【北辰物産D-station】スタッフの声

北辰物産オンライントレードスタッフによるブログ。取引画面の便利な利用方法の紹介など様々な角度から情報発信致します。

来年は天皇誕生日がない??

2018-12-18 01:32:07 | お知らせ

商品先物取引のリスクについて



こんばんはG3です。

いよいよ年末となり、
私の誕生日が近づいてきました。

12月23日、
そう、天皇誕生日と同じ日でございます。
そして、こちらはどうでも良い情報かと存じますが、
今年で35才となりアラフォーへの一歩を踏み出します。

今年は結婚してから5年間住んだ土地を離れ、
生まれ育った場所に夢の?マイホームを建て、
環境も変わって正に節目の年となりました。

誕生日当日、
毎年テレビを付ければ天皇誕生日をお祝いする
ニュースが流れ、勝手に自分も祝福されている気分に
浸っておりましたが、それも今年で最後のようです。

そして個人的にとっても気になっていた情報が、

『来年以降12月23日の扱いがどうなるのか??』

でございます。
平成となってからこれまで自分の誕生日は常に祝日でございました。

昭和天皇の誕生日は4月29日(昭和の日)として祝日となっております。
明治天皇の誕生日は11月3日(文化の日)ですね。
ただ、調べてみると大正天皇の誕生日である8月31日は祝日ではございません。
祝日とされなかったのには当時の時代背景もあるようですが、
来年以降12月23日の扱いがどうなるのか気になり調べてみたところ、
下記の内閣府ホームページへたどり着きました。

国民の祝日について-内閣府

このページの下の方に2018年と2019年の
国民の祝日・休日が一覧で出ておりました。

どうやら2019年の12月23日は祝日ではない模様です。。。
次の天皇誕生日は2020年2月23日となります。
来年の12月23日(月)は祝日ではございませんので、
当然のことながらTOCOMも立会はあるでしょう。


さて、
2018年も残り2週間を切りました。

今週はなんといってもFOMCがあります。
米トランプ大統領も先ほどツイッターで
FRBによる利上げをけん制するツイートをしたようです。
マーケットでは今回のFOMCでの利上げはほぼ織り込み済みのようですが、
来年以降の利上げペースがどうなるのか??
パウエルFRB議長の記者会見にも注目です。
その他経済指標の結果は弊社ホームページでご確認ください!!



12月上旬は暖かくて今年は暖冬なのか??
と思っていたのが遠い昔に感じる程寒くなってまいりましたので、
皆様体調管理には気を付けつつ、年末までのラストスパート頑張りましょう!!

それではマタ!!


【キャンペーン情報】







【セミナー情報】
2018年12月26日(水)開催


2019年1月17日(木)開催



商品先物 ブログランキングへ

サンタクロースの正体は!?

2018-12-14 18:40:00 | Weblog

商品先物取引のリスクについて



こんにちは、DNです。

早いもので12月も前半が過ぎ、後半へと差し掛かっております。
12月後半の一大イベントといえば、やはりクリスマスを一番に挙げる方が
多いのではないでしょうか。

特に小さいお子さんがいらっしゃるご家庭では、
クリスマスプレゼント探しに奔走される時期でもあります。

我が家でもなるべく早めに子供の欲しいプレゼントをリサーチし、
宅配日と時間に細心の注意を払いながらインターネットを利用して
プレゼントを購入し、クリスマスまで子供のバレない場所へ隠しておくのが
恒例となっております。

さて、子供にとっては嬉しいサンタクロースからの贈り物ですが、
皆様はサンタクロースの存在をいつまで信じていたか、覚えております
でしょうか?
私はその辺りの記憶は曖昧で両親から話をされた記憶はありませんが、
小学校のいつからかはサンタクロースの正体は分かっていたように思います。

