【北辰物産D-station】スタッフの声

北辰物産オンライントレードスタッフによるブログ。取引画面の便利な利用方法の紹介など様々な角度から情報発信致します。

米国商品市場、今晩は休場です。

2020-11-26 14:13:39 | Weblog
商品先物取引のリスクについて

こんにちはSSです。

一昨日のブログでも少し触れられておりましたが、
アメリカで11月26日は「サンクスギビングデー」
いわゆる感謝祭の祝日となります。

そのため、ニューヨークのマーケットは休場と
なります。

アメリカ市場の感謝祭に伴う取引スケジュール
https://www.hoxsin.co.jp/market/

商品市場も休場となりますので、今晩の外電は
ありません。また、為替市場の流動性も著しく
低下する可能性もあり、スプレッドが広がり易く
なることなども想定されますので、商品先物だけ
に限らず、FXなどを取り組まれている方なども
十分ご注意ください。

本来「感謝祭」は教会で礼拝を行い、神様に
感謝するというのが習わしのようですが、
最近では親族や友人が集まって大規模な食事会
をしたりするなど、家族行事のひとつとして
位置づけられているようです。

また、感謝祭の朝には大統領が食卓に上がる
予定の二羽の七面鳥に対し、その運命から
恩赦するという行事が、ホワイトハウスで
行われておりますが、トランプ大統領は
現地24日にこの行事をすでに済ませたようです。

また、恩赦を与えたのは七面鳥だけに限らず、
翌日には自身の元側近であるフリン元大統領
補佐官にも与えられたようです。

フリン元大統領補佐官は、2017年2月にロシア
ゲート疑惑をめぐる捜査において、うその証言
をしたとして起訴されており、現在も公判が
続いていました。

トランプ大統領のツイッターでも
「フリン氏と家族をお祝いする。本当に素晴ら
しい感謝祭を迎えることになる」とつぶやいて
おります。

今月に行われた次期大統領選挙で民主党の
バイデン候補に敗れたトランプ大統領。

退任後には所得税の脱税容疑などで刑事訴追
される可能性が指摘されています。今回、
七面鳥に恩赦を与えたホワイトハウスの会場で、
報道陣からは「退任する前に、自分自身に恩赦
を与えないのか」と質問が出たようですが、
何も応えなかったもようです。

自ら恩赦を与えた七面鳥を見て、なにを思った
のでしょうか。

アメリカの祝日一覧
https://www.hoxsin.co.jp/market/overseas/

【キャンペーン情報】





この記事をはてなブックマークに追加

ブラックフライデー大歓迎

2020-11-24 20:47:56 | Weblog
商品先物取引のリスクについて

こんにちは!!


今、世間では、新型コロナウイルス感染第3波で過去最大水準と
なる深刻な状況にあることを受け、「Go Toトラベル」を停止す
るかどうかなども関心事となっているようですが、
街やネットショップでは「ブラックフライデー」のセールが
目立っている感じです。

特に、「ブラックフライデー」はここ数年ですっかり日本でも定着し
た感じになってきましたね。

ブラックというと1987年10月19日の月曜日に起こった株の大暴落
(ブラックマンデー)というのもあり、あまり良いイメージはあり
ませんよね。

でも、今更かも知れませんが、「ブラックフライデー」というのは
米小売店などは年間で最高の日のこと何です。

もう少し詳しく言うと、米国で毎年11月の第4木曜日に催される
「感謝祭」の翌日の金曜日のこと。

感謝祭は祝日であり、土日に挟まれたこの金曜日も祝日扱いとなる
ことも多いため、米国では年末商戦の初日かつ最大の山場となる日
と位置づけられていることから、小売り各社はこの期間だけで年間
売上げの2割ほどを稼ぐといわれ、このセールで軒並み黒字となるこ
とから、この「ブラック」は暗黒ではなく、黒字ということ。

小売店などが黒字になる金曜日という意味なんですね。


日本には感謝祭というのはありませんが、米国では収穫や恵みの
1つ1つに感謝をして、愛する人達と過ごす祝日で、毎年この日には
ご馳走を囲みながら家族と久々の再会を喜び、街もお祭りムードに
なる最も大きな祝日とされるだけに、感謝祭翌日にはショッピング
のため街へ繰り出すようです。
ま-今ではネット通販の売り上げの方が大きいらしいですがね。。。

日本にはない文化ですが、セールで安く買える機会があるのはとて
も良いことでしょうかね。私は大歓迎です。(笑)


それでは。。また!!
I



【キャンペーン情報】





この記事をはてなブックマークに追加

どっちが楽しいかで決める?

