京大観世会blog

観世会のゆかいな日常です。

夏合宿に行ってきました@福井県花蓮温泉そまやまさん

2018-09-12 14:11:48 | Weblog
こんにちは、マックスです。
前回なんと名乗ったのか忘れてしまったのでとりあえずマックスとしておきました。


つい先日、夏合宿に行ってまいりました。場所は福井県、花はす温泉そまやまさんに伺いました。
お稽古に来てくださった師匠の先生方、観世会OB・OGの皆さま方本当にありがとうございました。



今回宿泊したのはなんと、露天風呂付の温泉宿です。食事をみても学生の合宿で使うような宿ではなさそうですが、実はとてもお安いんです。





おいしそうなお食事と温泉で日中のお稽古の疲れを癒します。心なしか正座でたまったひざの痛みも和らぐ気がします。
ごはんとお風呂の後はミーティングという名の酒盛りが始まります。OB・OGさん方とお酒を酌み交わしいろいろなお話をしました。
撃沈する人が多くなったところでぼちぼちお開きです。明日に備えておやすみなさい。



日中のお稽古では、先生方とたくさんのOB・OGさん方に囲まれ、普段ではなかなかできないような密度のお稽古をさせていただきました。


着々とお稽古をこなしていき…… 最終日は観光です! 
結局合宿中は殆ど雨空で、太陽は見えませんでしたが最終日の今日は傘をしまっても歩けるぐらいの天気でした。
(たまにぽつぽつ降りましたが…)
観光では気比神社と気比の松原を見に行きました。
ちょうど神社でお祭りが催行されていた期間中だったようで、商店街には露店が多く顔を並べていました。
そうこうしているうちに気比の松原に到着。公園内には遊具もありましたが、平日の午前中ということもあり閑散としています。



公園のすぐそばには日本海が広がります。海の装いは早くも冬の日本海。歓迎されていない雰囲気が轟轟としてあります。
しかしめげずに遊びます。





遊び終えたらバスに乗って帰ります。バスは一日二本しか来ないので、乗り過ごすと大変です。
最後には無事京都駅に着きました。お世話になった皆様方ありがとうございます。
幹事の方もお疲れさまでした。

また今年の11月22日に予定しております観世能もよろしくお願いします!
ぜひ見に来てください!

マックス
コメント

三大学合同発表会

2018-08-01 19:26:40 | Weblog
初めまして!新入生のチョコチップと申します.この度,観世会伝統(?)の新入生によるブログ更新をしてみないか?とのことで,この文章を書かせていただいております.私自身観世会に入るときに参考にした情報源の一つがこのブログなので,未来の新入生も含めた様々な人の目にさらされると思うと緊張しますが,温かい目で読んでいただけたらと思います.

さて先日,とは言っても一月半ほど前になりますが,6月16日(土)に大津市伝統芸能会館にて三大学合同発表会が行われました.この発表会では奈良女子大学,龍谷大学,京都大学という三つの大学の観世流の能楽サークルが集まり,それぞれ仕舞・素謡(主に新入生)・舞囃子などを披露します.自分の出番以外は客席で見学し,コメントカードに批評を書いて今後の参考とします.
朝8時過ぎに三条京阪の通称・土下座像前に集合し,京阪京津線にゆられて大津に向かいます.会場に着くとまず,舞台への出入りや立ち位置の確認「場当たり」を行いました.大津の舞台に立つのは5月の練習以来二度目でしたが,本番直前ということで,気が引き締まり前回とは違う場所のように見えました.
13時,開演です.他大・京大の方々が堂々と舞い,謡われる中,まずは素謡「鶴亀」で,次に仕舞「熊野」で舞台へ.狭い切戸口をくぐると三間四方の空間も広く感じられ,その奥には満員の客席が...とはいきませんが,多数でなくとも誰かに練習してきた成果を見ていただけるというのは気持ちが良いものです.もちろん先輩方の舞・謡とは比較できない出来ではありましたが,周りの先輩方の存在と視力0.03の裸眼(一番前の客席も見えない)のおかげでほぼ緊張せずに切戸口に帰ることができました.
他大の方々の見学では,特に自分の稽古曲で謡い方の違いを感じました.ここからプロの芸術家としては当然のことと思いますが,各大学の師匠の先生方がそれぞれの「能への考え方」を持っておられ,稽古では所作や謡い方を通じてそれを学生に伝えていただいているということに気づかされました.このような気づきが得られたのは三大学の収穫だったと思います.
16時半ごろ三大学の合同舞囃子「吉野天人」の余韻にひたるままに発表会は終演.後片付けの後,お食事の待つ京都へ帰ります.後席は京都駅前の居酒屋にて(店内の五条大橋にざわつく能楽サークルの皆様).舞台を終えた安心感に酒の力も相まって(私はウーロン茶ですが)宴は盛り上がり,夜は更けていきました.

