マダムヤンのひとりごと

香港が大好き!中国の情報を発信したいと思っているのですが…ごめんなさい!子どもの話題ばかりになっていますね。

茗荷(ミョウガ)の思い出

2018-09-01 | お母さん

何年前のことかしら?

おかあさんと買物に行った時
私が「茗荷を買わない?」って言うと

お母さんは「買わない。」と言いながら
「フフフ・・・」と、何だか笑いをこらえているような
嬉しそうな笑い顔。

家に帰ると
「こっちに来てみろし」と言って、家の裏へ。
「ここにあるだよ〜」と言いながら、土の中からヒョイっと何かを掘り出しました。
「ほら、ね、ウチにあるだよ。知らんかっただけ?」って、なんだか得意顔

茗荷がたっくさんあったのよ

今でもこんなに。

プクッと膨らんだ美味しい茗荷

お吸い物にしましょうか。卵とじがよいかしら?
「どっちにしようかね」
なんてひとり言。

お母さんがいてくれたらなぁ・・・
会いたくてたまらなくなります。
茗荷で涙・・・そして、ため息。

 

コメント

サルスベリ

2018-08-21 | お母さん

庭を見ると、鮮やかなピンクの花をつけたサルスベリの木。

この季節、深い緑色の葉っぱのの庭木の中で、そこだけパッと明るく見えます。
サルも滑り落ちてしまいそうなスベスベの肌、だからサルスベリ。

9年前のこの時期には・・・
お母さんが天国に着て行く洋服を準備していて、
ふと、庭を眺めた時、パッとその優しいピンクの花が目に飛び込んできて、
それが優しいお母さんの笑顔の様に感じてね。
一気に涙が出てあふれてきて、大声張り上げて泣いてしまったわ。

そう、明日で丸9年。

今年も咲いています。お母さんの優しい笑顔の様にね。
まったく、悲しいったらない

 

コメント

お盆さん

2018-07-17 | お母さん

7/13日に迎え火を焚いて昨日が送り火。

毎年ryuryuと焚いた迎え火も今年は一人で。

午後になって早々と焚いているとご近所のおばちゃんが
「早いじゃん!」って。
いいのいいの、お母さんに早く帰って来て欲しいから。

「送り火をするよ」とファミリーのLINEにしたら
弟だけ現れた。
弟だけね。

暑くて熱くて・・・
フーフー言っているうちに終わってしまった。
今年のお盆さん。

お母さんが亡くなった後は
お盆さんのお飾りもどうしていいのかわからなかったけど
9年も経つと自己流になり、困ることもなくなったわよ。

でもさ、この時期は本当に悲しい。

今日はお母さんが脳腫瘍の手術をした日。
この日のお母さんの顔は忘れない。

9年が経つんだね。
もう9年、まだ9年・・・

生きていて欲しかったのに
お母さんここにいて欲しいのに
悲しいよ、つらいよ、寂しいよ。
お母さんがいい
話を聞いて欲しいことがたくさんあるのよ。
相談したいこともいっぱいあるのよ。
一人でね、どうしようもなくなることが多いのよ。
つぶれそうなときもあるのよ。

なんで死んじゃったのよ・・・ひどいよ。



 



コメント

80歳、お誕生日おめでとう:*:・'゜☆' .:*:・'゜☆' .:*:・'゜☆' .:*:・'゜☆' .:*:・☆

2018-02-14 | お母さん

2月14日
お父さんのお誕生日。家族みんなでお祝いしました。


100均グッズで飾り付けをし
ケーキも用意しましたよ。

ジャーン

レアチーズケーキに、ryuryuと1つ年下のkahokahoでデコレーションしました。
可愛いおじいちゃんを描きましたよハートもつけてね。

2月14日はバレンタインデー、縁起の良い日だと思えるけど
12年前のこの夜に、脳梗塞で倒れたのよね。

だから、この日はおめでたいんだけど・・・ちょっと微妙。

キッチンの出窓にバラの花を飾りました。

優しいピンク色、思わず「お母さん」って呼びかけてしまったわ。
お父さんが倒れてから、あまりいいこともなくあの世に逝っちゃって
生きていたら、2人一緒に傘寿のお祝い、紫の傘で相合傘してもらいたかったな。
姿は見えないけれどね、今日も絶対に一緒にお祝いしていたよね。