2020-11-19 15:14:25 | お知らせ
商品先物取引のリスクについて

こんにちは!

先日、宇宙飛行士の野口聡一さんが、米民間宇宙船の運用初号機
「クルードラゴン」に搭乗しましたね。
「クルードラゴン」は打ち上げに成功してISS(国際宇宙ステーション)
にドッキング。
野口さんは10年ぶりにISSでの約半年間の長期滞在を開始しました。

このニュースを見て、つくづく野口さんは凄いと思ったのは、
なんと3回目の宇宙飛行ってこと。

宇宙に人生に1度でもいいから行ってみたいとか、数億円払ってでも
行こうとする人もいるなかで、
野口さんは55才にして宇宙3度目ですからね。

更に、野口さんの初めての宇宙飛行は、スペースシャトル
「コロンビア号」の事故後最初にシャトル運行開始となった2005年の
スペースシャトル「ディスカバリー号」でしたので、私が勝手に想像
するには恐怖もあったのではないかと思ってしまいます。

また、2度目は2009年のロシアの「ソユーズ」で3回目の運用機でしたが、
3度目の今回も、初の民間宇宙船初号機ですから恐怖はなかったので
しょうか。
野口さんの宇宙に対する気持ちや挑む情熱は55才ではなく、
今でも10才代や20才代のままキープしているのでしょうかね。
とにかく、尊敬します。

あと、ちょっと話しはそれますが、宇宙飛行士というと、
漫画の「宇宙兄弟」を連想してしまうのは私だけでしょうか?(笑)

実は、宇宙兄弟でとても印象深い好きなセリフがあるんです。

それは

迷った時は、「どっちが楽しいかで決めなさい」

「どっちが正しいかなんて考えてはダメ。」です。

正しいことが明確なら迷いはないでしょうが、
どっちが正しいのかが分からない場合、結果として正しいか
どうかは将来にならなければが分からないことなら、
今考えても時間の無駄という表現と思われるのと、
決して楽な方という意味でもないと思うんです。

その先に楽しさがあるのはどっちかで決めるということと
解釈しています。

宇宙飛行士の野口さんも、3度も宇宙へ行けるのは楽しいと
思っているとしても、宇宙へ行けるまでの訓練などは人並み
外れたものではないかと思いますので、厳しい訓練でも、
その先の宇宙への思いがあるから乗り越えて3度も宇宙へ
行けるに至ったのではないでしょうか。

勝手な思いを書きましたが、野口さんによって気づかされた
ことや、今更ながら夢や希望、勇気をもらえました。

それでは。。また!!
I



【キャンペーン情報】





この記事をはてなブックマークに追加

商品先物取引の取引単位について

2020-11-17 20:29:29 | Weblog
商品先物取引のリスクについて

こんばんは、Aです。

新型コロナの国内の新規感染者数が増加傾向にある
今日この頃ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は最近風邪の初期症状のような症状が出ており、
いつも以上に感染対策に力を入れているところです。

さて、先日は商品先物取引の取引期限について
お話させていただきましたが、
今回は取引単位について、触れたいと思います。

取引単位については、相場情報画面での表示と
異なるため、商品先物取引の初心者の方にとって、
戸惑うことがあるかもしれません。

株式の場合、単元株単位での取引が基本であるように、
商品先物取引でも各取引所により、銘柄毎に取引単位が
決められております。

日本の株式の場合、呼値は1株あたりのもので株式の銘柄ごとに
取引単位は100株や1000株単位などの単元株での取引となりますが、
商品先物の場合もチャート上での描画や相場表の現在値等に表示される
呼値は金であれば、1g当たりの値段となりますが、取引単位は
1000gでとなります。

尚、国内商品市場の主要銘柄の取引単位につきましては
以下のようになります。

金標準   : 1000g
金限日   : 100g
白金標準  : 500g
白金限日  : 100g
ゴム RSS3  : 5,000㎏(呼値は1kg)
とうもろこし:  50t(呼値は1t)
原油   :  50kl(呼値は1kl) 

