すがわらギター&ウクレレ教室 (マリア・デュオ クラブ)

MusicArt Society JAPAN
ネパールの恵まれない子供達に音楽的な支援をしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今更の 冬のソナタ

2018年09月22日 | つれづれなるまま

来月 タイで 冬のソナタの
「最初から今まで」を弾くので

曲の心を知るために、

冬ソナをまた全部観てしまった。。


本当に、これは純愛の名作ですね!

見始めるとやめられなくなりますよ。

もう今までに、何回も見ているし、いまどきは、YouTubeでも観られるけど、
私はちゃんとDVDを持っています。
勿論アニメ編も!

筋なんて知ってるし、
内容の疑問点もいっぱいあるのだけれど、

この
ダブルの謎解きのスリル
恋愛の胸のうずき
が満載で

いつ観てもたまんない!!

本当に
何回観ても、常に新しく、胸がトキメキます。

ヨンさま〜〜〜〜


台詞も覚えてるし、韓国語も覚えそうです。


クニャン、 ブログヨ 
ダア チョンユジン ニダ

チュンサンガ ユジンニ チョイスグルッチ



そういう訳で、今回も全編改めて観て
曲の心はしっかりと捕らえましたとも!!

純愛には程遠い生活の毎日ですが、
想い出の中に置いてきた清い心の埃を払って、

この曲を演奏できることでしょう!!


でも、、、
こんなに苦しいばっかりの恋は、次は来世でいいかな。。。
体力ないし。。。
素っぴんの自分を見るとあれだし。。。





コメント

ぺぺ・Romeroコンサートで

2018年09月13日 | 音楽

アロハ・エスパーニャ・コンサート
行って来ました。

出演は:ぺぺ・ロメロ(ギター)、ダニエル・ホー(ウクレレ)

どちらも、ぺぺ・ロメロの息子、
ぺぺ・ロメロ・ジュニア製作のギターとウクレレ
を使用していました。

ぺぺの演奏は、さすがの美音と豊かな表現、
今年74歳らしいですが、幾つになっても衰える事のないしっかりした技術。
ダニエル・ホーもグラミー賞受賞だけあって、
ウクレレの枠にまらない音楽家という演奏でした。

どちらも素晴らしかったです。

それに、ギターもウクレレも美しくて鳴っていました。

舞台上でも「息子の作品のギターだ」と誇りを持って紹介し、
舞台に息子を呼んで、ハグしてキスして肩組んで、
正しい親子の愛情表現
をしていました。


息子と言っても、もう確固たる地位を築いている名工ですが、
彼の舞台挨拶の中で印象的だった言葉が。。。

「わたしが産まれた日に、
父ぺぺ・ロメロが病院に来て、バッハを弾いてくれた。
その音がずっと頭に残っていて、
私は今こうして製作家になったのだ」

なんという事でしょう。


それで思い出したのが、
わたしの愛する娘の言葉でした。

16歳、現在カナダ留学中ですが、

留学4ヶ月くらいの時に、電話でこう言ったのです。

「ママ、私はカナダに来て、気づいたことがある。
ここには、生の音 がない。
ずっと産まれる前から、毎日生の音楽を聴いて育ったのに、
はじめてここで生の音が無くて、淋しい。
わたしは音楽が好きだ。ギターも嫌いだったわけではない」

何という感動的な言葉でしょう!!
それで、わたしは泣きたいほどの喜びを隠しながら
電話ごしに1曲弾きました。
ホルへ・モレルのダンザ・ブラジレイラ

弾き終わって一言
娘「練習不足じゃん?」

「。。。。。。。。」


そう言うステキな娘のことを思い出しつつ、
ロメロの音楽にひたった
今宵ひとときの極上の時間でした。


会場では聖子先生にもお会いできたし、幸せでしたよ。


















コメント

富士山浅間神社 

2018年09月11日 | つれづれなるまま


今日は
(株)マリア・デュオの重要なお仕事のひとつ

よし地蔵 のお仕事で富士山へ行って参りました。


雨が降るという予報でしたが、幸い雨にはあわず、
日頃の自分達の行いの良さに感謝しつつ、

曇りで、富士山は見えませんでしたが、
気持ちのよい気候で、浅間神社へも行けました。


折角の山梨県ですので、

ほうとう をいただきましたが、

さすが本場ですね、すっごく美味しかったです。
麺の歯触りも良かったのですが、
いろいろなエキスが混じりあった汁が最高でした。

洋子社長におかれましては。
富士山駅の向いの喫茶店でいただいた
贅沢
と言う名前のブレンドコーヒーが
生涯で1、2を争うほどに美味しかったという事で、
大変にお悦びになられていらっしゃって、
何よりでございました。