私にそれがはわかるのよ。


コメント

介護 病院に行く

2017-12-12 | お母さん

だんだん杖をついても歩くのが大変になったお父さん。
歩くのも危ないし、本人もだんだん歩く「気」もなくなってきて、部屋から車椅子のままでかけることになってしまったのよ。

車椅子に座っているだけの本人は楽チンよね。でもね・・・

家から連れ出すのに、段差にスロープを置いて車椅子で降りていきます。
なんてこと重いので、私まで引っ張られて勢いよく下に降りてしまいそうよ。
力いーっぱい引っ張って、なんとか持ちこたえたわ。
車椅子を引っ張りながら、情けなくて涙がポロポロこぼれて顔がグショグショよ
そんなことを地面に降りるまで2回、スロープを架け替えてします。
このスロープもとっても重いので持ち上げて運ぶのも大変

家に帰って来たら、その逆。重い車椅子をスロープにのせて下から押し上げるのね。
重くて動かない何度押してもビクともしないのよ。また情けなくて涙がこぼれます
でも、私一人しかいないので諦めるわけにはいかないわ
全身の力を込めて車椅子を押します。
ゆっくりゆっくり動き始めたので、そこで一気に力を振り絞って押し上げたわよ~。
それを2回。
押し上げたあとはフラフラ~~、疲れるぅ~~~。

病院のあっちこっちの科を回るのにも、車椅子を押すのは大変なこと。
お父さんが乗った車椅子は重いったらない
いずれ介護されることを想定して、太ったらダメよね。迷惑をかけることになります。
介護する人が潰れます。

お母さん、生きていたらこんなことしなくてはならなかったものね。
それを考えると、お母さんは幸せだったわねって思う。

介護、体力勝負ですね・・・これから私も老いていくのに、自信がなくなってきました

コメント

無縁坂

2017-12-01 | お母さん

先日の演奏会で歌った「無縁坂」

今のところ、録画されていたビデオはコレ1つ。
最初の部分がないの・・・どなたか完全録画してないかしら?
無縁坂クリック


どうぞお聴きください。途中からで申し訳ございません

 

コメント

いのちの歌

2017-11-02 | お母さん

歌の会で歌わせていただきました。
どうぞお聴きください。

いのちの歌

コメント

歌の会、みなさまありがとう♡

2017-10-28 | お母さん

終わりました。
先週末に続いて今週も雨。台風を恨んでも仕方ないけど、まさかの雨でした。
雨の中、200名ものお客様が足を運んでくださり、
多くの方たちに私の歌を聴いていただくことが出来て、
とっても幸せです

最初から最後まで緊張しっぱなし。
のどは渇くし、手足は震えるし。歌った曲目はこんな感じ。







カラオケしてます「雪の華」熱唱よ


伴奏の先生とバイオリンの先生の素敵な演奏に助けられて、なんとか2時間ちょっとの演奏会を無事に終わらせることが出来ました。


いつも応援してくれる同級生の仲間たちでありコーラスのメンバー。・・・と言ってもこの中では小学校が一緒だった友人が2人。他の友人はどこでも学校が一緒になったことがないのに仲良くしてくれて、いつも叱咤激励してくれます。とっても頼もしい仲間です。毎月1度のコーラスの練習が楽しみなのは、みんなと会えるから。おばあちゃんになっても歌い続けようね


ryuryuのお友達も聴きに来てくれました。おばちゃん、すっごく嬉しい
ありがとうね~


こちらは中・高時代の同級生とryuryu。県内のアチラコチラ、遠くから聴きに来てくれました。

一緒にピンクレディーを踊っていた友人は仕事で来られなかったけれど、そんなやんちゃでおチャメな少女時代を一緒に過ごした友人たち(笑)本当にどうもありがとう




お父さんも介護タクシーで駆けつけてくれました。
懐かしい友人たちに会って、話をして。そういうことが出来る機会だから、この会はとても大事なのよね。
どうせまた「綾子にはかなわん」って言われるに決まってるけどね。
私もそれは認める。本当にお母さんにはまだまだ及びません。
お母さん、今日も聴いていてくれてたよね。一緒に歌ってくれていたよね。
「無縁坂」泣きそうになって、こらえた。
「いのちの歌」も「雨と雪」も。
お母さんのこと、ryuryuのことを思って泣きそうになった。練習では泣いていたけどね。
ステージではこらえた、食いしばってこらえた。歌えなくなることはNGだから。