そのほかの取り扱い銘柄の呼値や取引単位につきまして、
詳細は下記URLページをご参照ください。
https://www.hoxsin.co.jp/guide/magnification.htm

そのため、例えば金標準で相場表に6,500円と表示されていた場合、
実際の取引金額は6,500円/g×1,000g=650万円となります。

※実際の取引金額を求める計算式:

 呼値の値段 × 取引単位  = 実際の取引金額(1枚の場合)

金の証拠金(PSR)は2020年11月16日現在、1枚当たり240,000円ですので、
約27倍のお取引が可能となります。

※証拠金額(PSR)については毎週見直されます。
 現在の各銘柄の証拠金につきましては、下記URLページをご参照ください。
 https://www.hoxsin.co.jp/service/list/shokokin202011_3.htm

上記の金以外の銘柄につきましても実際の取引金額は片建証拠金の額の
約3倍から40倍程度なります。
実際の取引金額よりも少額で取引できるのは、商品先物取引の
大きなメリットですが、相場変動が思惑とは逆に大きく動いた場合は、
損失が発生し、場合によっては預託した証拠金を上回るおそれがありますので、
ポジションをお持ちの場合はご留意ください。


【キャンペーン情報】





この記事をはてなブックマークに追加

悪質な特定屋にご注意を

2020-11-13 18:29:07 | Weblog
商品先物取引のリスクについて

こんばんは。

突然ですが、皆様は自宅の玄関前にクワガタやカエルがいたらどうしますか?

逃がす人、見なかったことにする人、せっかくだからと飼う人(?)など
色々だとは思いますが、中には珍しいものを見たと思って、
写真を撮ってSNSにアップする人もいると思います。

…が、実はその行為、危険かもしれません。

というのもここ最近、玄関の前に思わずアップしたくなるような細工を仕掛け、
その反応をSNS上で確認することで自宅や帰宅時間などの特定を行い、
空き巣をする人間がいる――という噂があるのです。

ただの偶然であるという可能性ももちろんありますが、SNS上では画像の投稿後に
被害に遭ったと見られるケースも報告されており、数日前には「クワガタ」が
トレンドワード入りしていました。

これだけ聞くと随分と特殊、というかある意味漫画的な手法ですが、
仮に悪意を持った人間がそういう仕掛けをすることができたとなると、
その時点で既に住んでいる地域自体は特定されてしまっており、
クワガタ等はあくまで最後の一押しということになります。

利用する路線や駅名、店名、投稿した画像の背景、天候や停電情報etc…
本人にとっては何気ない投稿で、一つ一つに直接個人を特定できる要素が
含まれていなかったとしても、悪意を持った人間がそれらの情報を
収集することで特定される危険性はあります。

過去には投稿された画像を解析し、瞳に映る風景から
自宅を特定されたというケースもありました。

誰もが気軽に情報を発信できる時代だからこそ、どういう投稿が危険なのか改めて
振り返ったり、ご家庭で話し合ってみるのもよいかもしれませんね。


さて、本日は週末金曜日、ということで翌週分適用の
プライス・スキャンレンジ(証拠金)が発表されました。
主な銘柄の証拠金は以下のようになっています。

金    :246,000円 ⇒ 240,000円(-6,000円)
金限日  : 27,600円 ⇒  27,000円(-600円)
白金   :120,000円 ⇒ 120,000円(変わらず)
白金限日 : 25,800円 ⇒  25,800円(変わらず)
ゴムRSS3: 98,500円 ⇒ 108,000円(+9,500円)
原油   :413,500円 ⇒ 445,500円(+32,000円)

その他の銘柄等詳細は こちら をご参照ください。

本日はOがお届けいたしました。
それではまた。

【キャンペーン情報】





この記事をはてなブックマークに追加

マーケットの話題の中心は再びコロナへ

2020-11-11 18:15:57 | Weblog
商品先物取引のリスクについて

こんばんわ。

秋も深まり、朝晩冷え込みが厳しくなり、毎朝起きるのも
かなり辛くなりつつありますね。
また、日勤(早番)の際には5時台に起床しますが、まだ外は暗く、
冬の訪れを感じさせますね。

