週刊☆彡星野村

星野村スタッフの新着情報や身近な話題をご紹介!!

お子さまランチ始めてます

2018年08月17日 | ニュース

 

こんにちは、茶の文化館ga-ko☆です

8月も中旬となり、夏休みも残りの日数が少なくなってきましたね。

お子さんやお孫さんは宿題や工作、自由研究など順調に進んでいるでしょうか?

茶の文化館ではまだ自由研究が終わってない子供たちのために、緑茶・ほうじ茶・抹茶と3種類のお茶を作る体験が常時可能です。

自由研究がまだのお子様は、「いろんなお茶の作り方」と題した自由研究に茶の文化館の体験を利用してみてはいかがでしょうか?

そんな中、告知が遅くなりましたが、茶の文化館内にあるお食事処「八女茶寮」では『お子さまランチ』の提供を行っております。

夏休み期間限定、の予定ですが、ひょっとしたら期間延長・週末限定もあるかも

『お子さまランチ』650円です

小さなお子さまでも一緒に食事を楽しめますので、ぜひご利用くださいませ

ではまた、ga-ko☆でした

 

 

 

コメント

夏はやっぱりコレ!!

2018年08月11日 | ニュース

 

まだまだ暑い日が続く夏休み真っ只中の今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

暑い暑いこんな日には茶の文化館館内の食事処「八女茶寮」で提供している【みぞれあんみつ】はいかがでしょう。

 

【みぞれあんみつ】600円

シャリシャリの抹茶氷にバニラアイス、寒天、粒あんなどをあしらって、冷たくて甘くていろんな食感を楽しめる幸せなスイーツ

今日からお盆休みという方も多いでしょうが、茶の文化館は夏休み期間中は休館日なしでの営業ですので、8月いっぱいまで安心してお越しくださいませ

 

ではまた、ga-ko☆でした

 

 

コメント

8月の七夕?

2018年08月03日 | ほしふることふみ~星降事記

七夕と言えば7月7日。天の川を隔てた織り姫と彦星が年に一度だけ出会える日ですね。

ところ星野村では七夕といえばひと月遅れ、夏休み真っ最中の8月7日です。私が小学生の頃、その日は短冊に願い事を書き、家の前の笹竹に飾るのはもちろんですが、それに加えて7日の朝に揮毫をしてそれを床の間に飾っていました。その時に使う墨汁は、朝一番にサトイモの葉の朝露をすった墨汁を使います。そうやって文字を書き、天の神様に文字を見せると字が上手になると言われていました。

七夕が日本に伝わったのは平安時代に中国から。そして7月7日に宮中で行われていたこの行事が江戸時代には庶民にも広がったそうです。それではなぜ星野村では七夕が7月じゃなくて8月なのか。小学生の私はあまり気にせず、星野村は田舎だからひと月遅れてるんだろうな、というくらいの認識しかありませんでした。しかし調べてみるとその起源は明治時代に遡ります。

普段、当たり前すぎて意識しないカレンダー。江戸時代から明治に入る時、明治維新とともにカレンダーにも大きな転機がありました。それまで使っていた、月の満ち欠けを元にしたカレンダーの太陰暦(太陰太陽暦)から太陽の動きを基準に作られたカレンダーの太陽暦(グレゴリウス暦)に切り替えられたのです。太陰暦では冬至から数えて2回目の新月を1月1日として、次の新月までをひと月としていますが、太陽暦では月の満ち欠けは関係なく、太陽の年周運動を基準に12カ月が決まり、ちょうど春分の日が3月21日頃になるようになっています。そうするとその2つの間には1カ月程度のズレが出てしまうことになります。

