


いやぁ、柴田さん、久しぶりに拝見しました~♪
やっぱかっこいいっ(^^)






続きを読む



トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
« 大河ドラマ「江~姫たちの戦... | トップ | 未来日記 第2話 感想「契約... »

TVドラマ感想」カテゴリの最新記事

23 トラックバック

ドラマ「南極大陸」第1話感想「戦後日本復活... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
敗戦国、日本----------。そんな戦後の日本で、夢を持つ男がいた------------倉持岳志。って、OPはJINだったなぁ(^^)あの音楽が思い出されたわ。記念作品と呼ぶにふさわしい1話だ...
南極大陸 第1話 (レベル999のgoo部屋)
『戦後日本復活への愛と命の感動物語~  56年前に起きた犬と人間の奇跡が今、動き出す』 内容 昭和30年代。。。まだ、戦後が終わっていない頃。。。。。 地質学研究者・倉持岳志 (木村拓哉) の前に、白崎優(柴田恭兵)教授が現れる。 南極観測のための国際会議が...
南極大陸 第1話 感想「戦後日本復活への愛と命の感動物語」 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
南極大陸ですが、戦後日本は貧しく敗戦国のレッテルを貼られて、諸外国からも小ばかにされています。そんな中で人々に夢と希望をあたえようと地球物理学の助教授・倉持岳志(木村拓哉)が神々が住む南極大陸を探検しようとしますが、冷徹な大蔵官僚・氷室晴彦(堺雅人)は...
南極大陸 (第1話 10/16) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
10/16からTBSで始まったドラマ『南極大陸』(公式)の第1話『戦後日本復活への愛と命の感動物語~56年前に起きた犬と人間の奇跡が今、動き出す』の感想。本作とは直接無関係だが、高倉健主演映画『南極物語...
南極大陸 (第1話 10/16) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
10/16からTBSで始まったドラマ『南極大陸』(公式)の第1話『戦後日本復活への愛と命の感動物語~56年前に起きた犬と人間の奇跡が今、動き出す』の感想。本作とは直接無関係だが、高倉健主演映画『南極物語...
日曜劇場『南極大陸』 第1話「戦後日本復活への愛と命の感動物語~ 56年前に起きた犬と人間の奇跡が今、動き出す」感想 (空色きゃんでぃ)
キムタクが南極に行く! 犬も一緒に行く! 南極のシーンのロケは北海道なんですね。 史実が題材で、真面目な雰囲気の話ですね( ・`ω・´) 「いつになったら戦後っていう時代は終るんですか?」 昭和30年代。 日本の南極観測実現のために奔走する倉持岳志(木...
【南極大陸】第1話 (ドラマ@見取り八段・実0段)
たぶん、今期一番の「鳴り物入り」で始まった「TBS開局60周年記念番組」。 「南極大陸」第1話。え~・・・・・簡単感想で。 とりあえず~・・・ この時代、日本が南極に行くってことが、どんなに大変...
南極大陸 第1話 (青いblog)
南極越冬隊 タロジロの真実 (小学館文庫) 解説 『戦後日本復活への愛と命の感動物語~56年前に起きた犬と人間の奇跡が今、動き出す』 出演:木村拓哉、綾瀬はるか、堺雅人、柴田恭平、芦田愛菜...
南極大陸 #01 (ぐ~たらにっき)
『戦後日本復活への愛と命の感動物語~56年前に起きた犬と人間の奇跡が今、動き出す』
「南極大陸」未知なる世界への挑戦1国際復帰プロジェクトの窮地を国民が後押しして未開の地南極へと出発した (オールマイティにコメンテート)
「南極大陸」は1955年戦後から10年が経た日本で初の南極観測隊を発足させ第1次南極観測隊として南極へ向かって未来への第一歩を踏み出したストーリーである。 戦後敗戦国 ...
