広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2014-04-10 | Weblog
昨年の今頃はこんなことを書いていた・・・ 果たしてなにが実ることやら。 . . . 本文を読む
コメント

インフレーション理論が実験的サポートを強化したらしい?

2014-03-22 | 自然科学
佐藤勝彦先生の講義でもらった優は、ラッキーだった。 . . . 本文を読む
コメント

edXの英文ライティングとパブリックスピーキングを受講中 課題のために何をする?

2014-02-24 | 自然科学
主張をしっかりと書いたり口頭で表現するには、 スタイル、伝え方、感情やストーリーも大事だけど、 一番手薄になりがちなのが、裏づけ、証拠(セールスマン、ビジネスマンに多い傾向)。 科学に対する熱意は、日本では、宗教に対するよりも熱意としてはちょっと薄いかな? と思うのは私だけの勘違いだろうか? 日本の場合、科学というよりも、科学技術→科学とみなされているように感じてならないので、それを仮説とし、 西欧で神と科学のコントラストが目立つ一方で、日本では神々は八百万にやどるものであり、特に肯定も否定もしないところがある、 この傾向を導くさらにその奥にひそむ心理的文化的傾向を抽出してみたいとおもった。 科学者でも一流の科学技術者でも無い私ではあるが、 自分のモチベーションを含めた自己分析を行う目的で、結果としての成果を課題エッセイとインフォーマティブスピーチの内容としたい。 そのため、ネット検索でデータを収集しながら考えて行こうと思う。 . . . 本文を読む
コメント

ドラムの練習を始める件

2013-11-10 | ジャズ・フュージョン
脂肪肝だという健康診断結果がでたので・・・・運動して5kg体重を落とすこともあり、ドラムをもっと運動に使いたいと思います! . . . 本文を読む
コメント

お盆やすみ

2013-08-14 | たわごと
帰省しそこね、街をふらついたり、部屋でゆっくりと過ごしています。 再来週の金曜日は、母の人工肛門が外れる手術と、ちょっと大掛かりな手術とで帰省よて。 . . . 本文を読む
コメント

昨日まで母と妹の引越し手伝いで、明日が自分の引越し

2013-04-29 | Weblog
刈谷のアパートを退出しなくては。 . . . 本文を読む
コメント

今週末に刈谷を退出

2013-04-24 | Weblog
月始めに神奈川のマンションに再入居というか、帰宅。 長期出張期間、9ヶ月余りとなりました。 その前に、 27日は母の前の家の引渡し作業に小松市へ。 そのあと、舞い戻って、梱包&搬出作業・・・ . . . 本文を読む
コメント

神奈川に戻る予定

2013-04-10 | Weblog
母が月末までに退院。 私もそれに合わせる感じで、転職先を決めました。 . . . 本文を読む
コメント

来週は母の手術

2013-03-08 | Weblog
地方に妹達と住む母が入院中。 腫瘍の摘出のため、来週手術です。 当日のバスを予約しなくては。 . . . 本文を読む
コメント

超久しぶり、に母に会いに行く。

2012-12-28 | Weblog
今日から10日間、冬休み。すっかりFaceBookしていて、こちらに投稿をサボっていた。。。PCが壊れているままなのも理由。。。 . . . 本文を読む
コメント

一年前の記事の感想

2012-10-06 | 自然科学
半導体は汎用化? I don't know. . . . 本文を読む
コメント

夜が明けたら引越し

2012-07-15 | Weblog
神奈川県から愛知県に転勤 . . . 本文を読む
コメント

FRANCO MALOBERTI氏の新著 

2012-06-10 | 受験・学習ノウハウ
これまでトップダウンアプローチの回路設計の教科書がなかった。 彼の新著は、その要求を満たしてくれる。 . . . 本文を読む
コメント

学コン 6月号 

2012-06-07 | 受験・学習ノウハウ
雑誌の添削問題を解いて、如何に入試の時間内で問題を解くかを研究するのに役立てると良いと思うのが月刊誌「大学への数学」の学力コンテスト通称学コン。 年末になるほど難易度が上がるので、この頃のものはまだ短い時間で解答方針の立つものが多いと思います。 是非受験勉強に取り入れてみましょう。 . . . 本文を読む
コメント

映画「オーロラの彼方に・・・」だったっけ?!

2012-06-05 | 自然科学
消防士の父を事故で亡くしたため、とても貧乏な暮らしを送ることになり、 ぱっとしない人生になっていた青年が、ある日自宅の奥で、古い無線機を発見。 それを修理してみると・・・・生前の父と時空を超えて無線通信ができた。 . . . 本文を読む
コメント