先日、上の子供(小学校高学年)から初めて
「サンタクロースって本当にいるの?プレゼントは誰が届けているの?」
と質問をされました。

ついにその時が来たか、、、と思いつつも、
下の子(6歳未就学)が近くにいたこともあり、悩んだ結果、
北欧を拠点とした国際サンタクロース協会(実在します)から厳しい試験を
勝ち抜いた公認のサンタが世界中で活動している、とタブレット端末で
専用サイトを見せながら伝えたところ、「サンタになるにも大変なんだね~」
と半信半疑の反応でした。

ただ、本体が2台あればみんなでもっと遊べるとの理由でプレゼントのお願いを
「Switch(既に1台保有)+ソフトのセット」と手紙に書き、サンタさんなら願いを
聞いてくれると言う上の子に、2台目のSwitchを購入するつもりのない身としては、
サンタクロースの正体をカミングアウトする日は近そうです。


さて、今晩の注目材料は米国のサンタ達の動向を占う?ともいえる
米クリスマス商戦の出足が反映される11月の小売売上高(22:30発表)に注目が集まります。
車社会である米国にとっては原油相場の下落によるガソリン価格の低下によって、
数値を押し下げる可能性がありますが、自動車、ガソリンを除いた数値(コア)については
好調な消費を裏付ける形で強めの数値になるのではないかと期待されております。


それでは、また。

【第3回TOCOMリアルトレードコンテストの11月30日時点での途中経過が発表されました!!】
利益率部門では北辰物産からエントリー頂いたトレーダーの方が、見事10月31日時点から今回
まで1位をキープしております!
また、利益率部門、実益額部門共に、上位20名の中に北辰物産からエントリー頂いたトレーダー
の皆様が6名ランクインされており、トレードコンテストが終盤に入った今も、大変ご活躍され
ております!


【キャンペーン情報】







【セミナー情報】
2018年12月26日(水)開催


2019年1月17日(木)開催



商品先物 ブログランキングへ

4K導入の目論見、儚くも散る。

2018-12-14 02:49:57 | Weblog

商品先物取引のリスクについて



今月からBSなどで4K放送が開始されました。
みなさんのテレビは4K対応ですか!?


私も4K放送目当てというわけではありませんが、
我が家のテレビも購入から10年、来る2020年には
東京オリンピックも開催されるし、そろそろ買い
替え時かなと思ったので、嫁さん共々家電屋さんへ。

最近のテレビはどれも綺麗ですね~
買うならやっぱり大きいのが良いよね!
60型オーバーかなぁ?有機ELは黒色がはっきりと
してて綺麗だなぁ~!へぇ~

で、値段は?

…よ、よ、45万。


最近、我が家の財務大臣は緊縮政策を発動しており、
テレビの買い替えなどもってのほか。

なのに何故か家電屋さんへ付いてきた嫁(財務大臣)。

冗談半分『PayPayで10万キャッシュバックの可能性も!』
といった進言もしましたが、華麗なるスルー。

このような私的支出は当然認められるはずもなく、
我が家の4Kテレビ導入は当分先に。もう少し我が家の
テレビには頑張ってもらうことと相成りました。

そんな我が家の財務大臣はこの週末、お友達と舞台観劇に
お出かけされるそうでございます。緊縮とは一体…。



こんばんわSSです。

さてヨーロッパではイギリスのEU離脱に伴う問題で揺れて
おりますが、メイ首相の党首不信任を求める署名が15%以上
(48名以上)集まり、日本時間13日未明に党所属下院議員に
よる投票が行われました。結果は「信任200 対 不信任117」で
首相残留が決まりましたが、かなりの僅差だったといっても
良いのではないでしょうか。

これだけの数の不信任票があるということは、EUと交わした
合意案に対する反対票がこれからさらに増える可能性もあり、
全く楽観視することはできません。

イギリスのEU離脱問題、まだまだ尾を引きそうです。

ポンドを中心とした為替相場の動向が気になるところ。
来週はアメリカのFOMCも控えていますし、年末に向けた商品
相場を読むうえでも、このあとの為替相場の動向が非常に
重要になってきそうです。



【キャンペーン情報】







【セミナー情報】
2018年12月26日(水)開催


2019年1月17日(木)開催



商品先物 ブログランキングへ

金! 来週FOMCの利上げは織り込み済みで堅調地合い継続?