南極大陸 第1話の感想 (オタクと呼ばないで)
TBS系列で放送された日曜劇場「南極大陸」第1話の感想など。初回2時間スペシャルということで、ぶっちゃけ、冗長で退屈してしまうのでは?という疑念を持ちました。ですが、見始めるとそんな疑いもどこへやら、最後までチャンネルを変えることなく見続けました。毎日が...
「南極大陸」第一回の感想 戦後の人には見えない木村拓哉さん (今日も何かあたらしいドラマ)
「南極大陸」第一回、そんなに長くなくてもいいんじゃないか、っていうほど長いスペシャル。 木村拓哉さんは相変わらず、何をやっても木村さんで、とても戦後の日本人には見えない。 敵役?の堺雅人さん...
『南極大陸』 第1話 (美容師は見た…)
南極には、この世界が誕生した秘密がいっぱい隠されてる。神の住むところ。。。南極観測って、一体何を観測してるのか深く考えたことがなかったんですけど、あれから50回以上も観測隊を送り込んで来たんですね~。『ぴったんこ・カンカン』で見た、「南極・北極科学館」へ...
南極大陸 (Akira's VOICE)
初回の感想 
熱かった!「南極大陸」 (徒然”腐”日記)
いや~~~~熱いドラマですね「南極大陸」初回2時間あっという間でした主演のキムタクがめっさ熱くて格好良いでもな~~~茶髪はなーーーー柴田恭平さんの髪型も今風・・・・・・...
ドラマ『南極大陸』 #1 (よくばりアンテナ)
TBS開局60周年記念 日曜劇場って銘打って、 ずいぶんと大がかりなドラマになっているようですね。 その甲斐あってか、初回の視聴率も良かったようですね~。平均22.2%だって! 戦後の日本があん...
《南極大陸》★01 (まぁ、お茶でも)
昭和30年8月、 八ヶ岳。 ハーケンを打ちこむ音。 東大理学部・助教授 倉持岳志。 切り立った崖を足を滑らせながらも登り、12年前事故で遭難した、友人のために手を合わせた。 そこに白崎名誉教授からの無線が入った。
南極大陸 第1話 (ぷち丸くんの日常日記)
昭和30年代、人々はがむしゃらに働き、経済を立て直そうとしていたが、世界からは 「真似をする国」「敗戦国」とレッテルが貼られていた。 そのころ各国では、地球観測の動きが活発になり、米国など戦勝国を中心に国際 地球観測年特別委員会が設置された。 未知の大陸...
【南極大陸】初回感想と視聴率好発進♪ (ショコラの日記帳)
初回視聴率は、22.2%(関東地区)でした♪勿論、この秋、始まった連続ドラマの中で、今の所、最高視聴率です♪瞬間最高視聴率は、午後10時37分の時点で、25.5%でした。これは、欠陥...
【南極大陸】初回感想と視聴率好発進♪  (ショコラの日記帳・別館)
初回視聴率は、22.2%(関東地区)でした♪ 勿論、この秋、始まった連続ドラマの
南極大陸【第1回】TBS日9 (だらだらぐーたらぐだぐだ日記)
戦後日本復活への愛と命の感動物語~56年前に起きた犬と人間の奇跡が今、動き出す  「よし行こう。タロ。ジロ。ほら。怖くないから。おいでタロ。よし、おいで。なにもしない。おいで。よ~しジロ。よ~しよしよしよしよ~しジロ。タロ。よろしくな」by倉持岳志(木村拓...
南極大陸第1話(10.16) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
敗戦で自信を失いかけた日本に夢を与えるため、 倉持岳志@木村拓哉らが南極探検に挑む話 TBS開局60周年記念作品 北村泰一の『南極越冬隊タロジロの真実』が原案で 映画『南極物語』が以前公開されたことがあるそうですが、 原案も映画も観たことはありません 初回は、無...
南極大陸 (のほほん便り)
やはり、時代の気分。復興に「国をあげて、一致団結」「夢をもつ」って部分がリバイバル企画につながったのでしょうか? 「華麗なる一族」じゃないけれど、記念番組として、キャスティングといい、セットといい、御馳走みたいな贅沢さ そのトップにたつのは、やはり...