家具修理&リメイクの、京都・宇治【家具クリニック】のブログ

京都府宇治市、家具修理専門工房【家具クリニック】から、家具修理・リメイクをご紹介します

椅子の中身を見てみよう!「バネ仕様編」

2018年04月19日 | 修理、リメイク関連
工場見学ツアーイベント開催
突然ですが、5/19(土)・20(日)にfinger marksにて春のイベント「工場大開放Festival」を開催します!
詳しくはこちら>>>

イベントでは、初の試みとなる「ものづくり体験付き!工場見学ツアー」をはじめ、
前回好評だった「家具の修理&リメイク相談会」も開催。

そして相談会では、イベント期間中のみ、なんと在庫張地を無料でご提供!
椅子の張り替えをご検討中の方必見です!

また、椅子の張り替えをその場でご成約いただいたお客さまには、
ご希望の場合、職人がその場で椅子の座面をはがして中身をご覧いただくこともできます。
”長年使ってきた自分の椅子の中身を見る”、滅多にないチャンスです!
さらに「自分ではがしてみたい!」という方は、『座面はがし体験』も可能ですよ。


そんなわけで今回は、一足先に、椅子の中身をご覧いただこうと思います。
今回ご紹介するのは、最近張り替えなど修理のご依頼が多い、「バネ仕様」の椅子。
 
 
バネ(スプリング)椅子の修理
左が修理前、右が修理後。
バネ仕様の椅子は、こんもりと盛り上がった高さのたっぷりとある座面が特徴ですが、
修理前の座面は、盛り上がりのラインがいびつになってしまっています。
 
 
バネ(スプリング)椅子の修理
一番上の紺色の生地と、「土手」と呼ばれる”縁”をはがしたところ。
麻布の下にバネが隠れているのが見えます。
 
 
バネ(スプリング)椅子の修理
麻布をはがすと、バネが姿を現しました。
バネは「バラバネ」と呼ばれる、バネがひとつひとつ単体で独立しているタイプのもの。
いくつかのバネがセットになって周りが針金で固定された「セットスプリング」というものもあります。

椅子の座面をバネで張る技法は18世紀末期にヨーロッパで生まれ、
その後改良や工夫が重ねられたといわれています。

座面がいびつにへたっていたのは、中身のバネが折れていたのと、
バネを固定している「バネ糸」が劣化により切れてしまい、バネが正しい位置に収まっていなかったことが原因とのこと。
 
 
バネ(スプリング)椅子の修理
古いバネ糸を外し、バネとその下の麻テープも取り除き、
新しい麻テープに張り替えました。
 
 
バネ(スプリング)椅子の修理
麻テープの上にバネを置く位置を決めます。
上から力が加えられていない状態のバネって、こんなに高さがあるのですね・・!

今回の椅子のバネは4つ。
バネの数は、椅子の大きさや、座り心地をどんなふうにするかによっても変わるそうです。
 
 
バネ(スプリング)椅子の修理
椅子張り歴45年の大ベテラン職人タカイが、工場一の若手職人ウエシマに、熟練の技を伝承中。
数えきれないほどの古い椅子を修理してきたタカイの知識と技が、次世代にもきちんと受け継がれていくことで、
この先もまたずっと、どんな家具も修理し続けることができます。
 
 
バネ(スプリング)椅子の修理
バネ糸でバネを固定したところ。
蜘蛛の巣のように張られたバネ糸は、ラミシンという素材でできた太めの糸を5本撚ってつくられた丈夫なもの。
表面にはすべりをよくするためにロウが塗られているそうです。

頑丈で弾力のあるバネに強固な糸をかけていく作業はとても力が必要で、
若く体力もじゅうぶんなウエシマでも苦労する作業だそうです。
 
 
バネ(スプリング)椅子の修理
バネの上に、麻布を張り、
 
 
バネ(スプリング)椅子の修理
「土手」と呼ばれる縁を取り付けたところ。
 
 
バネ(スプリング)椅子の修理
土手もボロボロだったので、中身の藁も新しいもので作り直しました。
土手は、麻布で藁を巻いて作ります。
椅子張り場に藁。
初めて見たときは牧歌的な光景にびっくりしましたが、今ではすっかり見慣れた光景です。
 
 
バネ(スプリング)椅子の修理
ここからは、「いかにお尻へのバネの当たり具合を和らげられるか」が問われる作業。
まず麻布の上に、チップウレタンと呼ばれる硬めのウレタンを張り、
 
 
バネ(スプリング)椅子の修理
その上に、やわらかく粘りのあるウレタンを張ります。
2種類のウレタンを重ねることで、お尻をやわらかく受け止めつつ、沈み込みすぎない絶妙な座り心地に仕上がります。
 
 
バネ(スプリング)椅子の修理
そして最後に生地を張り、縁に連鋲をずらりと打って、ようやく完成です!
 
