はらちゃんのロケハン日記

札幌西区のカメラマンのはらちゃんこの街が大好きです。
ロケーションシーズン真っ盛りです!!

はらちゃんのおしごと(しあげのこだわり編)

2019-11-03 09:11:13 | 原スタジオの使い方

え〜最近思うこと(今回長文になりそう、読まなくてもいいかも)

「写真屋」ってなんだ?って思っている人いっぱいいるんじゃないかな〜ってこと。

だってタクシーに乗った時や、知らない人と名刺交換した時などよく言われる言葉があります。

「最近は自分で簡単に写真が撮れるから大変ですよね」

うん。

どんな仕事も楽じゃないよね〜

昔からの写真屋さんは後継者不足でどんどん無くなっている。

自分でも絶滅危惧種だと思ってるよ(笑)

特にわたしの写真の作り方ちょっとやっている人ほとんどいなくなりました。

まず心意気。

「本物の百年持つ銀塩写真を提供すること」

「自分のイメージどおりの作品に仕上げること」

「手抜きはしない」

これねやってみるとけっこう大変(-_-)

まず本物の銀塩写真を仕上げる方法はふたつ。

・プロラボにお願いする

・自家現像機を設置する


○プロラボにお願いするメリット・デメリットあります。

 

メリット

まず楽。

人任せにできるので時間がかかりません。

相手がプロなのでそこそこの出来上がりが期待できる。

出来映えが悪いと人のせいにできる(--;

 

デメリット

まず、北海道のプロラボは現在たぶん2社、後は東京のプロラボを利用するしかない。

どちらも仕上がりに時間がかかります。

さらにラボマン(現地で現像機を動かしている人)のスキルによって出来映えが変わる。

当然発送費もかかるので1枚の写真の価格がお高い。

 

○自家現像機を設置するメリット・デメリット

 

メリット

自分の思い通りの写真づくりが楽しめる。

すぐにプリントできるので写真がすぐ見れて作品に反映できる。

 

デメリット

自分の機械なので自分でメンテナンスする必要があるなど手間がめちゃかかる。

故障した時プリントができなくなる(すごく困る)

現像機のお値段が高い(毎月の支払いが大変)

どれくらいのお値段だと思います〜?

約2000万円!

 

で、はらちゃんはどっちかというと〜〜〜

じゃ〜ん!マイマシン約2000万円!!

 

学校写真をやっているとかDPEをやっているお店ならこれの小さい現像機を持っているお店はあるかと思いますが

オーナーカメラマンひとりでこの機械使っている店はたぶん日本でもいないかもしれない。

 

でもね。

ここがこだわり。

わたしにとって自分の写真はひとつの「作品」なんです。

絵画で言うとカメラは「筆」でパソコンが「パレット」現像機は「キャンバス」かな〜。

持論ですが自分で仕上げないと「作品」にはなりませんよね。

 

はらちゃん

コメント

お久しぶ〜り〜ねぇ♪

2019-10-13 16:42:22 | 写真

う〜ん。

はらちゃんもまるも元気です!

なんと・・・

まる気づいたら6歳になってました!

お〜まる〜大きくなって・・・ません(^_^;

それより柴犬は6歳でシニア犬なんだって!

まるシニア犬になりました!!

じじい!!まる(怒)

しかし、シニア犬になってから10年くらい生きるということなのですが・・・

どういうこと???

じじい時代が長すぎる(笑)

 

はらちゃん

 

もうさ〜ツイッターやらLINEやらfacebookやらinstgramやらいろいろ始めちゃって

ブログの棲み分け位置がわからなくなっちゃってました〜

まじめなこととふざけたこと、思ったこといろいろ書いてみたいと思います〜

 

 

コメント

終了

2018-05-26 16:20:50 | 写真

ちょっと前ですが富士フイルムから発表があり、モノクロフィルムと印画紙の生産が終了しました。

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1115761.html

これで日本製のモノクロが絶滅となります。

悲しいかい、まる。

そうでもなさそうだね〜(笑)

 

前にも書きましたが、これからモノクロやるぞ〜と言っていたはらちゃん。

https://blog.goo.ne.jp/harastudio/2

 

実はフィルム・印画紙とも買いだめしてあります(ニヤリ)

 

さあ、始めますよ〜〜

 

はらちゃん

コメント

YAMAHA touring serow250(2013)ちょい改造

2018-05-03 09:53:42 | 趣味

はらちゃんが所有しているバイクYAMAHA  touring serow250(2013)

昨年排ガス規制対応により生産中止となりました(T_T)

でもこのヤマハセロー知る人ぞ知る人気車でして規制対応車が再販されることが決まっております。

serowとは「カモシカ」とのことらしいのですがググってみると

ん〜〜なんか想像と違う(-_-)

かわいくない。

 

で、本題。

セローが新しくなると言うことは、現行セローが旧車になるということ、

所有者としては悲しいことですがそんなことはいつでもつきまとうこと。

それよりも問題はいろいろなアクセサリー類が手に入らなくなる可能性があるんです。

 

そこで前から考えていた改造。

といってもごく一般的なマフラー交換ですが・・・

SP忠夫のマフラー交換しました!

マフラーだけではなくエキゾーストパイプも交換!

これこれ

エキゾーストパイプに付いているPOWER BOXが特徴。

 

まず取り付けてみてエンジンをかけてみると音が変わりました。

ノーマルが「ととと・・・」だったのが「どどど・・・」とちょっと低音が強くなりました。

まあもともと音はうるさくないバイクなのでほぼ気づかないかも。

 

で実際走ってみると!!

これはまるが走っているところ・・・じゃなくて

 

セロー生まれ変わりました!

単気筒エンジンだけにマフラー交換の効果は絶大です!!

トルクが太くなり、今までがんばって車についていく感じでしたが、楽についていけます。

もともと18馬力しかないセロー250

ちなみに他の250ccバイクは現在30馬力程度が普通、1980年代の250ccは45馬力ありました。

 

セローは、はっきり言って非力ですが車重が軽くトルクがそれなりにあり粘るエンジン

それがひとまわりトルクが増えた感じ、エンジンの回転も軽くなったようです。

これはいいわ〜〜〜(^^)

 

ま、すぐに慣れてしまうんですが。

 

はらちゃん

 

 

コメント

最近のこと

2018-04-30 09:42:02 | ロケハン

先週の水曜日に植えた家庭菜園のきゅうりの苗。

脱落(T_T)

原因としては風よけのビニールが接触してたからかなー風強かったからなー(T_T)



見づらいとは思いますが原スタジオの桜、満開です(笑)

樹木も芽吹いてきました。


ロケ地の桜は〜〜

 


シャキーン(`・ω・´)


 

昨日の気温が高かったのでソメイヨシノは満開となりました、絶好のロケーション日和です。

今日の札幌の気温は最高気温24度。

気温が高いとすぐに桜は散ってしまいますオーマイガー(>_<)


ソメイヨシノの花で撮影したい方は大至急ご連絡ください!


はらちゃん

コメント