【北辰物産D-station】スタッフの声

北辰物産オンライントレードスタッフによるブログ。取引画面の便利な利用方法の紹介など様々な角度から情報発信致します。

小さいOでオミクロン、だそうです。

2021-11-30 19:27:41 | Weblog
商品先物取引のリスクについて


こんばんは。

気が付けば今日で11月も終わりですね。
最近国内では多くの地域で新型コロナウイルスの新規陽性者数が減少、あるいは
低い位置に収まっており、懸念される第6波も今のところは起こっていない
ようですので、このまま穏やかな年末年始を迎えられればなあと思います。

ただ気になるのが、今報道等でも話題になっている「オミクロン株」。

感染力や毒性、既存ワクチンの効果等、まだ情報が錯綜している段階ですが、
だからこそ水際対策が大事ということで、日本でも今日から1カ月程度を目途に、
全世界からの外国人の入国が原則停止となりました。

……と、このブログを書き始めていたところ、どうやら国内でもオミクロン株
の感染者が初めて確認されたそうです。
海外から日本に到着した方で、空港の検疫で陽性を確認して隔離されていたとのこと。
症状などはわかりませんが、早い回復を祈ります。

さて、このオミクロン株の「オミクロン」、あまり馴染みのない方も
多いかとは思いますが、最初に報告された変異株のアルファ株や
今夏に猛威を振るい、現在も「懸念される変異株」とされているデルタ株等と
同様にギリシャ文字のοから取られています。

(個人的に大学数学の最初の関門の一つと思っているランダウの記号のオミクロン、
と言って伝わる方、どれくらいいらっしゃいますでしょうか?)

基本的には報告された順番にギリシャ文字が当てられるようになっており、
アルファ、ベータ、ガンマ、デルタ……と続いて、オミクロンは15番目となります。

ただ、オミクロンの前であるニュー(ν)とクシー(ξ)はそれぞれ、
newと混同されたり、一般的な姓に使われるとのことで飛ばされているようですね。

ギリシャ文字は全部で24種ですので、最後のオメガ(ω)まで使われた後は
どういう命名ルールになるのか?という話になってきますが、
どうやらギリシャ文字の次はアンドロメダ座などの88星座から
命名していくようになる方向で考えられているそうです。

といっても、国によっては星座の名前もクシー同様人名で用いられることもあり、
誰かを傷つけてしまうことにならないか十分に検討した上で採用されるとのこと
ですので、こちらも88個全てが使われるわけでもなさそうです。

まあそもそも、星座までたどり着く前に終息するというのが一番いいシナリオ
ということに変わりはないので、星座が使われることがないよう星に願いたいと思います。


本日はOがお届けいたしました。
それではまた。



【キャンペーン情報】





  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ブラックフライデーとサイバーマンデー

2021-11-26 23:33:38 | お知らせ
商品先物取引のリスクについて


こんばんは。
Mです。

本日(11月26日)は、ブラックフライデーであるため、
その由来等を書こうかな…
と思っていたところ、本ブログでは2017年以降、毎年この時期に
話題にでていた恒例行事となっていました。

昨年の記事(ブラックフライデーの由来)についてはこちら

ただ、関連深い「サイバーマンデー」のお話はあまり出ていなかったので、
今回はこちらも含めたお話をしようかと思います。

まず、「ブラックフライデー」・「サイバーマンデー」ともに
米国発祥となり、「ブラックフライデー」は1961年頃から始まり、
「サイバーマンデー」は2005年から使われだしたとのことです。

米国の「11月の第4木曜日」は感謝祭で祝日となり、
その次の日の金曜日が「ブラックフライデー」となります。

ブラックフライデーでは、感謝祭プレゼントの売れ残り
一掃セールが行われ、小売業界で1年で最も売り上げが
見込める日とされているとのことです。

そして、翌週の月曜日に始まるオンラインショッピング上の
セールが「サイバーマンデー」となるようです。

つまり、「ブラックフライデー」が「11月の第4木曜日の次の日」
に開始される「実店舗」のセールで、「サイバーマンデー」は、
「翌週の月曜日」に開始される「オンライン」上のセールとなります。

わざわざ、実店舗とオンラインでセールの開始がずれているのは、
個人宅のネット回線が貧弱だった時代に休暇明けの月曜日に
職場の高速回線を使って買い物をする人々が多いためであるとか、
感謝祭の休暇中には外出したり帰省していた人々が、家庭に
戻ってオンラインでショッピングをするからであるとも言われ
ているようです。
もちろん、セールを行うことも、売上が大きく増える要因で
あるとのこと。