聴いてくださった方たちも泣いてたね。
私の歌で何か感じてくれたかな?そうだったらとっても嬉しいな。

演奏会終了後はお待ちかねの"Wrap up party"

コロボックルで~。

毎年恒例の「ライザップ」


スポーツウーマンの彼女にはかないません。


みんなみんな、どうもありがとう
これからも、どうぞよろしくお願いします。一緒にいっぱい遊ぼうね

次回はいつかな・・・また第4回歌の会が出来るように、健康に気をつけて元気でいないとね。
頑張るわ!

本当に、みなさまどうもありがとうございました





<iframe src="https://www.facebook.com/plugins/follow?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2FChristy.hiro&layout=standard&show_faces=true&colorscheme=light&width=450&height=80" scrolling="no" frameborder="0" style="border:none; overflow:hidden; width:450px; height:80px;" allowTransparency="true"></iframe>



コメント

お母さんの命日に

2017-08-22 | お母さん

朝起きてカーテンを開け、窓を開け、空を見上げると視界の中にサルスベリのピンクの花が。

おんなじ・・・

空気の温度も、匂いも、あの日とおんなじ。

あの日は病院で朝を迎え、外の空気を吸いに外に出てベンチに座ってスタバのコーヒーを飲んでいました。
空はね、もう真夏のその色ではなくて、どことなく金色がかった青をしていて、
夏が終わっていくことに気づかされました。
どうしてなのか、身体にまとわりついていた空気、その感じを忘れることが出来ません。

朝早くにお墓参りに行きました。
手を合わせても、やっぱりそこに居るとは思えません。
家の仏壇に向かって手を合わせると、どこかで見ていてくれる気がします。
お墓はただの遺骨の置き場所なのかな・・・

今日は何にもしないで過ごしましょう。
ただただ、お母さんのことを思い出して過ごしましょう。

8年経ちました、悲しみは癒えません、増すばかりです。

まだ幼いryuryuが左胸を指差して
「おばあちゃんはここにいるよ」って、私を励ましてくれたこと。
そんなryuryuの顔が浮かんできます。

もっと話したいことがあったのに・・・
毎日写真に向かって話しかけていること、ちゃんと聞いてくれてるかしら?

会いたいな。お願い、出てきて。




コメント

嬉しいお盆さん

2017-07-14 | お母さん

今日はお盆さんなので、仕事もお休み。

お母さん、帰ってるよね。
お線香をあげながら話しかけてみると、いつもと違う感じ。
なんとなく、私の話を聴いてくれる人がいる感じ・・・
「今日も暑くなるね」
「午後は三者懇談だから一緒に行かない?」
「桃、食べた?」

8年前から全然年を取らない写真のお母さんはいい笑顔で私を見ています。

「居るんだよね?じゃ、そこの百合の花、揺らしてみて」

じっと百合を見つめます・・・動かないや・・・。

思い出してしまうね。
8年前の夏のこと。
お母さんが手術の前に来ていた洋服、大事に大事にそのままにしてあります。
大好きなお母さんの匂い・・・失くしたくないから。

たった3日間だけど、一緒にいられるよね。
お父さんも怒ってばっかりだから、叱ってやってくれる?
ryuryu、すっごく身長が伸びたでしょ?頼りになるよ。
私も年取ったでしょ、やんなっちゃうよね。
お母さんが私の年の頃には、バリバリお百姓さんしてたものね。
私には出来ないな、そんな体力がないし根性もないな。
心から尊敬します、お母さん。あなたは偉大です!
なのに、なぜ死んじゃったのよ!!