2018-12-12 17:43:38 | Weblog

商品先物取引のリスクについて



こんにちは!!


急激に寒くなり冬到来って感じですね。。。
12月も半ばですから当然です!!

こうしてあっという間にクリスマスに正月となって
2019年を迎えることとなりそうです。。

さて、今日は何を書こうか悩んだこともあり、12月12日は
何の日?と検索すると、色々ありました!

先ずは、『バッテリーの日』だそうです!!

電池工業会が1985(昭和60)年に、野球で言うバッテリー
(投手と捕手)は、1と2で表すことから、12月12日は
バッテリーの日と制定したそうです。
(制定当時は「カーバッテリーの日」だったそうです)

次は、『明太子の日』!

1914年のこの日の関門日日新聞で、日本で初めて「明太子」
という名称が新聞で使われたそうです。

そして、『漢字の日』

日本漢字能力検定協会(漢検)が1995(平成7)年に制定。
「いい(1)じ(2)いち(1)じ(2)」(いい字1字)の語呂合せ。

毎年、その年の世相を象徴する「今年を表現する漢字」を
全国から募集し、この日に京都の清水寺で発表されますね。

ということで、今年の漢字は何になるのか気にしてると。。

『災』に決まったと発表されました!!

台風21号や西日本豪雨、北海道地震と相次いだ大規模災害を
反映させたそうです。

来年は、「幸」とか、「喜」「笑」など、明るく表現される
年になることを願いたいものです。

トレーダーの皆さんは「利」とか「儲」と表現できる年にな
りそうですか???



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


さて、マーケットはというと。。。

金相場は約5か月ぶりに4500円台へ乗せて、一時は4530円台を
付けるなど約半年ぶり高値水準となって堅調地合いを維持して
います。

昨夜は、FRBが注視しているインフレ指標にも影響を与えるとさ
れる米生産者物価(PPI)が発表され、鈍化予想に反して予想を
上回る結果となったことがドル建GOLDの圧迫要因となりました
が、1240ドル台を維持するなど下値は限定的に止まりました。

これは、インフレ指標が伸びたからと言っても、来週18、19日の
FOMCで今年4回目の利上げは既に織り込み済みのためと思うと
ころです。

そのため、金利政策にFRBが注視しているPCEコアデフレーターの
先行指標となる今夜の消費者物価(CPI)でも、PPIのように予想を
上回っても余程でなけば弱反応は限定的と見て良いのかも知れま
せん。

また、ここ最近の株価は、不安定な動きを続けていることもあり、
投資家心理も不安感を高め、「金」が安全資産として見直されて
いることも、金相場を堅調にしている一因と感じられます。

注目されるのは、来週のFOMCにおいて利上げされるかどうかでは
なく、利上げ停止時期についてどう表現されるかということなの
でしょう。

FOMCまで堅調地合いが維持出来そうな環境に感じます。


でも今夜の米CPIも注目です。

もし、PPIとは逆に鈍化を示すと、利上げ停止時期が早まるとの
思惑によってGOLDが一段高する可能性ありますからね。。。

注目しておきましょう。


それでは。。。。また!!
I




【キャンペーン情報】







【セミナー情報】
2018年12月13日(木)開催


2018年12月26日(水)開催



商品先物 ブログランキングへ

この後も、原油価格の動向に注目!