 
実は中にいろんなものが詰まっていた、バネ仕様の椅子、いかがでしたか?
バネの耐久性はだいたい40年といわれていて、30年ほど経った頃からだんだんとバネが柔らかくなってくるのだとか。
高度な職人技が求められる、バネ仕様の椅子。
最近はほとんどなくなりましたが、まだ一部の高級な椅子では使われているのだそうです。
 
 
中身を知ることで、よりいっそう椅子への愛情が深まるかもしれません。
「ちょうど張り替えたい椅子がある、椅子の中身が見てみたい!」
という方は、ぜひ来月のイベントにてご相談くださいね!

イベントの詳細はこちら>>>
 
 
家具の修理・リメイクなら
「家具クリニック」
http://kaguclinic.net

おしゃれで上質なオリジナル家具やオーダー家具なら
「finger marks」
http://fingermarks.net
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

首の折れた龍の置物の修理

2018年03月26日 | 修理、リメイク関連
木彫りの置物の修理
椅子の修理のご相談の際に「これも直せますか?」と尋ねられた、木彫りの龍の置物。

お孫さんが倒してしまった際に、龍の首が折れてしまったのだそうです。
幸い怪我はなかったそうですが、とてもびっくりされたことでしょう・・・
 
 
木彫りの置物の修理
そんなわけで、椅子とあわせて、龍の置物もお預かりすることになりました。
 
 
木彫りの置物の修理
まずは木工部門。
折れてしまった首の部分にダボを2本入れ、ボンドで圧着。
 
 
木彫りの置物の修理
それだけでも強度はじゅうぶんなのだそうですが、念のため龍のお腹あたりから斜め上に向けてビスを1本入れ、さらに強度を増しました。
 
 
続いては、塗装部門。
倒した際に生じた木部の欠けや、継ぎ目の線を目立たなくしていきます。
木彫りの置物の修理
龍の首の継ぎ目の大きめの欠け部分は、パテで埋めます。
 
 
木彫りの置物の修理
使用したパテがこちら。お菓子のコロンみたい!
このパテは手でこねこねして使う、粘土みたいな手ざわりのもの。
中心部の白い硬化剤と周りの主剤を混ぜ、しばらく経つと硬化し始めます。
粘土のような固体なので、あまり狭すぎる隙間には充填できないため、主に大きめの欠けや凹みを埋めるために使うのだそうです。
 
 
木彫りの置物の修理
木彫りの置物の修理
そして、このような継ぎ目の細い線やこまかな傷跡を埋める際に使うのが、
 
 
木彫りの置物の修理
熱で溶けるパテ。
小さく狭い隙間には、熱で液状に溶かしたパテを流し込み、充填します。
 
 
木彫りの置物の修理
埋めたパテが完全に硬化したら、表面を彫刻刀で削り、元の細工を再現。
 
 
木彫りの置物の修理
そして、周囲に調和するよう小筆で色を重ねていきます。
 
 
木彫りの置物の修理
ようやく完成です!
 
 
木彫りの置物の修理
龍の首もしっかりとつながり、傷跡も目立たなく仕上がりました。
 
 
木彫りの置物の修理
お腹部分のビス跡もきれいに隠れています。
 
 
躍動感あふれる立派な龍の置物。
元気に舞う龍の姿が蘇り、ホッとされていれば良いなと思います。

家具クリニックでは、家具に限らず、さまざまなものの修理も承っています。
お困りのものがあれば、修理が可能かどうかお答えしますので、ぜひ一度ご相談くださいね。
 
 
家具の修理・リメイクなら
「家具クリニック」
http://kaguclinic.net

おしゃれで上質なオリジナル家具やオーダー家具なら
「finger marks」
http://fingermarks.net
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アイアン脚ベンチのオーダー製作

2018年02月20日 | オリジナル(家具)関連
おしゃれなアイアン脚ベンチとダイニングテーブル
先日、別注オーダーをいただき製作させていただいた、アイアン脚のベンチ。
すらりとしたコの字型の白いアイアン脚に、座面はオイル仕上げのオーク無垢材というデザイン。
 