本当に、なんて暑いんでしょうね。
お母さんだったら、朝起きるとすぐにエアコンのスイッチを入れちゃうね。
ね、ね、思い出すね。
家にエアコンがない時代、そう、はるか昔のことだけど。
涼みに柳沢峠までドライブして行ったよね。
山の空気は下界のそれとは違って、風が涼しくて気持ちがよかったね。
懐かしいなぁ~。

さ、お新盆に行きましょうね。
暑いから家に居る?じゃ、お父さんといてあげて。
じゃ、行ってきますね。





 

コメント

母の日

2017-05-13 | お母さん

昨日、ショッピングセンターに行ったら、カーネーション畑?と思えるくらい、カーネーションの花がいっぱいいっぱい売られていました。

その横にはエプロン。

そっか・・・「母の日」

贈る人がいないもん。

お母さんがいない「母の日」も、もう8回目。
毎年その場で悲しみがこみあげてきます。
そう、こらえられなくてその場で涙が出てきます。

いいな、お母さんのいる人。羨ましい。

でも、勇気を出してお母さんにピンクのカーネーションを買って来たわ。
カーネーションの横にあるお母さんの写真
嬉しそうな顔に見えてきて、余計に悲しくなります。

コメント

お誕生日は感謝の日

2016-12-05 | お母さん

NHKの「まいあさラジオ」に投稿したら、読んでもらえたのよ。

「今日は私のお誕生日です。私は自宅の座敷で生まれました。今のようにエアコンもファンヒーターもない寒い座敷での出産はきっと辛いものだったことでしょう。
母が亡くなってからは、お誕生日は母に感謝する日となりました。
今日は日曜日、お墓参りに出かけようと思います。手を合わせと天国にいる母と話をしたいな、と思います。」 

お墓参りに行きました。
お花を供えてお線香を手向けて、手を合わせると自然に涙がこぼれます
今日はお母さんに「ありがとう」を言う日。

お母さんが生きている間には言えなかったから。
息を引き取る寸前に、遠くに行ってしまうお母さんに向かって叫んだけれど
聴こえたかどうか・・・?
やっぱり生きている間に、面と向かって言っておくべきでした。
感謝の気持ちって、言葉にしないとね、ダメなのよ。
もっともっとお母さんと話したいことがあったのに
行きたいところがあったのに
教えてもらいたいことだっていっぱいあったのに

お誕生日なのに、なんだかとっても悲しい気持ちになっていました。

親となってわかる親の気持ち
母となってわかる母の気持ち
わかってからは感謝の気持ちしか湧いてきません。

でもね、わかってからでは感謝の言葉を言う相手がいないのよ



 

コメント

第2回 歌の会のあと。。。

2016-08-30 | お母さん

みなさまからたくさんのプレゼントをいただきました。
本当に心から感謝します



歌の会の後のpartyコロボックルで。



楽しいママが「自撮り棒」を自慢してたの(笑)




あれれ???
もっと写真があったはずなんだけど・・・
「唄いましょう」のメンバーがいないわね~。

あ、そっか・・・素敵なアクセサリーを友人が持って来ていたので
アクセサリー選びに夢中になっていたのね。

サッカーのママたちが先に失礼します、と言うので
お楽しみの「輪唱」を始めました。 

し~ずか~なこ~はん~のも~りの~かげ~から~

上手ジョウズ
けっこう真剣に歌うから、面白いったらない

いいね~、こういう雰囲気

もちろん、アレもあります。
結果にコミットするライザップ





美味しいビールをたくさん飲みました
コロボックルのお兄さま、にぎやか過ぎてごめんなさい 

なが~いなが~い1日が終わりました。

たった1日の中で、あんなにたくさんの方たちとお会いでき
いろんな思い出を胸によみがえらせ
いろんな思いを心に抱き
いろんな夢をまた見ることができました。

これも人とのつながりがあってこそ。
大切にしていきたいですね
みなさま、本当に本当に本当にありがとうございました。
 



 

コメント

第2回 歌の会

2016-08-30 | お母さん

今年も「歌の会」をすることが出来ました


プログラムはこんな感じ

前々から気にしていたお天気予報、前日にいきなり雨マークに変わってしまいました。
雨になると、聴きに来て下さる人の数がグンと減ってしまうんじゃないかしら?
今回は800名収容のホールを借りたのに、知り合いがパラパラ・・・なんてことにならないかしら?
モチベーションが下がっていきます。

