卯野短歌

題詠blog2015 短歌を詠みます 卯野抹茶(@macchauno)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

040:清(卯野)

2015-09-16 10:19:16 | 31-40の歌
その眸その愚かさでまっすぐに罰してほしい清教徒のごと
コメント

039:せっかく(卯野)

2015-09-16 10:18:50 | 31-40の歌
この春雷過ぎたらそっと若芽ふく せっかくふたり傷ついたけど
コメント

038:読(卯野)

2015-09-16 10:18:24 | 31-40の歌
トン・ジン・チ・トン・ジン・チなりと読誦せし若僧の耳に舌をつっこむ
コメント

037:療(卯野)

2015-09-16 10:17:49 | 31-40の歌
改心しますって心療内科で泣けるほどだてに仮面で生きてもいない
コメント

036:バス(卯野)

2015-09-16 10:16:14 | 31-40の歌
バスタブに落ちた涙が虹に溶けぼくだけ沈め 窓の朝焼け
コメント