徐々に冬型の気候に移行に伴い空気が乾燥してきます。
空気が乾燥すると、やはり新型コロナウィルスの感染拡大が
懸念されます。

国内感染者数は8月中旬の約15,000人をピークに減少傾向となり、
先月中旬ぐらいには5,000人台までになりました。
ただ、ここ最近再び増加に転じており、本日の段階で
10,000人弱となっております。
月曜日担当者が記載しておりましたが、北海道では
独自に定める警戒レベルを7日に「2」から「3」に引き上げており
飲食店等に対し、営業時間の短縮を要請しております。

世界に目を向けても、米ジョンズ・ホプキンス大学の
集計によると、米国の新型コロナ感染者数は感染流行から
10カ月余り経過しましたが、8日時点の累計で1000万人を突破。
新規感染者が前週を上回る州は40州以上になったと
発表しております。
また、欧州各国では感染再拡大を受け、ロックダウン(都市封鎖)が
再導入されております。

そんな最中、9日に米製薬大手ファイザーと独バイオ
医薬ベンチャーのビオンテックが共同開発した
新型コロナウイルス感染症ワクチンが臨床試験(治験)で
高い有効性を示したこと発表されました。
公表データによると、ファイザー社の新型コロナワクチンは
臨床試験で有効率が90%を超えたとのこと。

これを受けて、同日のマーケットでは、世界的に経済活動の
正常化が進むとの期待が大きく膨らみNYダウは史上最高値を更新。
安全資産の金は売られる展開となりました。

国内金60分足


一方、株式と同じリスク資産である原油は上昇。

国内原油60分足


ただ、このワクチンについて、保管に超低温の温度管理が可能な
設備が必要なため、供給網がすぐに地方の薬局にまで
広がることはないとのことです。

先週までマーケットの話題の中心は米大統領選でしたが、
選挙が終わり、マーケットの「主役」は再び新型コロナとなりました。

今後、感染予防に注意したいところですが、
新型コロナをめぐる今後のマーケットの動きにもご注目ください。

本日はG・Mがお届け致しました。
では、マタ。


【キャンペーン情報】





この記事をはてなブックマークに追加

北海道で200人の新型コロナの感染

2020-11-09 23:50:40 | お知らせ
商品先物取引のリスクについて


こんばんは。

新型コロナの感染に関して、毎日報じられていますが、
9日、新型コロナの感染が確認された人数が、北海道で
初めて1日で200人に達したと報道がありました。

北海道は、独自に定める5段階の警戒レベルを、
7日にステージ「2」から「3」へ引き上げ、
飲食店などに営業時間の短縮をするよう要請した
ばかりでした。

この指標、北海道のホームページに基準がでており、
医療提供体制の負荷等の状況で総合的に判断されるそうです。
新型コロナ感染の新規報告数も、その基準の中の一つにあたるようで、
ステージ「2」では107人/週、「3」では133人/週との事。
尚、次のステージ「4」の場合は、796人/週、ステージ「5」の
場合は、1327人/週との事でした。

週の新規報告者数が基準になっているためか、
11月8日現在の1週間の累計も、上記同様に北海道のホームページに
公表されており、その数は816人だそうで、
新規報告数については、既にステージ「4」の796人を上回っている模様です。

今年4月に国内で非常事態宣言が出された時、当時の
北海道の1日当たりの感染確認者数は50人以下との事でしたので、
当時より格段に感染者が増えている事になります。
現在は当時に比べ、お店でマスクや消毒液等の衛生用品が
格段に手に入りやすい状況となっているとは思いますが、
感染拡大に歯止めがかかっておりません。
人の移動の制限などしないと、感染拡大の防止は難しいのでしょうか?
北海道に実家がある身として、早い感染拡大の終息を願っております。

また、都内でも感染者数が増加傾向にあります。
外出時にはマスクの着用、うがい・手洗いの徹底など、
気を抜かず感染予防に努めていきたいと思います。

それでは、また。


【キャンペーン情報】





この記事をはてなブックマークに追加

大統領選の行方も気になる所ですが。。。

2020-11-05 22:18:00 | お知らせ
商品先物取引のリスクについて

こんばんは、G3です!

