医療用かつら・ 医療用ウィッグ・女性用かつらをお作りする かつら美容師の日記!! 

医療用かつら・医療用ウィッグの活動に意欲を燃やしている姉と妹のブログです。美容室で医療用かつらをお作りいたします。

乾燥の季節 ウイッグの対処法 <医療用ウィッグ・医療用かつら 群馬県太田市ヘアクオーレ*antique*>

2019年01月19日 | 医療用かつらのメンテナンス


  このところ 雨も降らず乾燥した日が続いていますね

 

  アンティークにも
 『ウイッグがパサパサで絡まってしまってどうにもなら無いどうしたらいいのでしょうか・・・』と
  メンテナンスにおいでになる方が最近増えてきています。

   

  乾燥はお肌にも髪にも大敵です。 
  ちょっとした事で少しでも冬の静電気を防止してウイッグのパサパサを防ぎましょう!

 

  ウイッグはmix毛でしたら人毛と人工毛でできています。
  人工毛はポリエステル・塩化ビニル・アクリル系の繊維なんです。

 

  そしてこの季節 セーターやマフラーも繊維ですよね。
  繊維にはのプラスの電気を持ち易いものとマイナスの電気を持ちやすい物があって
  プラスとプラス 同じタイプの繊維の方が静電気が起こりにくいのだそうです。

  プラスとマイナス 静電気 バチッ て 訳です!!

 

 

    プラスになりやすい繊維

     木綿 麻 絹 レーヨン 羊毛 ナイロン 毛皮

     


    マイナスになりやすい繊維

     ポリエステル アクリル アセテート 

 

 

  同じ組み合わせにすればいいのでしょうが 毎日の事ではなかなか難しいので
  とりあえず簡単に静電気防止対策をお教えしたいと思います。

 

 

    冬はマフラーが必須ですね。

   マフラーの静電気防止は水に柔軟剤を少し入れて薄めたものをスプレーする。遠くからシュッ シュッ

   ウイッグをとかす時は 霧吹きで少し湿らしてから毛先から金ブラシで少しづつ梳かす。

    (パサパサしてるウイッグをそのままブラッシングすると切れてしまいますし静電気で絡まりますので気をつけて・・)

   シャンプーの後 保湿できるアウトバスのトリートメントを付ける

    意外と気がつか無いのですがウイッグを梳かす時はご自分の手も保湿をしてからの方が静電気が起きにくいですよ。

 

  まだ まだ乾燥の季節が続きそうなので 気を付けてお手入れしてみてくださいね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« マダムショート   <医療... | トップ | 10周年 キャンペーン中 <... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療用かつらのメンテナンス」カテゴリの最新記事