イラストレーター赤松かおりのブログ

お仕事のこと、大好きな本のことなどを描いています。

「ブックカフェギャラリーQuiet Holiday」

2015-10-02 04:18:40 | 姫路本屋ツアー


駅から姫路城にむかう通りをはいった静かな路地裏にあり、
木材が多く使用された建物は、
1階が本屋さん、2階がギャラリー・イベントスペースになっています。

古書だけでなく、手紙社の『LETTERS』や『せとうちぐらし』などのZINE
も取り扱われています。
レンタルBOXでは作家さんの雑貨やイラストの販売も。

アルコールやハーブティーも飲めますし、珈琲豆は西宮の「ゆげ焙煎所」さんで、酸味がなくて美味しいです。

店主の長谷川信也さんは、ご自身もシンガーソングライターで、
ライブや音楽フェスの企画もされ、絵も描かれるというマルチな才能を持った方です。

ポーカーフェイスですが、話すと気さくな方で、
定期的に開催される「小さな灯りの音楽会」などのライブ、「野の花ワークショップ」、
「ラップ講座」、「ギタークラブ」などのイベント、ワークショップでは、若いクリエイターが多く集まり、とても人気があります。

アートや音楽に関心のある方にとっては、とても刺激を受けると思うので、ぜひおすすめです。

コメント

「おひさまゆうびん舎」

2015-10-01 08:25:14 | 姫路本屋ツアー


世界遺産、姫路城に向かう通りの路地を入ったところにある本屋さんです。

2階にあがる階段が、
「この階段をあがるとそこは絵本の国」という感じで、
すごく雰囲気があり、別の世界への入り口のようで私は大好きなのです。


絵本・雑貨を中心に取り扱っておられますが、
夏葉社、苦楽堂などの個性的な「ひとり出版社」の新刊も
取り扱っておられます。

しかしなんといっても店主・窪田泰子さんの明るくて気さくな人柄に
癒されにいっているお客さんも多いっと思います(私もそのうちのひとり)。

企画・ディスプレイのセンスも天才的で、ほぼ毎月開催されている
小山清のような純文学からブックカバーのような
雑貨まで、幅広いジャンルの展示はとても見ごたえがあります。

なのに読み聞かせボランティアで全国を飛び回っていらっしゃるアクティブな方です。
姫路にこられた時は、ぜひ立ち寄ってみてください
コメント