私たち、そしてみなさんも大注目の
米大統領選ですが、11月5日22時時点で
まだどちらも過半数の選挙人票を獲得できておらず、
更には法廷闘争に持ち込まれる可能性も浮上しております。

すんなり決まるのか?
法廷闘争へ持ち込まれるのか?
連邦議会が選挙結果を決めることになるのか?
まだどうなるかはわかりませんが、
正式に次期大統領が決定するまでには、
もしかすると1ヶ月以上かかる可能性もあるかもしれませんね。

大統領選の動向に相場が敏感に反応する可能性が高いので、
建玉をお持ちの方は逆指値を活用して頂くなど、リスク管理に
十分にお気を付け頂ければと思います。

逆指値についてはこちらのページをご参照ください。

さて、
大統領選の行方も気になる所ですが。。。
年末恒例の『新語・流行語大賞』のノミネート30語が発表されましたね!

今年はやはり新型コロナウイルスが流行してしまったこともあり、
「新しい生活様式/ニューノーマル」「アベノマスク」
「おうち時間/ステイホーム」「クラスター」「3密(三つの密)」
「ソーシャルディスタンス」「テレワーク/ワーケーション」
「濃厚接触者」「PCR検査」など、関連する言葉が多いように感じます。

本当に今年は様々な日常が劇変しました。
外出時のマスク着用はほぼ当たり前となり、
手洗いうがいも習慣になりましたね。
この新しい日常の副作用?によって、
今年はインフルエンザの流行もかなり抑えられるのでは?
と期待する面もありますが、やはり新型コロナウイルスが
いち早く終息してくれることが一番ですよね。

コロナ関連以外の
ノミネート30語の中で個人的に気になるのはやはり、

「顔芸/恩返し」

ですね!!笑

何度見返しても半沢直樹は面白いですし、
役者さんたちの白熱した演技に飲み込まれます。
電子書籍の方も4冊目をもう少しで読み終わりますが、
こちらもめちゃくちゃ面白い!!
私の活力になっています。

色々あった2020年もいよいよ終盤戦。
今年の冬はかなり寒いそうですので、
みなさま体調管理には気を付けてまいりましょう!!

それではマタ!!


【キャンペーン情報】





この記事をはてなブックマークに追加

迫る米大統領選!

2020-11-02 18:09:38 | Weblog
商品先物取引のリスクについて


こんにちは、DNです。

先週末に、オンライン予約による「GoToイート」を初めて利用し、
家族で食事に出掛けました。

面倒臭がりの自分としては、オンライン予約というのがネックになり、
これまで利用を控えておりましたが、回転寿司チェーンによる「Gotoイート」
の利用が話題になったことで、試しにスマートホンを使って予約をしてみると、
思っていたよりもずっと簡単に利用することが出来ました。

4人で6000円のお会計が4000円分のポイントが付いて、
次回以降、対象店であれば付与されたポイントの4000円分が割引され、
更に4000円分のポイントが付いてくるということで、実際に利用してみると
やり過ぎではないか?と思うくらいお得感が強いです。
上手くすると、自宅で料理をするよりも安上がりとなるのでは?
とも思いました。

利用する予約サイトによって申込方法も異なりますが、
ポイント付与期間は来年1月末までと、まだ期間もありますので、
まだ利用されていない方は、お近くに対象店が無いか調べてみては
いかがでしょうか。


さて、いよいよ11月に入り、世界が注目する米大統領選挙が
間近に迫っております。

少し前まではバイデン候補が圧倒的有利との報道が大半を占めてましたが、
ここにきて、現職のトランプ大統領が追い上げてきているとの報道も
耳にするようになりました。

思えば、4年前もヒラリー候補が圧倒的有利との下馬評を覆し、
トランプリスクからトランプノミクスという言葉も生まれましたが、
果たして今回はどのような結果になるのでしょうか。