 
おしゃれなアイアン脚ベンチとダイニングテーブル
なんと、finger marksオリジナルのダイニングテーブル、「journey」にそっくりなんです!
(写真上が今回お作りしたベンチ、下がjourneyテーブル)

実は、以前journeyテーブルをご購入くださったお客さまから「同じようなベンチが欲しい」とのオーダーをいただき、
デザイナー・岡野が製作したのでした。
 
 
おしゃれなアイアン脚ベンチ
31mm角のアイアン脚はすっきりと細く、白い色も相まって、とても軽やかな印象。
 
 
おしゃれなアイアン脚ベンチ
そして、よくよく見ると、アイアン脚の角にはほんの少しのアールが。
かっちりと角張った角ではなく、わずかに角を落としているおかげで、アイアン脚の手ざわりも随分とやわらかになっています。
 
 
おしゃれなアイアン脚ベンチ
座面が木なので、座るためのベンチとしてだけではなく、物を置いたり飾ったりするのにもお使いいただけますね。
 
 
最近、ベンチのお問い合わせが増えてきていますが、
finger marksではこんな風にお客さまのご希望に合わせてオーダーでお作りもできます。
ベンチをお探しの方は、ぜひ一度お問い合わせくださいね。
 
 
おしゃれなアイアン脚ダイニングテーブル
ダイニングテーブル「journey」はこちら>>>
 
 
おしゃれで上質なオリジナル家具やオーダー家具なら
「finger marks」
http://fingermarks.net

家具の修理・リメイクなら
「家具クリニック」
http://kaguclinic.net
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界に一つだけ。こんなスツールも作れます

2018年02月02日 | オリジナル(家具)関連
おしゃれなスツール

こちらはfinger marksオリジナルの新作スツール、「Y3 stool」。
脚先に向かって丸みを帯びながらすーっと細くなってゆく3本脚と、
独特の形状をした「貫(ヌキ)」が特徴的なスツールです。

実はこのスツール、ちょっと特別な一脚なのです。
フレームはチェリー無垢材なのですが、
 
 
おしゃれなスツール
座面が目玉のおやじ風。
これ、何だかわかりますか??
 
 
クリーマクラフトパーティ2018終了しました
そう、我らがfinger marksのロゴマークなのです!

この特別な座面は、finger marksスタッフ・上田が刺繍を施した生地を張ったもの。
 
 
クリーマクラフトパーティ2018終了しました
先日のクリーマクラフトパーティでの、壁面ディスプレイ用に作ったもののひとつです。
(ちなみに、写真右の女性が上田です)

木工や刺繍をたしなむ、とても器用な上田。
今回も忙しい合間をぬって、刺繍でロゴマークを再現してくれました。
 
 
おしゃれなスツール
濃紺の椅子張り用の生地に、白い刺繍糸でちくちく。
ちいさな輪っかが連なったようなこの刺し方は、「チェーンステッチ」というそうです。
 
 
おしゃれな北欧デザインスツール

おしゃれな北欧デザインスツール
そうして出来上がった刺繍入りの生地を、椅子張り職人・上嶋が座板に張っていきます。
無地の生地とは違い、模様がある生地は歪みが出ないよう、ひときわ慎重さが必要です。
 
 
おしゃれな北欧デザインスツール
こんなふうに、お気に入りの柄の生地や、今回のように刺繍を施した生地などをご用意いただければ、
別注で完全オリジナルのスツールをオーダーいただくことも可能です。

世界に一つだけの、特別なスツール。
ご希望の方は、ぜひお気軽にご相談くださいね!
 
 
おしゃれで上質なオリジナル家具やオーダー家具なら
「finger marks」
http://fingermarks.net

家具の修理・リメイクなら
「家具クリニック」
http://kaguclinic.net
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご自宅の家具を、少しずつ自分好みに

2018年01月29日 | 修理、リメイク関連
カップボードやテーブルやキャビネットの色の塗り替え塗装

カップボードやテーブル、譜面台などの塗り替えのご依頼をいただきました。
 
 
以前、ベンチの張り替えもご依頼くださったことのあるお客さま。
お聞きしたところ、ご自宅の家具を、少しずつ自分好みに入れ替えされている最中とのこと。
 
 
カップボードやテーブルやキャビネットの色の塗り替え塗装
今回お預かりした家具はどれもインターネットで購入されたものだそうで、
シャビーな雰囲気の塗装が施されていました。

