湘南茅ヶ崎 まつうら動物病院Blog

ペット・動物・犬猫の診療からペットホテル、シャンプー、しつけ相談などの湘南・茅ヶ崎の動物病院★まつうら動物病院♪

若い猫ちゃんの消化器型高悪性度リンパ腫⑥(9/12)

2018-09-12 19:00:55 | 動物病院
こんにちは
湘南・茅ヶ崎のまつうら動物病院です


猫の消化器型高悪性度リンパ腫の猫ちゃん治療経過です。

消化器型高悪性度リンパ腫は、大細胞性消化器型リンパ腫や消化器型低分化型リンパ腫、消化器型ハイグレードリンパ腫と呼ばれます。(低分化型の細胞が腫瘍を形成する場合は高悪性度なのです)





具合の悪い時の腫瘍の摘出手術にも耐え、

半年間に渡る毎週1回の抗癌剤治療にも耐え、

更に半年間に渡る二週に1回の抗癌剤治療にも耐え、

何か月間もの間、大好きだった食べることができなくなり、1日何食もの強制給餌も頑張り、

何か月間もの間、水を飲む量が減り、毎日皮下への補液を1日1~2回頑張り、

幾度となく、ピンチを切り抜け、何度も瀕死の状態から復活してくれましたが、もう体力の限界がきてしまいました。


もう、十分すぎる程、頑張った。

どんどん痩せて、とても抗癌剤を続けられる状態ではなくなった。

2018年 7月 26日 午前1時40分

飼い主である私の手の中で息を引き取りました。

もっともっともっと長生きさせてあげたかった。

余命2週間以内だった状態が、14ヵ月間も伸びてくれました。

人間でいうと、余命2ヵ月が、約5年間。

何かが足りなかったとしてもこんなに長生きしなかったと思います。

別の治療をしても、こんなに長生きしなかったと思います。

そして、この本人の性格。何をしても怒らない嫌がらない、何をしても暴れない動かない、飼い主である私の顔を見ているだけで喜んでくれてずっと喉をならしてうっとりしていてくれる、この穏やかな性格のお陰で何でもやらせてくれました。
静脈注射も嫌がらない、強制給餌も嫌がらない、何しても嫌がらない。


でも体力の限界です。

毎日衰弱しても頑張って、最後まで顔を見ると何かを言ってくれる姿。
まだまだまだまだ頭から離れません。
とても頑張りました。


今日が 四十九日 でした。

次に生まれ変わっても、うちに来てね。















 →→→→→ まつうら動物病院のCM&ホームはコチラ↓↓↓
コメント

若い猫ちゃんの消化器型高悪性度リンパ腫⑤(6/6)

2018-06-06 19:48:54 | 動物病院
こんにちは
湘南・茅ヶ崎のまつうら動物病院です


猫の消化器型高悪性度リンパ腫の猫ちゃん治療経過です。

消化器型高悪性度リンパ腫は、大細胞性消化器型リンパ腫や消化器型低分化型リンパ腫、消化器型ハイグレードリンパ腫と呼ばれます。(低分化型の細胞が腫瘍を形成する場合は高悪性度なのです)



寛解期間が続いてます。

今日で抗がん剤を開始してからちょうど1年間です。

若い細胞から発生した腫瘍なので、腫瘍の成長も早いことを予想していましたが。

無治療なら1ヵ月も生きられない状態でした。


現在は、毎週投与ではなく、徐々に間隔を空けられ3週に1回になりました。

もうしばらくで、いったん抗がん剤は休薬です!





















 →→→→→ まつうら動物病院のCM&ホームはコチラ↓↓↓
コメント

フィラリア予防薬の処方前は毎年検査必須です(5/27)

2018-05-27 12:48:45 | 動物病院
こんにちは
湘南・茅ヶ崎のまつうら動物病院です




5月も後半になり、フィラリア予防の時期ですね~

ふつうの動物病院に通われている方は、 当然  フィラリア予防薬を 処方 される前に必ず年に1回、フィラリアの検査を行ってからの処方になります。


フィラリア予防薬を処方される前に検査をしていない 場合、 それは 処方 ではなく 販売 です。

獣医師側が法に触れる恐れがあるだけでなく、お金に代えられない犬さんの大切な命の為なので、やっちゃいけませんね~


無作為に選んだフィラリア予防薬の添付文書は下記のものです。(事前検査が必要と明記されている部分は赤枠)