主だった両候補の政策の違いを見てみますと。。

●新型コロナ禍の経済再開
トランプ氏 
可能な限り早期の経済再開を各州に呼び掛けている。

バイデン氏
検査体制の強化が経済再開の前提であり、慎重姿勢。

●減税
トランプ氏
景気回復が厳しい間の増税政策に反対を表明。

バイデン氏
個人所得の最高税率を37%⇒39.6%に戻すと公約し、
低所得者向けの税額控除は支持するものの、基本的には減税に反対の立場を取る。

●貿易
トランプ氏
国内製造業の強化を最優先とし、対中貿易協議では1月に「第1段階の合意」に
達したが、引き続き中国への攻撃は継続。

バイデン氏
報復的な関税には反対の立場。対中摩擦は米国の消費者、
特に農家に打撃を与えていると批判するが、一方で中国への依存は
減らしたいとの考え。

●環境問題
トランプ氏
気候変動に関する主流の科学的見解を疑問視し、オバマ政権時代の環境問題に
掛かる規制を撤廃したことを成果として挙げる。

バイデン氏
クリーンエネルギーへの転換に4年間で2兆ドル規模の投資を発表。
2035年までに電力発電による温暖化ガス排出をゼロにする方針。

他にも医療保険制度改革法(オバマケア)や移民政策に対する方針など、
両者の政策に隔たりが目立ちます。

米国国民は勿論の事、貿易や外交政策の面で世界中の国が多大な影響を
受ける為、全世界がその結果に注目している状況です。

投票は、最も早いニューヨーク州で日本時間3日の20時に始まり、
最も遅いアラスカ州やハワイ州で4日14時に終わります。

因みに前回は現地時間で翌4日午前2時頃に勝者が確定しており、
日本時間では4日の15時頃でした。

今回も前回同様に4日の日中立会中に判明する可能性は高く、
大統領選の結果を受けた相場変動には十分に注意しておきたいところです。

それでは、また。


【キャンペーン情報】





この記事をはてなブックマークに追加

ゴム相場、近年稀に見る動き。

2020-10-29 16:32:57 | Weblog
商品先物取引のリスクについて


来月の3日にアメリカの大統領選挙が迫る中、
選挙結果の先行き不透明感などから商品市場に
限らず金融市場全体がすこし神経質な動きと
なっているような印象です。

また、ヨーロッパを中心に新型コロナウイルスの
第2波の広がりが深刻となっており、欧米の株価が
連鎖的に下落するなどしています。

そのような中、商品市場では一際目を引く銘柄が。

それは、金でも原油でもなく、ゴム(RSS3)です。



春先には一時130円台に下落していたゴム相場ですが、
その後は徐々に値位置を切り上げ、今月に入ってから
は急騰相場となると、大台となる300円に迫る動きと
なっています。

新型コロナウイルスの感染拡大によって世界的な
ゴム需要の低下によって一時期は値下がりしましたが、
ゴムの産地もコロナ禍によって生産体制が整わず、
さらに豪雨・洪水などの天候不順によって供給不安が
台頭すると、反転して上昇相場となりました。

さらに主要産地であるタイにおいて反政府デモが広がり、
政府による緊急事態宣言が発出されるなど、供給リスクが
一気に高まりました。

結果、供給不安を背景に投機的資金も市場に加わって、
ここ数日の暴騰暴落の動きへとつながっています。

特に本日の取引では高値と安値の差が38.6円となる
などボラティリティが非常に高くなっているため、
これから取引に参入する場合には、細心の注意が
必要です。

ここ2週間で約100円もの上昇となっており、かなり
過熱気味な相場付きとなっています。また、一日の
制限値幅(20円)一杯に張り付いたまま取引を終える
ことも暫しあります。決済(仕切り)をしたくても
注文が成立しないといった事態もありますので、
十分にご注意ください。



こんにちはSSです。
早いもので10月も残すところ1営業日となりました。
気が付けば2020年も残り2ヵ月。

これまでのところコロナ一色の年となってしまって
いますが、残りの2ヵ月は一体どのようなものに
なるんでしょうか。

世界的にはコロナワクチンの開発が進んでおり、
すでに接種が始まっている国などもあるようですが、
日本はどうなるんでしょうか。厚労省による最新の
情報ですと、「できるだけ早期に、安心して皆様に
接種していただけるよう準備しています。」との
ことでした。

ワクチンには副作用などのリスクもあるため、
やはり実用化には相応の時間がかかりそうですね。
年末までに個々が接種できるようになるには、
すこし厳しいかもしれません。

厚生労働省のホームページにワクチンについての
情報が掲載されてますのでご覧になってみてください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_00184.html

それでは。

【キャンペーン情報】





この記事をはてなブックマークに追加