当日、朝のうちはどんよりとした曇り空、そう、いつポツポツと雨が落ちてきてもおかしくないくらい。

ホールで最後のリハを始める頃、とうとう雨が降って来てしまいました。
お昼ごろにはドシャ降りとなり、あ~あ。。。なんで今日降るのよ。。。と悲しくなるほどです。

お手伝いをしてくださるT田さんの
「大丈夫、あと30分位で小降りになるよ」と言う言葉を信じて、空に向かって祈りました。

・・・それでも雨は降り続けています。

時間は迫ります。
開場をすると、お客様もだんだんといらしたようです。ちょっとホッとしました。

あ~~~~~緊張超MAX


お二人の先生方、よろしくお願いします


お母さん、どこに座っているかしら?今日も見守っていてくださいね


手に持っているのは、お母さんの大親友のおばさまが作って下さったブリザーブドフラワーのアレンジメントです。
いつも「綾ちゃんがいればね~」と、一緒にお母さんの思い出話をします。
まったくね、まだ綾ちゃんがいないのが不思議に思えます。


いつも結婚式で歌っている曲はバイオリンと一緒に歌います。
1部の最後の曲は"you raise me up"
最高に気分よく気持よく歌いました

2部の始めにはサプライズ

「天城越え」を披露しましたよ。
みなさん、とてもビックリされたそうです。
でもね、残念なことに、1番拍手が多かったのがこの曲だったかも
それに掛け声なんかもいただきました。


一つ一つの曲それぞれに心を込めて歌いました。
日本の歌を歌うとき、頭のなかにお母さんの声が聴こえてきます
目にはお母さんが歌っている顔が浮かんできます
「ここに幸あり」を歌っていると、お母さんが私に乗り移っているような気がするくらいです。
お母さん、よく歌っていたものね


ラストの曲は「stand alone」

もう、バイオリンとピアノの伴奏が最高
「凛として」という歌詞がとても気に入っています。
その言葉には、顔を上げ、背筋をピンと伸ばし、前を見つめて・・・
というイメージがありますが、もう1つ
「覚悟」が感じられます。
「潔さ」さえ感じられ、私を力づけてくれる言葉です。 


アンコールで「千の風になって」を歌いました。
「わたしのお墓の前で泣かないで下さい。
 そこにわたしはいません。死んでなんかいません」

うそっ!お母さんは死んじゃったじゃん・・・
涙が出そうになります
でも、お墓にはいないやっぱり千の風になって大空を吹きわたっているのよね。
私たち家族が、何かあると心の中で
「お母さん
と呼びかけられる、そんな心のより処になってくれているのよね。

そして、昨年も歌いました
みなさんで「花」を合唱しました。

やっぱりみんなで心を一つにして歌うっていいですね

最後の最後に「夕やけこやけ」をアカペラで。
いつのまにか会場のみなさんも一緒に口ずさみ、とってもホンワカした素敵な歌になりました

こうして第2回「歌の会」も幕を閉じました。

大雨の中、なんと!200名を超えるお客様に来ていただくことができました。


東京からもお母さんの大親友とそのご友人の方々、素敵な方たちでしょう
遠くから、どうもありがとうございました


友人のご両親。お母さんのことを思い出して涙が止まらなかったそうです。友人の弟さまと私の弟は
中学~高校と、一緒にハンドボールをしていました。
お母さんは、親御さんたちとハンドボールの試合の応援に、アチラコチラへ一緒に出かけたことを
いつも懐かしんでいました。
ご両親お揃いだなんて、とっても羨ましいわぁ


とっても楽しい友人たちと

昨年の会のあとに結成された「唄いましょう」の会。そう、みんなも「歌いたい」って。
歌のサークルができたんです。
とうとう1年越になってしまいましたが、年内には活動をはじめましょうね。
いつも助けてくれたり、励ましてくれたり、感謝しています


ルーデンス母の会と+きっと中学校ではルーデンスだった母です。
みんな本当にありがとう


メグミックルとryuryuと。
メグミックルには、いつも何かと助けていただくことばかりでね。
本当に感謝します、ありがとう

舞台の照明・音響をして下さったT良さま
写真やビデオの撮影など、いろいろなことをお手伝いして下さった
T田さま、K本さま。
みなさま、本当にありがとうございました