【フィラリア予防薬Aの添付文書】




【フィラリア予防薬Bの添付文書】






フィラリア予防薬を「処方」する前に、フィラリアの感染の有無の「検査」が必要であると明記されております。

これは薬品会社が勝手に決めたわけではなく、動物医薬品であるフィラリア予防を認可している農林水産省(国)が定めているものである上に、
それを怠ると犬さんの健康被害が出る(最悪の場合は死に至る)ことを懸念した対策でもあります。



毎年、初めて犬さんを飼われる方は、全てが初めてなので、当然それを口頭で説明しておりますが、

今まで何年も、フィラリア予防薬を処方販売していた動物病院に通われていた方は、その検査に対して抵抗があり、、、

当然のことをわざわざ説明するのにかなり骨の折れる作業です・・・

酷いケースですと、こんなのもあります。

「フィラリア予防薬を処方販売される時に犬を連れて行ったことが無いのになぜ犬を連れて行かないといけないのか?」・・・ε=( ̄。 ̄;)

「友達(カルテ無し)の犬の分のフィラリア予防薬も販売してもらっていたのに、なぜ売ってくれないのか?」・・・・??? (゚∇゚; 三 ;゚∇゚)???



他の先生にもお伺いすると、どうやら当院だけの経験ではなく、ふつうの動物病院の先生方全員の悩みの種でもあります・・・













 →→→→→ まつうら動物病院のCM&ホームはコチラ↓↓↓

コメント

猫ちゃんの飲み込んだ異物は大量の・・・(5/14)

2018-05-14 12:22:49 | 動物病院
こんにちは
湘南・茅ヶ崎のまつうら動物病院です


髪留めゴム紐を何本か飲み込んだと言う猫ちゃんがいました。。(;'∀')


「何本でしょうか?」
「わからないけど、たぶん数本だと思います」

食欲もないし、吐いているとのことで、身体検査、レントゲン検査と超音波検査の結果、、、、

腸管が異物で完全に閉塞していることが明らかになりました。



髪留めゴムというと・・・・・





こんなのが、数本だから、、、、




こんな感じかな・・・?

と、ふつう思いますよね(*_*)


しかし!!!!

現実は甘くない!!!!(;_;)



お腹を開けてみると、、なんと・・・・






小腸の大半に紐状異物が詰まっており、典型的なアコーディオン状になっていました。


「どこに、異物が詰まっているのかな?」

ではなくて、

「異物が詰まっていない腸はどこだ?!」

です。


腸管の外観は、恐ろしい血行状態を呈しています・・・・





壊死しているのか、壊死する寸前なのか・・・・






異物の端と端を確認したところ、とても1ヵ所の切開では取り出せません。

無理やり紐状異物を引っ張ると、腸管がちぎれてしまうこともあるので慎重に扱います。


今回は、うまいこと2ヵ所の切開で紐状異物を完全除去することができました。





腸管の状態によっては、後から腸管が壊死してしまったり、腸管に穴が開いてしまった場合は腹膜炎で亡くなってしまうこともあります。
ですので、怪しい部分があれば腸管を切除してくっつける手術も必要ですが、

今回、、、

小腸の大半が不安な状態でした・・・・

小腸の大部分を切除してしまったら、手術は問題なくても、食物を吸収できずに酷い下痢や栄養不良によって結局は亡くなってしまいます。

今回は、すべて温存しましたが、術後入院中も問題なく、良好な回復をみせてくれました!


そして。。。。


取り出した、紐状異物はというと・・・・





えっと。。。。

数本ですか・・・?

少なくとも20本くらいありますが・・・・(;´・ω・)







 →→→→→ まつうら動物病院のCM&ホームはコチラ↓↓↓

コメント

妊娠している犬さん(4/15)

2018-04-15 13:44:26 | 動物病院
こんにちは
湘南・茅ヶ崎のまつうら動物病院です


今日は、妊娠確認の犬さんです。

この子の場合は、3頭の胎児が確認できます。








人の出産と比べて、犬は安産と一般的に言われていますね(^ー^* )

人の妊婦さんの安産お守りが犬をモチーフにしていたりと

しかし、、、それは、あくまで人間と比べての話でして、、、、


決して、放っておいても全然大丈夫! 勝手に生んで勝手に生きてるから! 


と言うのは、大きな間違えです。。。。


犬種によっては、自然分娩不可能なので帝王切開確定の場合もあれば、

基本的に自然分娩で問題ないと考えられている犬種が、母体内で成長しすぎてしまい産道を通り切れない場合や、

逆子だった場合などなど。。。。


無事に出産できることを祈るばかりです(>_<;)






 →→→→→ まつうら動物病院のCM&ホームはコチラ↓↓↓

コメント