2018-12-11 12:48:55 | 相場情報

商品先物取引のリスクについて


こんにちは。

12/4には、全国366か所で12月の最高気温を記録
するなど12月としては暖かく、今年は暖冬傾向に
あるのかと思っておりましたが、先週末から一転。

前日は、東京で今年初の5℃以下となるなど、
急激に気温が低下しております。

今朝も寒く、もう外出時にコートやマフラーは
必須となりましたね。

インフルエンザや風邪の季節でもあります。寒暖の
差が激しいと、体調を崩しやすいので、充分体調
管理には注意しましょう。


さて、市場では米中貿易問題や米国の今後の金融
政策のほか、原油価格の動向に注目が集まって
おります。


前日の担当者も原油相場について触れるなど、
当ブログでもご紹介する機会が多いのですが、
本日も原油について触れてみたいと思います。

12月6日にOPEC総会が開催されました。

当日は、産油量の削減で合意したものの、減産量
などの詳細は確定しておらず、6日の正式発表を
見送ったとの報を受けて、NY原油は失望売りに急落。

しかし、翌7日にロシアを交えた拡大会合で、日量
120万バレルの減産が決定した事で、NY原油価格は
急反発に転じ、一時1バレル=54.22ドルまで買われ
ました。

しかし、その後は米中貿易問題激化への懸念から、
NYダウが大きく値を下げた事に連動して、上昇幅
を大きく縮小して終了。

更に、10日の米国市場では、対ユーロでのドル高
が嫌気され、一時1バレル=50.53ドルまで売られる
など、協調減産効果による原油価格の上昇は、早く
も消失ムードが出始めております。

OPECが減産に動いても価格の上昇に導く事が出来ず、
原油価格の底入れ期待は遠のき、再び下落へと進む
のか注目される所です。

現在市場の焦点となっているのが、これまでにも
懸念材料として当ブログでも紹介した米中貿易問題
と英国のEU離脱問題。

どちらも混迷を深める様だと、世界景気の悪化観測
が強まり、株安や原油需要減退見通しから、原油の
弱材料となります。

また、リスク回避姿勢の高まりから、主要通貨に
対してドルが買われやすくなる事も、ドル建てで
取引される原油にとっては弱材料となります。

一方で前日は急反落したものの、内部の不況和音が
ある中、OPECと非OPECが協調減産で合意した事は
今後の原油価格の下支え要因と考えられます。

また、イラン問題も現在トランプ大統領がイラン産
原油の禁輸について8カ国・地域に180日間の適用除外
を認めているが、その期限が切れる来春に向けて、
再び供給懸念が強まる事が予想されます。

現在の50ドル水準を維持し反発に転じる事が出来るのか?

50ドルを明確に割り込み、更に中期的な下落へと向かう
のか?

今後も原油相場に目が離せませんね。

それでは、また・・・・。


【キャンペーン情報】







【セミナー情報】
2018年12月13日(木)開催


2018年12月26日(水)開催



商品先物 ブログランキングへ

前月比+2

2018-12-10 23:16:34 | Weblog

商品先物取引のリスクについて


こんばんは。

前回の私の更新以降、有言実行ということで積みプラモの消化を始めています。
私の腕では組立~気になったところの小改造~塗装までやると
大体1週間に1つくらいのペースになるのですが、まあそもそも趣味ですし、
無理せず楽しくの今のペースがちょうどいいのかななどと考えています。

…考えていたのですが、最近公開された新作のガ○ダム映画を観て
劇中で活躍しているあれやそれやのプラモを買ってしまい、その結果
12月に入ってから作った数:2 に対して、
12月に入ってから買った数:4 となりました。

我が家の在庫、積み増しです!笑


さて、ついつい買ってしまった理由としては、
「映画の出来が良かった」というのがもちろん一番ではありますが、
もう一つ、例の100億円キャンペーンを実施中のQRコード決済を
使ってみたかった、というのもあります。

実際に使ってみたところ操作は予想以上に簡単で、
おそらく二週間後にサンタさんになると思われる
おもちゃを抱えた人達も結構利用しているようでしたが、
皆さんスムーズで特に混乱も起きてなかったように見えました。

今はキャンペーンのインパクトが先行して広がっているように感じるため、
QRコード決済自体が日本で普及するかどうかはわかりませんが、
世界的にキャッシュレス化の波が押し寄せている中、
新しいものに触れてみるのも悪くないように思います。

あ、ちなみに全額キャッシュバックは外れました笑


さてさて、マーケットに目を向けてみますと、先週7日に行われた
OPEC・非OPEC閣僚会議では、来年1月から日量120万バレルの
協調減産を行うことで最終合意となりました。
この発表を受けて先週末の原油市場は急伸、一時は43000円台まで上昇しましたが、
この日は米株相場が大幅続落していたこともあってすぐに押し戻されています。