ただ、今では自宅どころか携帯端末でもオンラインショッピング
ができる時代であることや、セールの前倒し化もみられており、
垣根が曖昧になってきている模様です。

さらに、日本ではそもそも「11月の第4木曜日」が祝日でもないため、
勤労感謝の日に合わせてセールを始めることが多いようです。

※ウィキペディア調べ

実際、11月26日を待たずに「ブラックフライデー」と銘打った
「オンライン」店舗のセールも見かけておりますので、
なおさら垣根の曖昧さが感じられます。

まぁ、大事なのはほしい商品がお手頃な価格で手に入る事が
重要で、呼び方にこだわりはありません。
とりあえず、普段自分が買い物しているオンライン店舗は
夜勤終了後もまだセールは続いている様ですので、
いろいろ商品をのぞいてみようと思います。

それでは、また。



【キャンペーン情報】







  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

飛行機を『見に』行ってきました

2021-11-24 19:33:27 | Weblog
商品先物取引のリスクについて

こんばんは、G3です。

12月が近づき、
年末ムードが漂うと共に
朝晩の冷え込みも増してきたように感じますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

先週の土曜日、
ものすごく久しぶりに羽田空港へ行ってまいりました!

実は2歳の次女が空を見るのが好きでして、
保育園の帰り道にお月様に話しかけてみたり、
飛行機の音がするとものすごく興奮した様子で
私に報告するので、土曜日の朝「今日、飛行機見に行く?」
と聞いてみると、2つ返事で「行く!!」とのことでしたので、
その日は家でクリスマスツリーの飾りつけをする予定でしたが、
予定変更で羽田まで車を走らせた次第です。

事前に駐車場の空き状況を調べたところ、
国際線ターミナルだけ空いている状況。。。
目当ては国内線の展望デッキだったんですが、
ひとまず国際線ターミナルへ向かいました。

現地へ到着し空港内へ向かうと、
やはり国際線に搭乗する人はかなり少数と見受けられ、
人もほとんどおらず、ショップもほとんど空いていない様子でした。
ひとまず国際線ターミナルの展望デッキで少し飛行機を見て、
無料の連絡バスに乗って国内線ターミナルへ移動したんですが、
このバスが激混み!!

後から知ったんですが、
世の中では22日に休暇を取って
4連休にしていた方が多かったらしく、
ちょうど初日だった為混雑していた模様です。
(それで国内線の駐車場が満車だったのかとここで納得。。。)

さて、国内線ターミナルの展望デッキへ到着すると、
時間帯的に羽田へ着陸する飛行機たちが列を連ね、
次々に着陸していく時間帯でした。

これは子どもたちも興奮するだろうと思いましたが、、、
なんと子どもたちは飛行機なんてそっちのけで展望デッキを
縦横無尽に走り回る始末!!

飛行機に興奮しているのは親だけでした。笑

今回は飛行機を見る為だけに空港へ行きましたが、
コロナ禍へ入る直前に友人の結婚式でハワイへ行く予定だっただけに、
やっぱり飛行機乗って海外行きたいなぁ~と、次の旅行へ胸が膨らんだ週末でした。

実現するのはいつになることやら(^_^;)

それではマタ!!

【キャンペーン情報】







  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今宵、空を見上げるも

2021-11-19 22:26:20 | Weblog
商品先物取引のリスクについて

こんばんは、DNです。

本日は、夕方以降、空を見上げている方を
多く見かけました。

皆様はご覧になられましたでしょうか?
お月様を。

といいますのも、日本国内の広範囲で、本日の夕方から20時頃に
掛けまして、月の一部が欠けて見える部分月食が起こっておりました。

今回の部分月食は月の直径98%が隠れる
「限りなく皆既に近い部分月食」の状態ということで、
日本で観測されたのは今から140年前(1881年12月6日)まで遡る
非常に希少な現象といえます。

そもそも、この月食とは一体どういった現象なのかといいますと、
月の光は太陽の光を反射して輝いて見えますが、その太陽と月の間に
地球が入り込み、太陽と地球と月が一直線に並んだ状態になって
地球の影が月に掛かって隠れてしまう現象となります。

月の全てが地球の影に隠れる「皆既月食」は、
この21世紀の100年間で85回起こるそうで、今年も
5月に「スーパームーンの皆既月食」が観測されて話題となりました。

今回のは「部分月食」ではあるものの、ほぼ皆既月食に近いということで、
うまく観測できれば皆既月食と同じように全体的に赤みを帯びながら、
わずかな一部分だけ白く輝く満月が見られたということです。

