国際短期大学 キャンパスライフブログ

フォローアップセミナー

こんにちは。
国際観光コース1年の齋藤です。
国際短期大学の1年次を締めくくり、就職活動スタート準備を整える
フォローアップセミナーについてご報告します。

例年泊まりがけでフォローアップキャンプとして行われていましたが、
今年はコロナウイルスの影響もあり2月18日、19日に半日ずつ1年生を
2グループに分けフォローアップセミナーとして行われました。
会場は学内ですが全員が就職活動用のスーツを着用し緊張感がありました。
高木理事長のメッセージを授業収録システムでのライブ配信を利用し
それぞれの教室で見ることからセミナーがスタートしました。

続いてデモンストレーション映像の模擬面接で学びます。
面接の流れのイメージをつかみます。
私はデモンストレーション映像の模擬面接の撮影に参加しました。

みんなの手本として自分たちの映像が流れてちょっと恥ずかしかったです。その後私たちの教室では4人1グループに分かれ面接練習を行いました。
1日目は、みんな履歴書など自分が用意した原稿を見ながら
面接のイメージを掴む練習をしました。

実際にグループ面接の形式で自己PR・学チカ・志望動機を答えます。
自分が話した内容についてさらに質問があり、アドリブで答え
面接の雰囲気に慣れていきました。

明日はさらに応用編として自己紹介や応用質問があるということで
その準備もしました。
緊張しましたが無事1日目を終えることが出来ました。

2日目は、1日目の復習として面接受ける際の注意事項を
教えてもらったあとすぐ応用編が始まりました。
昨日準備し、帰宅後もそれぞれ練習したのか
みんな面接官の印象に残るような自己紹介をしていました。

1日目とは違い、話した内容からさらに深く細かく聞かれることも多く
その場で考えて話すことが大変で、よい練習になりました。 
マスクをしながらの面接だったので目元で笑顔を作ることを意識しました。
また、他の人の話を聞く時に頷くことにも気を付けました。
気が付くと昨日と違い、履歴書など用意した原稿を見ることなく、
みんなスラスラ答えることができるようになっていました。

この2日間のセミナーを通して、履歴書に書いた内容を覚えるだけでなく
伝えたいことを自分の言葉で伝えることが大切だと思いました。

入学したと思ったらあっという間に1年が過ぎました。
私はこの
1年間で積極性が身につきました。
高校生の時には積極的に動くことは少なかったのですが、
国際短期大学に入って学生スタッフの活動に参加したり、
積極的に研修に参加したり様々なことに挑戦してきました。
フォローアップセミナーで学んだことも活かし
精一杯就職活動を頑張りたいと思います。

最近の「R2年度」カテゴリーもっと見る