私、水廼舎學人です

久保憲一のプライベートな世界。なんでもありです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

神道についてのフランス人記者の目

2007年05月30日 | フランス分祀社「和光神社」
フランス分祠社の奉祝祭と地鎮祭、それぞれがフランスの新聞に掲載されました。 フランス人記者のかなり正確な神道観に正直驚かされます。 . . . 本文を読む
コメント

お爺ちゃんは神主さんー京都北山細野の神主ー九頭神社宮司 中村重行

2007年05月28日 | 
神主のお爺ちゃんが孫に贈る神道についてのお話。 京都北山細野・九頭神社宮司 中村重行さん 手作りの、珠玉冊子で。何よりも孫への愛情に満ちあふれていて、感動です。 . . . 本文を読む
コメント

大好評につき、再放送決定◇天使の詩~娘からの贈り物

2007年05月25日 | 行事
5/27(日) 21:55~22:24 三重テレビ◇天使の詩~娘からの贈り物 愛知県でも見られるそうです。 . . . 本文を読む
コメント (1)

春日大社へのお水送りは6月11日

2007年05月23日 | お知らせ
今年の春日大社へのお水送りは6月11日(春日大社旬祭)です。 . . . 本文を読む
コメント

神社に残る最も古い棟札

2007年05月22日 | 神社
水屋神社に残る最も古い棟札です。 「大和州阿伽桶庄宮奉加造営之事 願主 太夫三郎国重 大工 紀内太夫 文中二年 癸丑九月初八日」 . . . 本文を読む
コメント

水屋神社のことをを取り上げてくれた本、二冊

2007年05月21日 | マス・ミニコミなど
山下久美子著「ある愛の詩」と越智啓子著「人生のよろこび あなたが輝く魔法のパワー」。 この二冊は水屋神社を全国の人に知らせてくれました。 これらの本を通じ、参拝客が全国に拡大したように思われます。厚く感謝いたします。 http://www.keiko-mental-clinic.jp/memory/060122_mie/ . . . 本文を読む
コメント

第62回御遷宮御木曳に参加しました

2007年05月20日 | フォト
もう日付が変わってしまいました。昨日、水屋神社は御木曳に参加しました。 「伊勢撫子」 外宮の盆栽展から . . . 本文を読む
コメント

礫石とその碑

2007年05月18日 | 郷土
三重県観光連盟が「三重のむかしばなし」で当社をめぐる昔話を「礫石とその碑」というタイトルで現在、動画配信してくれています。ご覧下さい。 . . . 本文を読む
コメント

境内で漂っていると‥‥‥昨日の出来事

2007年05月17日 | フォト
わたしはよく神社境内でアメンボのように漂っています。すると思いがけない方々とお会いすることがあります。 . . . 本文を読む
コメント (1)

姪の絵本がおかげさまで三刷に。

2007年05月15日 | 
亡き娘“遺作”を出版  津市半田の宮崎さん家族 “生”を感じる温かな内容で大きな反響  二十三歳で亡くなった津市半田、宮崎ちなつさんが、生前に描いた絵本「その日心に決めました~大きなのっぽの木のおはなし」が出版され、“生”を感じる温かな内容が反響を呼んでいる。  ちなつさんは、中学時代にバスケットボールを始め、特待生として岐阜県の高校へ進学。インターハイにも出場する有力選手だった。立命館大学に入学後、心を患って統合失調症を発症。その後、電車の接触事故で亡くなった。  本は母親・和子さん(50)の実家がある松阪市飯高町、水屋神社の樹齢千年以上のクスノキがモデル。大学休学中に数週間過ごした。大きな木と、そこに集まる人や動物との交流を描いた。  最後のページを家族全員で仕上げており、「皆に幸せになってもらいたいと思っていた子。肉体はなくなったが、娘の生きざまや願いが凝縮されています」と和子さんは話していた。  千五百七十五円。県内の主要書店で取り扱っている。 東海けいざい新聞より . . . 本文を読む
コメント

コンピュータで描かれた水屋神社

2007年05月14日 | フォト
一枚一枚の落ち葉まで詳細に描かれている。故郷に帰省した青年であろうか。鎮守の杜のムササビとの間に会話が交わされているように思える。  平成12年、津市在住・野田博則氏画 . . . 本文を読む
コメント

彗星探索家 木内鶴彦講演会

2007年05月12日 | 日々是好日
遠い記憶のなかにかつて人間が、自然と折り合って生きていたことがあったことを、我々は思い出したいー宇宙の記憶 本文抜粋ー . . . 本文を読む
コメント

フラメンコ奉納

2007年05月10日 | 行事
5月1日 水屋神報179号でお知らせしたように日野道生さん、加藤直敬さん、川本典子さんらによってフラメンコが奉納されました。 . . . 本文を読む
コメント

水屋神報 第一八〇号 エーゲ海の島において神道とユダヤ教の合同結婚式 

2007年05月09日 | 水屋神報
この六月三十日、ギリシャのエーゲ海のスペッツェス島において日本人を母にもつ新婦とユダヤ人の新郎の結婚式を執り行うことになりました。 神道とユダヤ教のコラボ(合同)結婚式です。 . . . 本文を読む
コメント (1)

水屋神報第 一七九号 融快・融仙師の夢 ー水屋神社の分祀社「和光神社」の将来

2007年05月09日 | 水屋神報
融快師は、和光神社と光明院の関係を春日大社と興福寺のような緊密な関係にしたい、神社としてさらに整備したいと熱っぽく語られています。 祝詞殿、拝殿、神饌殿、祭具殿、太鼓橋なども徐々に増設したいとも言われています。 . . . 本文を読む
コメント