Kazucci ブログ

Composer, Bassist 土村和史の活動内容など

2020年6月のスケジュール

2020-05-31 00:10:00 | Schedule
長かったstayhome 期間がいちおう終わりましたね。しかしこの自粛要請期間でダメージを被った飲食店がゴマンとあるわけです。
個人的に残念で影響が大きかったのは中華街の491House閉店です。ジャズを勉強しはじめた1993年から通って、音楽活動を始めた後は2005年あたりから出演させていただいていたハコです。最近はほぼ毎年大晦日に演奏していたし、この6月7月にもブッキングが入っていました。スタッフも比較的若いし立地もいいのでそれなりにお客さんもいるような印象だったので閉店は本当に意外でショックです。


さて4月5月のstayhome 期間中はやはり他のミュージシャンと同様、色々音楽環境の変化がありました。
例えばオンライン化。もともと僕が教えていたRADミュージックスクールはIT化には積極的なスクールで2年前からオンラインレッスンをしていたので個人的にはレッスン環境が大きく変わったわけではないのですが、発信側である自分の意識が少し変わったかな。「オンラインは対面に勝るものではない(今でもその考えは変わらない)からオンラインは副次的なもの」という位置付けから「通えないなどの理由でオンラインでしかレッスンを受けられない人がいるからオンラインでも音質や通信環境をなるべく良いものにしておこう」という感じですかね。
音楽ライブ配信もやってみました。「ライブの空気感は対面じゃないと伝わらないからライブ配信は考えない」という考え方が変わりましたね。「ライブに行きたいけど行けないという人や、ネットで通りすがりの人が見るかもしれないからできる範囲で音質など配信環境を整えよう」って思うようになりました。もっとも「生」に勝るものはないという考えは変わってませんが。むしろ配信で取っ掛かりがついたら「生」の良さを知ってもらいやすいのではとも思います。
そんなわけで(どんなわけだ!)YouTubeアカウントも開設しました。
いまのところソロベースの動画ばかりですが追々自分のバンドの動画をあげたり三線弾いて歌ったりしようと思ってます。良かったらチャンネル登録お願いします。
これがまたいいれ練習になるのですよ。短めで終われてちょっと面白いかもと思えるアレンジを考え、それを練習して、練習過程で撮った録画を見て自分で願うほど自分は上手くないということを再認識したり、、それと動画をあげるつもりじゃなくても練習動画を撮影するというのが億劫でなくなりましたね。

で、時間がいっぱいできたミュージシャン達はさぞかし練習、作曲、動画などスキルがあがっているのだろうと想像しますが、自分は全然そんなことなくて、元々機械に弱いから色々手に入れた最新兵器をインストールしたり使えるようになるまでにエライ時間がかかるわけですよ。それだけ機械と向き合わなくちゃいけなかった割にスキルはあまりあがってないという有様です。
(写真は手に入れた最新兵器たち)




あとは料理たくさんしたな。でも作りたいものが胃袋の容量を超えちゃったので満足いくほど作ってません。



(自家製ベーコンを使ったアマトリチャーナ)


(カレー餃子とカレーのタレ)

(サグチキンカレーとフライパンで焼いたナン)

なんか文章と写真で長くなっちゃったけど3ヶ月ぶりに皆さんの前でライブができるのを楽しみにしてますよ!スケジュールはこんな感じ↓↓

6/14(日)横浜・上大岡Bar Clarksdale 木村秀子(key) 14:00〜17:00
  16(火)横浜・中山Mystic コードレススタンダードトリオ with 深井一也(tp)伴田裕(ts) 19:30〜21:30
  26(金)横浜・中山Mystic ちゃんぷる合奏団:森川拓哉(vn)福島久雄(g)立岩潤三(per) 19:30〜21:30
  27(土)横浜・港南台CoZAの間 スズキミカコ(vo etc)森学(ts,篠笛 etc)木村秀子(p etc) 19:00〜

ひょっとしたらいくつかのライブは配信するかもしれません。その都度お知らせさせていただきますね。張り切っていきますのでよろしくお願いします!