それらをお客さまご希望の色に塗り替えるのですが、
まずはもとの塗装を落とさなければいけません。
 
 
カップボードやテーブルやキャビネットの色の塗り替え塗装
広い面はサンダーを使って、
 
 
カップボードやテーブルやキャビネットの色の塗り替え塗装
細かいところは手でペーパーをあてたりしながら。
写真は、装飾部分の古い塗膜が浮いていたのを、細い鑿(ノミ)で剥がしているところ。

「塗り替え」の場合は、粗めのペーパーで傷だけ付けて上から塗装するケースもありますが、
古い塗膜がぺりぺり剥がれてしまうような箇所がある場合は、完全にもとの塗装を落としておくのだそうです。

ちなみに、多田が指にマスキングテープを巻いているのは、指先保護のため。
粗いペーパーを使って削っていると指先がガサガサに荒れてしまうので、
それを防ぐためだそうです。
 
 
カップボードやテーブルやキャビネットの色の塗り替え塗装
カップボードの白い塗装を落としたところ。
白に塗られる前は、こんな姿だったのですね。
 
 
カップボードやテーブルやキャビネットの色の塗り替え塗装
もとの塗装を落としたら、次は塗り替える色を決めます。
色のサンプル帳の中からお客さまに選んでいただいた色をもとに、塗装職人・多田が塗料を調色し、
 
 
カップボードやテーブルやキャビネットの色の塗り替え塗装
今回お客さまのご担当をさせていただいたデザイナー・岡野とチェック。
 
 
カップボードやテーブルやキャビネットの色の塗り替え塗装
こちらはイエローに塗り替えることになった、小さいサイズのカップボード。
刷毛目が出ないように塗料の粘度を調整しながら、丁寧に塗っていきます。
 
 
カップボードやテーブルやキャビネットの色の塗り替え塗装
たくさんの細い棒は、大きいほうのカップボードの扉の、ガラスを内側から押さえるためのパーツ。
ガラスに塗料が付かないように外していたので、このパーツは単独で塗っています。
 
 
カップボードやテーブルやキャビネットの色の塗り替え塗装
写真左から、大きいほうのカップボードの
塗り替え前→もとの塗装を落としたところ→塗り替え後。
 
 
カップボードやテーブルやキャビネットの色の塗り替え塗装
こちらは塗り替え前のカップボード内部。
 
 
カップボードやテーブルやキャビネットの色の塗り替え塗装
内部には、お客さまがご用意された花柄のクロスを貼りました。
鮮やかなブルーと可憐な赤の対比が素敵です!
 
 
カップボードやテーブルやキャビネットの色の塗り替え塗装
側面も、とてもきれいに仕上がりました。
 
 
カップボードやテーブルやキャビネットの色の塗り替え塗装
こちらは、淡いミントグリーンに塗り替えた譜面台。
側面のストライプ柄がアクセントに。
 
 
カップボードやテーブルやキャビネットの色の塗り替え塗装
こちらは、イエローに塗り替えた小さいほうのカップボード。
 
 
カップボードやテーブルやキャビネットの色の塗り替え塗装
塗り替え前のひきだし内部はこんな感じでしたが、
 
 
カップボードやテーブルやキャビネットの色の塗り替え塗装
塗り替え後はひきだしの中もイエローに。
取っ手の装飾部分もすみずみまできれいになりました。
 
 
カップボードやテーブルやキャビネットの色の塗り替え塗装
そしてこちらのテーブルも、イエローに塗り替え。

どれも、こまやかで美しい装飾が施されている分、ペーパーをあててもとの塗装を落とす作業には時間がかかります。
「塗り替え」と言っても、実は「塗る」作業と同じくらい、「落とす」作業にも丁寧な仕事が求められるのですね。

ブルー、イエロー、ミントグリーン。
明るく心が弾むような色ばかりで、どんな素敵なお部屋になるのかつい想像してしまいます!
 
 
『家は生活の宝石箱でなくてはならない。』
これは、建築家のル・コルビジェの言葉だそうです。
味のファンタジスタ・彦摩呂さん風に言うと
「家は生活の宝石箱や〜!」

宝石箱を開けて、たった一つでも自分の大好きなものが入っていれば、それだけできっと幸せなように思います。

こんな家具が好き。こんな家具と暮らしたい。
もし探している家具がどこにも無くても、リメイクや修理で叶う場合もあります。
欲しい家具が見つからない時は、ぜひわたしたちにご相談くださいね。
 
 
家具の修理・リメイクなら
「家具クリニック」
http://kaguclinic.net

おしゃれで上質なオリジナル家具やオーダー家具なら
「finger marks」
http://fingermarks.net
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリーマクラフトパーティ2018、終了しました!