私はというと、夜勤シフトだった為、通勤時に期待したのですが、
調度雲に覆われていた時間帯だったのか、月自体がぼんやりとしていて
天体ショーを確認することが出来ませんでした。。
比較的早い時間帯で確認出来たという声も聞きますが、観測できた方は
幸運でしたね。

今回と同様の部分月食が次にみられるのは、
2086年11月21日と65年後ということで、私では
年齢が100歳を優に超える為、なかなか厳しそうです。

そう思うと今更ながら夕方の早い時間から空を見ておけば
よかったかな、と少し後悔をしております。

とはいえ、比較的頻度の高い「皆既月食」も確りと観測したことが
無い為、来年11月8日に観測可能な「皆既月食」は見逃さないように
しようと決意した次第であります。

それでは、また。



【キャンペーン情報】







  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初のキャンペーン画像作成

2021-11-17 08:37:56 | Weblog
商品先物取引のリスクについて

こんにちは。Aです!

前回の投稿からまだそんなに経っていないように感じますが、
もう今回で3回目になります。時間が経つのが早く感じます。
そろそろブログを書く頃かな。まだかな、なんて思っていたら、
先輩に「明日、ブログだよ」と言われました。

思っていた以上に順番が回ってくるのが早くて驚きましたが、
それ以上に、何について書くかずっと考えていました。

今回は、TMさんのブログに少し合わせた形で書いていこうと思います。

私が入社する前から、ホームページのキャンペーン画像を
作成していたのがTMさんでした。先月の下旬頃、
私もパソコンに画像作成のソフトを入れ、仕事の合間に
そのソフトを触るようにしていました。

今まで画像の編集や、HPページ作成などはやったことがなく、
覚えることが多く大変ですが、それでも楽しみながら画像の
作成をしています。

普段の仕事もパソコン業務がほとんどなのですが、昔から
機械音痴のところがあり、今でも操作するときに戸惑うことが
多々あります。

周りの先輩社員がとても優しいので、いつも助けられていますが、
少しずつ日々の業務を通じて、各ソフトの操作にも慣れていけるように
頑張りたいと思います。

話は戻りますが、TMさんのブログ更新時よりキャンペーン画像の
作成枚数をさらに増やしました。私が作った画像がほとんどなのですが、
「これがいい」と選ばれる画像はやはりTMさんの修正が入った画像で・・・

悔しさはありますが、その反面、今までのキャンペーン画像を
見ていると納得してしまうところもあります。

「限られたスペースに情報を詰め込むのではなく、見てほしい情報だけを
入れ込んだほうが、見ているほうは分かりやすい。」

この先輩のアドバイスを忘れず、行いたいと思います。

TMさんのブログに書いてあるとおり、8割の確率で
私の初キャンペーン画像になると思いますが・・・

まだ、どの画像が採用されるのか私でもわからないので、
今から楽しみにしています。


【キャンペーン情報】








  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の飛行機

2021-11-15 23:13:27 | Weblog
商品先物取引のリスクについて

こんにちは! TMです!

前回記載した11月のキャンペーン画像も引き続き
私でした。だいぶ文字を装飾することにも慣れて
きました。
まさか締め切り直前で数字の5を拳銃にしようとす
るとは私としても思ってもいませんでした。

来月はどうやら私ではないらしいのです、本当か
どうかはわかりませんが。それでも隣の席の方が
既に4、5枚作っているのできっとそこから選ばれ
るでしょう。
ということで、来月は私ではないと思います。

はてさて、先日私用で北海道に行く機会がありま
して、JALの最新飛行機に乗れました。
座席の前に小さな画面が着いておりまして、そこ
がタッチパネルとなって操作することで、映画や
機外ライブ映像、電子書籍が見れるといったもの。

ただ見れる映画や国内ドラマ、海外ドラマが数本。
ドラマも11話からとなっており、それ以前の話は
知らないけど、見れるのだろうか? と操作する
手が止まる事もしばしば。

私が選んだのは洋画のライアン・レイノルズ主演
の「フリーガイ」。
序盤は展開についていけず、小首を傾げるシーン
も多々ありましたが、ストーリーが進むにつれて
引き込まれていきました。
そして、いいところで

「まもなく、着陸姿勢をとります」

機内アナウンスによって映像が止まり、モヤモヤ
した気分の中飛行機を降りることなりました。
帰ったら続きを見ようと思っていましたが、この
ブログを書いていて思い出しました。

仕事が終わりましたら「フリー・ガイ」を見よう
と思います。

さてさて。ここまで言ったので12月のキャンペー
ン画像は私でないと思います。それも、12月にな
りましたら解るかもしれません!