コメント

5/23(土)ライブ配信します

2020-05-15 22:21:00 | Schedule
外出自粛が長引いてます。もう普通に生活してますけどね。電車に乗って出かけなくなったね。あと一応買い物に行くときにマスクするくらい。それも時々忘れたり(笑
人前で演奏しない生活にも慣れちゃった、残念ながら。
でもね、こういうお知らせをすると俄然ヤル気が出ます!くすぶってた何かが燃え始めるって感じですかね。
5/23(土)ライブ配信やります。
先月と同じく港南台のギャラリー、CoZAの間から今月は椎谷求(g)木村秀子(p)のトリオでお届けします。時間は20時から約1時間。つちむら音楽工房のFacebookページで見られます。ちなみにこの日も無観客です、一応念のため。
今回はコンデンサーマイクを新調しまして、前回よりかなり向上した音質でお届けできると思います。
というわけでこの日もstay home & stay tunedでよろしくお願いします!

ただFacebookやってない人は見られないのかなぁ? リアルタイムじゃなくていいのなら上記のページで動画として見ることができると思います。パソコンを使ってYouTubeから配信する方法も模索してますが、エンコーダーとの連携がうまくいかなくてちょっと現状では挫折ぎみ、、



あとこれも大事なお知らせ。無料配信ではありますが、私らの生活費稼ぎにもご協力をお願いできればと思っています。以下のウェブショップからチップという形でお気持ちをいただければ幸いです。CDをお買い上げいただくこともできます。よろしくお願い致します。

それでは皆さんとウェブ上でお会いできる日を楽しみにしています!

コメント

ライブ配信ご視聴ありがとうございました!

2020-04-27 22:49:00 | Schedule
4月25日(土)に行われた港南台CoZAの間での無観客ライブ配信が無事終了しました。
ご覧頂いた皆様、ありがとうございました。
当日の朝、地元の神奈川新聞にも取り上げて頂き、おかげで沢山の方がご視聴して下さいました。





初めてのライブ配信だったので、上手くいくか不安だったのですが、実際はお家でこんな感じでゆっくり寛ぎならが観られた様ですね。(Nさんより写真拝借)





先月は13年やってきた「たまりBar」が初めて中止となり(ライブ自体は別の場所で開催)ました。そして今回は無観客にして代わりにライブ配信という方法を用いたのですが、いつもより沢山の方に演奏を聴いて頂けるというメリットもありました。在宅でライブが観られるというのは、なんらかの事情で夜に外出できない方々にとって便利な方法なんだなと身をもって知ることができました。
Webショップからチップが払えるシステムを設けたところ、沢山のご支援をいただきました。本当にありがとうございます。

新たな一歩が踏み出せた気がします。
今後も会場に来られない方をはじめ沢山の方に音楽を届けられる様にライブ配信もいろいろ勉強したいと思います。またライブ内容もバリエーションを工夫していつも新鮮ものを届けられたらと思っています。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。


コメント

4/25(土)ライブ配信します

2020-04-20 10:55:00 | お知らせ、宣伝
感染症拡大防止で外出を控える動きが長期化しそうです。
13年間毎月続いていた近所のギャラリーCoZAの間での地域交流イベント「たまりbar」も先月は中止せざるを得ませんでした。現在の状況はその時よりも悪くなっていると思うのですが、そんな時だからこそみなさんが家にいながら楽しめる「Web たまりbar」ということで木村秀子(p)土村和史(b)によるジャズライブを生配信します。
日時はいつもの第4土曜、4/25。時間は多くの方が食事を終えて一段落ついてそうな20時から1時間足らずを予定しています。
つちむら音楽工房のFacebook ページとインスタグラムを通して無料配信します。


演奏に対してチップという経済的支援をしたいと思っていただける心優しい方々向けに、クレジットカードで投げ銭できるウェブショップもしっかりご用意してございます(笑) CDも買えるページなので一度覗いていただけると幸いです。


災害からの復興を応援する企画でできた「越後組曲」という2008年に作ったミニアルバムがあるのですが、今またこのアルバム全4曲の新アレンジと新たに書き下ろした1曲を加えた「越後組曲2020年バージョン」を演奏する予定です。






それでは皆さんに向けて演奏できるのを楽しみにしております。
皆様も気をつけてお過ごしください。

越後組曲より Revival(ピアノソロ動画です)

コメント

4月中のライブキャンセルのお知らせ

2020-04-06 22:06:00 | Schedule
4月中のライブは全て中止となりました。予定されていた方々にはご迷惑をおかけして申し訳ありません。感染症拡大阻止のための措置であるということをご理解いただけますようよろしくお願いいたします。