具体的に今年の旧正月(旧暦1月1日)は2月16日。1カ月半ズレてます。そして七夕となる7月7日の日本はもちろん梅雨の真っただ中。日本列島には梅雨前線が停滞していて天の川を望むべくもありません。一方旧暦(太陰暦)の7月7日は新暦8月17日で夏の真っ盛り。雲がなければ午後9時以降あたりから夜空に立ち上る天の川を楽しむことができます。そしてその川を挟んできらめく星がこと座のベガ(織女星:織り姫)とわし座のアルタイル(牽牛星:彦星)。新暦の七夕では気候条件的に織り姫と彦星のロマンスはほとんど実現できないことになります。

旧暦は季節の正確性は若干欠けますが、月の形を見れば大体の日付が分かります。例えば三日月(旧暦の3日の夜の月)や十五夜(旧暦15日の夜の月≒満月)などに今でもその名残があります。そしてそれは田植えや収穫の時期を決める基準であったり、年中行事の日取りであったりと農村の生活に密接に関わっていました。だから明治になって突然新暦(太陽暦)が導入されたことは、農村の人々に混乱をもたらしたことは想像に難くありません。先述したとおり新暦では梅雨の真っただ中。でも世間は新暦が導入されており、いまさら旧暦の7月7日がいつなのかは庶民は分からない。そこで便宜的にひと月ずらして8月7日を七夕とした、というのがこの経緯のようです(※諸説あり)。

確かに新暦の8月7日だったら日にちとしても分かりやすいし、梅雨も明けて天の川を挟む織り姫と彦星のロマンスを楽しむことができます。これは七夕に限らずお盆もそうで、ひと月遅れの8月15日に行っている地域も少なくありません。つまり七夕が庶民に浸透し、生活に密着した行事だったからこそ、新暦にこだわらずひと月遅らせてでも行っていました。織り姫と彦星を大切にする庶民の思いがすごく伝わってきます。

2001年から国立天文台では通常の7月7日とは別に旧暦の7月7日(今年は8月17日)を伝統的七夕として、夜空に光る星と天の川を楽しめるよう、明かりを消して星空に目を向けようと呼びかけています。星野村の星の文化館でもその日は「伝統的七夕観望会」を開催。天の川をはさんで光輝く織り姫と彦星を九州最大の100cm望遠鏡でご案内します。もちろん天の川、ベガとアルタイルは七夕の日にちに限らず、6~9月頃の間で楽しむことができますので、ぜひこの機会に星野村で美しい天の川のロマンスを体験して下さい!

ronでした

コメント

2018年7月28日は皆既月食でした。

2018年07月30日 | 季節の話題

 2018年1月31日に続いて7月28日未明に、皆既月食が起きました。

皆既月食は、太陽からの光でできた地球の影の中を、月が通過する現象です。

皆既月食の間は明るい月が隠され、赤銅色という暗い赤色に見えます。

残念ながら星の文化館の観望時間からははずれていて、

7月28日の午前3時24分から本影による部分食が始まるという現象でしたので、

皆様と一緒に観望はできませんでしたが、

それぞれの場所で観察された方もいらっしゃるかとおもいます。

当日は、月食をお目当てにご宿泊された方も一緒に観測室で月や火星を観望しました。

望遠鏡で見る満月は眩し~い

3時頃に曇ってしまいましたが、夜明け前の4時頃に西の空を見ると、

地球の影に入った赤い月が浮かんでいました。

 

次の天文現象は、8月12日深夜から13日にかけての「ペルセウス座流星群」です。

今回の流星群は、8月11日が新月のため、月明りがない夜空で流星を観察することができます。

楽しみですね!

コメント

七夕の茶会です

2018年07月28日 | イベント

 

 

ただいま、今年で21回目になる七夕の茶会真っ最中です。

お茶会というと堅苦しいイメージがあると思いますが茶の文化館で行っている茶会は気軽に参加できるような茶会になっています。

薄茶席の様子です。

 

 

 

 

 

冷茶席

 

 

 

そして最後に点心席という流れになっています。

 

点心はこの時だけのオリジナルメニューで、毎年内容が変わります。

 

お茶会に参加する機会はなかなかないと思うので、初めてのお茶会には茶の文化館でのカジュアルなお茶会はどうですか?

コメント