新宿から高速バスで2時間、
現地で2時間半の弾丸出張でしたが、
仕事もおみやげもバッチリでした。

富士山って案外近いです。






コメント (1)

サンセットクルーズ同窓会!

2018年09月08日 | つれづれなるまま


福岡中央高校特別同窓会、

東京湾ハートラインの 
サンセットクルーズ
で開催されました。

全国が雨の中、どうなるかと思っていたら、
奇跡的に東京は晴れてくれて、
美しい虹まで出て祝福してくれるし、
最高の湾岸のクルーズになりました。。

クルーズ自体は、遠〜〜〜い昔に
ハワイでダンナとサンセットクルーズに乗った事があったけれど、
あの時は、ダンナが酔って、全然面白く無かったので、
私の中では、今日のクルーズが人生お初なのです。


今日のは、個室で専用デッキもあって、
至れり尽くせりで、
関東在住の21人が集まって、
おいしい食事にお酒に、話しに、
2時間はあっというまに過ぎました。

ほんとうに、同窓生って良いなと思いますね。
なにより、年齢を隠さなくて良いのは楽〜!!
日ごろから年齢は嘘ばかり言っているので、
ときどき自分の年齢が分からなくなるのですが、
さすがに同窓生が集まると、みんな一緒で、大変よろしいです!


話していると一気に高校の当時に戻って
気が若くなりますね。

あこがれの仁子ちゃんは、
いくつになっても、マドンナだったし。

高校当時の知られざる裏話とかあって、
時を経て知る真実が明かされたり、、
修学旅行のそんな話し、知らなかったし。。
(ここでは言えないんですけどね、、)

高校生の頃って、自我の確立に忙しいから、
自分の青春でいっぱいいっぱいで、
他の人のことって案外知らないなあと、
改めて思いました。

人に、ドラマありです。

東京湾って、内側から見るとすごく綺麗!

幹事のみなさま、有難うございました。
本当におかげさまで、楽しいときをすごせました。
それに、会場でずっと
私のCD「ラ・ガティカ」 を流してくれて、
ビックリしました。
お心使いに感謝です。


そういう訳で、
クルーズの魅力に触れた今日この頃、
(株)マリア・デュオの次の
社内旅行
世界一周クルーズ

にしたいなあ、

今度の早朝会議で提案してみよう!!













コメント (1)

防災対策その2

2018年09月07日 | 地震

何だかもう、本当に!!

今回は、北海道地震。。

日本はどうなっているのでしょうか。

被災された方には、心からお見舞い申し上げます。
と同時に、速い復旧になります様に

まだまだ 東日本も、熊本も、復旧に時間とお金がかかるというのに、、。。
(もちろん、復旧支援させて頂きます!)


2、3日前に防災グッズを新調したばかりで、
今回の地震のニュースを聞いたときには、

やっぱり少しは心の安心になりました。

それだって、どこで被災するかにもよるのですが、
一応家にいるという前提のことですけれど。

それでも、
グッズを用意したことは
自分自身の安心になりました。


本当に現場で役にたつのかはわかりませんが。
やっぱり用意しないよりはしていた方がいいです!


食糧と水の確保も大事ですね。
お風呂の水溜めと、飲料水。

セリアの折り畳み水タンク買って用意しました。
3リットル入る優れものです。

コメント

防災グッズ

2018年09月02日 | つれづれなるまま

9月1日は防災の日でしたが、
みなさま、防災グッズ は準備していますか?