18(土)大泉学園インエフ
24(金)横浜・中山Mystic
25(土)横浜・港南台CoZAの間

楽しみにしていた企画ばかりでしたが、感染を広げる一因になるよりは中止した方が良いと思いました。やる気は萎えていないので(笑)落ち着いたらまた企画します。皆様にお会いできる日が早く来るように願ってやみません。そのためのstay homeでもあります。
皆様も自身の健康に気をつけてお過ごしください。
コメント

いちおう4、5月のスケジュールとディスコグラフィーほか

2020-04-04 14:29:00 | Schedule
さて世界は大変なことになってて外出なんぞもってのほかという雰囲気です。なので一応4/4現在でわかっているスケジュールを記しますが、キャンセルという判断が下ることもあるでしょう。まあさすがに行こうと考えてくれている人はほぼいないと思うんですけど、そんな神様のような方がいらした場合に失礼のないように、追記という形でキャンセル情報を加えていこうと思っています。よろしくお願い致します。皆さんもご自身の健康を大切にお過ごしください。この書き出しを見て懐かしく感じるようになるのはいつのことやら。

追記: 4月中のライブは全て中止となりました。予定されていた方々にはご迷惑をおかけして申し訳ありません。感染症拡大阻止のための措置であるということをご理解いただけますようよろしくお願いいたします。

4/18(土)大泉学園インエフ 木村秀子(p)s’ Biology with 井谷享志(per) 19:00〜
 24(金)横浜・中山Mystic ちゃんぷる合奏団:土村和史(b)森川拓哉(vn)福島久雄(g)立岩潤三(per) 19:30〜
 25(土)横浜・港南台CoZAの間 椎谷求(g)木村秀子(p) 19:30〜22:00
5/19(火)新宿ピットイン 平井庸一(g)グループ:カイドーユタカ(b)井谷享志(ds,per etc) 14:30〜
 5/23(土)横浜・港南台CoZAの間 椎谷求(g)木村秀子(p) 19:30〜22:00
↓  ↓  ↓
5/23のライブは配信になりました。20:00〜21:00です。詳細は追ってお知らせします。


外を出歩くなというわけで、人に演奏を見ていただいて日銭を稼ぐ我々のような仕事はもう全く機能しないわけです。なのでこのブログでも商売の宣伝をさせてもらいます。
スカイプ、facebookメッセンジャー、zoomを使ったベースのオンラインレッスンやってます。お問い合わせはongakukobo_t@yahoo.co.jpまで。

あとCDの通販もやってます。


“Sharp Eleven”   #11  (2018年)
Fabio Bottazzo(g)木村秀子(p,per)嘉本信一郎(de,per)土村和史(b)
¥2200(税抜き)
日本xイタリア混成カルテット”#11”のデビュー作。メンバー全員が曲を書き、ジャズをベースにしつつロックやエスニックなどのテイストを持つ多彩なオリジナル曲が特徴。バラエティー豊かな楽曲群に統一感を与えているのが現代的なサウンドと随所に散りばめられたヨーロッパを感じさせる抒情的なメロディだ。肩ひじ張らずに最後まで聴けるアルバムに仕上がっている。








Markus Niittynen Trio (2015年)
Markus Niittynen(p)嘉本信一郎(ds, per)土村和史(b)
¥2400(税抜き)
北欧ならではの透明感のあるピアノに日本人リズムセクションの生み出すしなやかなグルーブ。フィンランドx日本というハイブリッド型のオリジナリティ溢れるピアノトリオ。透明感とリリシズムを湛えたバラエティ豊かなオリジナル楽曲からジャズの新たな息吹を感じる。



“越後組曲”  木村秀子Trio (2008年)
木村秀子(p)工藤悠(ds)土村和史(b)
¥1000(税抜き)
新潟県中越大震災の復興応援の一環で企画されたアルバム。新潟x横浜の交流を通して生まれた楽曲で構成されている。日本的情緒のある旋律と絵画的な情感をもった演奏が心に残る。十日町市在住の版画家、尾身伝吉氏の中越地方の風景を描いた作品を使ったジャケットも秀逸だ。





“Tales from the Blue”  Thomas Walbum Trio(2010年)  ←現在の在庫3枚
Thomas Walbum(p)嘉本信一郎(ds,per)土村和史(b)
¥2000(税抜き)
デンマークのピアニストと日本人リズムセクションの混合トリオ。メンバーがそれぞれオリジナル曲を持ち込み、各々の個性が染み出してバラエティに富んだ内容に仕上がった。グルービーなデンマーク人の曲と北欧色強い日本人の曲という対比が面白い。ほかにスタンダード曲の配置もバランス良い。

アルバム紹介はネットサーフィンして探してきました。色々な方に紹介されていて改めて感謝!

