一庵 (ひとつあん)

飛べないライター『いたっきい』の愚行をさらしています。

※普段ハtwitterニ居リマス。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

猛禽観察 (横田基地フレンドシップデー)

2010-08-21 | 旅行・見学

 

米空軍横田基地友好祭(フレンドシップデー)に行ってきました。

目当てはもちろん、F-22 Raptor.

“Eagle”“Falcon”などの猛禽類を総称する“Raptor”と命名されたこの戦闘機は、一般にはステルス機として知られていますが、機動性、電子戦能力においても、文字通りF-15イーグルやF-16ファイティング・ファルコンを圧倒する超・高性能機です。

海外では初めて、そして唯一、沖縄の嘉手納基地に展開することで、台湾や日本と対峙する中国、韓国や日本と対峙する北朝鮮に対し、これまでになかった新しい概念の抑止効果を上げてきました。つまり、すぐそこにいるかもしれないという恐怖です。

また、嘉手納展開の際には日本の航空自衛隊機とACMを行い、自衛隊機が完膚無きまでに叩きのめされたことが報じられました。このことを受けて航空自衛隊は次期戦闘機FXにこのF-22を強く望むようになったと言われています。

結果的に、機密の塊でもあるF-22の輸出・ライセンス生産には議会が強く反対し、また圧倒的な高性能であるが故に戦闘機としては他に類を見ない高額となってしまったことがたたり、結局開発国であるアメリカも生産の中止を決定、日本への配備はほぼ不可能になりました。

そんな“史上最強の戦闘機”が日本の首都に初飛来したのは2009年8月のことで、今回は2度目にあたります。いたっきいは昨年、秋田県大仙市で開催された「大曲花火大会」に行っていて、予告なく突然飛来したF-22を見ることができませんでした。ちなみに、それより以前に沖縄に見に行ったことがあるのですが、いたっきいが那覇に到着する約4時間前にラプターはグアム経由で本国に帰ってしまい、タッチの差で見逃したという経緯もあります。

つまり、これまで一度もF-22を見たことがないのです。

というわけで、今回は是が非でも見ようと思い、仕事を前倒しで進めて時間を確保、無事に横田基地で見ることができました。

 

以下、なめ回すように様々な角度から撮影してきましたので、そのディティールをご覧下さい。(写真をクリックすると1920x1080pixelの画像が開きます)

※例によって解説はナシです。後で入れるかも…


F-22だけは憲兵隊が警備していた。銃はM-4

以上

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 疾走!新戦車 (10式戦車 一... | トップ | ブルーインパルス創設50周年 ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
らぷちゃん☆ (たるたる87)
2010-08-22 07:51:50
増槽付きですね!
昨年はなかったですよ☆

飛ぶ所をぜしみたいものです~♪
あざんっしたw
松島たのしかったよ~ん (空薬きょう@「い号作戦」発動)
2010-08-23 23:44:28
これですね!
いたっきいが、東松島に来る前に見ていたのは!
松島基地ではお世話になりました。
石巻でお別れしましましたが、「い号スーパー戦闘作戦」に参加できなかったのが心残りでした。
らぷたん♪というには獰猛すぎ… (いたっきい)
2010-08-25 08:27:42
■たるたる87さま

コメントありがとうございます。
クリーンな姿を見たかったのですが、考えようによってはこの姿のほうが珍しいといえるのかもしれませんね。

ウワサなのですが、まだ横田にいるらしく、今日(8/25)に嘉手納に向けて飛ぶとか?
しかし、仕事があって見に行けない…。

■空薬きょうさま

コレです。松島行きを一日遅らせた理由は。
「い号作戦」は効果絶大でした。風呂から出るとそのままストンと落ちました。前日から徹夜してたので当たり前と言えば当たり前なんですが。

コメントを投稿

旅行・見学」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事