以上が三大学合同発表会当日の一部始終です.後日書いていただいたコメントカードをいただきましたが,普段の稽古ではなかなか気づかない指摘を複数頂き,勉強になりました.
このように貴重な刺激を得ることができたのは,奈良女・龍大の皆様,会館の職員の方々,一般来場者の方々,そして何より指導してくださる師匠・先輩方のおかげです.ありがとうございました.
今回の経験を糧にして,日々努力するつもりでありますので,今後ともどうぞよろしくお願いいたします.

拙い文章でしたが,ここまで読んでいただきまして,ありがとうございました.


舞囃子「高砂」


素謡「鶴亀」

(チョコチップ)
コメント

天に偽りなきものを

2018-07-06 10:56:04 | Weblog

こんにちは。

最近の観世会はおかげさまで新入生が入ったり、三大学があったり、お囃子の稽古会があったりと何かと忙しい日々です。(三大学についてはまた今度ブログにて)
そんな中誕生日を祝ったり・・・


北大路ビブレに現れたサメに一同年甲斐もなく大はしゃぎしたり。


そんな日々です。

さて表題
「いや疑いは人間にあり。天に偽りなきものを」
という言葉について考えています。
有名ですが、能《羽衣》に出てくる詞章です。

これは昨今流行りの「パワーワード」と言ってよいのではないか?
力強いお言葉に「そっ、そうですかすいません」と平伏したくなります。

しかし一番本の解説を見ると、天女は神性も女性性もない存在なんですね。
ただひたすら「清純で可憐」らしいです。
そういうところが「偽りなき」なんですかね。
そう思うと、「偽りがない」存在というより「偽れない」存在というほうが近いかもしれません。

というわけで。

今年の観世能は。


です‼‼

偽りのないハッピーな天人を目指してます(シテ談)!
さらに疑いも偽りもある男女の舞囃子が1つづつ!

見ごたえのある会にしますので、11月22日木曜日、三連休の前日はぜひ京都岡崎で京大観世能を!!!


(阿倍野の里人より)

コメント

四大学交流会@神戸

2018-04-01 22:05:24 | Weblog
ご無沙汰しております、かげやんです。
4月になり、気付けば私も3回生になってしまいますが、いかがお過ごしですか?
3月の3日から5日にありました四大学交流会について振り返ってみます。

………と、その報告をする前に。
なんと四大学の3日前に、転けて捻挫してしまいました。
左足首を捻った瞬間感じた痛みから、「今年の四大学は終わったな…」と休演を覚悟しましたが、接骨院の先生と相談した結果、何とか全ての役を務めることができました。(正座は絶対ダメ!!と釘を刺され、炎症が悪化するからお酒も控えるようにと言われましたが。)
ほんと、足下の凹凸には気を付けないといけませんね………はい。

さて、そんなことは置いといて。
四大学交流会は東京大学観世会、名古屋大学観世会、神戸女学院大学観世流能楽部、そして京都大学観世会の交流会で、例年3月に、幹事は概ね持ち回りで行っています。
今年の開催場所は神戸でした。



【一日目!!】
一日目は宿泊するホテルの部屋で素謡会を行いました。
ちなみに、今回お世話になったのは須磨寺から徒歩10分の寿楼臨水亭という温泉旅館です。


素謡とは「囃子や舞を伴わずに、ただ謡だけをうたうこと」です。
たかが素謡、されど素謡。
大学が違えばこうも雰囲気が違うのかと、とても興味深かったです。

他大学の方には自分たちの謡がどう聞こえていたのか気になりますが、何はともあれ、大きな声で他の部員と一緒に謡うのは楽しいものです♪


【二日目!!】
二日目は上田能楽堂をお借りして仕舞や舞囃子などの発表を行いました。
合同素謡あり、合同舞囃子ありと、盛沢山♪
とても充実した舞台でした。

また、遠方から舞台を観にお越しいただいた皆様、誠にありがとうございました!!


そして………夜舞台。
(夜の飲み会で行う舞台、要するに宴会芸なのですが、昼の舞台に対して夜舞台と呼んでいます。)
大学別に何かしら出し物をするのですが、今年も部員が頑張って脚本を書いてくれました。
夜舞台の内容や出来は皆様のご想像にお任せしますが、少なくともうちの部員には比較的好評でした。(脚本を書いた本人も満足げでした。)

素謡会、舞台もさることながら、やはり夜舞台では各大学の部員のキャラが如実にあらわれていて面白いです(笑)


【三日目!!】
三日目はお待ちかねの観光日です!!

「異人館コース」と「南京町食べ歩きコース」と「クラフト体験&酒蔵見学コース」。
どの観光ルートも大変魅力的でしたが、悔しくも捻挫のため「きつい坂は厳しい」「お酒も控えた方が良いかな…?」ということで私は食べ歩きコースへ。

中華まん、小籠包、桃まんにタピオカにチマキ………
いやぁ、美味しかったです!!
多分、3ヶ月分ぐらいの点心を摂取しました。


お土産もしっかり調達し、お腹一杯になりながら帰路へ。
他大学の方々とお別れするのはとても惜しかったですが、またあっという間に季節は巡り、「もうこんな季節だよ~」とか言いながら再会するんだろうなぁ……とか思いつつ、電車に乗りました。
他大学の皆さん、またお会いできる日を楽しみにしています!!
そして幹事校の皆さん、大変お世話になりました!!
どうかお元気で!!