また次回もよろしくお願いします


ryuryuと
ryuryuもいろいろとお手伝いしてくれて、どうもありがとうね
いつの間にか、こんなに頼りがいのある男の子になったのね

最後に
 
親子孫3代で。
引きこもりのお父さんも、この日は大勢の友人と会って、話をして、とても嬉しそうです。
顔色もとってもよいですね。
私の歌を聴いて、また「まだまだだな。綾子の方が上手いな。」って 思ったのでしょうね。
そりゃそうよ~。お父さんにはお母さんの歌が永遠に1番だものね。 
介護タクシーで会場に駆けつけてくれて、どうもありがとうね。
また私の歌を聞くことが出来るように、いつまでも元気でいてくださいね。 

みなさま、本当に本当にありがとうございました

「来年もやってね」
「毎年の夏の恒例にしてね」
とか
95歳のおばあさまから
「あと10年寿命が延びましたよ」
とか
「ずっと聴いていたいじゃんね~」
とか

嬉しいお言葉をたくさんいただきました。
ありがたいですね。

また、来年の夏にお会い出来るように頑張ります
これからもよろしくお願いします 



        

 





 

コメント

歌の会

2015-09-01 | お母さん

音楽会を開きました
       プログラムです。

会場いっぱいのお客さまこんなにたくさんの人が聴きに来てくださるとは・・・
嬉しくって一気に緊張が高まってしまいました。


地域の公民館の音楽室をお借りしての「歌の会」
もともとは、私が指導をしている「童謡の会」のみなさまに、私の歌を聴いていただく
ことを考えて、計画したこと。
なので、会のみなさんが、いちばん出かけて行きやすいところを会場に選びました。

公民館はホールと違って、ステージもありませんし、ピアノはアップライト、座席もありません。
前日に会場のお掃除と椅子並べ、ピアノの移動と調律を済ませました。

当日、リハーサルも終え、2Fの和室で着替えなどをして本番に備えます。
下では受付が始まったようす・・・何人くらい聴きに来てくれるかしら
ちょっと心配。ガラガラだったら、悲しいよね・・・

すると
「ママ椅子が足りない
「ママ、ヤバッスリッパも足りない
とryuryuが慌てて2Fへやって来ました。

たくさんの人が聴きに来てくださいました。
50名位を想定していたのですが
130名以上のお客様で会場はいっぱいになりました。 

会場に入った瞬間からお客様の多さにビックリしてしまい
感激して、頭の中が真っ白になるほどでした。
嬉しいですね~、本当に感謝です 


緊張してコチコチです


髪をアップにして、ちょっと恥ずかしい・・・


お客様も私の歌と一緒に口ずさんでいるのが見えます


小学校の同級生も駆けつけてくれました・・・ウレシイ

胸の赤いバラのコサージュ、とっても素敵でしょう?
東京から聴きに来てくださったお母さんの大親友のおばさまの作品です。
休憩の時につけてくださいました。どうもありがとうございます


伴奏のhirohiro先生、先生が背中を押してくださらなければ、実現できませんでした。
そして、お忙しい中、何度も何度も伴奏合わせをして下さり、この日のために
大大大協力をしていただきました。どうもありがとうございます。


ryuryuもここで見守ってくれています


千の風になって・・・まで、12曲。全部歌い切りました。


私の歌に涙を流してくださっています
私も感動・・・涙をこらえました。



アンコールのあと、み~んなで「花」を合唱しました
それはそれは楽しい合唱でしたね


た~くさんの写真を撮っていただきました。その中でいちばんのお気に入り 

みなさまからこんなにたくさんのお花をもいただきました。

ありがとうございます

実は・・・
お父さんも介護タクシーを利用して、聴きに来てくれました。

お父さんも、懐かしい友人や知人に会うことも出来てよかったね。
私の歌を聴いて
「やっぱりお母さんの方が上手いな、でもよかったぞ」って。

そりゃぁね~、お母さんにはやっぱり負けちゃうな。

最後の椅子のお片付けなど、お客様みなさまにご協力いただいて
会が終わりました。

お母さん、聴いててくれたよね?
及第点、もらえたかしら?

お母さんとの想い出でいっぱいの音楽会でした。

最後に、聴きに来てくださったみなさま
心より感謝を申し上げます



 

コメント