10月から続く下落が一旦落ち着きを見せ、先週から概ね40000円~43000円付近で
推移している原油市場ですが、ボラティリティの高い値動きが続いていることもあって
今後も目の離せない展開となりそうですね。


本日はOがお届けいたしました。
それではまた。



【キャンペーン情報】







【セミナー情報】
2018年12月13日(木)開催


2018年12月26日(水)開催



商品先物 ブログランキングへ

どんどん広がっていくのか。。。

2018-12-07 19:07:39 | Weblog

商品先物取引のリスクについて


こんにちは。

高輪ゲートウェイ。
最近公表された新駅の名称です。
既にご存知の方は多いかと思います。

高輪ゲートウェイは、JR山手線・京浜東北線の
品川-田町間に新設される駅となり、山手線に新駅が
開設されるのは、1971年開業の西日暮里駅以来、
同路線では30番目の駅となるそうです。

因みに駅名は一般公募が行われたそうで、
「高輪ゲートウェイが1位?」と思いましたが、
トップは「高輪」だったそうで、
「高輪ゲートウェイ」は130位だとか。。。

JR東日本によると、選定理由として、同エリアが
旧東海道としてにぎわいを見せていたこと、
明治時代には鉄道が開通したエリアであることなど
歴史的背景を挙げています。
今後も未来を切り開く交流拠点として、多くの人々を
つなぐ駅になるよう願いを込めたそうです。

現在の山手線の駅名は全て漢字ですので、
新駅として、横文字名称は異彩を放っているいるように思いますが、
逆にインパクトがあり覚えやすいかという解釈もできますね。

また、東京メトロも日比谷線の新駅として「虎ノ門ヒルズ」を
公表しました。
こちらは「虎ノ門ヒルズ」直結の駅ということでしっくりきますね。

平成になって開業した駅名は、「地名+カタカナ」表記が
多く見受けられますが、これも時代の流れで、
どんどん広がっていくのでしょうか。



さて、商品相場ですが、ここ最近になって、
連日、金、白金の逆転価格差が広がっています。
更に白金、パラジウムの逆転価格差も過去最大となっております。

白金-金鞘チャート(日足)


白金-パラジウム鞘チャート(日足)



ここで、「逆転価格差」と記載しましたが、
従来は白金価格は希少価値が高いことから、長年にわたり
金やパラジウムよりも価格が高い傾向にありましたが、
ここ最近になって、白金価格の低迷から、金、パラジウムとの
価格差が顕著になっております。

パラジウムは主にガソリン車の触媒に使う貴金属で、
白金やアルミニウムの副産物であるため、鉱山は急な増産ができず
生産量は頭打ちとなっていることや、需要面においては、
新興国を中心に自動車販売が伸び、触媒向け需要がこの10年で2倍に
膨らんでいることや、欧州を中心とした脱ディーゼルの流れが
パラジウム高を後押しした側面もあります。

こうした現物の供給不足懸念の強まりと堅調な需要で、10月以降
NYパラジウムは高値を更新し続けいております。

NY金、NY白金、NYパラジウム(月足)チャート


弊社のホームページに金と白金、白金とパラジウム等
価格連動性のある2つの商品の価格差についてまとめた
コンテンツとして、鞘取り市況情報を掲載しております。

鞘取り市況情報はこちら

また、商品先物取引ではこうした価格差を利用した
「鞘取り」という取引手法がございます。

鞘取りの基礎知識はこちら


更に金と白金、白金とパラジウムで、「売り」と「買い」の建玉を
持った場合、SPAN証拠金の下では商品間スプレッド割引額が適用され、
通常の取引に係る証拠金よりも少ない証拠金で取引可能となります。
例えば、
金1枚(売り)と白金2枚(買い)を保有した場合の、
必要証拠金は65,340円となります。