旧譜ってことでまとめ買いで割引もさせていただきます。こちらもongakukobo_t@〜という上記のアドレスまでお気軽にお問い合わせください。
Covid19による混乱期間中のCDの売り上げは、ネット用のコンテンツを作るつもりなんですが、それに協力していただく共演アーティストへの交通費等の支払いに当てさせていただく考えです。

以上よろしくお願い致します。
コメント

ライブ会場変更

2020-03-18 16:35:00 | Schedule
世間ではというか世界では新型コロナウイルスにより絶賛パニック中ですね。
イベントの中止が相次いで演奏家や舞台俳優などのパフォーマーの死活問題にまで発展しています。
数々の小規模イベントが中止の嵐です。その一方で、3/4時点と多少古いデータだけど100人以下のイベントでの感染率は0.01%、50人以下のイベントだと0%というデータもあります。
「万が一、感染者をだしてしまったら、、」という主催者にのしかかる得体の知れない恐怖というのも理解できますが、演奏等のパフォーマンスを行うアーティストのことも考えたうえで判断をしていただきたいと思います。話題の休業補償という問題だけではなく、私たちにとっては表現の機会を奪われるということなのです。風評という不特定多数の人間の心と表現活動を行うアーティストの心情を天秤にかけてどちらを取るのか、そこまで考えて判断してほしいということです。アーティストを犠牲にして風評から自分のハコを守るのか、あるいは感染者を出した場合誰も責任を取れないんだから自己責任で気をつけて決行すると決めるのか。結論は2つしかないけど結論に至る経緯がアーティストとハコの今後の信頼関係を決めると思っています。何の解決にもならない話だけどここで書いて整理しておいた方がいいと思って書いてみました。

さて話変わって(変わってない?)大事なお知らせです。
今月末3/28(土)に港南台のCoZAの間で予定していたライブの場所が横浜線中山のMysticに変わります。CoZAさんと協議のうえ、地域交流イベント「たまりbar」は13周年を目前にしてとうとう初の中止となってしまいました。近距離での会話や飲食に気を使う、換気環境をどうするか、などの条件を考えると仕方のない判断だと思います。4月に再会できることを関係者一同願っています。
そこで私にはお馴染みの中山Mysticで開催することになりました。

3/28(土)中山Mystic 太田恵資(vn)木村秀子(key)土村和史(b) 19:30〜
横浜市緑区中山町157-2F 中山駅南口ミスタードーナツ向かい

非常に楽しみにしていたライブなので受け皿を提供してくださったMysticに感謝です。
世界で活躍する憧れの太田恵資氏と9年ぶり2回目の共演です。そして氏のパフォーマンスを投げ銭で見られるまたとない機会です。
よろしくお願いいたします。

コメント

音楽教室からの著作権使用料を認める判決について

2020-02-29 21:55:00 | Weblog
JASRACが2017年から音楽教室に著作権使用料支払いを求めていることに対して音楽教室側が無効を求める裁判の一審判決が昨日2/28に出て音楽教室側が敗訴しました。つまり司法は音楽教室といえど著作権使用料を払うべしという判断をしたってことですね。
ちょっとこの判決にモヤモヤしたことを感じずにはいられないのでいま思うところを記しておきます。
 音楽を聴かせる対象である「公衆」の解釈の強引さもさることながら、音楽教室は著作権使用料としてレッスン収入の2.5%を払うことをJASRACは定めていますが、そもそもこの著作権料は著作権を持つ作曲者に還元されるはずのものです。それが一律に徴収される2.5%の金額の中からどれだけ著作権者に支払われるのか?レッスンに使用した楽曲を逐一管理していないと著作権者への還元なんて無理だよね?そこまで音楽教室に求めないとJASRACの建前の「著作権者への還元」を信じるわけにはいかない。CD販売からの徴収額が大幅に減少しているからその減収分を埋め合わせたいんじゃないか、って見方を支持したくなります。
 それと自分の楽器コントラバスに関していえば、初心者は一朝一夕に曲を弾けるようにはならないので、初期のレッスンは著作権料の対象になるとは思えないエチュードや音階練習を1年以上やってから曲に入っていくわけです。著作権切れしているはずのシマンドルって教本を使って地道に1、2年学習してから楽曲を弾くという。あまりに地道なもんだから今ワタシに生徒いないですよ。でもそういう同業者多いと思う。そんな楽器の学習者を生徒に持つ教師からも「著作権払わなきゃいけない現代曲とかポップスやってるよね?はい、払ってちょうだい!」と言うつもりなんですかねJASRACは。
 基本的に音楽教室からの徴収は、ややこしくなるしレッスン料のかさ上げにつながって音楽を習いたいという人の減少にもつながりそうだからしない方がいいのでは?というのが私の考えです。ただし音楽を使って利益を上げているという側面も否定できない事実だから、徴収するなら金額のパーセンテージや楽曲申告方法など使用者と徴収者で制度を詰めてからやるべきなのではないか。現状で著作権料を払え、っていうのは時期尚早だと思います。
 音楽教室側もこの先の控訴審で勝てなかったら著作権料を払わなきゃならなくなるから、レッスンで使用した曲、曲を使わなかった回などデータ化してそれを材料に著作権支払い額を交渉したらいい。









