仏像彫刻と共に歩む侊慶の記録

仏師 紺野 侊慶の記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

円空彫り4

2010年04月13日 | 慶の作品制作
顔の表情を追求しました。

最初に制作した顔の表情は目じりが少し上がっていて口元は真っ直ぐになっています。

人間の目はずっと見ていると感覚が失われマヒしてしまいます。

そこで数日見ずに置いておくと見えない部分が気づくようになるのです。

1、の表情から更に目元と口元、頬のふくらみを変えていきました。

2、の状態にしあがりました。

印象の違いがおわかりになるでしょうか?


1,                      




2,



1つの作品を制作るという事は奧が深く楽しいものだと思います。

小学校や中学校の頃以来と言う方も一度、彫刻刀を使って木を彫ってみてはいかがでしょうか。

何か新しい発見があるかもしれません。


『芸術』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 円空彫り制作3 | トップ | 我が師の個展 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Rocky)
2010-04-25 18:32:35
穏やかな表情がとてもいいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

慶の作品制作」カテゴリの最新記事