………さぁ、明日はいよいよ新歓初日です!
八坂神社の能舞台で行われる初桜能を観に行きます!
今年はどんな新入生に会えるのかな~とワクワクしつつ。

今年も沢山イベントを用意していますので、能に興味がある方も、そうでもない方も、是非ともお立ち寄りください!!
(ちなみに、私は京大観世会の新歓に行くまでは全くと言って良いほど能に興味はありませんでした!………笑)

2回生以上の方、他大学の方も大歓迎です!!
お待ちしております!!

(かげやん)
コメント

春合宿を振り返る

2018-03-20 13:57:30 | Weblog
皆さま、お久しぶりです。非常にお久しぶりです。一回生のまっきーです。前回のブログ更新からまたしばらく時が経ってしまいました。季節は移ろい、ブログの先頭には「60日間投稿が無い場合に表示され」る広告がデカデカと載り、京都では生暖かな春風に乗って、大量のスギ花粉が舞っております。皆さまの中にも花粉症で辛い方がいらっしゃるのではないでしょうか。高校生まで花粉症とは無縁の生活を送っていたはずの私ですが、なぜでしょう、大学生になった途端、簡単にも花粉の魔の手に捕まってしまいました。これを書いている今も、私の鼻はくしゃみをするか否かのギリギリの線で攻防を続けております。老化って怖いですね。

前置きはさておき、春合宿も4大学舞台も終え、新たな年度に向け心を新たにしている……いや、したいなぁと思っている今日この頃ですが、本記事では春合宿についてつらつら書いていこうと考えてます。4大学舞台については、先輩にバトンタッチ!します。(私がブログの投稿を長い間温めてきてしまったため、先輩を大変お待たせしてしまってます。申し訳ないです…)


さて、前述の通り、去る2月17日から19日までの3日間、春合宿を行いました。場所は観世会おなじみ、西教寺さんです。

西教寺さんは、大学から電車とバスを乗り継いで約1時間半、比叡山の麓にある明智光秀ゆかりのお寺さんです。境内からは、琵琶湖と大津の街を一望することができます。それにしても、琵琶湖って大きいですねぇ……。海なし県出身の私にとってはほぼ海ですよ、海。




お稽古は、三月の四大学合同舞台で出す仕舞や素謡、舞囃子を中心に行いました。合宿の直前まで、実家にて無脊椎動物のようになっていた私は、なまっていた身体をまず通常の状態へ持って行くことが求められました。お稽古を少しずつでも毎日、継続的に行うことの重要性を痛感しました……。来年度からの課題ですね。



大広間を使ってのびのびとお稽古します。広い場所でお稽古できるのが、合宿のいいところの一つですね。


舞囃子『葛城』のお稽古の様子。この日は丁度雪が降っており、まさに『葛城』日和(?)でした。境内も、白妙の雪に染められておりました。月白く雪白く……と謡いたいところですが、この夜のお月さんはほぼ新月でかなわず。



雪のうっすら積もった境内は非常に美しかったです。



お稽古後は美味しいご飯をいただきました。西教寺さんのご飯はとても優しい味で、どれもほっこりとするような美味しさでした。毎回のお食事の時間が密かな楽しみでした。部員みんなで、準備して……。



「いただきます。」(ちょっと集まりが良くないですね……。)




夜はたのしいたのしい宴会です。大学生活1年目を終え、ちょっぴりオトナになった私は、ちびちびと「オレンジジュース」を嗜みました。お酒が好きな人は好きなだけお酒を飲み、「オレンジジュース」が好きな人は好きなだけ「オレンジジュース」を飲む。観世会はそんなサークルです。私の手には負えなかったお酒たちは、いつのまにかお酒好きの部員たちにやっつけられておりました。



先輩方、そして普段なかなかお会いできないOBさん方と楽しく語らいました。能楽部員なのだから普段からお能の話ばかりしていると思いきや、話題は非常に多種多様です。将来の夢の話から、小学生時代に犯したイタズラの話まで。観世会はそんなサークルです。

こうして今年度の春合宿は幕を閉じました。二泊三日、とても短い時間でしたが、私にとっては得たものの多い、大変充実した合宿でした。
ただ一つ、後悔したことといえば、朝の勤行に参加することができなかった点ですね。楽しみにしていたのですが、睡魔には勝てませんでした。来年は絶対に二度寝しません。

もうちょっと書きたいこともあったのですが、長くなってしまったので、この辺りで。
それでは、次回は「四大学」の記事ですね。先輩、よろしくお願いします。



(まっきー)
コメント