「血と汗と涙」

人間の真の生き方を考えるブログ

安倍総理暗殺の本当の原因を追跡する。家庭内暴力、左翼思想、政治教師誰かが・・

2024-02-25 15:13:00 | 主張
人間の人生の中で掛け替えのない存在は親である。
産まれた赤ちゃんから見ると、一番は母親で、次は父親だ。
生命線の母乳を吸いながら、母親と目線を合わせ、体温を感じながら、数年間成長する。大切な大切な存在であるに違いない。
そこで、たまに父親が一緒に遊んであげたりしながら社会性が育つのである。
勿論、そこに兄弟がいればもっといいことだ。子供の性格形成に良き影響を及ぼすのである。
 テロリスト「山上哲也」の父親は、その奥さんに「かなりの暴力」を振るってきたと、2022年7月安倍総理暗殺事件の後、言論に報じられた。隣近所さんが見た時に、台所のフロアに座らせ、夫から激しく叱られる場面を目撃したこともあると。結局、父親は「自死」された。夫が「自死」すると、その奥さんは非常に苦しみを抱えることになる。精神的に不安になり、悩まされる。
 こういう中で、母親として「子育て」が上手く行き辛い。察するが、山上家庭は「建設業社長娘と社員との結婚」だった。男性としては、プライドを傷つくこともあり得たと考えられる。哲也の父親の父は、戦争で亡くなったと伝えられる。母親と兄、東一郎と3人で、必死に頑張って生きてきたと報じられた。
 こういう中で、奥さんの家系に対する「劣等感」は働き易いと推測される。
学力は京大出である。幼い頃から接してきた家庭環境は、人生に影を落とすものである。そこに、母親は「苦しみや子どもたちの将来のために」宗教へ帰依されたと思う。信者として思うが、献金を捧げるとは「それなりの動機と理解、感謝の心」がないと、そう簡単にできない。それ所か、信仰を辞めてしまう方もいる。教会では、親身に家族に対しお世話してあげたし、元教会長が哲也さんにも向き合ってきた。
 ここで、伯父「東一郎さん」の家で、5年半くらい暮らしたと報じられた。報道を見る限り、弁護士「東一郎さん」は左翼思想をもっていると推定される。すると、甥の哲也は、5年半の間「お世話になりながら」、伯父から何らかの「価値観、思想的な影響」を受けたと思うのは無理からぬことであろう。
 ここで、以前ある記事に「母ちゃん!私革命するんだ!」と哲也さんが母親に言ったと報じられた。「えー!哲也、面白いことを言ってる」と返答したと。
 ここまで来ると、山上哲也は「何らかの怨念があり、母親の信仰心、献金を捧げる」ことに思いが行ったと思うが、そこで「急に安倍総理暗殺」に行ってしまったのは、理解に苦しむところだ。政治家暗殺には、何らかの政治的な影響を誰かから受けたと推測するのが正しいのではないか。彼の「統一教会怨み」が原因だったら、家庭連合会長を狙うべきだった。
 しかし、ここで「安倍総理暗殺!」とすると、安倍嫌いの勢力と何か繋がりがあったのではないか?まだ、奈良県警の発表と遺体解剖の医師の発表が違うのも、検証すべきところであろう。結局、安倍総理暗殺の黒幕に何があると、思うしかない。
 事件の流れが、こうなってるのに専ら「家庭連合潰し」に掛かっているのは、異常だし、公正さと正常な見識を失った「あまりにも偏り走り」の今の日本のメディア、政治家の動きである。狂ったとしか言いようがない。

山上哲也のテロ行為の原因は、家庭内暴力と政治思考にある!!