白金1枚(売り)とパラジウム1枚(買い)を保有した場合の
必要証拠金は59,450円となります。

※商品間スプレッド割引額が適用されないと、上記の組み合わせの
 必要証拠金はそれぞれ198,000円、145,000円となります。


価格連動性のある2商品の「売り」と「買い」を同時に
持つことになるので、1銘柄を「売り」又は「買い」のみの
どちらか一方のポジションを保有した場合に比べると、
リスクもリターンも抑えられるいわゆる
「ミドルリスク・ミドルリターン」の投資手法となりますので、
検討してみては如何でしょうか。


最後に本日は22時30分に米11月の雇用統計の発表がございますので、
ご注目ください。
前回の結果と今回の予想値は以下の通りです。

非農業部門雇用者数変化-11月【前回:25.0万人 予想:20.0万人】
失業率-11月        【前回:3.7% 予想:3.7%】

また、米雇用統計発表時におきまして、実際に相場がどのような
動きとなったのか、その模様を東京金とドル円に絞って解説した
ページをホームページ上に公開しておりますので、こちらも
ご確認頂ければと思います。

詳細はこちら


本日はG・Mがお届けいたしました。
では、マタ。


【キャンペーン情報】







【セミナー情報】
2018年12月13日(木)開催


2018年12月26日(水)開催



商品先物 ブログランキングへ

7日もOPEC加盟国とロシアなどの非加盟国の会合に注目

2018-12-07 03:15:41 | お知らせ

商品先物取引のリスクについて



こんばんは。
Mです。

6日の注目はやはり石油関連銘柄であったと思います。
6日にオーストリアのウィーンでOPEC総会が開催され、
夜間立会中の石油関連銘柄は乱高下となりました。

------------------------------
東京原油 5分足。


東京原油は、夜間開始早々に日中終値41760円から42520円の
760円の上昇しましたが、そこからわずか約3時間で2520円もの
大幅下落を演じて40000円を付けました。
さらに、そこから急反発して一時41380円まで回復しました。

------------------------------

今回のOPEC総会では減産に合意となった模様で、来年1月から実施
する見込みです。ただ、減産量等の詳細は決まっていないとのこと。
6日のOPEC総会に続き、7日もOPEC加盟国とロシア等のOPEC非加盟国に
よる会合が開かれ、協調減産が合意するとみられておりますが、
その減産量の動向に神経質な動きが続くかもしれません。

尚、ロシアは減産の用意があると表明しておりますが、
寒冷地であるロシアでは、冬季に原油の生産を停止すると、
パイプライン内で原油が固まってしまう恐れがあるため、
冬季の減産が難しいといった事情があり、どの程度の
減産をロシアが受け入れるのか注目されています。

それでは、また。

【キャンペーン情報】







【セミナー情報】
2018年12月13日(木)開催


2018年12月26日(水)開催



商品先物 ブログランキングへ

年末恒例?のお話

2018-12-05 17:44:56 | お知らせ

商品先物取引のリスクについて


こんにちはG3です。
12月とは思えない暑さが続いておりますが、
明日からようやく冬の寒さとなるようですね。

さて、2018年も残すところ1ヶ月を切りましたので、
年末恒例となりました【(個人向けの)確定申告】について書きたいと思います。


まずは、前提のお話。

2018年1月から12月末までの取引の合計で利益が出た場合、
その利益に対して税率20%(所得税15%、住民税5%)と、
復興特別所得税として所得税の額に2.1%を乗じた金額を納める必要があります。

また、2019年の確定申告の時期は、
2019年2月18日(月)から3月15日(金)です。


ここでポイントなのが、「利益が出た場合」というところ。
逆を言えば、(当たり前ですが)損失となった場合は税金がかかりません。

2018年1月から2018年12月末に建玉を決済する事により発生した実損益が、
2019年に確定申告する対象となります。

2018年に新規建玉を行っても、未決済のまま建玉を維持し、
2019年を迎えた場合は考慮されません。
(2019年に決済したものは2020年に申告します。)

※オプション取引は、売買が成立する毎に
 プレミアムの受払いがなされるため、その都度実損益として計上されます。



この為、以下2つ両方とも当てはまる方は特にご注意頂ければと思います。

①2018年の取引で、現在までに利益が出ている方
②値洗い損を抱えた建玉をお持ちのまま、翌年に持ち越しそうな方


まず、②でそのまま建玉を維持したまま新年を迎えると、
①の利益分に対して確定申告をしなければなりません。

⇒つまり、②の値洗いのマイナス分は一切考慮されません!!