コメント

2020年3、4月のスケジュール

2020-02-26 00:13:00 | Schedule
おーい!冬どこ行ったー!
寒いのが嫌いなワタシですが、これだけ冬らしくない冬だと気持ちが悪いです。シーズン初めの12月には横手でそれなりに雪にありついて幸先良い冬だったのに、、、
まあこれから3月だし春らしく桃の花などを



3、4月もライブ少なめです。新型コロナウイルスで人混みを避ける動きが広まってますが、ワタシの場合会場は人でごった返すターミナル駅でもないところが多いです。おまけに恥ずかしながらライブ自体も人混みとは程遠いので皆さん不安がらずにお出かけください笑

追記:3/23のイベントは例のウイルス絡みで中止になりました。
追記:3/28のイベント会場が変更になりました。
追記:4/29の演奏予定はキャンセルとなりました。

3/2(月)新宿Pit Inn 平井庸一(g)group:カイドーユタカ(b)井谷享志(ds,per,electronics) ゲスト花咲政之輔(vo) 14:30〜17:00
 21(土)横浜・中山Mystic 小森剛(vo etc)木村秀子(key) 19:30〜
 23(月)大森・大田文化の森 Song of angel flute orchestra in Japan 19:00〜
 28(土)横浜・港南台CoZAの間 →中山Mystic 太田恵資(vn)木村秀子(p) 19:30〜22:00
4/18(土)大泉学園インエフ 木村秀子(p)s’ Biology with 井谷享志(per) 19:00〜
 24(金)横浜・中山Mystic ちゃんぷる合奏団:土村和史(b)森川拓哉(vn)福島久雄(g)立岩潤三(per) 19:30〜
 25(土)横浜・港南台CoZAの間 椎谷求(g)木村秀子(p) 19:30〜22:00
 29(水)中華街491House 津田兼六(acc)福島久雄(g) 19:30〜22:30

3月は新譜発表を控えて楽曲にも慣れて自由になってきた平井庸一バンド@ピットインを皮切りに最近の共演で素晴らしい時間を共有した若手シンガー小森剛氏と早速の再演、そしてCoZAの間の月例「たまりBar」には太田恵資大先輩をお迎えします。さらに4月には(自分が)待望の「ちゃんぷる合奏団」3年振りにライブします。よりアジア・ユーラシア色を強めたレパートリーで臨みます。楽しみが尽きないよー!
コメント

2020年2、3月のスケジュール

2019-12-22 00:00:00 | Schedule
季節柄なのか私の徳のなさなのかわからないけど、少なめです。希望的観測を言えばもうちょっと増えるかも。まあ楽しくやります。
よろしくお願いします。


(写真と本文は関係ありません)



2/8(土)中華街491House 森川拓哉(vn)木村秀子(p) 19:30〜
14(金)中華街ローズホテル 木村秀子(key) 18:20〜
15(土)横浜・中山Mystic 津田兼六(acc)福島久雄(g) 19:30〜
22(土)横浜・港南台CoZAの間 木村秀子(p) 19:00〜

3/2(月)新宿Pit Inn  平井庸一(g)バンド:カイドーユタカ(b)井谷享志(ds, per) 14:30〜
 21(土)横浜・中山Mystic  小森剛(vo)木村秀子(key) 19:30〜
 28(土)横浜・港南台CoZAの間 太田恵資(vn)木村秀子(p) 19:00〜

#jazz #ベース #5度チューニング #5度調弦 #土村和史


コメント