カバー画像
プロフィール画像

金生遺跡を世界遺産にしよう会

金生遺跡で、冬至の日の出を見に出掛け、厳寒の厳しさの中で縄文人達の息吹を感じてしまい、遺跡は天文台であると思ってしまった。

金生遺跡は、縄文時代の暦作成の太陽観測天文台
縄文時代の暦開発の経緯を、波状突起口縁の縄文土器に記録していた。
記事一覧
波状突起口縁の土器の歴史と太陽暦、太陰暦の開発
月と惑星の天体ショーがある
日本天文考古学会へのメール
6、8 波状突起口縁の土器
禅の庭と太陽暦の庭
32波状突起口縁の土器
金生遺跡で立秋の日の出を観察しよう会
金生遺跡・大配石での太陽観測設備の発見
金生遺跡 大配石のデザイン設計
金生遺跡配石内の立石の意味 幻視