2018年01月29日 | イベント告知
CreemaCraftParty2018終了しました

1/20(土)・21(日)、インテックス大阪で開催された「クリーマクラフトパーティ2018」が無事終了しました!

finger marksは今回が初出展。
どんなイベントになるのかドキドキでしたが、
たくさんのお客さまにfinger marksの家具やものづくりに触れていただくことができ、
とてもにぎやかで楽しい2日間でした!
 
 
CreemaCraftParty2018終了しました
一日目の午前7時過ぎ、京都から始発で集合したスタッフたち。
広い会場内は早くも作家さんたちがちらほら。
 
 
CreemaCraftParty2018終了しました
ブースには、間仕切り用の真っ白いパネルのみ。
ここから設営スタートです。
 
 
CreemaCraftParty2018終了しました
手前の機械は、木工職人・ヒカワが持参した水平のラインを測るもの。

CreemaCraftParty2018終了しました
これで正確な水平のラインを投射し、壁面ディスプレイの位置を決めていきます。
 
 
CreemaCraftParty2018終了しました
椅子張り職人・上嶋も、壁面にワックスを飾るためのパーツを黙々と取り付け。
 
 
CreemaCraftParty2018終了しました
壁面に整然と掛けられた丸いものは、新作「Y3 stool」の座面。
この日のために、いろいろな色柄のファブリックで上嶋がせっせと張ったものです。
 
 
CreemaCraftParty2018終了しました
壁面が完成したら、展示販売用の家具や雑貨を並べて、オープンぎりぎりの10時にようやく設営完了!
 
 
クリーマクラフトパーティ2018終了しました
オープンとともに大勢のお客さまが来場され、会場は大にぎわい!
finger marksのブースにもたくさんのお客さまがお立ち寄りくださりました。
 
 
クリーマクラフトパーティ2018終了しました
ブースでは、職人による実演も実施しました。
finger marksで一番の若手、椅子張り職人・上嶋は、
やや緊張の面持ちで「cucu kids chair」の座面をアクリルテープで張り、
 
 
クリーマクラフトパーティ2018終了しました
木工職人・ヒカワは、自作の南京鉋で「journey full」のアーム部分の最後の仕上げ削りを披露。
手ざわりの決め手となる最後の仕上げとあって、その手つきは繊細そのもの。
ご覧になられていたお客さまのあちこちから、感嘆の声が漏れていました。
 
 
クリーマクラフトパーティ2018終了しました
そんな中、壁面のスツール座面をベレー帽だと勘違いされる方が続出!
言われてみれば確かに帽子屋さんのよう・・・急いで注意書きを追加しました。

座面の下には、スツールの特徴的な貫(ヌキ)の成り立ちを説明した展示も。
一枚の板からオリジナルチェア「yu-dining」の後ろ脚のパーツを切り出し、
その残った部分からスツールの貫(ヌキ)のパーツを切り出すことで、
無垢材をできるだけ無駄なく使い切ることができます。
 
 
クリーマクラフトパーティ2018終了しました
こうして一日目が無事終了し、二日目はこのメンバーでスタートです。
 
 
クリーマクラフトパーティ2018終了しました
この日も、木工職人・アキバは「journey-full」のアーム部分の仕上げ削りを実演。
 
 
クリーマクラフトパーティ2018終了しました
塗装職人・多田は、「cucu kids chair」の最後のオイル仕上げを披露しました。
普段は寡黙な多田もこの笑顔。
 
 
クリーマクラフトパーティ2018終了しました
実際に椅子に座って座り心地を試していただいたり、
アームやフレームを撫でて手ざわりを感じていただいたり。
二日目も大盛況でした!
 
 
クリーマクラフトパーティ2018終了しました
撤収作業も完了し、無事二日間が終了。
 
 
finger marksをご存知だった方も、そうでなかった方も、
クリーマクラフトパーティでブースにお立ち寄りくださったみなさま、
お会いできて、お話しできて、とても嬉しかったです。
ありがとうございました!!

ショップやイベントなどでまたお会いできることを楽しみにしていますので、
これからもfinger marksをどうぞよろしくお願いいたします!
 