TMでした!お付き合い頂きまして、
ありがとうございました!

【キャンペーン情報】








  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロナとインフルのダブルパンチってあるの!?

2021-11-11 23:15:33 | Weblog
商品先物取引のリスクについて

新型コロナウイルスの感染拡大が小康状態と
なっている最中、先週末に私はインフルエンザ
ワクチンを接種して参りました。

医療関係に従事する妻から、今年はワクチンの在庫が
少ないから早めに予約した方が良いよと聞いていましたので、
早めに予約を入れておきたかったのですが、やはり予約が
一杯で11月になってしまいました。

なお、気になって厚生労働省のサイトを確認
しましたところ、以下の案内がありました。

2021/22シーズンのワクチンの供給予定量は、
令和3年10月時点で、約2,818万本(1本は大人
2回分)の見込みです。

ワクチン製造株の増殖性等の影響などから、
供給量の多かった昨年より少なくなりますが、
例年の使用量に相当する程度は供給される
見込みです。また、供給時期が遅めになり、
12月中旬頃まで継続的にワクチンが供給される
見込みです。今年もワクチンの効率的な使用に
ご協力をお願いします。(2021/10/22時点)

とのことでした。

やはり、昨年に比べると供給量は少ない様子。
ただ、行きわたらないといった心配はどうやら
なさそうです。



こんばんはSSです。

昨年は新型コロナが流行していたのでインフル
エンザは流行しなかった。今年はコロナが
落ち着いているので、インフルエンザが流行
するんじゃないかといった噂もあります。

インフルもコロナも感染しないことに越した
ことはありませんが、両方のウイルスが同時に
流行してしまう可能性も否定できないと思い
ますので、十分に警戒しておきたいです。

ブースター接種となる第3回目のコロナワクチン
の準備も進められており、さらにアメリカの
医薬品メーカー「メルク」と「リッジバック・
バイオセラピューティクス」が共同開発した
新型コロナウイルスの経口治療薬「モルヌピラ
ビル」約160万回分を日本政府が購入する意向
であることも伝えられております。

来たる第6波(個人的には絶対に来ると思ってます)
に向けて、私も確りと対策を取りたいと思います。

それでは皆さんも健康管理には十分お気を付けください。


【キャンペーン情報】








  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

財務省が金129トン保有し、ためすぎとして約80トン売却していた!

2021-11-09 17:05:14 | Weblog
商品先物取引のリスクについて


こんにちは!!

今年もあと、ざっと50日!(正確には52日)
時の速さを実感させられますね。

さて、先週こんなニュースがありました!

財務省が金塊129トンも保有し、ためすぎは不適切として約80トン
売却したそうです。

財務省が保有する金塊などを会計検査院が調べたところ、2019年度
末時点で129.49トンに上っていたことが分かったとのこと。

財務省は金塊や延べ棒など金地金を記念貨幣の材料として保有して
いるとされますが、19年度末は14年度から4.54トンも増加したそう。

しかし、記念貨幣は1986年~87年の昭和天皇在位60年記念貨幣で、
金220トンを使ったそうですが、97年以降は使用量は激減し、東京
五輪記念貨幣も使われた金は僅か1.91トンだったそうです。

検査院は材料として使う見込みのない金をためすぎて保有し続ける
のは不適切と指摘し、売却の検討などを求めたところ、今年3月に
80.76トンを5420億3148万円で売却したそうです。

この売却金額から考えると、1g当たり約6710円程となります。
売却した3月の相場は、6000円前後で推移していたため、税込みなら
適当な時価で売却されたと考えられます。

ただ、使用量が激減した1990年台からも増加させてきたとすると、
金相場が上場来最安値となったのが1999年の836円ですから、もしか
すると、1000円~2000円程の購入単価なら3倍から6倍になったこと
になりますね。

更に、消費税は1989年からは3%、1997年から2013年までは5%でし
たから、現在の10%を考えれば、消費税だけでも5%は利ザヤという
ことになるでしょう。

購入単価は分かりませんので、余り迂闊なことは言えませんが、
かなり大儲けしたのでしょうかね。。。ちょっと気になります(笑)!

因みに、現在の金相場は6600円付近ですが、昨年は過去最高値の
7000円到達。その後の安値は5800円台として、6000円半ば付近を
中心とした総じて高値圏で推移しています。

財務省みたいに大量保有と言わずでも、指輪やネックレスなど
少量でも保有している方は多いと思いますので、たまには金相場
を気にしてみては如何でしょう。。。

それでは・・・・また!!
I


【キャンペーン情報】









  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

原油高いつまで続く!?

