新しいアカウントで始めました。

身の回りの写真とトレッキングの写真が中心です。

Ubuntu16.04バージョンアップ成功しました。

2019-06-25 00:10:03 | パソコン

結構時間がかかりましたが、これでUbuntuとChaletOSともに16.04のバージョンになったと思います。取り敢えずは、思ったとおりでしょうか?後はUSBメモリーからどっちも起動できればいいのですが、今はHDDに入ってますが、起動はUSBからみたいになってるようです。

コメント

ChaletOS日本語版で遊んでます。スクリーンショット & ReadyNAS

2019-06-24 14:14:18 | パソコン

 ChaletOSからReadyNASへ接続、Galleria2のMyPicturesと同期しているNASへ接続できました。ReadyNASではgalleria2-mypicturesとなってます。

Canonホルダーの中です。

2019ホルダーの中です。

順番が狂いました。ChaletOSの/home/isamuです。これが一番前ですかね?

キャノンの写真データはCR2で、見ることが出来ないようです。Windows10では見られたんですが、残念です。

これはJPEGデータで、これは見ることが出来ました。これはknoppix8.2の画面です。

コメント

ChaletOS日本語版から書いてみてます。

2019-06-24 12:22:54 | パソコン

 Linuxといえども、使える気がしてきました。何度も挑戦したことはありましたが、使いづらい、結局は止めてました。しかしChaleOSもしかしたら良いかもしれません。日本語の入力がスムーズに使えます。ほぼWindowsで入力しているのと変わりません。firefoxを使ってますが、ロボフォーム(暗証番号の管理ソフト)も使えましたし、firefoxのsyncも出来たようです。後はスクリーンショットができれば、ブログに関してはいうことないように思います。今はできてないので、カメラの写真で雰囲気を伝えてみます。

 ChaletOSは元はUbuntuらしいですが、もしかしたらUbuntuより出来が良いかも(^o^)

desktopがWindowと少し違います。ブログはfirefox、これは全く同じです。当然ですかね。"(-""-)"上の図とこの行の入力はWindowsからです。

ChaletOSにスクリーンショットありましたので、Upしてみてます。

でもカメラからの写真を取り込むことは出来ないかもしれません。

コメント

PC起動の状態。変形のデュアルブート。

2019-06-24 05:43:07 | パソコン

 マルチブートと言っても変形ですかね?本来は一つのHDDにWindowsとLinuxがインストールされているんでしょうが、自分の場合は違う形になりました。Windows10とChaletOS、Ubuntuです。ChaletOSは最初WindowsのHDDとは別のHDDにインストールしました。その時点ではBIOSで起動ドライブを変えて、Windows10とChaletOSを立ち上げてました。ChaletOSは領域をあまり食わない1.4GB位だったと思います。USBメモリー8GMがありましたので、これにUbuntu、少し古めですが、インストール出来るかと思いましたが、7GBの空きが必要らしくて、困りました。ChaletOSがインストールされてるHDDは1TBなので、問題ないようですので、ここにインストールを途中で変更。ここは意外と緊張します。Windowsが起動しなくなったらまたまた問題ですからね。Linuxではsda,sdbとか表現するので、分かり辛い。

 結果はUSBメモリーからUbuntuとHDDにインストールしてあったChaletOSが起動できるようになりました。BIOSをいちいち変更するよりは楽ですが、なぜそうなったんでしょうか?

 追記)しかし、このUSBメモリーは多分ですが、Galleria2でしか使えない。だろうと思います。

このまま起動するとUbuntuが起動します。少し古めの14.04です。何故か?更新できない。

矢印キーでUbuntu16.○○がChaletOSです。

 ちょっと不満なのが、ChaletOSからWindowsへ戻ると、時間がズレてしまいます。US時間になるんでしょうか?WindowsからChaletOSへ行くときは、ズレないようです。

画面右上の時計も3時ですが、本当は15時だと思います。これも正しい。

ChaletOSを終わるときには正解ですが…。

Windowsへ戻ると、日本時間では15時ですが、9時間戻って6時になってしまいます。"(-""-)"

追記)しばらくほおおっておいたら治ってました。"(-""-)"と思ってましたが、ダメのようです。

 

コメント

ChaletOSの日本語化は出来ました。

2019-06-23 13:27:45 | パソコン

 Linuxの日本語化は鬼門ですかね。これをしないとどうも使った気になれないです。日本語化したバージョンもあるにはあります。knoppixでも7ならある様ですが、何故かGalleria2で起動できません。Galleria1でなら起動できるんですが。その他でもUbuntuでもあることはある様です。knoppix8は日本語化を責任もってやるところ今は、無いようです。起動オプションでは画面表示の日本語化は出来るのですが、入力が出来ません。でも何かこれをしないと、忘れ物した感じで、気持ちが悪いです。

 そんな気持ちでネットを探していたら、ChaletOSというLinuxがあって、日本語化もそう難しくないようです。但しネットで見つけたのはHDDに組み込むものでした。本当はUSBメモリーから起動したい気もあったんですが、この際日本語化できればという思いで、やってみました。確かにできました。メニューも日本語ですし、入力も出来ました。今回の結論が出たことにして、後は止めます。画面はknoppixが一番好きなんですが、日本語化が出来ないので、しょうがありません。"(-""-)"

コメント