 
クリーマクラフトパーティ2018終了しました


家具の修理・リメイクなら
「家具クリニック」
http://kaguclinic.net

おしゃれで上質なオリジナル家具やオーダー家具なら
「finger marks」
http://fingermarks.net
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無骨なアキバの手から生まれる、愛らしいおひなさまキット

2018年01月29日 | オリジナル(家具)関連
木で作るお雛様キット

ニットキャップとちょびヒゲがトレードマーク(?)の、木工職人アキバ。
一見無骨な雰囲気の彼が作っているのは、
 
 
木で作るお雛様キット
「木でおひなさまをつくろうキット」・・!

無垢材の風合いが優しい、コンパクトなおひなさまが作れるキットです。

普段はfiner marksで家具を作ったり修理している木工職人・アキバですが、
実は木のカトラリーなどの小さな雑貨を作るのが大好きな一面も。
 
 
木で作る雛人形キット
木のクリスマスツリーキットに続き、こちらのおひなさまキットもアキバがデザインを担当しました。
こんな雛飾りだったら、「和」の空間だけでなく、リビングや玄関などにもなじんでくれそうです。
 
 
木で作るおひなさまキット
キット内容は、
男雛用パーツ(ボディ・ヘッド・頭飾り)×各1
女雛用パーツ(ボディ・ヘッド・頭飾り)×各1
サンドペーパー120番×3枚
サンドペーパー240番×1枚
サンドペーパー400番×1枚
亜麻仁油
台座
ウエス
作り方説明付き。

おひなさまの材料は、椅子製作の過程で出る無垢材の端材。
男雛は深みのあるブラウンのウォールナット材、女雛は時とともに飴色へと変化するチェリー材。
 
 
木で作るおひなさまキット
それぞれのボディのパーツの角をお好みのまるみになるまでサンドペーパーをあて、オイルを塗り、組み立てます。
 
 
木で作る雛人形キット
難しい作業や刃物を使う工程はありませんので、小さなお子さまとご一緒にお作りいただけますよ。
 
 
サンドペーパーで無心に木を削ったり、オイルを入れた瞬間に現れる美しい木目にはっとしたり。
「和」以外の空間にもなじむかわいらしい雛飾りを、ぜひご家族やお友達と一緒に作ってみませんか。

[オリジナル] 木のおひなさまをつくろうキット
¥3,000+tax
オンラインショップはこちら>>>


家具の修理・リメイクなら
「家具クリニック」
http://kaguclinic.net

おしゃれで上質なオリジナル家具やオーダー家具なら
「finger marks」
http://fingermarks.net
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年末大掃除特集その② 木を愛でながら無垢材の汚れ落としや傷補修をしよう!

2017年12月26日 | 家具について
早いもので、もう師走ですね。
今日あたり、大掃除まっただ中のご家庭も多いのではないでしょうか?

finger marks/家具クリニックはすでに年末年始休業に入っていますが、
本日はご家庭でも簡単にできる「無垢材の家具の汚れの落とし方」をご紹介しますね。

無垢材の木の家具の汚れ落としや傷の補修
こちらは、脚先がほんの少し汚れたオーク無垢材のダイニングチェア。
これくらいの汚れや、もしくは小傷は、実はささっと落とせるだけでなく、
実は木を愛でながら出来る、とても楽しい作業なんです。
木がお好きな方にはたぶん、たまらないかもしれません。

ちなみにこの方法は、無垢材・オイル仕上げの家具であればテーブルでもキャビネットでも、
何でもお試しいただけますよ。
 
 
無垢材の木の家具の汚れ落としや傷の補修
用意するものは、4つ。
・サンドペーパー 400番手くらいのもの
・家具用ワックス finger marksオリジナルフレグランスワックスはこちら
・スポンジ
・乾いた布
 
 
無垢材の木の家具の汚れ落としや傷の補修
まずはサンドペーパー。
職人いわく、ペーパーの番手は400番くらいが良いそう。
 
 
無垢材の木の家具の汚れ落としや傷の補修
汚れている部分に、木目に沿ってサンドペーパーを軽くあてて削ります。
さっと何度か撫でるだけで汚れが取れ、木肌が白っぽくなりました。
 
 
無垢材の木の家具の汚れ落としや傷の補修
表面の白っぽい木の粉を乾いた布で軽くおとしたら、次はワックス。
こちらはfinger marksオリジナルのフレグランスワックス。
ちなみに今回使ったのは無香料の"NATURAL"。
亜麻仁油とビーズワックス(蜜蝋)を使い、工房で手作りしています。
 
 
無垢材の木の家具の汚れ落としや傷の補修
このワックスをスポンジに取り、
 
 
無垢材の木の家具の汚れ落としや傷の補修
さきほどペーパーをあてた部分に塗ります。
ムラにならないように、均一に。すると、
 
 
無垢材の木の家具の汚れ落としや傷の補修
ピカーーーーン!