2021-11-05 18:41:12 | お知らせ
商品先物取引のリスクについて

こんばんは。

すっかり寒くなってきましたね。
取り敢えずスーツは夏物から冬物へチェンジしましたが、
そろそろコートも必要かと考える今日この頃です。

ようやく新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを
見せており、11月4日の全国の新規感染者数は158名
(前週同曜日比-116名)、東京都の感染者数は14名
まで減少しております。

新型コロナワクチンの接種状況で2回目を終えた方が
約72.8%となっている事も感染者数減少の大きな要因と
なっているようです。

ただ、これから冬本番を迎えます。また。10月25日から
行動制限も大幅に緩和されており、油断するとあっと
いう間に感染再拡大となり兼ねないので、個人個人が
最大限感染しない、させないという強い意識を持った
生活行動をとらなければならないと思います。

さて、感染拡大の落ち着きとともに、世界経済の正常化
が進んでおります。

それに伴い、天然ガスや石炭などのエネルギー物資が
高騰し、代替商品として原油が買われております。

世界の指標価格となっているWTI原油は、コロナショック
などの影響により、昨年の4月に前代未聞のマイナス価格を
示現しました。

その後、米国の感染対策や金融緩和策などにより、原油
価格も反発に転じておりましたが、今年の8月終盤から
上げ足を早めて10/25には85ドル台に突入。

なんと7年ぶりの高値水準まで駆け上がりました。

11/4には主要産油国で構成されるOPECプラスの閣僚級
会合が開催され、米国や日本など消費国の増産要請にも
拘わらず増産幅の拡大は見送られました。

ただ、これまでの急ピッチの上昇もあってWTI原油は現在、
利食い売りなどに押され調整局面となっております。

しかし、このあと冬場を迎え、ヒーティングオイルの需要
が高まる時期でもあるため、このまま世界経済の正常化が
進む中、OPECプラスからの供給が現状の緩やかな増加に
とどまれば、原油価格は一段と値上がりする可能性があり
ます。

原油は、ガソリンや灯油など燃料のほか、生活の様々な分野
において直接的或いは間接的に関りが深いため、原油価格の
高騰は家計を直撃する可能性が高く、原油供給のほとんどを
海外からの輸入に依存している日本にとっては非常に頭の痛い
問題となります。

年末に向けての原油価格の動向。投資家以外の方にとっても
注目度は高そうです。

それではまた・・・。K

【キャンペーン情報】









  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2色でできたすごいやつ

2021-11-02 23:45:56 | Weblog
商品先物取引のリスクについて

こんばんは。

私の中で毎年の風物詩となっている地味ハロウィンも終わり、
今年も気づけば後2カ月となりました。
コロナ禍になってから時の流れが速いのか遅いのかよくわからなくなりますね。

さて、私地味ハロのほかにもう一つ楽しみにしていたことがあります。
というのも、ご存知の方も多いとは思いますが、
今月1日より新デザインの500円硬貨の発行が始まったのです。

描かれる人物のことなどで話題になりやすい紙幣に比べると
それこそ地味ですが、一番最初の500円硬貨(銀色)の登場が1982年、
次=今流通している2代目(金色)が2000年発行開始ということで、
大体20年周期のビッグイベントだったり。

で、今回の変更。
実は大まかな模様等は変化がないのですが、
注目ポイントはやはり内側と外側で色が違うところではないでしょうか。

財務省によると、この2色が用いられる技術は「バイカラー・クラッド」と
呼ばれており、2種類の金属板をサンドイッチ状に挟んでできた円板を、
更に別の金属でできたリングの中に合わせることで作られているようで、
その目的は当然のことながら偽造防止とのことです。

そのほかにも偽造防止のために、通常貨幣としては世界初となる特徴的な
ギザギザが彫られていたり、上から見たときと下から見たときで違う文字が
見え隠れしたり、超微細な模様が施されていたりと、日本が誇る技術力が
込められた1枚となっているとのこと。

どうせなら「令和三年」かつほぼ未使用のものを1枚くらい手に入れておきたい
ところですが、現行デザインのものが約50億枚流通しているなかで今年の発行予定枚数が
2億枚程度であることや、キャッシュレス化の流れで硬貨を見る・使う機会自体が減って
いることを考えると、偶然手に入れるのは難しいかもしれません。

といっても、金融機関によっては数日中に両替できるようになるところもあるらしいので、
欲しい!という人ならあっさり手に入りそうですね。

ちなみに、一部券売機等ではまだ新500円に対応していないものもあるようですので
使用の際はご注意を。

本日はOがお届けいたしました。
それではまた。

【キャンペーン情報】









  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする