金髪で白人気分

白髪は年寄り臭いし、黒髪や茶髪に染めると、しょっちゅう生え際を気にしないといけないから、思い切って金髪にしています。^^

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

やはり死刑には賛成できない

2018-07-07 19:24:46 | 日記
さっき、テレビニュースで、
処刑のやり方の解説のようなことを放送しておりました。

以前も似たような番組を見た記憶がありますが、

私は、犯罪を犯した人が対象と言っても、

なんと残酷なことをするものかと思ってしまいました。

まして、似非宗教であったといっても、

処刑された人たちは、

もともとは何かを求めて信仰を始めた人たちではなかったでしょうか?

何かを求めているのは私も同様です。

鬱になり、精神薬で地獄を見た私は、その後、神様の存在を信じるようになりました。

その意味では、
精神薬の副作用、離脱症状で苦しめられたことも無駄ではなかったかもしれません。

苦しんだからこそ、ほんのわずかでも神様が見えてきたと思っています。

オウムに入信して信仰していた人たちも、私と大差ないように思えます。

神様を信じることは悪いことではありません。

なぜなら、此の世には神様が存在するからです。

私達が存在すること自体が神様のいる証しです。

信仰すること自体は正しいことなのですが、
彼らの場合は、それが似非宗教であったのが問題だったのです。

昔から「鰯の頭も信心から」と言われる通り、

信仰するということは、
信仰していない人達から見たら不思議に思うものも信じるということです。

極論すれば、キリスト教のキリスト復活も大同小異です。

そういう意味では、
昨日、処刑された人たちも、常識を失ってしまっていたのです。

私は、かつては有為な青年だった人たちが
一気に処刑されてしまったことを、とても残念に思います。

処刑された人たちの中には反省していた人もいたということを知るにつけても、
なんとか命は長らえさせてあげることはできなかったかと思います。

生き永らえさせてあげて、
世の中のためになることをする機会を与えてあげることはできなかったかと。

私には、死刑は、形を変えた殺人にしか思えません。

それも、国家による殺人。

坂本さちよさんも、そんなことをおっしゃりたかったのではなかったでしょうか。
コメント (13)

逃げるのに疲れました

2018-07-07 14:46:11 | 日記
正直に書いているだけなのに、

書いた内容に家族から文句をつけられるから、
次々と新しくブログを作り直しています。

さきほどスマホ店に行って、新しくしたブログをスマホに入れてもらって、

スマホから写真投稿しようとしたのですが、前のブログの投稿画面が出てきて
アップできませんでした。

今回、新しく作り直したはずなのに、前の「かみなり」のブログタイトルが

勝手に、この新しく作り直した「金髪で白人気分」に代わっているし、

プロフィールに出した写真も、勝手に新しく変えた写真に入れ替わっています。

IDもパスワードも替えたのに、どうなっているのでしょう?

仕方ないから、「かみなり」のほうに戻って投稿しようとすると、

今度は、しっかり新しいブログの投稿画面が出るのです。

もうどうすればいいのかしら?

だいたいブログに正直に書くことがどうして悪いの?

夫が旅行中に私を殴ったことなども書いたから夫は怒っているのですが、

殴ったことは事実だったし、私は書きたかったから書いただけです。

それなのに、

夫は、なんでもかんでも書かれるから、もう私とは一切旅行しない

と言うのです。

現在、別居になっているのも、私がブログに夫のことを書くからだと。

そんなことを言われても、ブログは私の生きがいです。

難聴で家に閉じこもり勝ちの私の住む世界は家の中です。

それで、つい家族のことを書いてしまうのですが、

これは匿名のブログの世界だから、許されるのでは?

いやなら読まなければいいし、まして、自分の友人とか知り合いに
私のブログを教えることはないと思うのです。

私も逃げるのに疲れてきました。

せっかくブログを通して友達もできて、楽しく書いていたのに。。。
コメント (6)

坂本弁護士のお母様はご立派

2018-07-06 19:48:11 | 日記
坂本弁護士一家が行方不明になったとき、
賢明にビラ配りをなさっていた坂本弁護士のお母様。

そのお姿は、いまだに私の心に焼き付いています。

そのお姿が尊く見えたので、坂本弁護士も立派な方だったんだろうと思いました。

そして今日、その宿敵のオウム真理教の幹部7名が処刑された感想を聞かれて、

 「私も麻原は死刑になるべき人だとは思うけれど、他方では、たとえ死刑ということであっても、人の命を奪うことは嫌だなあという気持ちもあります」


と述べられています。

さすがと思わせていただきました。

自分の自慢の息子であったであろう坂本弁護士、その奥さん、孫を殺されて、

どんなに憎んでも憎み足りないであろうと思うけれども、

さすが、自分のことだけを考える方ではあられません。

わが子の命を奪った憎い殺人犯に対しても、その命を惜しんでいられるのです。

私には、この坂本さちよさんが女神様のように見えました。

86歳というご高齢であられますが、残りの人生、心おだやかに生きていただきたいと
思いました。
コメント (7)

凶悪犯ではあったけれども

2018-07-06 14:10:46 | 日記

彼らも最初から凶悪な犯罪に手を染めようと始めたわけではなかったでしょう。

そんなことを言うと被害者の方々にお叱りを受けると思うのですが、
しかし、処刑された人たちにも、私たちと同じように、親兄弟もいたはず。

その人達の悲しみはいかばかりかと。

処刑された人たちの中には、ヨガ教室から入った人もいると聞くにつけ、
私達も、いついかなるときに、こういう世界に足を踏み入れてしまうかもしれないと。

私は、数年前に鬱病になり、そのとき飲んだお薬で、一時、気が変になりました。

いまにしておもえば、すべてお薬の副作用だったのでしたが、

しかし、そんなお薬を飲んでいるときに、正常な判断力がもてなくなって、
犯罪でも冒していたらと思うときもあるのです。

犯罪を犯さなかった人たちは、たまたま運がよかったということも言えると思います。

逆にいえば、

犯罪を犯してしまった人達は運が悪かったということも言えるかもしれません。

世間では凶悪犯と言われた人たちでしたが、

私は、処刑された彼らの冥福も祈らせていただきたく思います。

生まれ変わる次の世では罪を犯さない一生が賜れますように。
コメント (2)

なぜ?

2018-07-06 08:32:50 | 日記
家族に読まれたら具合が悪いので、

新しくブログを作ったのに、

前の「かみなり」ブログを見ると、「かみなり」から

あたらしいこのブログタイトル「金髪気分」に代わっている。

せっかくIDもパスワードも替えたのに、これじゃバレバレじゃない?

「神鳴り」から「かみなり」に変えたときは、そんなことはなかったのに。

Gooブログさんに何か意図があって、こういう仕組みに変えたのかしら?

なら、もうGooブログは止めて他社のブログにするしかない?

せっかくGooブログの「団塊の世代」に馴染んでいるのに?
コメント