ワックスを塗った瞬間にふっと現れる、つややかな木肌の美しさといったら、、、
 
 
無垢材の木の家具の汚れ落としや傷の補修
あとは、表面の余分なワックスを、乾いた布で磨き上げるように拭き取れば、終了。
 
 
無垢材の木の家具の汚れ落としや傷の補修
ペーパーをあて、ワックスを塗ったあとの木肌は、
一段としっとりすべすべに。
そう、この手ざわりがとても気持ちよくてたまらないのです。

汚れだけでなく小さな傷なども、ペーパーで平らに削ってからワックスを塗れば、目立たなくすることが可能です。
 
 
こんなふうに簡単にお手入れできるのは、無垢材の家具ならではの良さだと思います。
無垢材の家具をお持ちでしたら、年末の大掃除がてら、ぜひお試しくださいね。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年末大掃除特集その① 椅子を張り替えて気分一新!

2017年12月26日 | 修理、リメイク関連
椅子やソファの張り替えとぐらつき直し
クリスマスが終わったと思ったら、街は一気に師走ムード。
ご家庭でもそろそろ大掃除に取りかかられる頃でしょうか?

年末、普段掃除しないところをあれこれきれいにしていると、
自力できれいにできないところがかえって目につき、もどかしかったりします。

家具もそんな中のひとつ。
とくに椅子は、毎日使う分、傷みや汚れが目立つものです。
そんな時は、ぜひ家具クリニックにご相談くださいね。
残念ながら今年じゅうにきれいにすることは間に合いませんが、思い立った時がご相談時。
ぐらつき、傷、生地のやぶれ、汚れなど、椅子のお悩みを解決して、きれいに蘇らせるお手伝いをさせていただきます。

以下は、お客さまからご依頼をいただいた椅子やソファの修理事例の一部です。
 
 
椅子やソファの張り替えとぐらつき直し
修理事例① ロッキングチェアの張り替え、ぐらつき直し
こちらは修理前。
 
 
椅子やソファの張り替えとぐらつき直し
座面クッション下が抜け落ちてしまっています。
 
 
椅子やソファの張り替えとぐらつき直し
修理後。
 
 
椅子やソファの張り替えとぐらつき直し
座面クッション下をウェービング仕様で施工。
 
 
椅子やソファの張り替えとぐらつき直し
アーム部分にぐらつきがあったので、解体して組み直しました。
ロッキングチェア可動部もメンテナンス済み。
 
 
椅子やソファの張り替えとぐらつき直し
フレームは色補修後、クリア半艶塗装で仕上げました。
クッションもふっくらとして、ゆったりとくつろいでいただけそうです!
 
 
椅子やソファの張り替えとぐらつき直し
修理事例② 一人掛けソファの張り替え
こちらは修理前。
 
 
椅子やソファの張り替えとぐらつき直し
座面の縫い目が破れて、中身のウレタンが見えてしまっています。
 
 
椅子やソファの張り替えとぐらつき直し
修理後。
グリーンの生地で張り替えました。
 
 
椅子やソファの張り替えとぐらつき直し
背・座クッションともに角のマチ無しに。
こうすることで、クッションがへたってきた時にも目立ちにくくなります。
ボタン締めのデザインは残しつつ、生地の色や質感を変えて、ぬくもりのある雰囲気になりました!
 
 
椅子やソファの張り替えとぐらつき直し
修理事例③ アンティークチェアの張り替え
こちらは修理前。
 
 
椅子やソファの張り替えとぐらつき直し
座面の生地がやぶれてしまっています。
 
 
椅子やソファの張り替えとぐらつき直し
修理後。
ブラウンの革で張り替えました。
 
 
椅子やソファの張り替えとぐらつき直し
古い生地をはがして出てきたのは、ワラ。
このワラは状態が良かったので、そのまま使いました。
 
 
椅子やソファの張り替えとぐらつき直し
麻テープを張り、その上にワラの土手とウレタンをのせます。
 
 
椅子やソファの張り替えとぐらつき直し
今年の春に仲間入りした椅子張り職人の上嶋。
今ではすっかりいっぱしの顔つきになりました。
 
 
椅子やソファの張り替えとぐらつき直し
修理事例④ ダイニングチェアの張り替え、脚カット、ぐらつき直し(隈木取り付け)
こちらは修理前。
 
 
椅子やソファの張り替えとぐらつき直し
まずは木工部門から。
ぐらつきが見られたので、解体→組み直しの際に、補強のため隈木を取り付けます。
 
 
椅子やソファの張り替えとぐらつき直し
座枠の内側の四隅に取り付けられた木の部材が「隈木」。
 
 
椅子やソファの張り替えとぐらつき直し
次は椅子張り部門。
古い張地をはがして、座面と背もたれの張り替えです。
 
 
椅子やソファの張り替えとぐらつき直し
元の座板と背板に、形を合わせてカットした新しいウレタンを貼ります。
 
 
椅子やソファの張り替えとぐらつき直し
新しい革をカットするため、型紙を作るベテラン職人の高居さん。
 
 
椅子やソファの張り替えとぐらつき直し
いったん、ハギレでテストしてから、
 
 
椅子やソファの張り替えとぐらつき直し
新しい革で、座板と背板を張ります。
 
 
椅子やソファの張り替えとぐらつき直し
きちんとフレームにはまるか、緊張の瞬間。
一つとして同じものがない家具修理の世界は、毎日が新しい挑戦の連続です。
 
 
いかがでしたか?
大掃除の際に家具の気になるところが見つかった方は、ぜひ一度家具クリニックにご相談くださいね。
 
 
家具の修理・リメイクなら
「家具クリニック」
http://kaguclinic.net

おしゃれで上質なオリジナル家具やオーダー家具なら
「finger marks」
http://fingermarks.net
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

汚れにくい生地で椅子を張り替える

2017年12月22日 | 修理、リメイク関連
汚れにくい生地で椅子を張り替え

汚れにくい生地で椅子を張り替え
張り替えのご依頼をいただいた、ダイニングチェア4脚。

カンチレバー構造の軽快なデザインが特徴的な、宮崎椅子製作所の椅子「kuku chair」です。
もともとの張地は、ネイビーが2脚、イエローが2脚。
 
 
汚れにくい生地で椅子を張り替え
座面と背もたれの前後が生地で張られているのですが、
小さなお子さまがいらっしゃるご家庭とのことで、全体的に汚れが見られました。
 
 
汚れにくい生地で椅子を張り替え
イエローの方は黒ずんだ汚れが目立ち、
 
 
汚れにくい生地で椅子を張り替え
反対にネイビーの方は、白っぽい汚れが目立ちます。
 
 
汚れにくい生地で椅子を張り替え
また、毛玉もあちこちに。
セーターやコートと同様、生地によりますが、お使いいただくうちにどうしても毛玉が発生するものもあります。
 
 
新しく張り替えても、また汚れたらどうしよう・・・
お子さまが小さいうちは、まだまだ汚してしまう可能性もあり、張り替え自体、躊躇されるかもしれません。

が!
そんな時におすすめなのが、汚れにくい生地「ナノ撥水マモルくん」(!)。
この生地を初めて手にした数年前、デザイナー・岡野をはじめスタッフ一同がどれほど感動したことか・・・
というくらいすごい生地の、「ナノ撥水マモルくん」。

マモルくんは、「ナノテクノロジーにより表面に無数の突起が作られた超強力撥水生地」。
水をかけるだけで、ケチャップも、マヨネーズも、ソースも、きれいに落とすことができます。

しかも、マモルくんはポリエステル100%なのですが、
finger marksで人気のコットン×リネンの生地「caleido」に、外見がよく似ているのです。

というわけで、「張り替えてもまだまだ汚されちゃうかもしれない」という場合は、
マモルくんがおすすめです。
 
 
汚れにくい生地で椅子を張り替え
さきほどのダイニングチェアも、グレーのマモルくんで張り替えさせていただきました。
 
 
汚れにくい生地で椅子を張り替え
後ろ姿もすっかり新品のように!
あわせて木のフレームもオイルメンテナンスを済ませ、すっきりと大変身です。
 
 
撥水性能は永久ではありませんが、以前に比べて汚れ具合はずいぶんと軽減されるかと思います。

ご家族の成長を見守るダイニングチェア。
お子さまが大きくなられるまで、きっとまた大活躍してくれることでしょう。
 
 
家具の修理・リメイクなら
「家具クリニック」
http://kaguclinic.net

おしゃれで上質なオリジナル家具やオーダー家具なら
「finger marks」
http://fingermarks.net
コメント
この記事をはてなブックマークに追加