ブログ katsukazan/ブログ 活火山→怠惰・狂気とのエンドレスな対決

20.2.5に従来のブログサブタイトル「怠惰と狂気と熱風、Jazzと演歌と飲む酒が不思議と合う毎日」を変更しまた。

中曽根元首相が死去在任戦後5位、改憲持論☆昨日の訃報報道(NHK)の導入アナウンスは5回以上は繰り返された

2019年11月30日 12時27分40秒 | gooニュース
大勲位・中曽根元総理の逝去報道に見る扱いから、故人の存在を再認識させられた思い



twitterでは言葉足らずなので

いみじくも、戦後の日本外交、とりわけ日米外交で存在を残し、国内三公社の民営化を決断、実行した中曽根元総理が御年101歳の大往生を遂げた報道が今日の昼にありました。
中曽根元総理は、戦後始めた内閣総理大臣として靖国神社への公式参拝をしました。

この功績は大とするべきです。

しかしこの1985年公式参拝から、中国からの猛烈な反発で当時異例の在職日数は1806日の間二度目の公式参拝は実現できず、その後の公式参拝は橋本総理、小泉総理、安倍総理の公式参拝を数えるだけです。


+   +   +


ここで提起したいことがあります。

35年前の中国、つまり1985年の中国を学習です。

モンスターどころか、赤子同然の中国から、内政干渉同様の反発を受けて、当時異例の在職日数は1806日の間二度目の公式参拝は実現できなかったことで、 35年前の中国に、日本は言えばその通りになるという、御しやすい国という学習体験をさせたこと

これが、以後の日中関係の構造や方向を決定的したとも言えます。


コメント   この記事についてブログを書く
« 途中ですが、速報が入りまし... | トップ | 女性初のイージス艦長が着任... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