2024-02-23 01:14:00 | 主張

今、日本社会は「正常な判断力」を喪失している。

安倍総理を暗殺したのは、山上哲也容疑者であり、

それは民主主義を破壊する「テロ行為」だった。

そして、山上哲也の犯行の動機は「統一教会への献金ではなく」

幼いごろから見て受けてきた「父親による家庭内暴力」であった。その潜在された暴力性がテロ行為に至った。

山上哲也の母親は「家庭内暴力に耐えられなくて」救いを求めて、

「家庭連合の信仰に帰依」して、心の支え、救いを受けてきたことだ。

「宗教の公益性云々」と浅はかな記事が出ているが、宗教の目的は先ず「家庭救援」にある。


信仰者は何故、献金を捧げるのか

2024-02-22 21:21:48 | 主張

本日、東京地裁で文科省と家庭連合との審問が行われた。

裁判所が「国と教団側」の意見を聞く場だ。

田中会長は意見陳述で、「資金集めのための団体だとの文科省の主張は、明らかな間違い。献

金は国内伝道や組織の維持。発展のために用いられ、宗教活動の一環にほかならない。」と述べた。

特に、キリスト教において献金(供え物)は、神様から離れた人間が、神に戻るために捧げる

「命代わり」の意味がある。十一条は、ヤコブが「自分の命を守って下さるなら、十一条を捧げます」

(創世記28:20-22)から由来する。

 

お金とは「汗の結晶」に違いない。

親は汗し得た物を、子に万物を注ぐのである。それこそ、命かけて愛する証拠なのだ。

人間が、神を愛し「神からの愛と平安と至福の喜び」を手にしたいので献金を捧げるのである。

それを受け取る側は、捧げた人より「公のために大切に使ってくれる」と

捧げる側も嬉しくなるのである。家庭連合の創始者「真の父母様」はそのような生き方をされたので

多くの信者たちが「心の発露から」捧げてきて、「心霊の喜びと平安」を得てきたのである。


記者様へ!事実報道・真実報道・公正報道をすべきでは・・

2024-02-22 01:32:00 | 言論

多くのメディアが、家庭連合(統一教会)・関連団体について我先に報道してきた。沢山、読まれるからだ!おめでたい。

しかし、記者の皆さんに、各新聞社、テレビ会社の報道責任者に聞きたい。

「皆さんは、家庭連合に対して、どれだけ「事実に基づき、真実な内容で、偏らず公正・均衡取れた報道してきましたか。」

どうして、一部左翼弁護士、鈴木エイトさんのような話だけを一方的に垂れ流したのですか。

それが、社会を照ら公器の役割だったでしょうか。公器ではなく、偏器では・・?

マスコミュニケーションではなく、「マスゴミ」とも言われてしまいます。

家庭連合に対する猛烈報道が、何に役立ったでしょうか。

マスゴミの報道は、家庭連合現役信者さんたちに「死刑宣告」、「皆殺し」にしたようなもんです。

とすると、皆さんは「メディアを装った権力集団」だったのです。皆さんが、どんな資格で、どんな基準で

憲法が基準であるべきなのに・・・与論操作、与論を操る・・・

記者皆さん、メディア従事者の皆さん「事実・真実・公正・均衡報道」をしっかり実践してください!


金子恵美氏 、盛山文科相の不信任決議案否決に対し、与論操作するな!

2024-02-21 18:37:31 | 言論
2/20 21:44配信 Sponichi Annex記事を読んで・・
 
金子恵美前衆議員(45)が、20日放送のTOKYO MXに出演、盛山文科相の不信任決議案否決に対し、
岸田首相の「家庭連合解散の意志」を感じたと述べた。
解散請求した「当の本人だから」そのまま「続投してもらうのが筋だ」という…。
「総理に、解散にもっていくんだという気持ちあり・・」と。
 
そもそも、メディア、立民に煽られ「憲法に違反しながら愚かな決定」を下した
岸田総理の指示のままに踊られた、文科省文化庁宗務課!、国民の血税をもらう立場で、やってはいけない仕事だった。
家庭連合の信者たちも。納税の義務を果たしているのだ。
国民から「お給料をもらう立場」なので、公正・公平でなければならない!
 
こんな魔女狩りに便乗して、軽々しく発言すること、
是非、止めてほしい。メディアはこんな出鱈目なことを扱うべきではない。
家庭連合の信者たちの人権を蹂躙するな!!