しかし、②を本年中に決済しておけば、①の利益分と相殺することができます。
それにより支払う税金が安くなるため、税金に限って言えばお得になります。




尚、上記は相場変動を無視した税金にのみ焦点をあてた話になります。
上記①と②に当てはまるお客様でも、
今後相場が好転すると見込んでいる場合は、建玉を維持するという判断も当然ありです。

また、一度②の建玉を決済して①の利益分を相殺させた後、
すぐに建玉を持ち直すという方法もあります。
ただこの方法は、売買枚数が増えることにより手数料が多くかかることになりますから、
税金の減額分だけでなく、増える手数料分をあらかじめ考慮しておかなければなりません。

※年間の損益が損失であった場合も、
 損失の金額は、翌年以降3年間にわたって商品先物取引による所得の金額から
 繰越控除することができますので、確定申告することをお奨めいたします。
税金に関する詳細はこちら

これから年末にかけてどの建玉を決済するか、
もしくは翌年に持ち越すか、作戦を練ってみては如何でしょうか。


それではマタ!!


【キャンペーン情報】







【セミナー情報】
2018年12月13日(木)開催


2018年12月26日(水)開催



商品先物 ブログランキングへ

気温も相場も大きな変動にはご注意を

2018-12-04 21:44:24 | Weblog

商品先物取引のリスクについて




こんばんは、DNです。

今日はホントに12月なのか?という程、暖かい日となりました。
今週は夜勤勤務の為、日中の気温を実際に外で感じることは
あまりありませんが、出社時の19時頃でもコート不要の暖かさで
通勤中にすれ違った外国人観光客の方の中には、なんとタンクトップ
の方もいらっしゃいました。(流石に寒くないのか?と心配になりましたが。。)

全国的にも暖かいを通り越して暑い気温だったようですが、
それもそのはず、師走史上1位の暑さを多くの観測地点で記録したそうです。
本州では九州地方で軒並み25度以上の夏日を観測するところが多く、
さらに沖縄では30度弱と真夏日一歩手前の暑さになるなど、まるで
泳げるような暑さになったようです。

前回の当ブログでは北海道で記録的な遅い初雪であったことを触れましたが、
どうも私の担当する日は天候や気温などで記録的な日になることが多いように思いますが、
気のせいでしょうか。。。?

ただ、季節外れの陽気も本日がピークの予想らしく、
明日もまだ暖かさは残るものの北海道から北陸にかけて気温が低下していき、
全国的に週末には師走らしい厳しい寒さが戻ってくるようです。

寒暖の差が異常に激しい一週間となりそうなので、体調管理には
引き続き十分ご注意ください。


さて、気温と同じく商品銘柄で今一番変動が大きいのは原油ではないでしょうか。

東京原油 日足チャート


世界的な原油の供給過剰懸念や産油国の減産案に懐疑的な見方から、
10月の高値から下落し続けた相場でしたが、先週末のG20の際に開かれた
米中首脳会談により貿易戦争が一時停戦で合意されたことや、ロシアが
OPEC加盟国の減産案に同意するなど、今月に入って相場の潮流に変化が見られております。

ただ、OPEC加盟国のカタールが来年1月にOPECから脱退することを表明する等、
OPEC諸国の結束は一枚岩ではないようで、協調減産の実効性に懐疑的な見方も
依然として残っているようです。
12月6日開催予定のOPEC総会の内容には注目です。

それでは、また。



【キャンペーン情報】







【セミナー情報】
2018年12月13日(木)開催


2018年12月26日(水)開催



商品先物 ブログランキングへ