最近の日本列島の不穏なこと。
いつどこで、誰がどんな災害が会うか、
全くわかりません。

自分だけは大丈夫なんて、
何の根拠もない自信ですね。

かく言う私も

そうは思いながら、全然防災対策をしていなくて、
緊急持ち出し袋さえ用意していません。

一度20年前に作ったんですけどね、
それ以来なにもしていなくて。。。
お風呂の水さえ、溜めたりためなかったり、、。。

ちょっと反省しまして、

今日は、防災袋つくりをしました。

とりあえず、百均でゲットしましたが。

まだ全然不足しているのですが、
百均でも、その目でみると、けっこう防災に役立ちそうな物って多いですね。

百均で買った物
コップ、皿、サランラップ、クリップライト、
包帯、消毒薬、バンドエイド、
携帯トイレ、アルカリ電池各種、
ライター、ろうそく、
マスク(マスクは重要ですよ!スッピンを隠せます!)
メイク落としシート、濡れティッシュ、
レジャーシート、
大人の身体拭きシート、
歯磨きシート、瞬間接着剤、
レインコート、使い捨て下着、



そのほか、家にあるものを用意。

ビニール、サランラップ(お皿に敷いたり重要らしいです)、
カトラリーセット、
ハサミ、ガムテープ、マジック、カッター、
歯磨きセット、くし、鏡、多少の化粧品、
薄い毛布、小さくなるユニクロダウンジャケット、
メモ帳、ペン、下着、ティッシュ、常備薬、
生理用品、女性用のシート、
名刺、タオル、
老眼鏡(必須!目が見えない)


そんなところです。
ほかに必要な物あったら、教えてくださいね。

これを、お正月の福袋に入っていた
キプリングのリュックにつめました。
食料、水入れないでもう満杯。
重いな〜〜〜。。


食料品はまた明日ゲットかな。

で、20年前に買った
手回し充電器 があるんですが、

流石、昔のだけあって、
当時のガラ系の充電用になっています。
いまはUSB差し込むタイプになっているので、
今様のに新しくしようと思っています。

iphoneの充電できないと、片手落ちですものね、
その他の機能はあるのだけど、
(手回し充電、ラジオ、ライト、サイレン)
勿体無いから枕元で使おうと思います。

防災グッズ集めていると、少しは安心しますね。気休めですが。

これらを使わなくて済みますように!









コメント

浅草

2018年08月29日 | つれづれなるまま

最近は、仕事の関係で、
よく浅草 へ出没します。

残暑厳しい日には、やっぱりかき氷ですね。
さらさらしておいしかったですね〜。

そして

浅草の定番の メロンパン を買って帰ります。
いつも沢山並んでいて、凄く売れています。
家に帰り着く頃には、荷物の中でつぶれているんですけどね、、
外かりかり中さっくりで、美味しいです。

娘もコレ、好きなんですけどね、カナダだから、、、。
送ってあげる訳にいかないですしね、、。



コメント

U18 侍ジャパン 高校日本代表 3-7 大学日本代表戦

2018年08月29日 | つれづれなるまま

今年、甲子園に萌えてしまって、
その熱は終了後も続いて、
今は侍ジャパンの活躍を応援しています。

金農の吉田くんや、
大阪桐蔭の根尾くん、

そして、我らが浦和学院

渡邉勇太朗投手
蛭間拓哉外野手

と二人も選ばれているので、

つい観てしまいました。

試合、高校日本代表 対 大学日本代表戦

3−7で高校が負けたんですけどね、
そりゃあチーム作って間もないから、仕方ないのですが、

甲子園出活躍した選手がそろっているので、
何だか親近感出て、応援にも熱が入りました。

でも、相手の大学チームには、
私の母校大学出身の選手が二人もいて、
そちらを応援しよかちょっと一瞬迷いましたが、
今は、娘の母校の高校生チームが優先です!!

本番は9月3日からです。
いまから待ち遠しいです!

日本頑張れ!!
渡辺くん、蛭間くん、頑張れ〜〜〜〜!!


コメント

講談 夏の陣

2018年08月25日 | つれづれなるまま


生まれて初めて、講談 を聞きに行きました。

(株)マリア・デュオの設立記念パーティーで講談をやって下さった
藤瀬柑兵衛さんが
演じるというので、行って来ました。

生の講談自体、その時が初めてだったのですが、
正式に舞台でやっているのを聴きに行くのはまさに初めてでした。
いつもギターや絵画の世界にばかりに居るので、
こういう違う世界は新鮮です!


