m-family の 「PHOTO 日記 」

身のまわりの出来事を、写真とともにゆるゆる綴っています。
うまし うるわし 奈良から発信しています。

九州旅行(その7・最終回)~福岡

2007年04月14日 | 九州旅行
大宰府は春 いずれにしても春大分自動車道に乗り福岡を目指します。 鳥栖ジャンクションから九州自動車道に移ると博多はもうすぐです。 鳥栖は九州道、長崎道、大分道が交差するハイウェイの要で、ここを通過するのはこの旅の中で3回目です。 博多の手前で九州道を降り、太宰府天満宮にお参りしました。 心字池にかかる 三つの赤い橋は 一つ目が過去で 二つ目が現在 三つ目の橋で君が 転びそうになった時 . . . 本文を読む
コメント (2)

九州旅行(その6)~ここのえゆめおおつりばし

2007年04月13日 | 九州旅行
四日目、最終日。 湯布院の旅館を発って再び阿蘇の方に山道を登っていきます。 去年の秋に完成したばかりの「九重"夢"大吊橋」です。 立派な橋です。 要するに頑丈な橋です。 近代的です。 ですから、それなりに揺れていて、しかも眼下に奈落のような谷底が見えるのですが恐くはありません。 途中でうずくまっているような人は誰ひとりいません。 みんなスタスタ橋を渡っていきます。 奈良県の十津川 . . . 本文を読む
コメント

九州旅行(その5)~湯布院

2007年04月11日 | 九州旅行
黒川温泉は渓谷にあるこじんまりとした温泉地です。 温泉街にありがちな歓楽的な雰囲気や派手な看板が一切なく、全体にしっとりした統一的な町並みがつくられています。 ここが有名になったのは、2000年以降だそうです。 谷あいには、土地に余裕がないらしく、小さな和風旅館が並んでいます。 いずれも低い建物で、樹木とあいまってしっとりとした景観をつくっています。雰囲気を害するような原色のけばけばしい看板や . . . 本文を読む
コメント

九州旅行(その4)~阿蘇

2007年04月10日 | 九州旅行
三日目、阿蘇の雄大な風景の中を走ります。 ただ圧倒されて、コメントのしようがありません。 とは言いつつ、若干のコメントを……、 米塚 草千里が浜 阿蘇中岳 私にとって阿蘇は高校の修学旅行以来です。およそ35年ぶり。 あ~あっ、歳をとったのかなという感じ。でも、高校時代に感じた感動がそのまま蘇ってきます。当時の、宮崎交通のバスガイドのお姉さんの美しいお姿も…蘇ります。これは妻に . . . 本文を読む
コメント

九州旅行(その3)~長崎

2007年04月09日 | 九州旅行
二日目、長崎へ。 異国の雰囲気が漂う雰囲気のある町です。 海と山にはさまれたせまい土地に色んなものが凝縮されています。 そのため、急な斜面の上の方まで家々が建ち並んでいます。 坂の町です。 風は強いがとても良い天気。 長崎は今日は晴れでした。 グラバー邸。 妻とのツーショット。 新地中華街でチャンポンと皿うどんを妻と分け合い、熊本へ向います。 かな . . . 本文を読む
コメント

九州旅行(その2)~雲仙温泉

2007年04月07日 | 九州旅行
この日は前日とはうって変わって全国的に気温が下がり、東京では雪も降ったそうです。 峠の上は風が強く、凍えるような寒さで身体が冷えてしまい、早々にクルマに駆け込み峠の下の旅館を目指しました。 旅館は老舗の有名旅館を予約していました。 期待にたがわぬ見事なもてなしでした。 部屋からは雲仙温泉の源泉である「雲仙地獄」が真下に望めます。硫黄の匂いとともに一面に白い噴煙が立ち上っています。 見事な眺めで . . . 本文を読む
コメント

九州旅行(その1)~普賢岳

2007年04月07日 | 九州旅行
三泊四日の九州旅行です。 31年間の会社勤めで積もった垢を温泉で洗い落とす、夫婦水入らずの旅です。 新幹線の博多駅前から、長崎は雲仙に向ってレンタカーを飛ばします。初日からいきなりの強行軍です。 九州自動車道、長崎自動車道をひた走り3時ごろには雲仙まで登ってきました。 仁多峠。目の前に普賢岳が迫ります。 記憶にも新しいですが、雲仙の最高峰普賢岳は1990年に200年振りに噴火し、ふもとの . . . 本文を読む
コメント (1)