出演者は5名で、それぞれが、
面白いおかしく、迫力万点に
扇子を叩きながら語る(読む)話にはすっかり引きこまれました。


語る内容は、

忠臣蔵のころの話

牡丹灯籠 

あんぱんの木村屋の話 とか 

あまりに期待もせずに昔の話かあ、と思っていたら とんでもない。、
人情味溢れる話しの数々は、面白くて、
情景がリアルに頭に浮かんで来ました。
視点が思いがけず、とても興味深く面白かったです。

語りだけの 一人芝居 の様な感じでしょうか。


藤瀬柑兵衛さんのお題は「村越茂助 誉れの使者」と言うのですが、
内容は

徳川家康が、時の関白豊臣秀吉に鎌倉鶴岡八幡宮へ1万石の寄進を命じたのだが、
家康は千石しかしなかった、その申し開きにうつけ者の村越茂助が命じられて、
信長を説得する一部始終

まあ、予想外の展開で本当に面白かったです。

講談の声の出し方、間の取り方、リズム、、、センスを入れるタイミング、音、、。
聞いていて、色々勉強にもなりました。

どこかで、今度のマリア・デュオのMC でも、活かせるかなあ、と

人生長く生きていても、知らない世界一杯
勉強すべき事いっぱいあるものですね。

浴衣着て、日本語を操って語る
日本文化も素晴らしいですね。

楽しいことひと時をでした〜〜!!








コメント (1)

アビトン 初来日決定です!!

2018年08月23日 | 音楽

ジェラール・アビトン


日本では知られていない、

フランスの正統派ギタリスト


10月に初来日 します。

なにを隠そう、マリア・デュオのプロデュースです。


10月20日(土)コンサート
 カフェラルゴ / 14:00 開演 / 5000円(要予約)

10月21日(日)マスタークラス 
 市川マリア・デュオサロン(東西線原木中山下車6分) / 1時間 13000円(聴講2000円)

このチャンスに
正統派の生の音楽を聴いてください。
そして
マエストロの音楽レッスンを受けてみてくださいね。
レッスンは英語、フランス語、大丈夫です。
(英語は通訳いたします。)

数年前にタイのフェスティバルで会って、
素晴らしい音楽に圧倒され、
是非、日本の皆さまにご紹介したいと思いました。

渡辺範彦師匠のパリコンの時の演奏
を生で聴いて、
すごく感動した「忘れられない素晴らしい演奏だった」と仰ってました!
師匠のパリコンをリアルで聴いたという方に
初めて会ったので、嬉しかったです!


ご予約は

shinobuguitar@mariaduo.com

もしくは
facebook messenger

でもお受けいたします。





プログラム

Domenico Scarlatti (1685-1757)
Sonata K.209,466,545

Joaquin Rodrigo (1901-1999)
En tierras de Jerez
Fandango

Federico Moreno Torroba (1891-1982)
Aires de la Mancha
Jeringonza
Ya llega el invierno
Seguidilla

Isaac Albeniz (1860-1909)
Tango op.164
Cuba op.47
Sevilla op.47

Joaquin Turina (1882-1949)
Sevillana
Rafaga


ジェラール・アビトン
1981年、第37回ジュネーブ国際演奏家コンクールで優勝し、特別「フランク・マーティン」賞を受賞。 1983年Georges Cziffra協会で優勝。ジェラール・アビトンは、フランス全国の音楽大学でギター・レッスンの教授として「First named」の証明書を取得。 10年間、フランス国立学校レンヌで、1993年~2009年はオルレアン国立学校で教鞭を執る。2010年以降、Regional Conservatory と the Superior Center of Parisで教鞭を執る。
国内外のコンクールの定期審査員を務める:「ギターの春」(ベルギー); CI Rene Bartoli、フランス - CI Antony、フランス - CI Maurizio Biasini、ボローニャ(イタリア)、CI "Francisco Tarrega"(スペイン)。
訪れた国は多く、ノルウェー、デンマーク、米国、ロシア、ブルガリア、ウクライナ、ドイツ、イングランド、オランダ、イタリア、スペインなどジェラール・アビトンは世界中でコンサートを行い、オーケストラと共演、またマスタークラスを教え、その高い演奏力と指導力には定評がある。
コメント